新着Pick
SPD2HNFOI6N4ANQD
農業機械
JPN

農業機械 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
業務用機械製造
>
農業機械
トラクタ、田植機、収穫調製するためのコンバイン等、酪農業、畜産業等、農作業の現場で利用される各種機械を製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
660Picks
コマツは完全無人、クボタは自動田植機。建機・農機の自動化が止まらない!
ニュースイッチ
|
日本の生産年齢人口の減少とともに、社会全体で人手不足が叫ばれている。とりわけ、建設、農業といった現場の労働力不足は深刻で、対策は待ったなしだ。そんな中、建設機械・農業機械メーカー各社がこれまでの技術
81Picks
「ICTで『儲かる農業』」支援する農機メーカーに求められること
ニュースイッチ
|
担い手不足が深刻化する日本の農業。この問題を根本的に解決するには作業の効率化や作物自体の品質を向上させ、「魅力的=儲(もう)かる」農業を実現することが不可欠となる。これに対して、井関農機は情報通信技術(ICT)を活用した農業機械やサービスを開発し、農業の活性化を支援している。同社の動きを追った。(文=編集委員・松沢紗枝)自治体などと協業 井関農機は国や地方自治体、教育機関、ベンチャー企業など...
309Picks
農機具レンタルが、農業に「自由」を生む可能性
note(ノート)
|
平成も残り1ヶ月、いよいよ新しい時代が迫ってきましたということで、今回は僕が取り組む「農業機械のレンタル事業」についてお話したいと思います。 農機具の宅配レンタルサービスを開始したのが2017年10月、非常にニッチですが、ECのカートシステムを利用した農機具レンタルはおそらく弊社がはじめてだったのではないでしょうか。 農機具の宅配レンタルならアグリズ!草刈機やチェンソー等、小型農機の取扱い業...
126Picks
「スマート農業」が拡散する、農業機械の誤ったイメージ
note(ノート)
|
最近、「下町ロケットで稲刈りしてる農機具を見たよ~」「最近クボタがめっちゃCMやってるよね!」などのお声掛けをして頂く機会が増えました。 最近色々なメディアや企業様のPRもあり、「農機具」「農業機械」というものの認知度が世間でも高まってきたような気がします。 日本は大手4社のトラクター市場を中心に動いている 第2回の記事を作成しようと思ったのもWeb記事がきっかけだったのですが、今回も同様に...
290Picks
日本の中古農業機械が世界で大人気になった理由
Diamond Online
|
小型で高性能、使い勝手がよい日本の中古農業機械が、今世界中で大人気だ。この中古農業機械の世界流通という新たな市場を創出したのが、鳥取県に本社を置く旺方トレーディングという会社。苦境の日本農家を救う同社のビジネスモデルとは。
36Picks
中古の建機・農機、スマホアプリで売買
ニュースイッチ
|
マスカス・ジャパン(東京都中央区、中谷慎一郎社長、03・6263・0884)は、中古の建設機械・農業機械の売買を行うスマートフォン向けアプリケーション(応用ソフト)の配信を始めた。アプリの配信を通じて利用者を増やし、10月までに国内の出品事業者数を現在の40社から100社へ拡大する。 同社のサイトを通じて建機や農機の売買ができる。出品は法人が中心で、掲載は20台から、掲載料は月額2万円(消費...
203Picks
廃校の運動場がイチゴ農園に!クボタのユニークな地方活性化
ニュースイッチ
|
閉校の運動場 閉校の運動場をイチゴ園に―。クボタが、トータルソリューション提案で、日本国内の農業が抱える経営課題解決に向けた取り組みを推進している。農業機械トップメーカーとしての総合力を生かし、全国13カ所で実証ファーム「クボタファーム」を展開する。中でもユニークな取り組みは、香川県三豊市で閉校となった小学校の運動場を活用するイチゴ園だ。 日本の農業の課題について、クボタアグリソリューション...
74Picks
農業にAI活用、三菱電機が本格参入 業界超え開発競争激化
産経ニュース
|
三菱電機が人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)の先端技術を活用した農業支援事業に本格参入することが25日、分かった。農業従事者の減少や高齢化を受け、先端技術を使って農家の負担軽減や収入増につなげる。農業に先端技術を取り入れる動きは、通信業者や農業機械メーカーなどにも広がっており、開発競争が激化しそうだ。
20Picks
画期的ドローン開発のエアロネクスト、量産化に向け農業機械メーカーの小橋工業と強力タッグ
TechCrunch Japan
|
独自の重心制御技術「4D Gravity(R)」を搭載するドローン「Next」シリーズを開発しているエアロネクストは2月19日、農業機械メーカーの小橋工業との業務提携を発表した。 写真左から、エアロネクスト代表取締役/CEOの田路圭輔氏、小橋工業代表取締役社長の小橋正次郎氏 エアロネクストは、2018年に開催されたTechCrunch Tokyo 2018の「スタートアップバトル」ファイナリ...
