新着Pick
430Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
時系列データで横比較をすることは分析の基礎。AppleやGoogleなどネット・IT大手はPicksでよく出てくるが、ニュース一つ一つでは、売上の推移や比較は出てこない。今回は、基礎情報として改めて振り返って見た。
各社の売上推移、四半期と通期の違いから見える特徴、2000億ドルや1000億ドルという規模感、Appleの主要製品のプロダクトサイクルなど。基礎情報ではあるが、その背景なども考えながら読んで見たり、今後この情報を頭の片隅に入れながらニュースを読むと、理解や想像に一層つながると思う。
アップルのここ10年の成長率は常軌を逸しているが、成長こそしていないものの年間売上500〜1000億ドルで推移し続けているIBMもすごい。こうして比較するといかにFacebookのビジネスインパクトがまだまだ小さいかがよく分かる。売上規模を上げたいならやっぱり「モノ」からは避けられないのだろうな。
「ハードとソフトで売るもの違うんだから利益が見たいーー!」とフラストレーションをためながら読んでいたら、記事の最後で次回が利益比較とのこと 笑
折角ROEとかも盛り上がっているので、デュポン分解で比較してくれると面白いと思います。あと時価総額も。前回はコメントを受けて深堀りしていたので、どのくらい反映れるか楽しみにしています♪
アップルは売上2000億ドル企業とのこと。スイスやインドの国家予算(歳入)なみ。そういう国家規模の企業をゼロから生み出す起業家を輩出するアメリカの風土に改めて感心。
SPEEDAからのデータを使った売上の時系列比較。こういったことが簡単に瞬時にできるのがSPEEDAの強みですね。単なる事実の抽出、比較であっても、日々の活動のなかで忘れがちなことを思い出させてくれる。

Appleについては、まあ言わずもがななのだが、個人的には、MSとAmazonの堅調な売上成長が印象的。MSはあれだけ90年代00年代にビジネス環境的に厳しい状況に直面しつつも、結局はしっかりと成長路線を維持できているのが素晴らしい。やはり基本的な事業構造の足腰の強さを感じる。Amazonはもはやオンライン書籍販売の枠を大きく超えた存在だが、B2C e-commerceに対する市場からの強い期待とプレッシャーのなかで成長し、さらにAWSのようなB2Bクラウドサービス事業も新たに立ち上げてしまうという離れ業まで成し遂げた。驚異的というほかない。

IBMも売上が近年漸減傾向にはあるものの、やはりIT業界の巨人はまだまだ存在感あるなという印象。しかも、ここ20年でIBMは、ハードウェア事業をほぼすべて切り離し、サービス・ソリューション事業に大きく事業転換している。この規模の事業体の大胆な事業構造変化にもかかわらず、いまだに業界トップクラスの位置を占めていることを賞賛したい。
定期的に、こうした規模感をつかんでおくことは大切ですね。売り上げに加えて、純利益の水準も把握しておきたい。
意外とマイクロソフトが伸びてるな、というのが印象。SurfaceやNokiaの部門買収、Office365の好調で売上が順調に伸びている。少しずつ売上の構成が変わってるんだな、地味だけどすごい。
数字が大きくなると、ついそのインパクトに釣られてしまいそうになるが、どこと、何と、比較するかということを常に意識していきたい。
こういうの、現状が分かりやすくていいですね。本当に2009年からのアップルの伸びが凄まじい。
個人的に面白かったのが、記事内でも説明があったように、四半期ごとの売上高に周期的な構造があること。また、フェイスブックやグーグルのような、ウェブサービスの会社にはその波がないこと。フェイスブックやグーグルが決済サービスに入ってくると、この小刻みな変動が現れるのかな
売上規模で見ると、在庫を抱えながらモノを売る企業が上位にきている。次回の純利益と言うところでこのランキングがどのように変化していくか楽しみ。
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。 ウィキペディア
時価総額
173 兆円

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
171 兆円

業績

Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売するアメリカの多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
205 兆円

業績

IBM(アイビーエム、正式社名: International Business Machines Corporation)は、民間法人や公的機関を対象とするコンピュータ関連製品およびサービスを提供する企業である。本社はアメリカ合衆国ニューヨーク州アーモンクに所在する。世界170カ国以上で事業を展開している。 ウィキペディア
時価総額
12.0 兆円

業績

Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
82.4 兆円

業績