新着Pick
SPD14KN526YFWFNA
コンビニエンスストア
JPN

コンビニエンスストア 業界

日本
業界一覧
>
小売
>
総合・食品小売
>
コンビニエンスストア
主に食料品、日用品を中心に多品種の商品を取り扱う小規模小売店で、年中無休、長時間営業を基本とする商店を運営する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
14Picks
ファミマ社長交代、「外見ワイルド中身繊細」の新社長が即刻迎える正念場 - DOL特別レポート
Diamond Online
|
伊藤忠商事の子会社でコンビニエンスストア業界2位のファミリーマートが社長交代を発表。伊藤忠でファミマを所管してきた「第8カンパニー」トップが新たに就任するが、コロナ禍に苦しむ加盟店を守りつつ成長を成し遂げられるか。その道は決して平坦ではない。
60Picks
1日1500万人来店のファミマ、沢田社長がデジタル強化で「毎日口説いている」相手
ニュースイッチ
|
新型コロナウイルスの影響で、都市部や駅前などを中心にコンビニエンスストアは売り上げを落とした。ファミリーマートの2020年3―8月期の連結当期損益は107億円の赤字を計上し、既存店売上高も前年割れが続いている。新型コロナの収束が見えない中、どう動くのか。沢田貴司社長に現状と今後について聞いた。 ―今年はどのような1年でしたか。 「20年頭に商品を製造するベンダーの統廃合が完了し、2月には早期...
86Picks
スーパーやコンビニ、年末年始の休業拡大 コロナ禍対応や働き方改革
産経ニュース
|
スーパーやコンビニエンスストアなど小売業界で、年末年始の休業を拡大する動きが広がっている。スーパーのいなげやは一部で正月の営業開始日を1日遅らせるほか、コンビニエンスストアのローソンは一部店舗で年末年始に休業や時短営業を取り入れる。年末年始の休みを増やして働き方改革につなげるほか、コンビニによっては新型コロナウイルス感染拡大に伴う店客減少や従業員不足といった問題に対応する狙いもある。
62Picks
メルカリ・ファミマ、東京・神奈川のファミマ8店舗にメルカリ教室やメルカリポストを導入 12月14日から実証実験を開始
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
メルカリとファミリーマートは、コンビニエンスストア初の取り組みとして、メルカリ教室やメルカリポストを東京都・神奈川県のファミリーマート合計8店舗に開設し、12月14日から本格導入に向けた実証実験を
465Picks
ANAがQR決済参入 年内にもアプリ、買い物でマイル
産経ニュース
|
全日本空輸が年内にもスマートフォンアプリを使ったQRコード決済に参入することが22日、分かった。コンビニエンスストアなどでの買い物で利用するとマイルがたまる。新型コロナウイルスの感染拡大で旅行自粛が呼びかけられる中、日常生活でマイルをためられるようにして、マイル会員の利便性を高める。
45Picks
ファミマ、値引き柔軟に 加盟店の手続き簡略化
時事ドットコム
|
ファミリーマートが店舗による商品の値引き販売に必要な手続きを簡略化することが27日、分かった。公正取引委員会がコンビニエンスストア各社に加盟店との取引関係の改善を求める中、店舗の判断で柔軟に値引きできる環境を整える。30日に公取委に報告する。 ファミマでは現在、値引き販売をするには手書きでの伝票作成や本部への事前申請が必要で、手続きの煩雑さから実際に値引きする例は少なかった。このため、202...
30Picks
コンビニATMに高齢者が行列 手にはスマホ、一体なぜ
朝日新聞デジタル
|
最近、山形県酒田市内のコンビニエンスストアに行くと、店内の現金自動出入機(ATM)前に行列ができているのをよく見かける。列に並ぶのは高齢者が多いが、「振り込め詐欺」ではなさそうだ。一体、何が起きてい…
12Picks
始まった店舗減少、コンビニ業界に現れた「意外すぎる強敵」とは
ビジネス+IT
|
現代人の生活インフラを担う存在となったコンビニエンスストア(以下、コンビニ)は、幾度となく成長鈍化と限界説がささやかれつつも、そのたびに「限界」を乗り超えてきた。たとえば、2008年にはタスポ効果により来店客が増えたほか、2011年の東日本大震災の際には、インフラとして活躍するなど、存在意義が再認識される出来事があった。その後、業界の通例とも言われていた「5万店限界説」も乗り越えたコンビニで...
