• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

スタートアップ


話題のClaude「Artifacts」は対話型AIにおける「UX革命」である
先端テックとプロダクト戦略の交差点
先端テックとプロダクト戦略の交差点 ChatGPTのライバルサービスの一つである「Claude」が、彼らのサーバーが一時パンクするくらい話題になっている。 その理由は、運営元のAnthropicが発表した2つのリリースだ。 リリースの1つ目は新しい大規模言語モデル「Claude 3.5 Sonnet」のリリース。そしてもう一つが、今回の話題の中心である「Artifacts」機能のリリースだ。 「Claude 3.5 Sonnet」は、ほぼ全てのベンチマークでOpenAIの最新モデル「GPT-4o」を打ち負かしており、処理スピードは前モデルの「Claude 3 Opus」の2倍で、API費用は1/5程度に下がっている。 シンプルに性能、速度、費用面などの面でトップクラスの大規模言語モデルが登場したのだ。
141
Picks
141
Picks

スキマバイトのタイミー、グロース上場へ
ITmedia NEWS
182
Picks

注目のコメント

新着




おすすめのメディア

NewsPicks オリジナル

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか