新着Pick
SPD14KORLLWIWT2T
多関節産業用ロボット
JPN

多関節産業用ロボット 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
生産用機械製造
>
多関節産業用ロボット
自動車用の溶接、塗装等で活用する多関節産業用ロボット(関節機構を駆動するアクチュエータ機能を持つ)を製造する企業群。関節を持たない電子部品自動装着装置等は本業界から除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
4Picks
産業用ロボットの累積出荷台数が50万台を達成
MONOist
|
安川電機の産業用ロボット「MOTOMAN」の累積出荷台数が、2021年2月に50万台を達成した。同社は、日本初の全電気式産業用ロボットに始まり、用途最適化、7軸、双腕、人の隣で作業できる人協働ロボットと、多様な産業用ロボットを製品化してきた。
16Picks
人間に「残る仕事」は何か?技術革新で「消える仕事」「生まれる仕事」
Frontier Eyes Online
|
AIやロボットに代表される技術革新の台頭により、今後は流通・サービス業に従事する労働者にとって「消える仕事」と「残る仕事」の選別が本格化していく。一方で、デジタルサービスの周辺領域では、新たに「生まれる仕事」がある。どんな仕事が人間に残され、そして生まれるのか。最近の企業事例を紹介しながら、第4次産業革命後における流通・サービス業の雇用問題について考察する。
3Picks
コロナ禍でも着実成長のベッコフ、リニア搬送装置やTwinCATの機能を強化
MONOist
|
ドイツのBeckhoff Automation(以下、ベッコフオートメーション)は、産業向けオンライン展示会「Hannover Messe 2021 Digital Edition」(2021年4月12~16日)でプレスカンファレンスを開催。業績などのアップデートと共に産業用PC(IPC)やI/O、リニア搬送装置などの新製品や新機能などを紹介した。
15Picks
Society 5.0とは
keidanrensdgs
|
Society 5.0とは、AIやIoT、ロボット、ビッグデータなどの革新技術をあらゆる産業や社会に取り入れることによりする実現する新たな未来社会の姿です。狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く、人類社会発展の歴史における5番目の新しい社会の姿とも言えるでしょう。 この未来社会では、...
1Pick
ロボットアームを搭載した鉄道電気工事用車両、JR西日本が開発
ニュースイッチ
|
JR西日本は、国内の鉄道業界で初となるロボットアームを搭載した鉄道電気工事用車両「ブラケットハンドリング車」を開発した(写真)。これまで人手作業で行っていた電線を支える部材「ブラケット」の取り換え作業を、ロボットアームが代替する。投資額は約3億円。2021年度内に1台を導入し、在来線の京阪神・岡山・広島エリアで運用される予定。 現在、同社の沿線エリアにブラケットは約7万基あり、年間で約200...
10Picks
日立、立命館大発ベンチャー買収 知能ロボットシステム開発:時事ドットコム
時事ドットコム
|
日立製作所は8日、立命館大学発の知能ロボットシステム開発ベンチャー「Kyoto Robotics」(キョウトロボティクス、滋賀県草津市)の株式96%を産業革新投資機構(INCJ)から取得し、子会社化したと発表した。買収額は非公表。
91Picks
【事例】ロボットと人が協働する佐川の物流倉庫、生産性は2倍に向上
ビジネス+IT
|
少子高齢化に伴う人手不足が進行するなか、日常となったネット通販の激増によって「小口多頻度」が常態化した物流現場。人手不足を補う手段として、ロボットはどれだけ現場をサポートできるのか。物流倉庫ではすでに人協働移動ロボット(AMR)を使いこなすプレイヤーが現れている。佐川グローバルロジスティクスの柏SRCでは、ピッキング作業を行う人たちの間をRapyuta Roboticsのピッキングアシストロ...
13Picks
半導体の供給不足の状況を調査、自動車だけでなく産業用機器への影響も広がる
MONOist
|
MONOist、EE Times Japan、EDN Japanのアイティメディア製造業向け3媒体は「半導体・電子部品の供給状況に関するアンケート」を実施した。調査期間は2021年2月17日~2021年3月16日。有効回答数は201件。本稿ではその内容について紹介する。
13Picks
コロナ禍でも業績V字回復。独自路線をつらぬく飲食店向けEC「八面六臂」とは?
ECのミカタ
|
――八面六臂株式会社の事業内容について教えてください。 松田 当社は飲食店向けの総合卸売事業を展開しています。対象エリアは1都3県で、販売は全てWEBサイトを通じて行います。わかりやすく例えると、料理人さんのためのアスクルのようなサービスですね。商品は鮮魚や肉、野菜などの生鮮食品がメインですが、パスタや冷凍品、洗剤やタワシ、テイクアウト用の弁当箱といった什器類のお取扱いもあります。少量多品種...
16Picks
人口1万7000人の町からテクノロジーで世界展開を狙う、農業用収穫ロボット開発のAGRISTが資金調達
TechCrunch Japan
|
農業用自動収穫ロボットの開発を行う、宮崎県拠点のAGRISTは3月3日、第三者割当増資による資金調達を発表した。調達額は非公開。引受先は、ドーガン・ベータおよび宮崎太陽キャピタルがそれぞれ運営する投資事業組合、ENEOSイノベーションパートナーズ、宮銀ベンチャーキャピタル、ジャフコ グループおよびインキュベイトファンドがそれぞれ運営する投資事業組合。
55Picks
コロナ禍で家庭用ミシンが好調、200万円の超高級機も登場!
ニュースイッチ
|
200万円の超高級機も登場 新型コロナウイルス感染症の影響はマイナス面だけではない。これまで下降傾向だった産業に再び明かりをともした例もある。家庭用ミシンはその一つ。外出自粛などの「巣ごもり需要」を取り込み、好調の波に乗る。主要メーカーの業績も堅調に推移する。一方で工業用ミシンはコロナ禍によるアパレル業界の停滞が直撃し低迷気味。ただ、非アパレル需要の開拓や「縫い」の技術進化に向けた研究開発な...
69Picks
宇宙ロボベンチャーのギタイジャパン 総額18億円調達 米国進出へ
産経ニュース
|
宇宙用作業ロボットベンチャーのギタイジャパン(東京都目黒区)は、ベンチャーキャピタル(VC)のスパークス・グループ子会社のベンチャーファンド(基金)などから総額18億円の資金調達を2月末までに実施した。調達した資金は、無重力空間で自律的に動作する宇宙ロボットの開発にあてるほか、将来の米国進出に備える。
423Picks
【実践編】「永続的に儲かる」レーザー&ブレードモデルとは?
NewsPicks Studios
|
NewsPicksアンカー達3人が実践しながら長期投資を学ぶ「Investors」。今回は髭剃りのジレットに代表されるビジネスモデル「レーザー&ブレードモデル」をテーマにインベスターズ3人が銘柄をプレゼン。モノづくりにとどまらず、サービスで収益を出す企業が増える昨今、長期投資向きとも言われるこのビジネスモデルに隠されたメリットを奥野氏と佐渡島氏が徹底分析。コストコやネスレといった世界的企業からスイスに本社を置く知られざる世界4大産業ロボットメーカーまでもが登場。新時代のビジネスの潮流を学びながら長期投資の極意に迫ります。
13Picks
世界シェア6割守り抜く!ファナック・安川電機・川重の産業ロボット大手の供給責任
ニュースイッチ
|
重い供給責任 産業用ロボット大手3社は「生産を多極化」し、供給責任を果たすことを至上命令としている。顧客である国内外の自動車、半導体メーカーなどに対して「迷惑をかけない」ため、外部環境の変化へ迅速に対応しなければならない。日本のロボット産業は高い競争力を誇り、世界シェア6割弱を占める。この地位を守りきるためにも、生産体制の整備に余念がない。 「ビジネスを永続的にするためには供給責任は大事。こ...
12Picks
2025年までにEV用全固体電池の実用化目指す
月刊誌「Wedge」のウェブ版
|
電気自動車(EV)の普及に向けての動きが加速する中で、EV性能を大きく左右する高性能のバッテリー開発に熱い視線が注がれている。現在は液体の有機電解液が使われているリチウムイオン電池が主流だが、これに代わる新しいEV用バッテリーとして国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が2007年から同じリチウムイオン電池ではあるが、液体ではなく固体の無機電解質を使った全固体電池の開...
102Picks
米ロボットベンチャーOSAROが語る、「ロボットが苦手なもの」をピッキングできるワケ
ビジネス+IT
|
ピースピッキングや工場自動化を対象に、産業用ロボット向けの機械学習ソフトウェアを中心とした技術開発を行う米国のスタートアップOSARO(オサロ)。深層学習を使って従来は難しかったピースピッキングの自動化を可能にしようとしている会社だ。ばら積み、透明、光を反射する、変形しやすい物体はロボットが苦手としている。OSAROはこれらの物体のピッキングを安価なセンサーで実現可能にすることから、知る人ぞ...
22Picks
DXとAI時代の「製造業」のデジタル戦略~青田広幸×滝野一征×人見光夫×水上潔×島田太郎
GLOBIS知見録 最新記事
|
G1経営者会議2020 第6部 分科会 テクノベート「DXとAI時代の製造業のデジタル戦略」 (2020年11月23日開催/グロービス経営大学院 東京校) テクノロジーの進化によって、新しい製品やサービス、概念が生まれ、製造業のあり方も変化している。数年前から製造業では、工場の自動化・効率化を目的に、ファクトリー・オートメーション(FA)、センサーや産業用ロボットなどが活用されていた。一
80Picks
総合商社、コロナ禍の病院経営で問われる底力
東洋経済オンライン
|
幅広い産業分野で事業を展開する商社が、医療ビジネスへの取り組みを強化している。これまでも医療関連資材や福祉用具の取引に携わることはあったが、近年は特に病院運営事業に参画する企業が増えている。総合商社…
10Picks
早大発ベンチャーが産業用ロボット向け3次元カメラを開発「高速高精度で安価」
MONOist
|
早稲田大学発ベンチャーの東京ロボティクスが産業用ロボット向けのセンサー事業に進出する。第1弾製品となる3次元カメラ「Torobo Eye」の「SL40」は、産業用ロボットの先端に取り付けられるサイズで、計測速度が業界最速クラスの10fps、奥行き計測のバラツキ誤差が±0.06mmの性能を実現。販売価格は100万~130万円を想定している。
12Picks
世界的なパワー半導体の需給逼迫、東芝や富士電機に商機
ニュースイッチ
|
最近の世界的な自動車減産の一因とされる電力制御用パワー半導体の需給が逼迫している。コロナ禍で落ち込んだ車生産の急回復を受けた欧州大手の供給不足に加えて、主要国での再生可能エネルギー投資拡大も需要を押し上げる。東芝や富士電機などは車電動化と脱炭素化で新たな商機も巡ってきそうだ。 パワー半導体は自動車や白物家電、ロボット、鉄道などの電力制御から、太陽光や風力発電の直流・交流変換まで幅広く使われる...
多関節産業用ロボット 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
インドネシア