新着Pick
SPD27HUB04OPVEJT
農薬
JPN

農薬 業界

日本
業界一覧
>
素材・素材加工品
>
化学
>
農薬
除草剤、殺虫剤などの農薬を製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
1Pick
Jオイル、毒物指定の農薬紛失=静岡事業所が台風19号被害
時事通信社
|
 味の素グループのJ-オイルミルズは17日、静岡事業所(静岡市)にある薬物保管庫が台風19号の高潮被害に遭い、病害虫駆除に用いる農薬(製品名フミトキシン)1キログラム入りのアルミボトル3本を紛失...
262Picks
農家や漁師の「ファンビジネス」が拡張する、一次産業のもう1つの道
ami - 起業家と未来の仲間をつなげる
|
「ばあちゃんの自慢は、市場には出回らない無農薬米だったんです」 創業のきっかけとなった自身の祖母とのやりとりをこう振り返る小林俊仁氏は、2017年に食のD2Cプラットフォームとしてukkaを立ち...
14Picks
豪ニューファーム、住友化学に南米農薬事業を8億ドルで売却へ
Reuters
|
[30日 ロイター] - 豪農薬大手のニューファーム<NUF.AX>はブラジル、アルゼンチン、チリ、コロンビアを含む南米の作物保護および種子処理向け農薬事業を住友化学<4005.T>に11億9000万豪ドル(8億0480万米ドル)で売却すると発表した。
10Picks
農薬「グリホサート」、世界は削減・禁止の流れなのに日本は緩和!?
ハーバー・ビジネス・オンライン/最前線ビジネスパーソンの『知りたい』に応えるビジネスメディア
|
世界各国が削減・禁止に動く中、日本は残留基準値を緩和  昨年から今年にかけて、農民連食品分析センターが国内で販売されている小麦粉やパン、パスタなど小麦製品の農薬残留検査を行ったところ、そのほとんどから農薬の成分グリホサー […]
14Picks
農作物への化学物質の影響を低減するバイオ農薬開発のTerrameraが48億円超を調達
TechCrunch Japan
|
農業から化学物質の使用を減らすためにバイオ農薬(生物由来の農薬)や種子処理剤を開発・販売しているカナダのTerramera(テラメラ)がこのほど、4500万ドル(約48億円)の資金を調達した。 この投資ラウンドをリードしたのは戦略的投資家Ospraie Ag Science(オスプライAgサイエンス)、Terrameraのこれまでの投資家であるSeed2Growth Venturesだ。 モ...
145Picks
ビオワイン飲んでSDGsトークン。大企業、スタートアップ、農家が目指す新消費
Business Insider Japan
|
宮崎県で生産された完全無農薬のビオワインをパリのレストランで提供し、エシカル(倫理的)消費の経済圏を広げるためのヒントを得る実証実験が5月上旬、個人経営のワイナリー「香月ワインズ」、電通国際情報サービス(ISID)、ブロックチェーンスタートアップのシビラなどによって行われた。 国連がSDGs(持続可...
384Picks
無印がいま冷凍食品に力を入れる理由。「売上の3割を食品にシフト」の成長戦略
Business Insider Japan
|
有機栽培や減農薬の青果、店内で焼き上げたベーカリー、弁当・サラダ……。2018年4月にオープンした「無印良品銀座」の1階売り場は食品で埋め尽くされている。 良品計画が昨年来強化しているのが食品である。2018年9月からは新しく冷凍食品も投入。無印といえば生活雑貨が主力なはずなのに、いまなぜ食品に力を...
48Picks
商社が農業ドローンで“種まき”し始めた!
ニュースイッチ
|
商社が農業用ドローンを開発するベンチャー企業への出資などを通じて「スマート農業」の実現に向けた取り組みを強めている。三菱商事は日立製作所との共同出資会社を通じ、農薬を散布するドローンなど販売を推進。
19Picks
モンサント除草剤でがんに、加州陪審が2200億円の補償命じる
Reuters
|
[13日 ロイター] - ドイツの医薬品・化学大手バイエル<BAYGn.DE>傘下の米種子・農薬大手モンサントが販売したグリホサート配合の除草剤「ラウンドアップ」が原因でがんを発症したと夫婦が訴えていた問題で、米カリフォルニア州アラメダ郡高等裁判所の陪審団は13日、ラウンドアップによって非ホジキンリンパ腫を発症したと認め、バイエルに総額20億ドル(約2200億円)余りを夫婦に支払うよう命じる評決を下した。
10Picks
有機無農薬にこだわったシンガポールのフードデリバリースタートアップが約11億円を調達
TechCrunch Japan
|
クラウドキッチンはフードデリバリーの重要分野だ、元Uber CEOのトラビス・カラニック氏が新たなビジネスでその分野に参入している、それはアジア、特に東南アジアに重点を置くものだ。そうした中で新参者にもかかわらず、よりしっかりとした事業を進めるシンガポール発のスタートアップが、地域拡大を目指して巨額の資金を調達した。 2014年に設立されたGrainは、クリーンフード(有機無農薬などの素材を...