211Picks
農機の自動走行、2020年までの実用化へ課題は
ニュースイッチ
|
農林水産省は、ロボットや情報通信技術(ICT)などを活用した農業機械開発について、2020年までに遠隔監視による無人システムの実用化を加速する。農業用トラクターでは大手農機メーカーが自動走行システム搭載型の販売を始めたほか、田植機でも直線キープ機能付きなどを発売している。さらに無人化に向け、人の検知技術の評価手法の開発や準天頂衛星「みちびき」に対応する安価な受信機の開発などを進めている。 農...
153Picks
自動運転で無人走行するロボットトラクター、ヤンマーが10月に発売
ITmedia NEWS
|
ヤンマーが自動運転技術を搭載したロボットトラクターを10月から販売する。農業機械の自動運転における「レベル2」に相当するもので、農作業の効率化、省力化を狙う。
110Picks
農研機構、農業に関するデータベースを運用開始 農業の効率化に期待
産経ニュース
|
農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構、茨城県つくば市)がIT企業や農業機械メーカーなどと連携し、作物の特性や土壌、気象など農業に関する情報を一元的に把握できるデータベースの運用を4月中に始めることが23日、分かった。4月に理事長に就任した久間和生氏が産経新聞のインタビューに答えた。さまざまなデータを組み合わせて利用すれば、農業の効率化が期待できそうだ。
96Picks
横浜ゴムが蘭タイヤ会社買収 総額1371億円
Reuters
|
[東京 25日 ロイター] - 横浜ゴム<5101.T>は25日、オランダの農機・建機会社アライアンス・タイヤ・グループを1371億円(手数料込み)で買収することで、米投資会社コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)<KKR.N>などと合意したと発表した。横浜ゴムの製品ラインアップに農業機械関連のタイヤを追加する。
94Picks
三菱重が印マヒンドラと農業機械で提携、海外販売を強化へ
Reuters
|
[東京 21日 ロイター] - 三菱重工業<7011.T>は21日、インド自動車大手マヒンドラ・アンド・マヒンドラ<MAHM.NS>と農業機械分野で提携すると発表した。国内の農機市場が縮小するなか、トラクター販売で世界トップのマヒンドラと組むことで海外事業の強化を図る。
13Picks
クボタがまた自動運転農機!止まらないスマート農業への挑戦 
自動運転ラボ
|
大手農業機械メーカーの株式会社クボタ(本社:大阪府大阪市/代表取締役社長:木股昌俊)は2019年1月20日までに、自動運転機能を備えた農機「アグリロボ」の商品ラインナップを拡充することを発表した。
57Picks
農業も無人で行なう時代。クボタ、無人運転農機などでNTTと提携へ
ギズモード・ジャパン
|
「生産者の○○さん」に、ロボットが載る未来が見える。 トラクターやコンバインなどを製造販売する、農業機械大手のクボタは、無人運転農機などの運用についてNTTと提携する見通しだと、日本経済新聞が報じて...
49Picks
農機各社が農業の効率化サービス クボタ、田んぼ細分化しデータ管理
産経ニュース
|
農業機械メーカーが、IoT(モノのインターネット)を使って農業を効率化する情報通信サービスを展開している。国内では農業の就労人口が減少する一方、5万平方メートル以上の大規模農地を運営する「プロ農家」が増加。省力化や低コスト化を推進し、農業をビジネス展開する傾向も強まっており、各社が売り込みを進めている。
29Picks
“トラクターのナビアプリ”で農家を支える農業情報設計が2億円を調達、自動操舵システムも開発中
TechCrunch Japan
|
トラクターの運転支援アプリを始め、農業におけるICT技術の活用や農業機械の自動化・IT化に関する研究開発に取り組む農業情報設計。同社は11月16日、農林漁業成長産業化支援機構、ドローンファンド(1号・2号両ファンドから)、DGインキュベーション、D2 Garage、住友商事を引受先とした第三者割当増資により総額2億円を調達したことを明らかにした。 調達した資金を活用して、運転支援アプリに対応...
21Picks
来年2月から"田植え2.0"時代だ!ヤンマーが自動運転田植機発表 ICT技術でスマート農業 進む田んぼのイノベーション
自動運転ラボ
|
ヤンマーのグループ会社で農業機械などを扱うヤンマーアグリ株式会社(本社:大阪市北区/代表取締役社長:北岡裕章)は2018年11月29日、自動直進と自動旋回機能を装備したディーゼルエンジン搭載の密苗田植機「YR8Dオート仕様」を、2019年2月1日に発売すると発表した。
31Picks
“食べる”ための自動運転技術 「ロボット農機」は農業を救えるか
ITmedia NEWS
|
2020年に向けて盛り上がる自動運転技術。公道を走るクルマだけでなく、閉じられた空間(農地)を走る農業機械にも自動運転レベルがあるのをご存じだろうか。
農業機械 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン