新着Pick
SPD1LSA65D1Y3MUY
広告代理店
JPN

広告代理店 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
広告・イベント
>
広告代理店
テレビ局、ラジオ局、新聞社、出版社等のメディア広告媒体のうち、顧客のプロモーション戦略に適した広告媒体の提案、広告枠の取次を行い、手数料を得る広告代理業を行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
64Picks
ノン金融出身者が挑んだ、銀行での「共感ビジネス」
Forbes Japan
|
大手企業での新規事業は、既存事業で結果を積んだエリートが中心となって進めているケースが多いと言われるが、必ずしもそうではない。今回は、異業種である広告代理店から銀行に参画し、フィンテックの新規事業を立ち上げた事例を紹介したい。2012年、ソ・・・
1034Picks
崖っぷちの広告業界、変革の鍵は「メディアのベンチャーキャピタル」化
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
広告業界が揺れている。大手広告代理店から独立し、新たな会社を立ち上げる「起業家」たちが次々登場しているのだ。なかでも注目を集めるのが、博報堂出身の三浦崇宏氏と電通出身の福本龍馬氏が立ち上げた「The Breakthrough Company GO」だ。なぜ彼らは「メディア界の巨人」ともいわれる大手代理店を飛び出したのか。GOの三浦氏が、いま、広告業界に起きている「大きな変化」について詳述する――
21Picks
博報堂から28歳で独立「1.3億円で港区高輪初のゲストハウスをオープン」
bizSPA!フレッシュ
|
大手企業をやめて、高学歴を捨てて……自らの手で新たな道を切り拓いてゆく、若き起業家たち。彼、彼女らのエピソードからミレニアル世代の働き方を考える本連載。  今回は、新卒で入社した大手広告代理店、博報堂を28歳で退社。現在は東京都港区高輪に
297Picks
AIコピーライターの衝撃 広告代理店は今後どうなる?
ITmedia NEWS
|
人工知能はセミプロクリエイターを駆逐するか? AIコピーライター開発者と雑誌編集者による、「言葉」をめぐる異色対談。
13Picks
電通、就活生に「セクハラ面接」事実認め株主に謝罪
週刊金曜日オンライン
|
過労自殺、上司によるセクハラなどが相次いで問題化した広告代理店最大手の「電通」で、また「セクハラ面接」疑惑が浮上した。日本の広告とメ...
11Picks
GDPRが広告業界に及ぼす影響は?欧州アドテク企業の対策とオーディエンスデータ活用の先行き
MarkeZine
|
2018年5月18日、サイバー・コミュニケーションズの主催により、「広告業におけるGDPRとその課題」と題したセミナーが開催された。5月25日からの施行が目前に迫っていたこともあり、広告代理店や媒体社を中心に170名強の参加者が集った。セミナーでは、個人情報保護やプライバシー保護等のデータ保護について詳しい板倉陽一郎弁護士と、欧州のアドテク企業Adform社のJakob Bak氏の2名による...
46Picks
稼げない人は「費用の最小化」を優先し、稼げる人はとにかく「機会の最大化」を考える。
Books&Apps
|
急にゴルフの腕を上げた知人は、「課金」していた。 最近、知り合いの広告代理店の人が、急にゴルフの腕をあげました。 仕事と飲み会でめちゃくちゃ忙しいはずなのに、いつの間に練習しているのかと聞いてみたら、週末に練習するのはも…
68Picks
韓国大学生86%「金と権力あれば罰せられない」 “財閥優遇”が若者の倫理観に影響か
NewSphere
|
ナッツ姫こと趙顕娥(チョ・ヒョナ)一族のパワハラが騒がれている。広告代理店の社員に対する水かけ騒動を皮切りに暴言を記録した音声データが公開されるなど、財閥幹部に対する失望感が韓国で広がっている。韓国消費者連盟(CUK)が4月に大学生を対象に法意識に関する調査を行ったところ、85%が「金と権力があれば罪はなく、なければ罪をかぶる」と感じており、さらに「法よりも権力やお金のほうが強い」には78%...
10Picks
洗脳広告代理店「電通」が画策するオリンピックと人類奴隷化計画! さらに宇宙人の存在を苫米地英人が語る!(康芳夫対談)
TOCANA
|
《洗脳》をテーマにタブーというタブーを語り尽くしてきた《暗黒対談》も今回で最終回。康氏はかつて「ロス五輪の放映権を奪われた」という因縁の相手を最後のカードとして切り出した。東京オリンピック絡みでスキャンダルが漏れかけている《洗脳広告代理店》は、どこからきた、何者なのか。メディアを牛耳るタブーを前に…
81Picks
「女性差別」と批判の広告、ワコールが謝罪・撤回「提案したのは広告代理店」
HuffPost Japan
|
ワコールの広報・宣伝部が、ハフポスト日本版の質問に答えた。
380Picks
広告代理店のブラック労働は変わったか?電通・博報堂関係者、激論2時間
Business Insider Japan
|
電通新入社員だった高橋まつりさんの過労死事件は、社会に衝撃を与えた。それ以降、多くの会社は社員の長時間労働に相当、厳しくなっている。一方で、寝食忘れて没頭するような働き方をする日があってもいい、ハードな日々を超えてこそ成長がある、という声も常に聞こえてくる。 働き方の見直しに日本社会が向かう転換点...