58Picks
7&ⅰ、米コンビニ買収後にガソリンスタンド最大300店売却=関係筋
Reuters
|
[2日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングス<3382.T>は、米石油精製会社マラソン・ペトロリアム<MPC.N>のコンビニエンスストア併設型ガソリンスタンド「スピードウェイ」の買収完了後に、ガソリンスタンド最大300店の売却を検討している。複数の関係筋が明らかにした。
178Picks
幸運な5万人、デジタル人民元をテスト-仮想通貨開発で中国リード
Bloomberg
|
中国広東省の深圳市で先週、数万人がウォルマートやガソリンスタンド、コンビニエンスストアなどでデジタル人民元を利用した。
287Picks
中身がない中華まん?井村屋の「すまん」商品化プロジェクトに熱い支持
イザ!
|
季節が深まり、コンビニエンスストアでも手軽に購入できる中華まんがおいしい季節だが、井村屋では皮だけの中華まん「すまん」の商品化プロジェクトが進行している。同社の…
77Picks
コンビニ弁当・パスタの自動盛り付けロボットがすごい!過酷な人手作業を代替
ニュースイッチ
|
イシダ(京都市南区、石田隆英社長、075・771・4141)は、コンビニエンスストアの弁当やパスタ、総菜などの盛り付けを自動化するロボットを開発、来春にも市場投入する。パスタ製品などを手がける中食ベンダーや、和総菜などの食品メーカーと実証実験に入った。過酷な人手作業を代替するとともに、品質管理の向上や省人化といった顧客ニーズへ対応する。 盛り付けを自動化するロボットは人工知能(AI)ベンチャ...
109Picks
7&iHDが今期予想上方修正、コロナで年末年始商戦に不透明感
Reuters
|
[東京 8日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングス<3382.T>は8日、2021年2月期の連結業績予想を上方修正した。営業利益は前年比19.9%減の3400億円となる見通しで、従来予想の3220億円から引き上げた。新型コロナウイルス感染拡大を受けた緊急事態宣言の解除以降に経済活動が再開された効果を反映、20年3―8月期(上期)のスーパーストア事業、海外コンビニエンスストア事業などの堅調を織り込んだ。
293Picks
毎年100店舗を出店、「まいばすけっと」の快走はどこまで続くか
ニュースイッチ
|
都市型ミニスーパーのまいばすけっとが快走を続けている。2018年以降は毎年100店舗を出店し、23年には現状(9月現在898店)比2・2倍の2000店を目指す。大手コンビニエンスストア各社が野菜などの生鮮食品や冷凍食品の販売強化でミニスーパー化に舵(かじ)を切る中、本家本元のミニスーパーはどう勝ち抜くのか。古沢康之社長に聞いた。 ―今期(21年2月期)も100店以上出店しますか。 「新型コロ...
115Picks
「マスクバブル」崩壊後のドラッグストア業界、食品安売りが一気に進む理由
Diamond Online
|
ドラッグストアにおける食品の売上高構成比が上昇している。コロナ禍で流通の“生態系”が変化し、コンビニエンスストアのお客がドラッグストアに流出している上、ドラッグストアではこれまで稼ぎ柱だった化粧品がドル箱商材でなくなっている。ドラッグストアは食品でいかに稼ぐかが今後の成長のカギとなりつつある。
90Picks
コンビニ「24時間営業の見直し」議論がコロナで後退の舞台裏
Diamond Online
|
コロナ禍によって今春以降、コンビニエンスストアの求人に応募が殺到している。業界にとって積年の課題だった人手不足がやや薄らぐ一方で、これまで熱を帯びてきた24時間営業の見直し議論に水を差し始めた。
69Picks
コンビニ、「本部と加盟店の実態調査」の結果が衝撃的「優越的地位の濫用」公取委も苦言
ビジネスジャーナル
|
9月2日、公正取引委員会より「コンビニエンスストア本部と加盟店との取引等に関する実態調査」の結果が公表された。24時間営業など、加盟店のコンビニ本部への不満が大きく注目されている社会情勢を受け、公正取引委員会が本格的に動き出したということである。対象は大手コンビニチェーンのすべて...
103Picks
セブンが九州の約1千店で計画休業へ 台風接近で事前公表は初
産経ニュース
|
コンビニエンスストア最大手のセブン-イレブン・ジャパンは4日、台風10号の接近に伴い、九州7県のセブン-イレブン店舗約1千店が計画休業すると発表した。同社が台風接近に伴う店舗休業計画を事前に公表するのは初めて。
305Picks
コカ・コーラが今、自販機に積極投資する理由
東洋経済オンライン
|
――飲料業界は、外出自粛などを受け3月以降の販売数量が大きく落ち込むなど、厳しい状況が続きました。現在起きている損失の最も大きな原因は、自販機やコンビニエンスストアでの売り上げが減少していることだ。…
1618Picks
ファミリーマートの早期退職に応募殺到、リストラ資料が明かす大混乱の裏側
Diamond Online
|
コンビニエンスストア大手ファミリーマートの早期退職に応募が殺到している。当初は800人の枠だったが、想定以上の“人気”ぶりに本社は募集期間を当初の2月10日~21日から前倒し、2月3日~7日と期間も短縮した。社員の自由意志による募集のはずが、内部資料では社員を「応募勧奨」や「慰留」など4グループに分類していることも判明。伊藤忠商事出身社員への優遇も目立ち、社員の間で厭世観が広がっている。
コンビニエンスストア 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
大韓民国
シンガポール
マレーシア