新着Pick
SPD27HUB04OPVEJT
農薬
JPN

農薬 業界

日本
業界一覧
>
素材・素材加工品
>
化学
>
農薬
除草剤、殺虫剤などの農薬を製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
146Picks
ビオワイン飲んでSDGsトークン。大企業、スタートアップ、農家が目指す新消費
Business Insider Japan
|
宮崎県で生産された完全無農薬のビオワインをパリのレストランで提供し、エシカル(倫理的)消費の経済圏を広げるためのヒントを得る実証実験が5月上旬、個人経営のワイナリー「香月ワインズ」、電通国際情報サービス(ISID)、ブロックチェーンスタートアップのシビラなどによって行われた。 国連がSDGs(持続可...
383Picks
無印がいま冷凍食品に力を入れる理由。「売上の3割を食品にシフト」の成長戦略
Business Insider Japan
|
有機栽培や減農薬の青果、店内で焼き上げたベーカリー、弁当・サラダ……。2018年4月にオープンした「無印良品銀座」の1階売り場は食品で埋め尽くされている。 良品計画が昨年来強化しているのが食品である。2018年9月からは新しく冷凍食品も投入。無印といえば生活雑貨が主力なはずなのに、いまなぜ食品に力を...
14Picks
モンサント除草剤でがんに、加州陪審が2200億円の補償命じる
Reuters
|
[13日 ロイター] - ドイツの医薬品・化学大手バイエル<BAYGn.DE>傘下の米種子・農薬大手モンサントが販売したグリホサート配合の除草剤「ラウンドアップ」が原因でがんを発症したと夫婦が訴えていた問題で、米カリフォルニア州アラメダ郡高等裁判所の陪審団は13日、ラウンドアップによって非ホジキンリンパ腫を発症したと認め、バイエルに総額20億ドル(約2200億円)余りを夫婦に支払うよう命じる評決を下した。
10Picks
有機無農薬にこだわったシンガポールのフードデリバリースタートアップが約11億円を調達
TechCrunch Japan
|
クラウドキッチンはフードデリバリーの重要分野だ、元Uber CEOのトラビス・カラニック氏が新たなビジネスでその分野に参入している、それはアジア、特に東南アジアに重点を置くものだ。そうした中で新参者にもかかわらず、よりしっかりとした事業を進めるシンガポール発のスタートアップが、地域拡大を目指して巨額の資金を調達した。 2014年に設立されたGrainは、クリーンフード(有機無農薬などの素材を...
47Picks
商社が農業ドローンで“種まき”し始めた!
ニュースイッチ
|
商社が農業用ドローンを開発するベンチャー企業への出資などを通じて「スマート農業」の実現に向けた取り組みを強めている。三菱商事は日立製作所との共同出資会社を通じ、農薬を散布するドローンなど販売を推進。
30Picks
AIが「農薬離れ」を加速する。農業のスペシャリストが新時代への戦略を語る
Ledge.ai
|
農薬の使用について、大きな議論が巻き起こっています。2018年8月、サンフランシスコの裁判所の陪審は、除草剤でがんになったと主張する原告男性に損害賠償を支払うよう、農薬大手モンサントに命じました。農薬の発がん性を認めた過去に例のない評決です。 評決の影響や消費者に与える安心感から、農業界では、脱農薬の動きが進
18Picks
「農薬ゼロ」を実現するアグリテック企業、Joyn Bioの挑戦
Forbes JAPAN
|
ドイツの化学分野のコングロマリット「バイエル」と、米ボストン拠点のバイオテックのスタートアップ「Ginkgo Bioworks」が共同で設立したアグリテック(農業テクノロジー)のスタートアップ、「Joyn Bio」がカリフォルニア州に研究拠・・・
19Picks
雑草を自動検知して農薬をピンポイントで撒くロボット「SwagBot」発売へ
マッシュメディア
|
農家にとって雑草対策や草取りは永遠の課題で、かなりの労力を伴う。ここにテクノロジーの力を導入しようとしているのがオーストラリアのスタートアップAgerrisだ。 シドニー大学からスピンアウトした同社はこのほど開発中
12Picks
ミツバチ殺さぬ「殺虫剤」を導き出したAIの貢献度
ニュースイッチ
|
