新着Pick
SPD14KORLLWIWT2T
多関節産業用ロボット
JPN

多関節産業用ロボット 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
生産用機械製造
>
多関節産業用ロボット
自動車用の溶接、塗装等で活用する多関節ロボット(関節機構を駆動するアクチュエータ機能を持つ)を製造する企業群。関節を持たない電子部品自動装着装置等は本業界から除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
197Picks
衛星通信用の地上アンテナをシェア、宇宙ベンチャーの狙い
ニュースイッチ
|
宇宙ビジネスをより身近に―。Infostellar(インフォステラ、東京都品川区、倉原直美最高経営責任者〈CEO〉)は、衛星通信用の地上アンテナのシェアリングサービスを手がける。農業や船舶、インフラ管理など、小型人工衛星の活躍が期待される産業は広いものの、地上アンテナの整備がネックの一つになってきた。そこでインフォステラがアンテナの空き時間をまとめて融通する。人工衛星と地上を結ぶ通信プラット...
11Picks
Amazon Alexa対応の車輪付き家庭用ロボ、開発に本腰
TechCrunch Japan
|
Bloomberg(ブルームバーグ)は4月に、Amazonが「ベスタ」(Vesta)というコードネームで家庭用ロボットを開発中と報じたが、今度はそのプロジェクトが継続中と報じている。しかもその記事にはロボットの具体的な詳細もあり、実はAlexaをサポートしていて車輪で動き回るそうだ。友人の天才的イラストレーターに想像図を描いてもらったら、上図のようになった。 「Vestaは今年リリースされる...
5Picks
生麺の定量仕分けを産業用ロボットで自動化、複雑なセンサーもAIも不要
MONOist
|
デンソーウェーブは、「FOOMA JAPAN 2019(国際食品工業展)」において、産業用ロボットを用いて麺類を定量に仕分ける技術を紹介した。
16Picks
磁力で硬さが変わる「ゲル」の使い道
ニュースイッチ
|
IHI技術開発本部の渡辺将旭副主任研究員は、磁力でゲルの硬さを切り替える磁気粘弾性ゲルを開発した。ロボット用の万能グリッパーの材料として性能を確かめた。ゲルが把持対象の形に合わせて変形し、磁力をかけ
15Picks
エネルギー業界も直面する「GAFAに対する危機感」、デジタル化で何が変わるのか
ビジネス+IT
|
世界では、IoT・AI・ロボットなどの技術革新により、第4次産業革命と言われるような経済のデジタル化が大きく進んでいる。エネルギー分野もその例外ではなく、デジタル化を進める数多くのアイデアが生まれており、この波にいかに乗るかが問われている。本記事では、エネルギー業界のデジタル化の流れを押さえるために、そのフロンティアであるシリコンバレーの歴史を紐解きつつ、その具体的な取り組みについて考えてみる。
198Picks
とにかく手軽に始められる産業用IoTサービスとは!?
<PR>JBpress
|
[提供:アムニモ株式会社] コストやリスクなどを理由にIoTの活用に踏み切れていない…そんな悩みを抱える企業でも、とにかく手軽に始められる産業用IoTサービスが登場!?中小企業こそ取り組むべき「...
27Picks
トヨタが走行中に充電できるソーラールーフ電気自動車をテストへ
TechCrunch Japan
|
トヨタは日本限定のプリウスPHVに用意されていた太陽電池の改良版を、シャープやNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)と共同でテストしている。このデモカーの太陽電池のプロトタイプは、従来の22.5%から大幅に改善された34%という効率で、太陽光を電力に変換できる。さらに既存モデルとは異なり、走行中に駆動用バッテリーが充電でき、走行距離を大幅に伸ばすことができる。 この新しいシステムは、...
100Picks
中国の産業用ロボット市場、2025年に1兆円の大台迫る
ニュースイッチ
|
富士経済(東京都中央区)は、中国の産業用ロボット市場が2025年に18年比2・7倍の9838億円に拡大するとの予測をまとめた。人手不足、人件費高騰、スマートフォンや自動車といった主要産業の需要好調などにより、中長期での堅調な市場拡大を予想。中でも組み立てや搬送系ロボットの大幅な伸びがけん引するとの見通しを示した。 19年は同11・3%増の4125億円を見込む。用途別では組み立てや搬送系のロボ...
15Picks
「尖閣諸島」防衛に生かせる!?三菱重工が1000km先のドローン制御に成功
ニュースイッチ
|
三菱重工業は2日、空中と水中の飛行ロボット(ドローン)を組み合わせた無人機システムを、1000キロメートル離れた遠距離から操作する実験に成功したと発表した。九州の実験用監視エリアと東京・丸の内の同社
34Picks
物流倉庫のロボット自動化を支援--アクセンチュアとMUJINが協業
ZDNet Japan
|
アクセンチュアは6月28日、産業ロボット向けの制御用ソフトを提供するMUJINと協業を開始したと発表した。物流領域のデジタル変革を進めるため、人工知能(AI)やロボットを活用したサービスを共同で開発、提供していく。
10Picks
「ロボット自身が状況を判断し動作する」MUJINとアクセンチュアが協業し物流設計を最適化
Ledge.ai
|
2019年6月28日、アクセンチュア・イノベーション・ハブ東京にて経営コンサルティング大手アクセンチュア株式会社と産業用ロボットベンチャー株式会社MUJINの協業が発表された。 協業により、物流倉庫の最適化を経営層を含めた会社全体で取り組めるようにするのが狙いだ。 発表会には両社トップのアクセンチュア株式会社
11Picks
産業用IoTも「サブスク」で利用する時代に IoTベンチャー、アムニモが業界に与えたインパクト
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
初期費用が無料で1カ月単位で利用できるという手軽なIoTサービスが登場した。産業用IoTベンチャーのアムニモが開発した「amnimo sense(アムニモ センス)」がそれだ。導入に関わる部分をパッケージ化し、データ取得、運用の基本サービスを月額課金のサブスクリプションモデルで提供する。IoTを導入したくても投資余力が乏しく、専門人材もいない中小企業にとって有力な選択肢の1つになりそうだ。
10Picks
iRobotが買収のRoot Robotics、お絵かきロボットがSTEM教育で活躍!
マッシュメディア
|
iRobotがハーバード大学発のスタートアップ、Root Roboticsを買収した。Root RoboticsはSTEM教育用のロボットを開発していて、iRobotは今後、使いやすい教育用ロボットを提供していく計画だ。
26Picks
マグネシウム合金を鋳造したクルマ用の車輪ホイール量産へ
ニュースイッチ
|
戸畑製作所(北九州市小倉南区、松本敏治社長)は、マグネシウム合金を鋳造した自動車用の車輪ホイールの量産に乗り出す。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)などとの産学連携で車両メーカーの軽量化
10Picks
恐ろしいほど「辛い」成分が、末期がん患者を痛みから救う? 植物由来の新しい鎮痛剤の威力
WIRED.jp
|
世界一辛いトウガラシよりも10,000倍も辛いとされる植物の成分が、医療用の鎮痛剤として注目されている。関節痛の患部に注射すると痛みを伝える神経末端が破壊され、痛みを感じなくなるというのだ。動物実験でも効果が見えてきたこの手法は、痛みに苦し
10Picks
ロボット x AIの領域がブルーオーシャンである理由
AI新聞=AI Weekly=
|
ロボット x AIの領域は、これから最も大きな可能性を秘めている領域、ブルーオーシャンだと言われる。ブルーオーシャンとは、血で血を洗う過当競争のレッドオーシャンの逆で、今後大きな成長が期待されるのに競合他社がほとんどいないビジネス領域のことだ。 早稲田大学の尾形哲也教授によると、ロボット産業はAIを搭載することで、安価で汎用性のあるロボットを開発できる可能性があるという。安価で汎用性のあるロボット
62Picks
パナソニックが創業4年・社員24人、浜松のロボット・スタートアップと組む狙い
Business Insider Japan
|
2万6000人の従業員を抱えるパナソニックのカンパニーのひとつ、コネクティッドソリューションズ社がパートナーに選んだのは、創業4年、社員24人のスタートアップだった。 パナソニック・コネクティッドソリューションズ社は6月17日、産業用ロボットのソフトウェア開発に取り組むLINKWIZ(リンクウィズ)...
23Picks
神鋼が開発、電磁力3倍以上の電動アクチュエーターの貢献度
ニュースイッチ
|
神戸製鋼所は、発生可能な電磁力を従来品の3倍以上に高められる電動アクチュエーター技術を開発した。電磁力に比例する磁束密度を高められる独自の3次元磁極構造を用いる。大きな力を発揮する電動アクチュエーターの開発により減速機が不要になるなど、電動化する装置の小型化、静音化に貢献できる。まず協働ロボットへの適用を想定し、電動関節機構の開発にあたる。他のロボット関連や幅広い用途での製品化も進める。 従...
195Picks
さよなら肉!「2040年にはほとんどが植物性の“フェイク肉”に」 | 【世界を見渡すニュース・ペリスコープ】
クーリエ・ジャポン
|
急速に成長する代替肉産業、その課題は…第5世代移動通信システムである5Gの時代が到来すれば、世界は一変すると言われている。現在より100倍の高速通信、1000倍のデータ容量、低遅延でタイムラグは1ミリ秒、さらに同時多接続を可能にすることから、そのポテンシャルは計り知れず、第4次産業革命をもたらすと言う声もあるくらいだ。来年には日本でも徐々に利用が始まる5Gだが、少なくとも、さまざまなものがネットワ
15Picks
日本はもはやロボット大国ではない!?論文数で7位に転落
Newsweek日本版
|
エクサウィザーズ AI新聞から転載 <かつて産業ロボットで世界を制した栄光も今は...
多関節産業用ロボット 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
インドネシア