43Picks
“水かけ姫”に逮捕状請求 韓国・地元警察
TBS NEWS
|
会議中に激怒し、水の入ったコップを投げつけたパワハラ行為が韓国で社会問題化している大韓航空の前の専務に対して、警察は暴行容疑などで逮捕状を請求しました。  逮捕状が請求されたのは、大韓航空の専務だったチョ・ヒョンミン氏です。チョ氏は、広告代理店との会議で、罵声を浴びせながら水の入ったコップを投げた暴行などの疑いがもたれています。  今月1日に行われた警察の事情聴取に対して、チョ氏は「人に向け...
21Picks
【キャリア】広告代理店の営業職は絶滅するか?
マーケティングとイノベーションと
|
「もはや絶滅危惧種」と酷評された、広告代理店での営業職に関して取り上げます。P&G¹ 最高マーケティング責任者のマークプリチャード氏が、先日行われた英広告主協会年次大会において、代理店営業に関して非常に辛辣なコメントを残しており、費用削減のため営業職のランクを下げることまで言及しました。
37Picks
食べログフォロワー数日本一・川井潤の「違和感の多い料理店」vol.1
GOETHE[ゲーテ]
|
過去に広告代理店のマーケティング部門に在籍し、さまざまな食のプロジェクト(伝説のテレビ番組「料理の鉄人」のブレーンも!)を担当。現在は日本一の食べログフォロワー数を誇る、食に精通した筆者が、昨今のレストランや食のあり方に感じる違和感、そして変化のあれこれを数回にわたって綴る。
20Picks
「漫画村」ほか違法サイトへの広告配信問題と、NHKが取り上げるアドフラウド問題について(山本一郎)
Yahoo!ニュース 個人
|
「漫画村」など関連サイトで海賊版が横行している状況でブロッキング問題が騒ぎになっていますが、違法性が疑われるビジネスを支援する広告代理店や広告技術会社などについて解説します。
34Picks
CM制作会社が自社クリエイターを送り込む人材ビジネスに至った発想の軌跡 - 企業を再成長させる「顧客ずらし戦略」
Diamond Online
|
広告代理店から受注を受ける映像制作プロダクションから始まった株式会社ティー・ワイ・オー(TYO)は、“下請け”として「広告代理店の担当者」を顧客とする形から、「企業の広告担当者」を顧客とする直接取引へ、さらに投資事業で「企業の経営陣」をビジネスの相手にずらしていき、新たな収益源を獲得していった。そして次なる新規事業として“人材ビジネス”を見据えている。
16Picks
【WASHハウス】コインランドリーを無料に。新しい事業モデルを発明する vol.3
シニフィアンスタイル
|
九州でも3%の利用率しかなかったコインランドリーですが、現在では広告代理店調べで宮崎県が46%、福岡県では42%まで伸ばしました。どうやって伸ばしたのかというと、広告です。
397Picks
「留年採用」東急エージェンシーが開始 「留年生のポテンシャル、高く評価」
ITmedia NEWS
|
広告代理店の東急エージェンシーが「留年採用」を開始。留年生専用の応募枠を新たに設置した。「“留年生のポテンシャル”を高く評価し、積極的にサポートする」としている。
31Picks
「2浪より2留の方が魅力的」 東急エージェンシーが“留年生”を採用する狙い - AbemaTIMES
BLOGOS - 最新記事
|
成績不振などで年次が上がれない・卒業できない「留年」。当然良いイメージはないが、今ネットでは“留年男子がモテる”と話題になっているという。理由としてあげられているのは「母性本能をくすぐる」「孤独に強い」「謙虚」「一芸に秀でている」「大人の魅力」など。 そんななか、大手広告代理店・東急エージェンシーが、2019年の新卒採用の一環で留年生にフォーカスをあてた「留年採用」を始めた。募集要項には、以...
47Picks
真の広告代理店は忖度しない、御用聞きにならない
PR Table
|
「人儲け」。アドウェイズにとって何より大切なのは社員の成長、クライアントの幸せを第一に考えること。2001年創業以来、この経営理念のもとインターネット広告事業等を展開しました。いかにクライアント...
広告代理店 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
シンガポール
マレーシア
タイ