新着Pick
SPD14KORLLWIWT2T
多関節産業用ロボット
JPN

多関節産業用ロボット 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
生産用機械製造
>
多関節産業用ロボット
自動車用の溶接、塗装等で活用する多関節産業用ロボット(関節機構を駆動するアクチュエータ機能を持つ)を製造する企業群。関節を持たない電子部品自動装着装置等は本業界から除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
ハクバ、Canon EOS Kissシリーズ用液晶保護フィルムを発売
BCN+R
|
ハクバ写真産業は、業界最高クラスの透明度を誇るデジタルカメラ用液晶保護フィル「III」タイプに、Canon「EOS Kiss X10」用と「EOS Kiss M2」用の2種を追加発売した。価格は1804円。
20Picks
日本製AIロボ、宇宙基地で実験 自動で太陽光パネル組み立て
共同通信
|
宇宙作業用ロボットを開発するギタイジャパン(東京)は、国際宇宙ステーション(ISS)内でロボットアー...
42Picks
豊田章男氏が新内閣に期待することは?自動車産業としての決意も述べる
ハフポスト日本版
|
岸田内閣の発足を受け、日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)がコメントを発表。「岸田新総理のリーダーシップのもと、国民のひとりひとりが『今日より明日はきっと良くなる』と信じられる日本へ導いていただくことを期待する」と述べた。 豊田氏は、日本が2050年のカーボンニュートラルの実現やデジタル化の一層の推進など重要課題に直面しているとの認識を示し、自動車産業として「関連産業を含めた多...
269Picks
孫正義が莫大な資金をつぎ込む、スマボ企業18社とは?「日本復活の鍵」と断言するワケ
ビジネス+IT
|
ソフトバンクグループの代表取締役会長兼社長 孫正義氏はかねてより「人とロボットがともに働く時代が来る」と語っていた。今、同氏の中でその思いは「スマボ(スマートロボット)」へと進化している。スマボとは、AIが搭載され、自ら学習して臨機応変に新しい状況に対処できるロボットのこと。SoftBank World 2021基調講演で登壇した孫氏は、これをあらゆる産業に展開することこそが日本経済の復活の...
311Picks
アマゾンが家庭用ロボット参入、車輪付きスマートディスプレイ「Astro」海外発表
Engadget 日本版
|
アマゾンが車輪を搭載する家庭用ロボット「Astro」を発表しました。家を動き回るAlexa搭載スマートディスプレイとなります。 「Astro」は、本体から伸びて高い位置から家を見渡せる潜望鏡のようなカメラを搭載。ガスコンロや寝ているペットなどをチェックできるなど、見守り用途としても利用できます。 Ring社の警備サブスクリプションサービス「Protect Pro」を利用すれば、留守中にAst...
93Picks
サイゼリヤで自動配膳を実証。納入したロボットの実力
ニュースイッチ
|
アルファクス・フード・システム(AFS)は、外食大手サイゼリヤの台場フロンティアビル店(東京都港区)に、配膳人工知能(AI)ロボット「サービスショットα2号機」を実証実験用に納入した。同ロボットは天井のマーカーシールを読み取って自動走行し、テーブルへの配膳と下げ膳、案内の3種類の動作ができる。AFSはサイゼリヤの実証実験を機に大手への営業を加速。同ロボットの納入実績は50台弱だが、2022年...
16Picks
ぶどうを畑から包装場まで運ぶ農業用自律走行ロボットのBurroがトヨタなどから約12億円調達
TechCrunch Japan
|
Burroと最初に出会ったのは、アグリテック企業である同社が、2020年に開催されたTechCrunchロボティクスイベントのピッチオフに参加したときだった。同社は、今週、シリーズAで1090万ドル(約12億1500万円)の資金を調達したことを発表し、着実にステップアップしているようだ。
14Picks
世界の自動車メーカー、EV用電池工場へ巨額投資競争取り残された日本の自動車産業の危機
ビジネスジャーナル
|
ホンダはF1から撤退し、EV(電気自動車)専業メーカーとして邁進する。2040年には世界で販売する新車をすべてEVあるいはFCEV(燃料電池車)にすることを4月に発表した。その計画に伴いHEV(ハイブリッド車)の生産を中止する。エンジン車の生産は40年でゼロである。
13Picks
日本の産業ロボットは人間から仕事を奪っていなかった:研究結果
ギズモード・ジャパン
|
マニピュレータ(ロボットアーム)のイメージImage:いらすとや新しい技術って、雇用にどう影響してるんだろう?人工知能(AI)を搭載したカメラが体温を測ってくれたり、ロボットが電話に応対したり。私たちの生活の中には、生身の人間がAIやロボットのような新技術に置き換えられるシーンがどんどん増えてきています。これだけ自動化が進んできた分、人間の仕事は減ってきてるのかな?と気になるところですが、まさにこ
10Picks
マクセルが全固体電池で世界初!バイポーラ構造の硫化物系コイン型を開発
ニュースイッチ
|
マクセルホールディングス(HD)は16日、中核事業会社のマクセルが、バイポーラ構造の硫化物系コイン型全固体電池(写真)を世界で初めて開発したと発表した。11月からサンプル出荷を開始する。産業機器や非常用電源向けの採用を見込む。全固体電池事業の売上高を2030年に約300億円に増やす計画だ。 集電体の片面に正極を、もう一方の面に負極を塗って「バイポーラ電極」とし、これを複数枚重ねる構造。マクセ...
18Picks
ロシアで超精巧な「マグロロボット」が作られている驚きの理由 | 「思考する」魚のロボットがもたらす可能性
クーリエ・ジャポン
|
マグロの群れのなかに本物そっくりのロボットを紛れ込ませ、一緒に生活させる──そんな計画をロシアの研究チームが進めているという。国の専門機関も助成金を出してこの計画に本腰を入れているというが、彼らはいったい何のために「マグロロボット」を作っているのか? 生き物の「デジタルな双子」をつくるロシア北部にあるカント記念バルト連邦大学で、バイオモルフィズム(生物形態主義)に基づいた水中用のロボット開発が進め
42Picks
日本のスタートアップの宇宙ロボットがSpaceXで宇宙へ飛び立った日
Coral Capital
|
8月末、日本のスタートアップGITAIが開発した宇宙用ロボットアームがSpaceXで宇宙に飛び立ちました。宇宙飛行士の船内外作業を代替する技術です。ゼロからGITAIを立ち上げた創業者の中ノ瀬さん。 Coral Capital創業パートナーCEOのJames Rineyが5年前に投資したときを回想してブログを書きました。
26Picks
米モノ輸出、過去最大 ワクチン普及で景気回復―7月
時事ドットコム
|
【ワシントン時事】米商務省が2日発表した7月の貿易統計(国際収支ベース、季節調整済み)によると、モノの輸出は前月比1.8%増の1485億9200万ドル(約16兆3500億円)と、単月で過去最大となった。新型コロナウイルスのワクチン普及に伴う経済再開を背景に、世界各地で景気回復が進んだことが寄与した。 過去最大を記録した消費財や産業用資材が輸出をけん引。輸入は1.2%減の2363億1400万ド...
20Picks
ドローン・空飛ぶクルマが舞う空のルールづくり、経産省が開始へ
ニュースイッチ
|
経済産業省は飛行ロボット(ドローン)や空飛ぶクルマなど多数の飛行体が同じ空域で運航する際のルールづくりを2022年度から開始する。今後さらなる用途の広がりが予想される中、国際標準化を視野に展開し、社会実装に向けた動きを加速する。22年度予算の概算要求に数十億円規模で盛り込む。 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)を通じて民間企業への委託・補助の形で26年度までの5年間の計画で展開す...
11Picks
重力制御装置やロボットで中枢神経系疾患の完治を目指すスペース・バイオ・ラボラトリーズが約1億円調達
TechCrunch Japan
|
再生医療とリハビリロボットのスペース・バイオ・ラボラトリーズ(SBL)は、8月18日、第三者割当増資による約1億円の資金調達を実施したことを発表した。引受先は、エネルギア・コミュニケーションズと、びんごIPO倶楽部の複数の会員。またSBLは同時に、広島県の令和3年度「健康・医療関連産業創出支援事業費補助金」と尾道市の「尾道市実証実験サポート事業」に採択されたことも発表した。
16Picks
航空宇宙、自動車、医療、防衛向け産業用3Dプリンター企業ExOneをDesktop Metalが約635億円で買収
TechCrunch Japan
|
Desktop Metalは、先に行われた決算説明会の中で、ExOneの買収計画を発表した。ペンシルバニア州に本社を置くExOneは、航空宇宙、自動車、医療、防衛などの産業向けにさまざまな業務用3Dプリンターを製造している会社だ。
21Picks
CFRP部品を大量生産できる!プレス成形金型用合金が商用化へ
ニュースイッチ
|
新報国製鉄は炭素繊維強化プラスチック(CFRP)部品を大量生産できるプレス成形金型用合金を開発した。既存の低熱膨張合金を成形温度や強度などさまざまな製造条件に合わせて提供する。航空機や飛行ロボット(ドローン)用に小型・複雑形状のCFRP部品をプレス成形で量産できるようになり、大幅なコスト削減に貢献できる。早ければ2025年頃の商用化を目指す。 室温でほぼゼロ膨張を達成した高剛性インバー合金を...
21Picks
アグリテックビジネスの最新トレンド、ベンチャー投資傾向を読み解く
note(ノート)
|
ベンチャー企業が創り出す新市場や産業の未来を考えるヒントをお伝えする「FUNDINNO未来産業レポート」の第一弾です。 今回は「アグリテック」をテーマにお伝えしていきます。 ※以下掲載のURLから遷移するWebサイトは、全てFUNDINNOのものではありません(YouTube動画を除く)。 アグリテックとは? IoTやAI、ロボットなどの技術を活用し、農業や食料問題を解決、発展させていくため...
94Picks
コロナ後の観光はマスツーリズムが終焉?意外とお手頃、密を避けるプライベートな船旅が人気
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
米国ではコロナ禍でレジャー用ボートの販売が急増 観光産業ではパンデミックをきっかけに起こった大きな変化がいくつか観察される。その1つが「マスツーリズム」から「プライベート/アイソレーション旅行」へ
358Picks
【安川電機社長】景気のニュースは、需要より「変化」で見よ
NewsPicks編集部
|
自動車や家電、ゲーム機、パソコンや、そこに使う半導体が好調だ。なぜものを中心に景気が好調で、半導体不足が起きるほどなのか。産業ロボットやサーボモーターを手がける安川電機、小笠原浩社長に直撃した。
多関節産業用ロボット 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
インドネシア