新着Pick
SPD14KN526YFWFNA
コンビニエンスストア
JPN

コンビニエンスストア 業界

日本
業界一覧
>
小売
>
総合・食品小売
>
コンビニエンスストア
主に食料品、日用品を中心に多品種の商品を取り扱う小規模小売店で、年中無休、長時間営業を基本とする商店を運営する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
167Picks
幸運な5万人、デジタル人民元をテスト-仮想通貨開発で中国リード
Bloomberg
|
中国広東省の深圳市で先週、数万人がウォルマートやガソリンスタンド、コンビニエンスストアなどでデジタル人民元を利用した。
7Picks
不仲を転じて仲間と為す 組織に大切なのは、ベクトルの一致か個々の相性か
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
大手コンビニエンスストア、エンゼルスが広島に進出してから矢継ぎ早に店舗を拡大、そのためエンゼルスに弁当やサンドイッチを供給するひろしま食品では生産が間に合わなくなりつつあり、第2工場の建設を決めた。しかし、土地の手当てや工場の建設に多額の資金が必要になる。そのため、恭平は取引先に出資を求めた。サンドイッチの材料を供給してくれるプラザハムに白羽の矢が立った。
75Picks
コンビニ弁当・パスタの自動盛り付けロボットがすごい!過酷な人手作業を代替
ニュースイッチ
|
イシダ(京都市南区、石田隆英社長、075・771・4141)は、コンビニエンスストアの弁当やパスタ、総菜などの盛り付けを自動化するロボットを開発、来春にも市場投入する。パスタ製品などを手がける中食ベンダーや、和総菜などの食品メーカーと実証実験に入った。過酷な人手作業を代替するとともに、品質管理の向上や省人化といった顧客ニーズへ対応する。 盛り付けを自動化するロボットは人工知能(AI)ベンチャ...
291Picks
中身がない中華まん?井村屋の「すまん」商品化プロジェクトに熱い支持
イザ!
|
季節が深まり、コンビニエンスストアでも手軽に購入できる中華まんがおいしい季節だが、井村屋では皮だけの中華まん「すまん」の商品化プロジェクトが進行している。同社の…
109Picks
7&iHDが今期予想上方修正、コロナで年末年始商戦に不透明感
Reuters
|
[東京 8日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングス<3382.T>は8日、2021年2月期の連結業績予想を上方修正した。営業利益は前年比19.9%減の3400億円となる見通しで、従来予想の3220億円から引き上げた。新型コロナウイルス感染拡大を受けた緊急事態宣言の解除以降に経済活動が再開された効果を反映、20年3―8月期(上期)のスーパーストア事業、海外コンビニエンスストア事業などの堅調を織り込んだ。
116Picks
「マスクバブル」崩壊後のドラッグストア業界、食品安売りが一気に進む理由
Diamond Online
|
ドラッグストアにおける食品の売上高構成比が上昇している。コロナ禍で流通の“生態系”が変化し、コンビニエンスストアのお客がドラッグストアに流出している上、ドラッグストアではこれまで稼ぎ柱だった化粧品がドル箱商材でなくなっている。ドラッグストアは食品でいかに稼ぐかが今後の成長のカギとなりつつある。
90Picks
コンビニ「24時間営業の見直し」議論がコロナで後退の舞台裏
Diamond Online
|
コロナ禍によって今春以降、コンビニエンスストアの求人に応募が殺到している。業界にとって積年の課題だった人手不足がやや薄らぐ一方で、これまで熱を帯びてきた24時間営業の見直し議論に水を差し始めた。
291Picks
毎年100店舗を出店、「まいばすけっと」の快走はどこまで続くか
ニュースイッチ
|
都市型ミニスーパーのまいばすけっとが快走を続けている。2018年以降は毎年100店舗を出店し、23年には現状(9月現在898店)比2・2倍の2000店を目指す。大手コンビニエンスストア各社が野菜などの生鮮食品や冷凍食品の販売強化でミニスーパー化に舵(かじ)を切る中、本家本元のミニスーパーはどう勝ち抜くのか。古沢康之社長に聞いた。 ―今期(21年2月期)も100店以上出店しますか。 「新型コロ...
13Picks
伊右衛門「緑色」きわめて売り上げ2倍。「思わず手に取る」お茶とは何か
Business Insider Japan
|
4月14日にリニューアル販売されたサントリーの伊右衛門が、売れている。 「発売後1カ月の販売水準は、リニューアル前の1カ月と比較して2倍に。6月〜8月でも前年同期比で5割増。コンビニエンスストアでの売り上げに限れば、前年同期で2倍の数字を維持しています」(サントリー広報) 他の飲料メーカーの売上を...
69Picks
コンビニ、「本部と加盟店の実態調査」の結果が衝撃的「優越的地位の濫用」公取委も苦言
ビジネスジャーナル
|
9月2日、公正取引委員会より「コンビニエンスストア本部と加盟店との取引等に関する実態調査」の結果が公表された。24時間営業など、加盟店のコンビニ本部への不満が大きく注目されている社会情勢を受け、公正取引委員会が本格的に動き出したということである。対象は大手コンビニチェーンのすべて...
