新着Pick
SPD14KORLLWIWT2T
多関節産業用ロボット
JPN

多関節産業用ロボット 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
生産用機械製造
>
多関節産業用ロボット
自動車用の溶接、塗装等で活用する多関節産業用ロボット(関節機構を駆動するアクチュエータ機能を持つ)を製造する企業群。関節を持たない電子部品自動装着装置等は本業界から除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
1Pick
産業用イーサネット 市場
おもちゃ屋パーク
|
最近追加された グローバル 産業用イーサネット 市場 レポート 投稿 値 市場調査には、業界の網羅的な分析と、サイズ、シェア、成長要因、傾向、業界の見通し、需要、2019-2025 の予測期間の開発な
6Picks
制御と同時にリアルタイムで情報処理ができるIoT対応産業用コントローラー
MONOist
|
日立産機システムは、IoT対応産業用コントローラー「HXシリーズ ハイブリッドモデルII」を発表した。情報、制御用にそれぞれ専用のCPUを搭載するなど、従来機の機能を大幅に強化している。
33Picks
10年後の交通・移動手段はどうなっている?「MaaS」による変革のインパクト
GLOBIS知見録 最新記事
|
トヨタが新しくつくる実証実験用の「街」 先日、トヨタ自動車が新たな「街」を作ると発表しました。同社リリースによれば、この街は「Woven City」と名付けられ、初期にはトヨタの従業員やプロジェクトの関係者など2000名程度の住民が実際に暮らすという環境のもと、「自動運転、モビリティ・アズ・ア・サービス(MaaS)、パーソナルモビリティ、ロボット、スマートホーム技術、人工知能(AI)技…………
11Picks
農作物の収穫をAIで自動化って出来るの?
アイブン
|
IT、ドローン、ロボットなどのテクノロジーを用いた新しい農業であるアグリテックは、世界中でますます注目を集めている分野です。特に収穫ロボットは、その潜在的な効率の高さゆえ、急速に開発が進められています。 AIの知識を勉強中の新米エバンジェリストが、最新アグリテックについて語り合っています・・・。 一次産業の自動化に夢広がる 気になった方は、研究の詳細を以下から見てみてくださいっ!(ほのか&ももか)
11Picks
需要とスピードの間を埋める AWSが目指す「真のロボット革命」
Forbes JAPAN
|
将来的に大きな成長が見込まれているロボット産業。日本企業が牽引してきた産業用ロボットに加え、近年では工場で人間とともに働くことができる協働ロボット、また家庭用掃除ロボットやAIスピーカーに代表されるサービスロボットなど新たなタイプの製品が続・・・
12Picks
世界の有望AIスタートアップ Top 100 – 3分の2を米国が独占
The AI TImes
|
スタートアップの動向調査などを手がける米CB Insightsが3日、世界のAIスタートアップ約5,000社を対象とした調査に基づきトップ100社を選出した。同調査は今年で4回目を迎える。 産業別では、ヘルスケア産業から最多の13社が選ばれた。AIとヘルスケアとの親和性の高さ、将来への期待度が見て取れる。デジタル聴診器で知られる米Eko(過去記事)や、スマートフォンを用いた家庭用尿検査診断キットを
11Picks
驚異のバランスで荷物を積み下ろす車輪付き物流用ロボット「Handle」で完全に無人で倉庫内作業が進むデモムービー
GIGAZINE
|
運搬用の自動運転車などの物流技術を開発するOTTO Motorsが、キモいと話題の四足歩行ロボット
249Picks
0.3mmの血管を縫合できる超微小外科ロボ「MUSA」が最初の臨床試験を通過
ギズモード・ジャパン
|
たった0.3mmの血管をつなぐことができる外科手術用ロボット「MUSA」の臨床試験が行なわれ、大きな話題となりました。Natureに掲載された、オランダのマーストリヒト大学医療センターのTomvanMulken氏らの論文によると、MUSAはスーパーマイクロサージャリー(超微小手術)を用いた再建術用のロボット・システムで、0.3mmから0.8mmの太さの血管を吻合を可能なのだとか。その吻合自体は人間
16Picks
シャオミ出資のロボット掃除機Roborockが上場、創業者がビリオネアに
Forbes JAPAN
|
中国の家庭用ロボット掃除機業界から、二人目のビリオネアが誕生した。北京に本拠を置く「Roborock Technology」は上海市場でIPOを果たし、同社会長のChang Jingの保有資産は10億ドルを突破した。Roborockの株価は・・・
81Picks
産業用IoTベンチャーが提供する低コストICT水位計測サービスとは
<PR>JBpress
|
[提供:アムニモ株式会社] 産業用IoTベンチャーのアムニモが「簡易無線水位計測サービス」 の提供を開始。現場に合わせて臨機応変に、リーズナブルに使える 注目のサブスクサービスだ。その開発の背景...
19Picks
水素がここへ来て一段と有望になってきた理由
東洋経済オンライン
|
渡邊 佐和子(以下、渡邊):LPガスを得意とする岩谷産業が、なぜ今、水素事業に取り組んでいるんでしょうか。牧野 明次(以下、牧野):当社の創業は1930年ですが、1941年から産業用に水素を販売してきました。酸…
12Picks
「森林も守る」産業用無人ヘリコプター、ヤマハ発が社会課題に向き合う新しいビジネスのカタチ
ニュースイッチ
|
バイクのイメージが強いヤマハ発動機だが、実は30年以上、私たちの食卓の裏側で「縁の下の力持ち」の役割を果たし続けてきた。それを担うのは産業用無人ヘリコプターを使った農薬散布。現在は国内の水田の約4割で活躍するなど圧倒的なシェアを誇る。そして今、無人ヘリの新しい活躍の場として「森林」がクローズアップされている。 無人ヘリが普及する以前、農薬散布といえば人が背負ったタンクから動力散布機を使って行...
16Picks
クラウドロボティクスプラットフォーム開発のRapyuta Roboticsは“物流ロボのサブスク化”を目指す
TechCrunch Japan
|
Rapyuta開発の倉庫用の“協働型”ピッキングロボット クラウドロボティクスプラットフォーム「rapyuta.io」を提供するRapyuta Robotics(ラピュタ・ロボティクス、以下Rapyuta)は2月17日、物流倉庫大手の日本GLPのグループ会社で配車支援サービス「配車プラス」提供のモノフル、ならびに産業用ロボットなどの製造を行う安川電機と資本業務提携を締結したことを発表した。リ...
12Picks
ロボット産業が急成長中のデンマークに、世界最大の協働ロボットハブが2022年にオープン
マッシュメディア
|
デンマークのサイモン・コレラップ産業ビジネス金融担当大臣は、モバイル インダストリアル ロボット社(以下、MiR社)とユニバーサルロボット(以下、UR社)の2社が、3600万ドルを投じて合同拠点を設立すると発表した。
10Picks
愛され系ロボ「LOVOT」は羊の皮を被った狼だった。パーツ約5700個の内部構造がお披露目
Engadget 日本版
|
家庭用ロボット開発事業を展開するGROOVE Xは2月5日、同社の家庭用ロボット「LOVOT」(らぼっと)の内部構造を公開しました。 LOVOTは「人の家族になること」を目指したロボットで、2019年12月より出荷を開始しています。1体での販売のほか、2体セットでの販売も行っています。価格は、本体1体と充電を行う「ネスト」のセットが29万9800円(税別)、本体2体とネストのセットが57万9...
11Picks
産業廃棄物工場にAI搭載ロボット導入、若き社長が率いるシタラ興産とは?
ニュースイッチ
|
アジアで雇用生み、貧困を解消 ―産業廃棄物処理工場に人工知能(AI)搭載ロボットとは、とても驚きました。 「動脈産業のように工業化したいとずっと思っていた。静脈産業は機械化がとても遅れている。製造業などほかの産業界の会合に参加しても正直、気後れすることもあった。でも、あらゆる産業界に溶け込んでこそ我々の業界がある。そこで多くの方に来て頂けるような工場にしようと考えた。その目玉がAIロボットだ...
14Picks
テクノロジーがすべてを塗り変える産業地図
NewsPicks
|
AIやロボットなどのテクノロジーの発展で「人間の仕事が奪われる」といわれる中、疑問や不安を抱えている人は多い。 実際に、テクノロジーによって「産業」と「仕事」はどのように変わるのか。 今回は日本生命出身で『テクノロジーがすべてを塗り変える産業地図』の著者であるテクノロジーアナリストの泉田良輔氏が登場。 「自動車」「銀行」など、それぞれの「産業」を縦糸、われわれの「仕事」を横糸として見たとき、...
27Picks
繊細な処理が可能なロボットの「手」を開発するSoft Roboticsが大手FANUCと提携、約25億円調達
TechCrunch Japan
|
ロボティクスのスタートアップ、Soft RoboticsがシリーズBラウンドを完了、2300万ドル(約25億円)の資金を獲得した。このラウンドはCalibrate VenturesとMaterial Impactがリードし、Honeywell、ヤマハ、Hyperplaneなどの既存投資家が加わった。注目すべき点は世界最大の産業用ロボットのメーカー、FANUCがラウンドに参加したことだ。同社や...
12Picks
ヤマハが早大発スタートアップの東京ロボティクスに出資、協働ロボット分野へ参入
TechCrunch Japan
|
ヤマハ発動機は1月21日、早稲田大学発のスタートアップである東京ロボティクスへの出資と技術提携を発表した。具体的には同社が東京ロボティクスの転換社債型新株予約権付社債を引き受ける。 東京ロボティクスが擁する協働ロボットの高度化に欠かせない関節柔軟性(力制御)の技術とヤマハの量産化能力を組み合わせることで、協働ロボット市場へのビジネス参入を目指すとのこと。ヤマハは長期ビジョンの1つとして「AR...
多関節産業用ロボット 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
インドネシア