新着Pick
SPD0QG53KOU1K9C1
トラック・バス
JPN

トラック・バス 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
輸送用機械製造
>
トラック・バス
トラック(主に貨物の運送を目的とした、荷台を備えた四輪自動車)を含む大型商業車を製造する企業群。但し、軽トラックを主とする企業は除き、バスは含む。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
1Pick
三菱ふそうトラック・バスが工場に無人けん引車の導入を目指す狙い
ニュースイッチ
|
三菱ふそうトラック・バスは、工場の敷地内で重量物を無人で運ぶ電動けん引車の実証実験に乗り出した。人員不足対策や業務負荷の軽減につなげる狙い。無人けん引車の実用性や安全性を確認して導入を検討する。 同社は10月に実証実験を開始した。親会社である独ダイムラートラックでも導入に向けて検証する仏イージーマイルの車両を活用している。同車両の最高速度は時速11キロメートルで、最大25トンの重量物をけん引...
10Picks
トラック・バスに自動ブレーキ 25年義務化、後退警報も
共同通信
|
国土交通省は、トラックやバスに、歩行者対応の衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)搭載を義務付ける。2...
212Picks
米テスラ、EVトラック・バス開発へ カーシェアリングも構想
Reuters
|
[20日 ロイター] - 米電気自動車(EV)メーカー、テスラ・モーターズ<TSLA.O>のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は20日、EVのトラックやバスを開発し、都市交通に参入する事業計画を発表した。
211Picks
トラック・バス隊列走行実用化目指す トヨタグループ
中日新聞プラス
|
トヨタ自動車グループが、トラックとバスの自動運転技術を共同開発するための検討…
175Picks
セブンとヤマト、配送にEV導入 物流で本格運用は国内初
共同通信 47NEWS
|
セブンとヤマト、配送にEV導入 セブン―イレブン・ジャパンとヤマト運輸は19日、三菱ふそうトラック・バス(川崎市)の小型電動トラックを商品や宅配便の配送に導入すると発表した。量産型の電気自動車(EV)を物流で本格的に活用するのは国内...
105Picks
三菱ふそう、電気トラックを来秋から投入。日本を開発拠点に
ニュースイッチ
|
【独ハノーバー=西沢亮】三菱ふそうトラック・バスは21日、2017年後半から日米欧で電気だけで走る小型トラックを販売すると発表した。航続距離は最大となる3トンの荷物を積んだ場合で100キロメートルを実現。市街地での短距離輸送の利用を見込む一部の顧客に納入し、数年後をめどとする量産車の開発につなげる。航続距離に限りがあるなか、電池切れへの不安を解消する運用面でのきめ細かなサービスが、普及のカギ...
100Picks
定休日を増やして人手不足解消 働き方改革はトラック業界にも
NHKニュース
|
トラックメーカーの三菱ふそうトラック・バスは、車の整備士のなり手不足の解消につなげようと、整備工場を併設した店舗の定休日…
82Picks
自動車業界の新潮流「CASE」に日野自動車が仕掛ける大勝負。 自動運転商用EVプラットフォームを通じて描くビジョンとは。
デジタルシフトタイムズ
|
トラック・バスといった商用車を製造する自動車メーカー日野自動車株式会社にて代表取締役社長を務める下 義生氏。日野自動車から親会社のトヨタへ役員として移籍という異色の経歴をもつ下氏が変化の激しいモ...
78Picks
商用車も「電動化」の波、コスト要求に苦悩するメーカー
ニュースイッチ
|
環境規制の強化により、自家用車を中心とした電動化の流れが商用車にも広がってきた。三菱ふそうトラック・バスは10月に世界初となる量産型の小型電気トラックの供給を開始。いすゞ自動車も2018年にモニターでの投入を予定する。だが、働く車であるトラックなどの商用車は、ユーザーにとって「道具」の一つ。コスト要求も厳しく、商用車メーカーの頭を悩ませている。 11月、企業家のイーロン・マスク氏率いる米テス...
