新着Pick
290Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本の中古農機具のビジネスは必ずアジアでスケールする。しかも農機具は大きなモデルチェンジのリードタイムが長くSKUも少ないのでメンテナンスのノウハウが容易に現地化できる。日本のハイエースなどは、全分解して元に戻せる人たちが世界中にゴロゴロいて、そんなイメージ。本来であれば、メンテナンスごとビジネスにして買い替えも取り込んだ方がビジネスとして大きくなるだろうけれど、まあいずれにしても需要は大きい。香港のタクシーが全て日本の中古を使ってるみたいにね。
インドネシアあたりでも、村人総出で人力で田植えしている光景が全国で見られますね。バングラデシュや他の東南アジア、南アジアの国でもそうですが、今は有り余る人口で労働集約型の産業として農業は成り立っています。しかし、必ずそう遠くないうちに人件費はどんどん上がり、製造業などが発展して、都市部にもっと割のよい仕事が見つかるでしょう。大人数で人力で田植えしている人たちには十分な所得が行き渡らなくなるでしょう。
 日本の中古の自動車と建設重機は、すでに輸出ルートが確立されています。パキスタン人などがドバイまで輸送し、そこから南アジアやアフリカ、中東の諸国へと売りさばかれます。中古農業機器はまだそこまで輸出ルートが発達していないように見えます。やはり、現地でのメンテナンス業者や修理用部品の流通網が未発達なことが大きな背景でしょう。
 ヤンマーやクボタが現地に進出して、メンテナンス工場を設立することもできるのでしょうが、現地の中小企業家が修理を請け負ったほうがコスト・パフォーマンスがよいでしょう。すでにたくさんある、自動車修理業のネットワーク(東南アジアだと華人です)を活用することもできるのではないのでしょうか。
 前から個人的に考えているのですが、インドネシアでは、ナフダトゥール・ウラマーという会員4千万人を称する巨大なイスラーム組織がり、全国で2万校程度の宗教学校を運営しています。土地と有り余る人員を持っています。この人たちに、農業機械のメンテナンスのトレーニングをして、農村の農業機械メンテナンスやレンタル業を請け負ってもらえば、短期間で全国に農業機器普及のルートをつくれるのではないかと考えています。同様の組織は、パキスタンやバングラデシュにもあります。
日本の耐用年数の長い、高機能、オーバースペック商品はリセルバリューがあることは、B to Cビジネスにおいては理解していたが、このように専門的ニーズがある市場におけるリセルバリュー商品を海外展開するのも素晴らしいビジネスですね。

日本の中古車が海外で評価されるのと同じといえばそれまでですが、農業ビジネスにおいてこのビジネスモデルを構築されたことが素晴らしい。

B to B市場におけるこのような商品の需要と供給は、ニーズの衰退と高まりのバランスを見極めることで、ビジネスチャンスが生まれるのですね。

ビジネスとして大変勉強、参考になる取り組みです。
IoT対応ではない農機ですらこのニーズです。
現時点では価格面で高額機種にしかつけられていないIoT機能ですが、農機のモニタリングを通じて "農機のヘルスケア度" を把握しておけば2次流通の速さや付加価値が上がることでしょう。

IoTはそうした農機、建機、工作機械、車…といった機器の2次流通市場にも貢献できるはずです。
日本の中古の建設機械が海外で大人気というのは聞いた事がありますが、農業機械でも同じようなビジネスがあるのですね。
日本の農機は、中小型が充分しているのでアジアなどにマッチしているのかも。
手厚い農業政策と農協のおかげで購入できた無駄な農業機械にもビジネスチャンスが回ってきたのですね。
社長の幸田さんは淡々?(ひょうひょう?)とした口調で答えておられますが、ニッチな分野に飛び込んだそのエネルギーがすごいと感じます。