63Picks
ソフトバンクら、景観を損なわない「“見えない”看板アンテナ」を開発--5G基地局用
CNET Japan
|
ソフトバンク、三協立山、日本アンテナの3社は9月10日、コンビニエンスストアなどの商業施設や駅、駐車場などに、容易に設置できる第5世代移動通信システム(5G)の基地局用「“見えない”看板アンテナ」を共同で開発したと発表した。
103Picks
セブンが九州の約1千店で計画休業へ 台風接近で事前公表は初
産経ニュース
|
コンビニエンスストア最大手のセブン-イレブン・ジャパンは4日、台風10号の接近に伴い、九州7県のセブン-イレブン店舗約1千店が計画休業すると発表した。同社が台風接近に伴う店舗休業計画を事前に公表するのは初めて。
78Picks
レジ横の小さな箱に年間10億円以上――チリも積もれば山となる、コンビニ募金の実態
Yahoo!ニュース
|
コンビニエンスストアのレジ脇に置いてある、透明な募金箱。大手コンビニ3社でこの箱に集まる「善意」は、総額で年10億円以上になる。 大規模災害の発生時には義援金に切り替わり、東日本大震災の際には短期間で30億円近く集まったことも。 約30年にわたり続いてきたコンビニ募金、その実態とは。
303Picks
コカ・コーラが今、自販機に積極投資する理由
東洋経済オンライン
|
――飲料業界は、外出自粛などを受け3月以降の販売数量が大きく落ち込むなど、厳しい状況が続きました。現在起きている損失の最も大きな原因は、自販機やコンビニエンスストアでの売り上げが減少していることだ。…
87Picks
コロナ禍でコンビニの野菜販売が定着したワケ
ニュースイッチ
|
大手コンビニエンスストアで野菜販売が定着してきた。もともと一部店舗でキャベツやキュウリなどを販売してきたが、新型コロナウイルスの感染拡大で住宅地にあるコンビニを中心に、野菜の需要が拡大してきた。客が“密”のスーパーマーケットを避け、自宅近くのコンビニをミニスーパーのように利用する人が増えているのが理由で、コンビニ各社も需要を捉える狙いだ。 ローソンは7月31日に全国の店舗に専用売り場「新鮮野...
16Picks
小売業の商品陳列業務の遠隔化と自動化を可能にするロボットを開発
MONOist
|
Telexistenceは、コンビニエンスストアなど小売業での商品陳列業務の遠隔化、自動化を可能にする、半自立型遠隔操作ロボット「Model-T」を開発した。2020年夏より都内コンビニの一部店舗において、Model-Tによる商品陳列作業を実施する。
179Picks
大阪でバー併設「ローソン」、つまみ調達して即飲みOK
Lmaga.jp
|
コンビニエンスストア「ローソン 西田辺駅前店」(大阪市阿倍野区)に8月6日、立ち飲みバーが登場。ウイスキーなどのお酒を、コンビニのつまみや総菜と気軽に楽しめる。 バー「お酒の美術館」を併設する初のローソン(イメージ) 今回、同コンビニに出店するのは、京都を中心に20店舗以上全国で展開する立ち飲みバー「お酒の美術館」。ボトルに詰められてから10年以上を経たウイスキーのオールドボトルを1杯500円から
285Picks
セブン・ファミマ・ローソンがコロナで苦戦中でも客単価は増えている理由
Diamond Online
|
コンビニエンスストア復活の日はくるか――。コロナ禍を背景に、このところ既存店売上高がさえないコンビニ。世間的には「コンビニ飽和だ」「もうこれまでのように伸びていかないのではないか」という声も、以前よりも多く聞くようになった。しかし、大手コンビニは実はしたたかに、その姿を変えようとしている。
154Picks
おにぎり、ドイツでじわり浸透 具にアボカドやピーナツも
時事ドットコム
|
【フランクフルト時事】ドイツでおにぎりの人気が徐々に広がっている。見た目は日本のコンビニエンスストアに並ぶプラスチック包装された商品とほぼ同じ。大手スーパーも販売を始め、手軽な食事として浸透しつつある。
239Picks
澤田社長の知られざるファミマ改革、コンビニは「日本の家族」になれるか
ニュースイッチ
|
伊藤忠商事によるファミマ子会社化でコンビニ業界は変わるのか コンビニエンスストアのビジネスモデルが転換期を迎えている。 この7月8日、総合商社の伊藤忠商事は、グループ内のコンビニ大手「ファミリーマート」を完全子会社化すると発表した。狙いは、伊藤忠商事の取引先の販路拡大に加え、過渡期のコンビニ事業における経営判断の迅速化とされる。 具体的な動きはこれからだが、今後、AIを活用した業務効率化、顧...
コンビニエンスストア 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
大韓民国
シンガポール
マレーシア