新着Pick
SPD0AYU0I5U0B2RH
ネット広告(アドテクノロジー)
ALL

ネット広告(アドテクノロジー) 業界

世界
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
広告・イベント
>
ネット広告(アドテクノロジー)
アドテクノロジー(adtechnology)の開発、提供を中心に扱う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
7Picks
ネット広告にも「#MeToo」の波──不適切コンテンツの排除に動いたアドテク企業の思惑
WIRED.jp
|
「#MeToo」ムーヴメントを受けて、インターネット広告業界が動き始めた。不適切なネット広告やコンテンツの排除にアドテクノロジー企業が動き始めたのだ。その変心の背景と、これまで以上に重視されるようになってきた広告会社やパブリッシャーの責任について考える。
8Picks
多様な人・事業の集合体──ユナイテッドが描く未来とは
FastGrow
|
「日本を代表するインターネット企業になる」をビジョンに掲げるユナイテッド。現在の事業の柱は、アドテクノロジー、コンテンツ、インベストメントの3つ。加えて、EdTechやバーティカルメディアなど、多様な事業を展開する8社がグループ会社にある。多様な事業・組織で構成される「ユナイテッド流 事業の作り方」とは。代表の金子陽三氏のインタビューから始まり、過去の出資先企業やグループ会社の代表、社内起業...
12Picks
【ジーニー】最先端技術で世界に挑むアドテク企業 Vol.1
Signifiant Style
|
「日本発の世界的なテクノロジー企業をつくる」という想いのもと創業された株式会社ジーニー。日常生活の中で、パソコンやスマートフォンの広告に触れる機会は頻繁にある一方、そうした広告を下支えする技術や、SSP・DSPといったネット広告特有の業態には、馴染みが薄い面もあることでしょう。今回は「技術開発力」と「事業推進力」にこだわってアドテクノロジーの展開に取り組まれているジーニー工藤社長に、経営に対...
2Picks
元祖CtoC企業「エニグモ」を創業期から支えた、ユナイテッドの嗅覚
FastGrow
|
「日本を代表するインターネット企業になる」をビジョンに掲げるユナイテッド。現在の事業の柱は、アドテクノロジー、コンテンツ、インベストメントの3つ。加えて、EdTechやバーティカルメディアなど、多様な事業を展開する8社がグループ会社にある。多様な事業・組織で構成される「ユナイテッド流 事業の作り方」とは。ユナイテッドの「今」を全5回で紐解く最終回は、2005年から投資し、共に成長の道を歩んで...
2Picks
「任せてくれる親会社」アラン花房氏が、圧倒的な事業成長を続けられる理由
FastGrow
|
「日本を代表するインターネット企業になる」をビジョンに掲げるユナイテッド。現在の事業の柱は、アドテクノロジー、コンテンツ、インベストメントの3つ。加えて、EdTechやバーティカルメディアなど、多様な事業を展開する8社がグループ会社にある。多様な事業・組織で構成される「ユナイテッド流 事業の作り方」とは。ユナイテッドの「今」を全5回で紐解く第3回は、グループ会社としてジョインし、ユナイテッド...
1Pick
ユナイテッドで過ごす時間は「青春」だ!グループ会社になって思うこと
FastGrow
|
「日本を代表するインターネット企業になる」をビジョンに掲げるユナイテッド。現在の事業の柱は、アドテクノロジー、コンテンツ、インベストメントの3つ。加えて、EdTechやバーティカルメディアなど、多様な事業を展開する8社がグループ会社にある。多様な事業・組織で構成される「ユナイテッド流 事業の作り方」とは。ユナイテッドの「今」を全5回で紐解く第4回は、グループ会社としてジョインし、ユナイテッド...
9Picks
「ネット広告のアドテクは、もう死んでいる」 | インターネット | 東洋経済オンライン
東洋経済オンライン
|
スマホの普及率が5割を超え、ネット広告市場はまだまだ拡大が見込まれる。だが、その成長をテクノロジーの側面から支える「アドテク」は今のままだと行き詰まる。
1Pick
【フィスコ仮想通貨ニュース】グーグル、すでに対応との回答、仮想通貨の促進広告に関し
bitpress(ビットプレス)- ビットコインや仮想通貨に関するニュース・情報サイト
|
カナダや米国の法執行機関はインターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業グーグルに対し、バイナリーオプションや仮想通貨に対する広告を禁じるよう要請したという。 カナダ...
10Picks
「ウェブのビジュアル化」の思いがけない大勝利
ReadWrite Japan
|
2013年の主役は画像コンテンツであった。自分撮り(selfie)、ミーム(meme)、ピンといった画像コンテンツにまつわる単語は今年一年で一気に広まり、Pinterest、Instagram、Tumblrといったテキストよりも写真を強調するソーシャルサイトが大ヒットした。こうしたビジュアル系サイトはユーザーだけではなく投資家の人気も多いに集め、巨額の企業評価を獲得することとなった。 以前はこの「ウェブのビジュアル化」を一過性のトレンドだと考える人も少なくなかった。その考えが誤りであったことをテクノロジー業界に認めさせる結果となった、今年の主要な出来事を以下に紹介したい。 数十億ドルの買収劇 2012年の初めにフェイスブックが10億ドルでInstagramを買収した際には、多くの人々がザッカーバーグは頭がおかしくなったのだと思った。収益がゼロに近い写真共有サイトにこれだけの巨額な資金をつぎ込むのはとてもじゃないが割に合わないと考えるのが道理だからだ。 しかし今思えば、フェイスブックには先見の明があったことになる。2013年の現在、10億ドルという値段はビジュアル系ウェブサイトの標準価格となっている。今年の5月にヤフーはTumblrを11億ドルで買収したし、2月から10月にかけて行われたPinterestへの投資も、25億~38億ドルと査定された同社の企業評価を基準に行われている。 長い年月を重ねたテクノロジー企業たちは、この新しいトレンドである「ウェブのビジュアル化」への投資を、企業イメージとユーザー層の双方を若返らせる最適な方法と捉えているのだ。 手軽なモバイル・アクセスが人気 ティーンエイジャーに人気のビジュアル系ソーシャル・ネットワーク「We Heart It」はモバイルからの利用が主流で、一度もデスクトップ用のサイトを訪れたことがないユーザーが2/3を占めるという。「テキスト、画像、動画のうち、作るのも見るのも一番簡単なのは画像です」とWe Heart ItのCEOラナ・エドリンは語っている。「100件のツイートを読むよりも100枚の写真を見るほうがはるかに早いでしょう」 ビジュアル系ウェブサイトの多くは、デスクトップ用のサイトよりモバイル・サイトのほうが洗練されている。最も顕著な例はInstagramだろう。デスクトップ用のウェブサイトはモバイルアプリの基本機能だけを備えた骨組み状態で、トラフィックの大半もモバイル経由となっている。 Pinterestに至ってはデスクトップ・サイトをほったらかしてiOSアプリばかりを優先的にリニューアルしている。同社のスポークスマンによると、トラフィックの75%以上がモバイルからのアクセスであるらしい。 若くてお洒落なユーザー達 モバイルのユーザーには若い女性が多い。Pew Internet and American Life Studyの調査によると(他の似たような調査でも同じ結果だが)、モバイルのみでインターネットを利用すると答えた回答者のほとんどが若者と女性だった。 Pinterest、Instagram、Plyvore、あるいはこれらの競合コンテンツのいずれにおいても、最近のビジュアル・コンテンツが若い女性と彼女達の興味に牽引されているのは明らかだ。しかし「鶏と卵」の問題ではないが、ビジュアル系ウェブサイトは本来若い女性のために作られたものではない。 