住友化学は農薬の研究開発で人工知能(AI)の活用を進める。ミツバチへの毒性を抑えた殺虫剤成分の開発で効果を確認した。新たな農薬開発には1剤当たり5―10年を要し、それぞれ200億―300億円の費用がか
91Picks
ドローンで農薬、補助なし可 農水省など月内に変更
産経ニュース
|
農林水産省は16日、国土交通省と連携して小型無人機(ドローン)による農薬散布時に、「補助者」を配置せずに飛行を認めることや自動操縦による目視外飛行ができるよう、航空法に基づく許可・承認を受けてドローンを飛行させる際に必要となる手順書「飛行マニュアル」を月内に変更する方針を固めた。夜間の農薬散布も可能となる。
212Picks
ドローンで無農薬栽培を推進、従来の有機農業の15倍市場を創る
Diamond Online
|
農業ビジネスを1番の成長分野に位置付けるIT企業、オプティムは、ドローンを活用して農薬使用量を減らしたコメやエダマメを通常の3倍の価格で販売する。この「儲かる農業」のスキームに参画する生産者・団体は1000を超える。同社の菅谷俊二社長に今後の事業展開と課題と聞いた。
18Picks
進化する「食」
Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)
|
肉や魚が研究室で培養され、無農薬野菜が都心で栽培される。 こんなSF映画のような世界が、実はもう現実になりつつある。 世界で活気付くミートテック、アグテックなどの「食」ビジネスは、 今ある私たちの食事を、今後どう変えるのか?
11Picks
ヤマハ発動機のスマート農業基盤「YSAP」、ドローンや無人ヘリコプター活用に特化
MONOist
|
ヤマハ発動機と国際航業、トプコン、ウォーターセルの4社は、農業用ドローンや無人ヘリコプターによる農薬散布、施肥の作業や運航のデータを管理するヤマハ発動機のソフトウェアサービス「YSAP」の提供に向けて協業を開始すると発表した。
16Picks
種苗法改正と農業競争力強化法の3点セット「種子法」廃止の真の狙いは
seikatsuclub.coop
|
生協の食材宅配・生活クラブ生協です。添加物や残留農薬にも独自の厳しい基準を設けています。
14Picks
青森)スマート農業で会社設立 みちのく銀とオプティム:朝日新聞デジタル
朝日新聞デジタル
|
みちのく銀行(青森市)とソフトウェア会社「オプティム」(東京都港区)が、合弁会社「オプティムアグリ・みちのく」を設立した。ドローンや人工知能(AI)を活用する「スマート農業」でつくった低農薬の農産物…
14Picks
[スキャナー]スマート農業 実用へ前進…無人トラクター/ドローンで農薬 : 経済 : 読売新聞オンライン
読売新聞
|
最先端のロボット技術や人工知能(AI)を活用する「スマート(賢い)農業」の実用化に向けた動きが加速している。政府は2019年度から国内約50か所のモデル農場で、自動運転トラクターを使って畑を耕すなどの実証実験に乗り出す
519Picks
【未来予測】植物科学×テクノロジーの農業新時代が来る
NewsPicks編集部
|
1960年代、農業の世界で「緑の革命」が起きた。これは急激な人口増加に対して、高収量の品種の種を開発し、化学肥料と農薬で大量生産するという動きを指す。この革命によって、1960年代前半から40年...
639Picks
オイシックスドット大地、らでぃっしゅぼーや買収 NTTドコモより10億円で株式取得
M&Aタイムス
|
農薬や添加物使用に配慮した青果物などをネット販売、2017年3月に大地を守る会を子会社化したオイシックスドット大地【3182】は、有機、低農薬野菜と無添加食品の会員制宅配サービスを展開している「らでぃっしゅぼーや」の株式を取得し、子会社化す...
11Picks
みかんの皮は捨てないで! 優秀過ぎる「皮」の3つの活用術を教えます。
マネーの達人
|
目次冬の代名詞「みかん」の活用1. 皮をしっかり洗い農薬を落とそう活用術1: みかんの皮で電子レンジを消臭&お掃除!活用術2:みかんの皮入溶剤で、お風呂タイムがより楽しい!活用術3:みかんの皮を料理に使う! 冬の代名詞「・・・
農薬 概要
世界
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア