新着Pick
211Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
頑張ってます(^_^)v

あくまで電子牽引。
後続車が牽引と同様の制御挙動をするため、通常の大型免許で問題なし。
実用範囲は現在の日本の法律と、社会需要性により高速道路のみ。
ブレーキは、機能安全規格に沿えば二重系以上。待避走行を意図した停止から緊急停止まで通常は検討・実装している。
トラックの自動運転・隊列走行に関する日本での本格来な研究は,NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)が,2008年度から2012年度までの5年間「エネルギーITS推進事業」の一つとして行った「自動運転・隊列走行に向けた研究開発」が始まりです.
自動運転の研究自体は20,30年前からありましたが,2000年代,自動運転はまだ夢物語でした.そこで,公道で実車を使った自動運転の研究を始める時に,世間で省エネが注目されていたので,これに絡めて,自動運転を使えば,省エネになるという理由で,NEDOの「エネルギーITS推進事業」でこのような研究が始まりました.日本における自動運転研究のエポックメイキングです.
当時の成果報告は以下.
http://www.nedo.go.jp/events/report/ZZDA_100006.html
日本で研究実績の積み重ねはありますので,2020年の実用化は十分にあり得ます.
ちなみに車間距離は当時の研究では4m.高速道路で人が運転してここまで距離を詰めることはできません.他の車が間に割り込むことはありません.特別なインフラも必要なく,先頭車両の運転に特別な免許もいらないというのがポイントです.
隊列走行は、高速道路で渋滞しているトラックを見れば必要性は一目瞭然ですよね

おそらく、重要なのは隊列走行できるトラックの開発だけではなく、それを扱えるインフラシステムの構築ですよね
実用できる範囲は?トラックの監視体制は?運転手に資格いるの?とか
素敵な技術の一つですね。
無人運転の信頼性が上がるまでは、最初の1台だけ有人で、あとはそれをコピーするわけですね。

P.S.
鉄道輸送の活用等々、それ以外の手段も併用して、労働力不足に対応して欲しいですね。
以前専門の方とお会いしたのですが、技術云々よりも、高速の入口出口の改善を行わないと渋滞しやすいエリアが多いみたいですね。技術の進歩に合わせたインフラ整備も期待です。
後方が無人で追従を公道(高速道路)でやる。これを本気でやると、霞が関で聞いた時は、正直驚きました。夜間に特別時間枠設けるとか、実用化に向けた具体的な動きが進むことを期待します。
鳥栖インターのように、物流センターと高速インター直結みたいなところは多いので、物流センター間の配送はかなり現実味ありそう。
隊列走行はメルセデスやボルボのほうが進んでるので、トヨタパワーでスピードアップして世界標準に追いつけるといいですね! #toyota #hino
まぁ、いろいろ懸念はあるのは当然としても確実に必要になる技術だと思うので、頑張ってほしい。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
25.4 兆円

業績