Pinterest(ちなみに創設したのは3人の男性)の内容がショッピングやデザインに特化していったのは、初期に使い始めた若い女性達が自分たちの趣味嗜好を反映させていった結果に過ぎないのだ。今日我々が「ウェブのビジュアル化」と聞くと若い女性を連想するのは、彼女達がこうしたトレンドの仕掛人になったからに他ならない。 今年、老舗のテクノロジー企業はティーンエイジャーやさらに若年のユーザー層に対するアピール力を高めるため、積極的に「ウェブのビジュアル化」への投資を行った。フェイスブックがInstagramを買収したのもヤフーがTumblrを取り込んだのも、こうした理由によるものだ。もしどこかの財力に余裕のある企業がPinterestを買収したとすれば、その目的は女性や若者のユーザーを取り込むことだと思って間違いない。 保証された収益プラン 広告主がビジュアル系ウェブに集まってくるのには理由がある。サイト全体がビジュアル化されているために、他のフォーマットで構築されているサイトよりもはるかに違和感なく広告を表示し、利益を生み出すことができるのである。フェイスブックは自動再生動画広告がユーザーからの反発を受けて苦労しているようだが、もともとビジュアル化されているウェブではもっとスマートに広告との共存が可能なのだ。 Instagramがイメージ・フィード内での広告表示を開始した当初、ユーザーは広告に対して否定的な反応を示していたが、今ではむしろ喜ばれているようだ。Curalateによれば、Instagram上の広告画像に対する「like」は、他サイトに比べて32倍も多いという。同じことがTumblrでも起こっている。広告を開始した当初はユーザが激怒し反発していたが、今ではすっかり通常の画像と同じ扱いを受けるまでに馴染んでいるのである。 Pinterestは今年、広告をより目立たせる実験を繰り返してきた。そもそも掲載された写真の大半がどこかの商品の紹介であるため、広告の商品だけを目立たせるのに苦戦しているようだ。通常のサイトでは広告が目立ちすぎるという苦情がユーザーから寄せられるものだが、Pinterestは逆にどうやって広告を目立たせるかが悩みの種なのである。 ユーザーがビジュアル系サイトをオンライン・ショッピング目的で使うケースも増えてきている。Waneloは特に広告を出していないが、ユーザーがこのサイトを経由して何かを買ったときにはその収益が分配されるアフィリエイト・リンクによって利益を生み出している。 これまでにも、大量の画像を短時間で読み込んで表示するという技術自体はすでに存在していた。2013年になって突然画像がテキストを凌駕するトレンドが巻き起こったのは、利便性、話題性、収益性の全てが完璧に組み合わさったおかげである。 「ウェブのビジュアル化」のトレンドはまだまだ終わらない。メジャーなビジュアル系サイトにとって、2014年はますます増えるであろう競合サービスのなかで、いかにしてその地位を保っていくかが焦点となるだろう。 トップ画像提供:QThomas Bower(Flickrより), CC 2.0
2Picks
GMO NIKKO、クリエイティブとテクノロジーを融合した新たなネット広告サービスの研究・開発を行う専門組織「次世代アドクリエイティブラボ」を発足
Social Game Info
|
GMOインターネット<9449>グループのGMOアドパートナーズの連結子会社で総合インターネット広告代理事業を展開するGMO NIKKOは、クリエイティブとテクノロジーの融合による新たなインターネット広告サービスの研究・開発を行う専門組織「次世代アドクリエイティブラボ」を発足したことを発表した。さらに、9月27日より、「次世代アドクリエイティブラボ」の研究・開発サービスの第一弾として、広告ク...
6Picks
KDDI系のSyn.ホールディングス、アドテクノロジー関連技術の開発を行うMomentumを買収 「アドフラウド」や「ブランド毀損」対策で連携
Social Game Info
|
KDDI<9433>グループのSyn.ホールディングスは、アドテクノロジー関連技術の開発を行うMomentum(VOYAGE GROUP<3688>の持分法定期用会社)の株式を取得し連結子会社としたことを発表した。なお、具体的な取得額は非開示で、VOYAGE GROUPは保有する全株式をSyn.ホールディングスに譲渡する。Momentumは、独自の技術とデータをもとにインタ―ネット広告におけ...
1Pick
さらばグーグル・FB広告
本誌記事アーカイブ:FACTA online
|
ユーチューブから世界の大企業が相次いでネット広告引き揚げの衝撃。「身勝手ターゲッティング」を脱却するには。 ネオナチや「イスラム国」(IS)支援の動画に、ホンダや日産を含む世界の大企業の広告が流れている――と2月9日付英タイムズ紙が暴露して以来、アドテクノロジー(アドテク)の嘘や横流しに広告主や媒体が本気で怒り始め、ネット広告の引き揚げや訴訟などに燃え広がっている。 3月末までにAT&T、ジ...
1Pick
ネット広告「3巨人」が鷲掴み
本誌記事アーカイブ:FACTA online
|
日本を牛耳るフェイスブックとグーグルとヤフージャパン。個人情報ビッグデータの「流用」で荒稼ぎする。 アドテクノロジー(アドテク)をブラックボックスにして、広告主企業から好きなだけむしり取るネット広告――そのカラクリを初めて暴いた本誌前号の記事(「ネット広告『暗黒大陸』の罠」)は、業界関係者の注目を集めた。DeNAの「まとめサイト」や電通の「不正取引」、また昨年暮れに米国で発覚した「1日に6億...
1Pick
Webインテグレーション市場は2020年度がピーク?――AIによる工数削減で以後は成長鈍化の可能性も
ITmedia マーケティング
|
ミック経済研究所は、Webインテグレーション市場とネット広告のアドテクノロジープラットフォーム市場について調査を行ったマーケティング資料を発刊し、その一部を公開した。
3Picks
「働きがいのある会社」ランキング、従業員100~999人規模での首位はどこ?
ZUU Online|経済金融メディア
|
「働きがいのある会社」ランキングが発表され、従業員100人から999人の規模の企業では、VOYAGE GROUP <3688> が首位だった。2位に結婚式の企画、運営などを手掛ける「バリューマネジメント」、3位にソフトウェア開発会社「サイボウズ」、4位にクラウド会計サービスを手掛ける「freee」が入った。 VOYAGE GROUPはインターネットでメディアやアドテクノロジーのサービスを提供...
3Picks
「サーバーサイド広告挿入」は、動画広告の救世主なのか?:事前結合でアドブロックを回避
DIGIDAY[日本版]
|
ネットの動画化は著しく、さまざまな媒体が動画を制作するようになってきた。 配信の大半はYouTube、Facebookなどのプラットフォームに依存したものだが、自社で動画配信をする場合はアドブロックが問題になることも多い。このアドブロックはネット広告への警鐘であり、パブリッシャーと広告主には発想の転換が必要になると考える人もいる。 その一方、これもテクノロジーで解決する問題のひとつだと考える...
1Pick
サイバーエージェントが広告技術の米国拠点、現地企業向けに(ニュース)
ITpro総合
|
サイバーエージェントは2015年9月1日、米国にインターネット広告技術の開発拠点を設けたと発表した。大量の閲覧データを基に最適な広告を配信する技術である「アドテクノロジー(アドテック)」の開発や、米国でのネット広告配信を担う。米国を中心にした海外広告事業を拡大し、2017年に10億円の売り上げを目指す。
1Pick
アドイノベーション、ゲームパブリッシャーへのマーケティング支援などを行うCyberTigerと提携日本と欧米間の進出支援を強化へ
Social Game Info
|
アドイノベーションは、スマートフォンアプリパブリッシャー向けに海外市場参入のワンストップ・ソリューションを提供するCyberTiger Ltd.(本社:イスラエル)とヨーロッパ、北米向けを中心にした海外展開マーケティングパートナ―シップ提携を実施した。CyberTigerはインターネットテクノロジー及びアドテクノロジー領域で世界的企業を数多く輩出しているイスラエルを拠点とし、独自のアドネット...