215Picks
ドローンで無農薬栽培を推進、従来の有機農業の15倍市場を創る
Diamond Online
|
農業ビジネスを1番の成長分野に位置付けるIT企業、オプティムは、ドローンを活用して農薬使用量を減らしたコメやエダマメを通常の3倍の価格で販売する。この「儲かる農業」のスキームに参画する生産者・団体は1000を超える。同社の菅谷俊二社長に今後の事業展開と課題と聞いた。
30Picks
AIが「農薬離れ」を加速する。農業のスペシャリストが新時代への戦略を語る
Ledge.ai
|
農薬の使用について、大きな議論が巻き起こっています。2018年8月、サンフランシスコの裁判所の陪審は、除草剤でがんになったと主張する原告男性に損害賠償を支払うよう、農薬大手モンサントに命じました。農薬の発がん性を認めた過去に例のない評決です。 評決の影響や消費者に与える安心感から、農業界では、脱農薬の動きが進
639Picks
オイシックスドット大地、らでぃっしゅぼーや買収 NTTドコモより10億円で株式取得
M&Aタイムス
|
農薬や添加物使用に配慮した青果物などをネット販売、2017年3月に大地を守る会を子会社化したオイシックスドット大地【3182】は、有機、低農薬野菜と無添加食品の会員制宅配サービスを展開している「らでぃっしゅぼーや」の株式を取得し、子会社化す...
518Picks
【未来予測】植物科学×テクノロジーの農業新時代が来る
NewsPicks編集部
|
1960年代、農業の世界で「緑の革命」が起きた。これは急激な人口増加に対して、高収量の品種の種を開発し、化学肥料と農薬で大量生産するという動きを指す。この革命によって、1960年代前半から40年...
417Picks
「蚊で蚊を駆除」米で承認 子孫残させず群れの数減らす
朝日新聞デジタル
|
米環境保護局(EPA)は、ジカウイルス感染症(ジカ熱)などを媒介する蚊を駆除するために、人工的に細菌感染させた蚊を「生物農薬」として自然界に放すことを承認した。細菌感染した蚊は交尾しても子孫を残せず…
18Picks
「農薬ゼロ」を実現するアグリテック企業、Joyn Bioの挑戦
Forbes JAPAN
|
ドイツの化学分野のコングロマリット「バイエル」と、米ボストン拠点のバイオテックのスタートアップ「Ginkgo Bioworks」が共同で設立したアグリテック(農業テクノロジー)のスタートアップ、「Joyn Bio」がカリフォルニア州に研究拠・・・
91Picks
ドローンで農薬、補助なし可 農水省など月内に変更
産経ニュース
|
農林水産省は16日、国土交通省と連携して小型無人機(ドローン)による農薬散布時に、「補助者」を配置せずに飛行を認めることや自動操縦による目視外飛行ができるよう、航空法に基づく許可・承認を受けてドローンを飛行させる際に必要となる手順書「飛行マニュアル」を月内に変更する方針を固めた。夜間の農薬散布も可能となる。
369Picks
農業×AIで世界40%の食料を守る「Spensa Technologies」のモデルとはーー害虫防除市場と事業多角化の可能性を探る
THE BRIDGE
|
農家にとって、害虫対策と農薬散布量のバランスを保つことは頭を抱える問題です。例えば世界の農業害虫被害額は年間5,400億ドルに上り、40%の食料が被害... 投稿 農業×AIで世界40%の食料を守る「Spensa Technologies」のモデルとはーー害虫防除市場と事業多角化の可能性を探る は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。
354Picks
【日本初】国産エタノールで休耕田が再生している
NewsPicks編集部
|
8月某日。首都圏の熱波がうそのように、岩手県奥州市には涼やかな風が吹いていた。胆沢(いさわ)という地域にある田んぼでは、無農薬、無化学肥料で育てられた稲が力強く穂を伸ばしている。一般人には見分け...
農薬 概要
世界
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア