新着Pick
SPD17E5YJ1NVJ48F
電池材料
JPN

電池材料 業界

日本
業界一覧
>
素材・素材加工品
>
化学
>
電池材料
一次電池(乾電池)・二次電池(蓄電池)の材料または部品を製造販売する企業群。太陽電池、燃料電池の材料または部品は除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
12Picks
中国が引き金を引く電池部材の淘汰、それでも旭化成の首位揺るがず
ニュースイッチ
|
CASE(コネクテッド・自動運転・シェアリング・電動化)に代表される自動車産業の大変革は、材料や部品にも変化を促す。旭化成の代表例は、電動車向けに需要の増えるリチウムイオン電池用セパレーター(絶縁材
23Picks
ニッケル価格急伸、車載電池材料の不足懸念高まる
ニュースイッチ
|
世界金属統計局(WBMS)が7月に発表した2019年1―5月の世界の精練ニッケル生産量は90万6000トン、需要は96万3400トンで、この結果、ニッケル市場バランスは供給ショート5万7300トンになっている。18年のショート9万1300トンと比べるとショート幅は縮小傾向にある。同期間の世界の鉱山生産量は98万5400トンで、18年同期比8万1000トン増加した。そんな中、ニッケル価格は急伸...
41Picks
全固体リチウム電池の実用化は加速なるか、材料プレス装置の仕組みとは?
ニュースイッチ
|
新東工業は、国のプロジェクトとして全固体リチウムイオン電池(全固体LIB)の基盤技術を開発するリチウムイオン電池材料評価研究センター(LIBTEC、大阪府池田市)から、全固体LIBの材料生産用に高圧
14Picks
リチウム株急落、ユミコアの見通しでEV向け需要の先行きに暗雲
Bloomberg.com
|
自動車などに使われる金属製品や触媒を製造するベルギーのユミコアは23日、今年の利益がアナリストの予想に届かない見込みであることを明らかにした。中国と韓国での電気自動車(EV)の需要鈍化が電池材料の販売に響くことを理由に挙げた。この発表を受け、ユミコアの株価は過去最大の下落となった。影響は欧州自動車市場から米州にも広がり、リチウム生産上位3社の時価総額が合わせて10億ドル(約1120億円)近く...
141Picks
アップルカーは登場するか? 歴史と規制を振り返る
SPEEDA総研
|
ここ数週間、アップルの自動車業界への本格的参入に関する報道が多い。また基幹部材であるリチウムイオン電池に関しては、電池材料メーカーの旭化成が競合大手の買収を発表した。今回は、自動車業界全体におけ...
131Picks
旭化成の米セージ買収、決断の裏に東レの存在
ニュースイッチ
|
旭化成による自動車用シート材大手の米セージ・オートモーティブ・インテリアズ買収決断の裏には東レの存在があった。注力する人工皮革事業の命運が尽きかねない瀬戸際の状況が、7億ドル(約791億円)と同社で過去3番目の大型買収に踏み切る主要因だった。電池材料など何かと競合することの多いライバルが図らずも後押しした格好だ。一方、米社は年間約40億円の利益貢献が当面期待できそうで、良い買い物なのは間違い...
120Picks
Apple、バッテリー用コバルトの直接調達を交渉中? 電気自動車需要を背景に──Bloomberg
ITmedia NEWS
|
Appleが、自動運転車需要急増で不足が予想されるバッテリー材料のレアメタル、コバルトを確保するため、鉱山企業と直接調達について交渉中とBloombergが報じた。
91Picks
NTT、土壌・生物に無害なレアメタルフリー電池「土に還る電池」を開発
マイナビニュース
|
日本電信電話(NTT)は、無害でレアメタルフリーな低環境負荷な電池として、電池部材が肥料成分から構成された、土壌や生物へ悪影響を与えない電池「土に還る電池:ツチニカエルでんち」を作製し、電池動作を確認したことを発表した。
65Picks
日系素材各社から見た中国CATL、毀誉褒貶が定まらない
ニュースイッチ
|
素材各社は中国・寧徳時代新能源科技(CATL)への関心を強めている。世界の車載用リチウムイオン二次電池市場でパナソニックを抜き世界首位に躍り出たとされ、電池部材を手がける各社も無視できない存在だ。欧州市場に弱い日本勢にとって欧州自動車大手と相次ぎ供給契約を結ぶCATLの“ヨーロッパ・コネクション”も魅力的。一方で、CATLに対しては毀誉褒貶(きよほうへん)相半ばし、付き合いをためらう会社も少...
26Picks
車載電池材料へ思いっきり投資、住友鉱山の「身の丈を大きく」
ニュースイッチ
|
住友金属鉱山は14日、2019―21年度(20年3月期―22年3月期)の3年間累計で、車載用電池の正極材料の生産能力増強など総額3300億円の設備投資を実行する新中期経営計画を発表した。16―18年度の設備投資見込み額1721億円と比べて91・7%増となる。電池正極材料は電気自動車(EV)向けの需要拡大を見すえ、25―27年度の期間中に現在比2・5倍強となる月産1万トン体制の構築を目指す。1...
53Picks
訂正:インタビュー:車載用電池材料、トヨタとパナ以外考える段階にない=住友鉱社長
Reuters
|
[東京 13日 ロイター] - 住友金属鉱山 <5713.T>の野崎明社長は13日、ロイターとのインタビューで、電気自動車(EV)向けの電池材料事業はパナソニック <6752.T>とトヨタ自動車 <7203.T>向けに事業を行っており「それ以外のことは考える段階にない」と述べた。パナソニックが電池を供給している米EV大手テスラ<TSLA.O>の生産も軌道に乗ってきており、住友鉱の正極材料工場も「フルキャパシティー」で対応している状況だ。
12Picks
住友化学、設備投資やM&Aに7000億円 新中計の3年間
産経ニュース
|
住友化学は12日、平成34年3月期までの3年間に、設備投資やM&A(企業の合併・買収)で約7千億円を投じると発表した。4月にスタートする新中期経営計画に盛り込んだ。リチウムイオン二次電池材料や有機ELディスプレー材料など、需要が拡大している製品の生産能力を増強するほか、医薬品などで大型買収も視野に入れる。
38Picks
「営業利益を20年代に現在の倍以上にする」電子材料事業にAI・IoTの追い風
ニュースイッチ
|
非鉄金属各社の電子材料関連事業が好調だ。背景にあるのはIoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)、自動車の電動化などの技術の普及だ。銅製品や電池材料などの生産能力増強を各社が推進。将来有望な材料技術を持つ他社との資本提携や、M&A(合併・買収)を通じた事業強化に取り組む動きも増えている。 非鉄大手が発表した2018年4―6月期連結決算のうち、電子材料関連部門ではJX金属や住友金属鉱山の...
35Picks
EV電池材料に“黒船”来襲
日経ビジネスオンライン
|
30Picks
リチウムイオン電池用セパレーター、旭化成が投資前倒し
ニュースイッチ
|
【米シャーロット(ノースカロライナ州)=鈴木岳志】旭化成は2020年までにリチウムイオン二次電池用セパレーター(絶縁材)の年産能力を最大で15億平方メートル(現状比2・5倍)に増強する。 従来計画の11億平方メートルから大幅に上積みする。上積み分の総投資額は300億円規模とみられる。自動車メーカーが電気自動車(EV)などの開発を加速しており、電池部材市場の成長スピードも当初想定以上。積極投資...
29Picks
2050年に全乗用車を電動化 電池材料コバルト確保へ連合
共同通信
|
2050年に全乗用車を電動化 経済産業省の官民協議会は24日、2050年までに日本の自動車メーカーが世界で販売する乗用車を、全て電気自動車やハイブリッド車など、モーターを使った「電動車」とする目標を打ち出した。バッテリーの材料に欠...
26Picks
全固体電池用の電解質、三菱ガス化学が開発へ
ニュースイッチ
|
三菱ガス化学は2020年までに全固体電池用の固体電解質を開発する。東北大学など複数の大学や企業と手を組み、電気自動車(EV)など車載向けでリチウムイオン二次電池に続く次世代電池材料の実用化を急ぐ。早くて24年の採用を目指す。20年代前半の実用化を掲げるトヨタ自動車をはじめ、国内外で開発が急ピッチで進む。東レや住友化学など素材大手も材料開発に動いており、次世代電池を巡る開発競争がさらに激化しそ...
電池材料 概要
世界
日本
中華人民共和国
アメリカ合衆国