2Picks
インターネット広告費が初の1兆円超え 「ファッション」部門は前年割れ
Fashionsnap.com 最新記事
|
電通が2月24日、国内の総広告費と媒体別・業種別広告費を推定した「2014年 日本の広告費」を発表した。総広告費は前年比2.9%増の6兆1,522億円で、消費税率引き上げの影響はあったが通期では6年ぶりに大台を突破。媒体別ではインターネット市場が、スマートフォンや動画広告、新しいアドテクノロジーを利用した広告が伸び、調査開始以来初めて1兆円を超えた。このコンテンツは Fashionsnap....
2Picks
これからのビジネスに必要な3つのデジタルトレンド
blog.btrax.com
|
インターネットやデジタルメディアの急激な普及で、あらゆるビジネスに大きな変化が訪れている。これまではテクノロジーと無縁だと考えられていた業界ですら、刻々と変化するデジタルトレンドを把握していないと新規参入の競合に一気にその座を奪われてしまう。その一方で、新たなトレンドを事前にキャッチし、今後あたりまえになるであろうテクノロジー的変化を事前に予測し、ビジネスに取り入れることで、いち早くマーケットリーダーシップを獲得することも可能になる。 例えば、iPadやタブレットで本を読むなど10年前は考えられなかったが、現在ではごく一般的な消費者行動のひとつになっている。商品やサービスを提供する企業側も、そのような消費者行動の変化に対応していかなければならない時代になった。逆に考えると、現在は常識と思われているプロダクトも、数年後には存在価値が無くなっている可能性も多いに考えられる。現にアメリカではUberやAirbnbの普及で、これまで普遍的なサービスと考えられていたタクシーやホテルがこのままのやり方では存続の危機にさらされる可能性も少なく無い。 そのような観点から、数多くのテクノロジー的変化の中でもこれからの数年間でビジネスに対して最も大きなインパクトを与えると考えられる3つのデジタルトレンドを紹介したい。 1. 実名でのWeb利用 mixiや2ちゃんねる、LINEなどのサービスを見ても、日本国内では未だに”ネット=匿名”というイメージがある。一方海外では数年前からFacebookやLinkedInなどの実名プロフィールを採用したSNSが普及したことにより、多くのWebサービスにもSNSアカウントがコネクトされ、実名での利用が一般的になりつつある。それにより、ユーザー同士のやり取りにもある一定の透明性が担保され、”健全な”Web利用が進んでいる。上記のUberやAirbnbに代用されるようなシャアエコノミー系サービスが普及しているその背景には、ユーザー同士が実名、実プロフィールでのやり取りが一般的になっている事がある。 Web上でのユーザーのアイデンティティが明確になることで、企業側もそれぞれのユーザーにふさわしい商品やサービスの提供を開始する必然性が高まる。また、オンライン広告を配信する際にも、ユーザー毎に最適な内容を最適なタイミングでナチュラルに届け、むしろ広告を見た人達に”感謝される”レベルの内容である事が必要になる。 実名で利用するサービス代表例: Facebook LinkedIn Airbnb Uber Medium その一方で、実名での利用が進む事で、今後はより一層セキュリティやプライバシー保護に関しての重要性が高まる事は否めない。その辺は企業としてどのようにバランスを取っていくかの舵取りが肝になる。これからは、デジタルメディア上でも、ユーザーのプライバシーを保護しながら、それぞれの顧客の嗜好に合致したきめ細やかなパーソナルサービスを提供出来る企業が成功すると考えられる。 2. 情報のキュレーション+企業主導のコミュニティ テクノロジーの進化が加速し、多くの情報がリアルタイムで取得可能になった。それと同時に、ユーザーのフォーカスが情報を集める事から、情報を取捨選択し、自分にとって最も重要な情報だけを厳選する事にシフトした。これからは、最も便利な方法でふさわしいコンテンツ”だけ”を素早く届けてくれるサービスがより多くのユーザーを獲得する事が出来る様になる。そして例えそれが自前のコンテンツでは無かったとしても、同じテーマの情報を収集 (キュレーション) することで、ユーザーが求める情報をいち早く配信する事が出来れば良い。 米国の代表的なキュレーションメディア例: BuzzFeed – 面白コンテンツ CMO.com – 企業のマーケティング担当向けコンテンツ reddit – ユーザー生成型話題のコンテンツ Hacker News – エンジニア向けコンテンツ Popsuger - 女子向けコンテンツ 加えて、ビジネスに目を向けると、企業が提供するプロダクトのクオリティだけでは、他社との差別化が難しくなってきた。商品やサービスを通じ、ユーザーに対して提供する総合的なエクスペリエンスが大きなポイントとなってきている。その中でも、オウンドメディアに代表されるような、企業が主導しながらも、それぞれのユーザーの嗜好に合致したテーマの情報コンテンツを配信するサイトの重要性が高まってきている。 その場合、内容がたとえメインの商品と多少異なっていたとしても、それが企業がユーザーに伝えたい想いと合致していれば良い。そうすることで、英語で言う所の、”Like-minded People (思いを共有する人々) ” がそこに集まり、最終的には企業とユーザー同士を巻き込んだコミュニティーが形成される。そのコミュニティ意識が商品やサービスに付加価値を与え、長期的な差別要因となり、最終的には企業のブランディングに貢献する事で、無形の財産となる。 米国で成功しているオウンドメディア一例: Redbull Street Art View – ユーザーが街角でみつけてきたストリートアートを集約 Pepsi Pulse – Pepsiが応援するミュージシャンをまとめたコミュニティサイト Coca Cola journey – 世界中でコーラを愛する人達の生活を配信 Tide load of hope – 震災で被害を受けた人々を助ける為のコミュニティサイト P&G everyday – 消費者の日常生活をコンテンツとして配信 3. オンライン動画 動画のビジネスへの活用方法も今度加速度的に変化が進むと予想される。オンライン動画の普及は、YouTubeが世界で2番目に多くのユーザーに利用されている検索エンジンである事からも疑いようが無い。そしてこれからは、パソコンだけではなくスマホ、タブレットや家庭用テレビなど、複数のデバイスで動画を閲覧する事が、消費者の日々の一般的な行動に取り入れられるだろう。それにより、ユーザーはテレビ局が配信するプロフェッショナルに作成されたコンテンツと、一般ユーザーが作成したアマチュアコンテンツが混合して視る事になり、インターネットとTVの境界線が無くなる。 企業のビジネス活動を考えてみても、動画を利用する事でより多くの情報を効果的にユーザーに届ける事が出来る非常に有利なメディアである。人間の脳は動く物や人の顔に自然と注目が行く様に設計されており、それに加え音声や肉体的動作が加わった動画を見る事は、人々が最も効率的に情報を受け取る事が可能な手段である。 一般ユーザーでも簡単に動画作成を可能にするサービス Animoto Bravo Video Screencast また、Vineに代表されるようなマイクロ動画コンテンツや、手書き風ビデオを上手に活用する事で、難しいコンセプトをわかりやすく伝えたりなど、これからの動画コンテンツはそのクオリティよりも、コンセプトやコンテンツアイディアに重点が置かれる。そしてその内容が例え30秒でも、6秒でも、ユーザーから愛される動画コンテンツは多くの人々の目にとまることとなる。その結果、テレビ局が大きな予算を割いて提供する番組や、テレビコマーシャルが衰退する気配は否めない。先日イタリアの自動車メーカーFIATが公開したCMの様に、”あえて”一般ユーザーがYouTubeにアップした風のコンテンツが後を絶たない。オンライン動画も今後よりいっそうユーザー主導型になる事は間違いない。   筆者: Brandon K. Hill / CEO, btrax, Inc. photo by Martin Kühn
ネット広告(アドテクノロジー) 概要
世界