新着Pick
SPD17E5YJ1NVJ48F
電池材料
JPN

電池材料 業界

日本
業界一覧
>
素材・素材加工品
>
化学
>
電池材料
一次電池(乾電池)・二次電池(蓄電池)の材料または部品を製造販売する企業群。太陽電池、燃料電池の材料または部品は除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
中国BYD、世界でEVバッテリー材料探し-リチウム事業参入目指す
Bloomberg.com
|
中国の電気自動車(EV)メーカー、比亜迪(BYD)は、中南米やアフリカでリチウム事業参入を目指している。バッテリーの主要材料であるリチウム価格が「不合理」で「健全ではない」水準に上昇しているためだ。
16Picks
中国CATL、北米バッテリー工場建設計画に二の足=関係筋
Reuters
|
[21日 ロイター] - 電気自動車(EV)用電池大手である中国の寧徳時代新能源科技(CATL)は、北米に新工場を建設する計画について、バッテリー原材料の調達に関する米国の新規則がコスト高につながるとして二の足を踏んでいる。関係筋が明らかにした。
10Picks
米、EV材料に4200億円 バイデン政権が補助金第1弾
共同通信
|
【ワシントン共同】バイデン米政権は19日、電気自動車(EV)促進策として、EV用電池素材の生産やリサ...
104Picks
EV革命が減速危機、電池材料不足で車両価格高騰-トヨタ幹部が警告
Bloomberg
|
トヨタ自動車のチーフ・サイエンティスト、ギル・プラット氏は自動車業界を襲う電池材料の不足と価格高騰はすぐに解消することはないと警告する。そうなれば、電気自動車(EV)の普及が減速するリスクが高まる可能性がある。
13Picks
CO2からリチウムイオン電池材料をつくる、SECカーボンはいかに技術を確立したか
ニュースイッチ
|
地球温暖化を助長する二酸化炭素(CO2)を化学品や燃料に作り替えるカーボンサイクル技術が脚光を浴びている。SECカーボンはCO2からリチウムイオン電池の材料をつくる技術を確立した。2021年10月、開発を発表すると株価が跳ね上がった。 同社は1934年、昭和電極として創業した。戦後、人造黒鉛電極の製造を開始し、今ではアルミニウムの製錬に必要なカソードブロックで世界4割以上のシェアを持つ。06...
141Picks
アップルカーは登場するか? 歴史と規制を振り返る
ここ数週間、アップルの自動車業界への本格的参入に関する報道が多い。また基幹部材であるリチウムイオン電池に関しては、電池材料メーカーの旭化成が競合大手の買収を発表した。今回は、自動車業界全体におけ...
131Picks
旭化成の米セージ買収、決断の裏に東レの存在
ニュースイッチ
|
旭化成による自動車用シート材大手の米セージ・オートモーティブ・インテリアズ買収決断の裏には東レの存在があった。注力する人工皮革事業の命運が尽きかねない瀬戸際の状況が、7億ドル(約791億円)と同社で過去3番目の大型買収に踏み切る主要因だった。電池材料など何かと競合することの多いライバルが図らずも後押しした格好だ。一方、米社は年間約40億円の利益貢献が当面期待できそうで、良い買い物なのは間違い...
122Picks
Apple、バッテリー用コバルトの直接調達を交渉中? 電気自動車需要を背景に──Bloomberg
ITmedia NEWS
|
Appleが、自動運転車需要急増で不足が予想されるバッテリー材料のレアメタル、コバルトを確保するため、鉱山企業と直接調達について交渉中とBloombergが報じた。
99Picks
独VW、EV電池原材料の直接入手で複数供給業者と協議中=幹部
Reuters
|
[フランクフルト 15日 ロイター] - ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のトーマス・シュマル取締役(技術担当)は15日、ロイターに対し、電気自動車(EV)電池の生産に必要な原材料の直接入手を確実にするため、複数の供給業者と提携の協議をしていると語った。
91Picks
NTT、土壌・生物に無害なレアメタルフリー電池「土に還る電池」を開発
マイナビニュース
|
日本電信電話(NTT)は、無害でレアメタルフリーな低環境負荷な電池として、電池部材が肥料成分から構成された、土壌や生物へ悪影響を与えない電池「土に還る電池:ツチニカエルでんち」を作製し、電池動作を確認したことを発表した。
83Picks
日本がリードし続ける全固体電池、「材料」最先端研究の今
ニュースイッチ
|
日本がリード 全固体電池の普及へ素材などの最先端研究が加速している。出光興産は4―6月に、千葉事業所(千葉県市原市)で電池の中核材料となる硫化物系固体電解質の量産実証設備を稼働させる。同社は同電池の材料分野で世界トップクラスの170超の特許を保有する業界の雄。同材料の開発は日本がリードしており、三井金属も硫化物系電解質の量産試験設備を導入している。 自動車などに搭載される中―大型の全固体電池...
31Picks
日産、電池素材でNASAと連携 次世代型「全固体電池」で
産経ニュース
|
日産自動車は8日、電気自動車(EV)の走行距離を大幅に伸ばせる次世代型の「全固体電池」に関する技術説明会を、オンラインで開催した。電池の性能向上には材料の選定…
65Picks
日系素材各社から見た中国CATL、毀誉褒貶が定まらない
ニュースイッチ
|
素材各社は中国・寧徳時代新能源科技(CATL)への関心を強めている。世界の車載用リチウムイオン二次電池市場でパナソニックを抜き世界首位に躍り出たとされ、電池部材を手がける各社も無視できない存在だ。欧州市場に弱い日本勢にとって欧州自動車大手と相次ぎ供給契約を結ぶCATLの“ヨーロッパ・コネクション”も魅力的。一方で、CATLに対しては毀誉褒貶(きよほうへん)相半ばし、付き合いをためらう会社も少...
60Picks
元テスラ社員のバッテリー素材企業「シラ・ナノ」が600億円調達
Forbes JAPAN
|
元テスラのエンジニアらが共同創業したシリコンバレーのバッテリー素材のスタートアップ「シラ・ナノテクノロジーズ(Sila Nanotechnologies)」が1月26日、5億9000万ドル(約610億円)の追加資金を調達し、EV(電気自動車・・・
59Picks
テスラ、年間10億ドル以上のバッテリー材料を豪州から調達へ
Reuters
|
[メルボルン 2日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラのロビン・デンホルム会長は2日、オーストラリアから今後数年間、年間10億ドル以上のバッテリー材料を購入するとの見通しを示した。
電池材料 概要
世界
日本
中華人民共和国