61Picks
三菱ふそう、自動運転はレベル3を飛び越え一気に「レベル4」に
ニュースイッチ
|
三菱ふそうトラック・バスの次世代トラックの動きが活発だ。ハンドル操作や加減速をシステムが担う「レベル2」の自動運転が可能な大型トラックや、電気トラックの投入を進める。自動運転や電動化は運転者の負担軽減など新たな価値を生むとみられ、商用車業界に変化を起こしそうだ。ハートムット・シック社長に次世代技術への対応策や展望を聞いた。 ―2019年に自動運転レベル2を実現する大型トラック「スーパーグレー...
45Picks
「生きるか死ぬか」日野自動車が"車台だけのクルマ"で狙う生き残り策
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
自動車業界は100年に一度という大変革時代にある。その中で、トラック・バス大手の日野自動車は「自動化」という商用車の大変化に挑んでい
42Picks
トラックで国内初、三菱ふそうが自動運転「レベル2」実現
ニュースイッチ
|
三菱ふそうトラック・バスが2019年秋に発売する大型トラック「スーパーグレート」は、ハンドルの操作や加減速をシステムが担う「レベル2」の自動運転技術を搭載する。トラックでは国内初。親会社の独ダイムラーと開発した自動運転技術を生かし、安全機能を拡充する。商用車各社で自動運転技術の開発が進む中で、先んじて商品化し、今後も開発もリードする考えだ。(文=山岸渉) 「まずお客さまの安全に重きを置いてい...
33Picks
ダイムラー・トラック、12月10日に分離・独立 EV注力へ
Reuters
|
[ベルリン 11日 ロイター] - 独自動車大手ダイムラーのトラック・バス部門「ダイムラー・トラック」は11日、12月10日にスピンオフ(分離・独立)すると発表した。
28Picks
トヨタは4割減産。部品調達の停滞で続く自動車メーカーの苦難
ニュースイッチ
|
東南アジアでの新型コロナウイルス感染再拡大に伴う部品調達の停滞で、自動車各社が減産を迫られている。トヨタ自動車は9月に世界で当初計画比約4割にあたる約36万台を減産するほか、ホンダや日産自動車も工場の稼働停止を強いられる。商用車でも三菱ふそうトラック・バスが9月に国内工場の稼働を2日間停止するなど影響が広がる。 トヨタは国内で14工場27ラインの稼働を停止するほか、北米や中国、欧州など全地域...
23Picks
日野方式、新しい物流のカタチ 高速道路で自動運転実証へ
自動運転ラボ
|
トラック・バスの製造・販売で国内最大手の日野自動車株式会社(本社:東京都日野市/代表取締役社長:下義生)は2018年6月7日、ドライバー不足や積載率の低下など物流業界の課題に対応すべく、「新しい物流のカタチ」を提案する新会社のネクスト・ロジスティクス・ジャパン株式会社を設立した。将来的に高速道路で自動運転実証をスタートさせる。
21Picks
トヨタ「ミライ」、普及の鍵はトラックにあり!
東洋経済オンライン
|
「長距離輸送の大型トラックはEVへの置き換えが難しい。やはりそこは燃料電池(FC)の技術が適している」。そう話すのは、トヨタ自動車グループの商用トラック・バス事業を担う日野自動車の下義生社長だ。世界的に…
18Picks
住友ゴムがブラジルでタイヤ生産する理由
ニュースイッチ
|
住友ゴム工業は、ブラジルでのタイヤの生産・販売の動きを活発化させている。トラック・バス用タイヤの生産を始めるほか、乗用車やライトトラック用タイヤの増産なども図っていく。ブラジルでの各タイヤの需要増を
17Picks
商用車メーカーは、なぜ積極的にライバルと組めるのか
MONOist
|
日野自動車、いすゞ自動車、三菱ふそうトラック・バス、UDトラックスの日系メーカー4社を中心に、商用車メーカーの現状と事業戦略を考察します。
13Picks
労働時間すべて社外勤務OK。トラック業界の“先駆者”が新制度
ニュースイッチ
|
三菱ふそうトラック・バスは、業務する場所などの制限を撤廃した「モバイル・ワーク」制度を6月に導入した。最大で所定内労働時間の全部を社外勤務に当てることができる。製造現場や営業職を除く約5000人の従業員が対象。新型コロナウイルスの感染を防ぐため、人との接触機会を極力減らす「新しい生活様式」の定着が求められている。働き方改革と合わせて、新型コロナ収束後も見据えた恒久的な制度とする。 従来の在宅...
トラック・バス 概要
世界
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア