新着Pick
SPD0QG53KOU1K9C1
トラック
JPN

トラック 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
輸送用機械製造
>
トラック
トラック(主に貨物の運送を目的とした、荷台を備えた四輪自動車)を製造する企業群。但し、軽トラックを主とする企業は除き、バスは含む
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
11Picks
「電動ゴミ収集車」で注目のスタートアップLION Electricの挑戦
Forbes JAPAN
|
電動式バス及びトラックの製造を手がけるカナダの「LION Electric」は4月に都市型電動トラック「Class 8」を発表し注目を集めたが、先日はモントリオールで開催のモビリティサミット「Movin’On Summit 20・・・
95Picks
JR貨物が構想する「スマート貨物駅」とは?
ニュースイッチ
|
JR貨物は、2022年度の移転開業を予定する新・仙台貨物ターミナル駅(仙台市宮城野区)で、最新のICT(情報通信技術)を活用した次世代貨物駅「スマートターミナル」の実現を目指す。構内作業を省人化するため、無人運転トラックや入れ替え用機関車の遠隔操縦など新技術の導入を検討。生産性を高めて駅機能を高度化するとともに、駅構内の物流施設と鉄道貨物を連携させて、付加価値の高い物流サービスの提供も見据え...
60Picks
ボルボがNVIDIAと共同で商用/産業向け自動運転トラックを開発
TechCrunch Japan
|
Volvo(ボルボ)とNVIDIA(エヌビディア)は米国時間6月18日、ボルボグループの商業/産業向けの自動運転トラックの次世代エンジンの開発を目標とした、新たなパートナーシップを発表した。この提携では、センサーからのデータの処理や知覚システム、位置情報、マッピングや経路予測/計画を担当する、エヌビディアの人工知能プラットフォーム「Drive」を利用する。 ボルボはすでに、初期サービスにて自...
1066Picks
【トップ対談】JR×ヤマトHD。日本を救う「新幹線物流」の全て
NewsPicks編集部
|
これからの鉄道は「ヒト」ではなく「モノ」の移動が収益源になるかもしれない。物流業界は今、人手不足・働き方改革によって悲鳴を上げている。もはやトラックに依存した物流は限界に来ており、鉄道や海運に転...
48Picks
ボルボのスポーティな自動運転電動トラック「Vera」がスウェーデンで運行へ
TechCrunch Japan
|
Volvo(ボルボ)の子会社が開発する自動運転電気トラックのVera(ヴェラ)は、人々が予測するような姿ではない。その見た目は地面を這うスポーツカーのようで、座席がないことが強調されている。しかしこの見た目の本当の理由は、車両が完全に自動運転されるからであり、スウェーデンのGothenburg港にて近日運行を開始するためにあつらえられているのだ。 Veraの最初の仕事は、物流センターから港の...
18Picks
テスラはバッテリー用鉱物確保のため採掘業に参入か
TechCrunch Japan
|
テスラは、電気自動車のバッテリーに使用されている鉱物を採掘するビジネスに参入するかもしれない。製品のラインアップを拡大し、生産量を上げるために必要となるからだ。これは、同社CEOのイーロン・マスク氏が年次株主総会で述べたこと。 この話が出たのは、マスク氏が電動のピックアップトラックに関する計画について話し、全電動の大型(Class 8)セミトレーラートラックの製造を2020年末までに開始する...
351Picks
ソフトバンク、新東名で「トラック隊列走行」の実験に成功
ケータイ Watch
|
ソフトバンクは、5Gを利用した自動車同士の通信によって車間距離を自動制御する実証実験を新東名高速道路で行った。有人のトラックに数台の無人トラックが追従して運行する、「トラック隊列走行」の実用化に寄与する技術となる。
107Picks
今アメリカ全国でテスト走行している自動運転車は1400台あまりで80社以上の企業が関与
TechCrunch Japan
|
今日(米国時間6/11)ワシントン,D.C.で行われたUber Elevate Summitで、米運輸省長官Elaine Chao氏が、アメリカの路上で現在行われている自動運転車のテストに関する数字をいくつかシェアした。それによると、現在テスト中の自動運転車やトラックなどの車両の総台数は1400台あまりで、その企業数は80社以上、D.C.を含めて37の州でテストは行われている。 これにより現...
12Picks
名神死亡事故、追突冷凍車ドラレコ分析へ 運転手は健康問題なく
京都新聞
|
13日午後1時10分ごろ、滋賀県竜王町田中の名神高速道路上り線で、乗用車が山形市の物流会社「東北第一物流」の大型冷凍車に追突され、はずみで前のトラックに衝突した。県警高速隊によると、乗用車を運転していた男性と後部座席の女性2人の計3人が死亡し、助手席の男性と冷凍車の男性運転手、トラックの男性運転手が軽傷を負った。
10Picks
ソフトバンク、トラック隊列走行で5G使い車間距離制御に成功 後続車は自動運転で先頭車両に追従
自動運転ラボ
|
ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区/社長執行役員:宮内謙)は2019年6月12日までに、高速道路で次世代通信規格「5G」の車両間通信を使った車間距離自動制御の実証実験を実施し、成功したと発表した。
10Picks
アメリカ、自動運転の実験車両1400台超 80社以上が取り組み、トヨタ自動車も
自動運転ラボ
|
アメリカのイレーン・チャオ運輸長官は2019年6月12日までに、アメリカ国内で実証実験中のトラックを含む自動運転車両が1400台以上に上ることを明らかにした。実証実験を実施している企業数は80社以上に上るという。
11Picks
インドネシア版「Suica」はQR決済に勝てるか
東洋経済オンライン
|
今年3月、東南アジア最大級といわれる輸送機器関係の総合見本市「インドネシア国際交通ショー」がジャカルタで開催された。このショーはインドネシアや中国を中心とするバス・トラック・特殊車両、また二輪・四輪…
209Picks
高齢職業ドライバーの事故削減にAI活用、DeNAが新事業「ドライブチャート」提供開始
Business Insider Japan
|
スマホゲーム大手DeNA(ディー・エヌ・エー)は6月4日、新サービス「DRIVE CHART(ドライブチャート)」の提供を開始したと発表した。商用車向けの事故削減支援サービスで、同社の持つAIとIoTの技術を活用する。 JVCケンウッドと共同開発した専用車載器を、タクシーやトラックに設置。外向きカメ...
20Picks
物流とIT、両方の現場で働いて痛感した──トラックドライバーがこんなに不人気な理由
ビジネス+IT
|
物流危機は、いよいよ社会的な課題になってきている。消費地や取引先にモノが「運べない」、もしくは「運んでくれない」という悲鳴が、日常的に聞こえるようになってきた。物流危機の背景には「深刻なトラックドライバー不足」がある。2018年4月における全産業の有効求人倍率が「1.35」に対して、トラックドライバーの有効求人倍率は「2.68」だった。求職者1人あたり、2~3件の求人がある。これは、そもそも...
12Picks
自動運転車をリモート操作 米ファントム・オートの巨大な可能性
Forbes JAPAN
|
自動運転車両を用いたロボットタクシーが一般レベルに普及するのは、当分先のことになりそうだが、トラック輸送分野では着々と新たなイノベーションが導入されている。自動運転分野では、多くの専門家が「あらゆる状況に対応できるよう、車両をリモート操作可・・・
20Picks
無人トラックと隊列走行、取り組み状況まとめ 自動運転やAI技術を搭載、スタートアップも続々参入
自動運転ラボ
|
物流業界における自動運転技術は着実に進歩している。特に、ドライバーを必要としない無人トラックの登場は、労働力不足に悩んされる業界にとっては待望の存在となるだろう。
15Picks
運転席すらない自動運転トラックT-Pod、スウェーデンで公道試験開始。2020年には米国にも進出計画
Engadget 日本版
|
5月15日、運送会社Einrideが自動運転トラックT-Podによる実際の配送をスウェーデン・ヨンショーピング市で試験的に開始しました。T-Podは電気だけで走行するオールエレクトリックかつ完全自動運転のトラック。運転席すら省略した設計で、万が一の際は5Gネットワーク越しにオペレーターが完全遠隔操縦で対応します。試験運行には地元の大手物流会社DB Schenkerが協力し、T-Podは日に数...
15Picks
» 物流会社の事業売却のポイントとは?SCALE(スケール)で事業承継M&A
» 物流会社の事業売却のポイントとは?SCALE(スケール)で事業承継M&A
|
2017年度における物流業界の事業規模は25兆円とされており、その6割をトラック運送業が占めているとされます。近年はインターネット通販の普及やメール便サービスの利用増加によって運送業へのニーズが...
12Picks
独VW、大型トラック部門のIPO計画再開 今夏めど
Reuters
|
[13日 ロイター] - 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>は13日、大型トラック部門「トラトン」の新規株式公開(IPO)を今年の夏季休暇前に行う計画を明らかにした。
トラック 概要
世界
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア