新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

135Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
数字を見てもアップルやグーグルから見てもコンテンツ収入そのものはそれほど比率は高くなく、誤解を恐れずに言えば、本業事業を拡張させるためのアイテムにすぎず、どううまく活用しようかと考えているのが本音ではないでしょうか。Spotifyのようなプラットフォームも同様で、アーティストが大事!とみんな一様に口にしますが、経営の裏側が透けて見えるので、テイラー・スウィフトに本質を語られると黙ってしまうみたいな感じでしょうか。いずれにせよ、インパクトのあるコンテンツ関係のサービスは海外を見ないと動きを見きれないというのが、現状で、日本人としては日本企業で面白いサービスが出てこないかなという感じです。
これはあくまで自社コンテンツの話?
私は今日はこの記事は大いに疑問。
まず、収益源がコンテンツ収入なのか、と思いきやGoogleはリスティングの話が出てきたり、何だか分かりづらい。

あと、全くビジネスモデルが違う会社をコンテンツという切り口で、四天王というくくりだけで勝ち負けを定義するのは逆に誤解を生むかと。

今回の記事は何と何を比較して勝ち負けなどを評価しているのか、3回読んでも分かりませんでした。

それぞれのビジネスモデルとコンテンツへのビジネスへの思想をもう一度整理した方がよい。単純に数字で語れるほど、彼らの戦略は浅くないかと。

今回は分からない記事なので、中身のビジネスはあえて言及しませんが、GoogleのVRへの取り組みの深さと、Oculusのリーチの課題も整理した方がよいかと。彼らの本質を見誤ると私は思います。

(追記)
そして皮肉かのごとく、YouTube広告好調のニュースも。
https://newspicks.com/news/1067189/
いろいろな論点が山盛りで勉強になるが、論旨が今一つ伝わってこない。特に自前のモバイルハードウェアを持っていないのでグーグル、アマゾンが負け組というのはよくわからない
フェースブックのオキュラスをモバイルに分類して、これがあるから勝ち組ってのも主観的だし、そもそもバリューチェーンのなかで何処を抑えると強いかは時代によって移ろうもの。その辺りをどう見るのかの前提がないと主張が曖昧になってしまいます
そーかなー?
各社やっている事業が異なる。そのなかでの業績比較は下記SPEEDA総研①(売上)、②(利益)も併せて見てほしい。コンテンツのほうが一般的に利益率が高い中で、Appleの利益率がハードが少ない他社と同程度の水準というのは驚異的。
さてGoogleやAmazonは負け組なのか?Amazonはモバイルという観点ではそうかもしれないが、Googleは負け組だとは思わない。Androidのシェアが高く、そもそもここで儲けていない。OSレイヤーを抑えることで、情報収集をできている。情報収集できれば、Googleはビジネスにできる。それは泉田さんが本記事や過去から書かれている自動車とか都市デザインに必須なエリア。
あと、規模は利益率にとってプラスとマイナスの要因がある。規模があると価格交渉力やコストダウンに効く。一方で、そこで余力がつくからこそ、規模を取るために値段を下げるというオプションもある。ネットは勝つか勝たないかが生命線なので、勝つために一定の利益を取れていればシェアを取りに行くというのは常とう手段だと思う。なので、単価が下落しているということを一概にマイナスには自分は捉えていない。着々と「情報インフラ化」を進めているなと思う。
https://newspicks.com/news/994840
https://newspicks.com/news/1005919
動画がかなり注目されているが、現状では音楽配信の方が熱いというのは同感。特に日本で生活をしていると、地上波が無料で配信されていることが主流でいきなり有料コンテンツとはなりにくい。音楽は「CD→DL→ストリーミング」と課金するものが変化するだけなので受け入れやすいということも大きいと思う。
音楽は「ながら」が可能なのに対して動画は不可能。自動運転など、自分の主目的が勝手に達成されるようになったときに、ではその音楽枠が動画にシフトするのかというと、それは微妙なところだと思う。他に、本もゲームもあるので、その枠の奪い合いはかなり熾烈。それよりも「ながら枠」の音楽に替わる何かを考えるのが面白そう。
勝ち負けの基準はよくわからない、コンテンツの定義も
ポジショニングの設定もそうなんですが、ポジショニング=勝ち組、負け組というのがイマイチ理解できない。その軸だけで判断できるのだろうか。
「ハードウェアとしての自前のモバイルで、十分に存在感を出しきれていない。ハードウェアのモバイル戦略では、チャレンジはしたものの負け組とも言える。」

ここの部分の意味が上手く理解出来ない。
GoogleもAmazonもハードウェアを売る事での収益が占める割合は物凄く低い。

AmazonのKindleは電子書籍や動画配信の普及に欠かせない自社のプラットフォームで、Googleのハードウェアも特にNexusはAndroidの方向性を示すのに大いに役に立っているし、両社ともクラウドやソフトウェアの領域での存在感は圧倒的。

ある一面(Appleには優位な視点?)だけを見て負け組と判断する見方には疑問を持ちます。