新着Pick
SPD0VCGDRHSJ7TLH
ラグジュアリーブランド
ALL

ラグジュアリーブランド 業界

世界
業界一覧
>
消費財
>
衣服・装飾品製造
>
ラグジュアリーブランド
高級衣料品、バッグ、宝飾品等のラグジュアリーブランドを傘下に有し、多国籍に展開する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
38Picks
ブランディングとマーケティングはなにを目指すものなのか?──ブランドの力を最大化するためにその違いを知る
note(ノート)
|
このnoteは何? マーケティングエージェンシーFICCのBX事業部にて、「ブランドとはなんなのか? どうすればブランドを豊かにすることができるのか?」それをみなさんと考えるnoteを書いています。記事をまとめたマガジンはこちら→本当の価値を生むブランディング戦略(仮題) みなさんはブランディングとマーケティング、それぞれがなにを目指しているものなのか、意識したことはあるでしょうか。一見わか...
35Picks
「コカ・コーラ」のクリエイティブ・ストーリー〜五感に響くブランド体験を生み出すデザイン
The Coca-Cola Company
|
元『広告批評』編集長が、独自の視点でコカ・コーラ社製品に関するクリエイティブを分析します。 連載第4回目は、「デザイン」を軸 としたコカ・コーラのクリエイションについて。
3Picks
数字は「あえて無視」。ミレニアル女性向け下着ブランドのSNS運用術とは
#CBK encyclopedia | Brand with Technology
|
数々の世界的人気モデルを世に輩出してきた米下着ブランド『ヴィクトリアズ・シークレット』の不振や、ワコールHDによる米D2C企業『リブリー(Lively)』の買収など、ミレニアル世代の取り込みや趣向の変化が度々話題となる、下着業界。 そんな中、20〜30代の女性ユーザーから支持を集めるランジェリーブランドがある。ECを中心に、インポートとオリジナルのアイテムを展開する『タイガーリリートーキョー...
310Picks
「ドーミーイン」が満足度1位、出張族・家族連れに選ばれるワケ
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
日本生産性本部(東京・千代田)の2019年度日本版顧客満足度指数(JCSI)調査において、ビジネスホテル部門ではドーミーインが首位となった。2018年までは4年連続で1位だったリッチモンドホテルを退けた形だ。ビジネスホテルブランドで人気を博するドーミーインが選ばれる理由について考察したい。
24Picks
マーケティング・広報・宣伝・ブランディング、似ているようで違うその目的とは
ferret [フェレット]
|
マーケティングに携わっている方は、ご自身の業務や役割をどのように説明していますか?マーケティングにはビジネスにおける市場づくりのための市場・競合調査や商品開発、販売戦略、それに付随する企業やサービスの価値・ブランドを高める活動などがありますが、ここに関連する役割が広報(PR=パブリックリレーションズ)、宣伝、ブランディングです。これらの役割とマーケティングは切っても切り離せない関係で、また企...
11Picks
京料理で介護食提供、栄養士らブランド 味や見た目こだわり
京都新聞
|
味や見た目にこだわった京料理の介護食を伝統の京焼・清水焼と京漆器の食器で提供しようと、京都や滋賀の医療関係者や企業が新ブランド「京介食」を創設した。とろみをつけた日本酒や舌でつぶせる料理など、食べ物をのみ込む「嚥下(えんげ)」の機能が弱くなっても食事を楽しめるよう工夫を凝らし、全国展開を目指す。
35Picks
米国で爆発的ヒットの電子タバコ「JUUL」 いよいよ中国上陸へ
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
|
米国の電子タバコブランド「JUUL(ジュール)」がついに中国市場への進出を決め、すでにEC大手「京東(JD.com)」と戦略提携を結んだことがわかった。遅くとも今年10月までには、JUULの電子タバコ
227Picks
静かに。天才が仕事中…20世紀の「コカ・コーラ」ブランドを築いた広告担当の仕事哲学
The Coca-Cola Company
|
「コカ・コーラ」の歴史は、さまざまな個性を持った人々によって紡がれてきました。今回は、20世紀の「コカ・コーラ」ブランドをつくりあげた“天才”広告マン、デロニー・スレッジの仕事哲学を紹介します。
346Picks
新しい「住まい」の文化を日本に。OYO LIFEがイノベーションを起こす3つの理由
Future Stride
|
インド発のグローバルホテルブランドOYO(オヨ)が日本に上陸し、家具家電付きの賃貸住宅を提供するサービス「OYO LIFE」をスタートさせたのが2019年3月。3月以降、都心を中心に順調に拡大を...
132Picks
撮った写真が1000円に?写真・動画コンテンツの買取りマーケット『ジェニカルマーケット』がスタート
ECのミカタ
|
カタリベ社は、インフルエンサーと企業をマッチングする写真・動画コンテンツの買取りマーケット「Genical Market(ジェニカルマーケット)」を開始した。 同社はマーケティングの主戦場がスマートフォンなった今、画一的なペルソナ設定やリターゲティングでの広告施策だけでは、ユーザーに購買を促したり、ブランドのファンなってもらったりすることが難しい状況が続いていると指摘する。 そんな中、ユーザ...
254Picks
スポーツ領域にもD2Cの波。靴に入れるだけで疲れにくくなるインソールが登場
Forbes JAPAN
|
アパレル、化粧品、フード。さまざまな領域で、続々と立ち上がっているD2Cブランド。その波は“スポーツ領域”にまで広がっているようだ。スポーツ用品のD2Cブランド「TENTIAL(テンシャル)」を手がけるTENTIAL・・・
50Picks
適切な紹介料で人材紹介、採用ノウハウ提供もーーグローバル・ブレインが採用支援子会社「GBHR」設立
THE BRIDGE
|
ニュースサマリ:ブランド刷新に続き、独立系VCのグローバル・ブレインがスタートアップの人材採用支援に乗り出す。同社は8月9日、スタートアップの人材採用... 投稿 適切な紹介料で人材紹介、採用ノウハウ提供もーーグローバル・ブレインが採用支援子会社「GBHR」設立【百合本氏インタビュー】 は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。
43Picks
レクサスが国内販売でベンツに勝てない理由
東洋経済オンライン
|
レクサスはトヨタが展開する高級車のブランドで、1989年に北米で誕生した。その後16年を経て、2005年8月に日本国内でも営業を始めている。今では国内の営業開始から14年が経過し、レクサスも認知度を高めたといわ…
11Picks
ビハククリアは敏感肌の私でも問題なく使えました~体験評価ブログレポート
スキンケアの記録
|
30歳過ぎからほっぺ周りのシミが気になりはじめたのですが、わたしは根っからの敏感肌。敏感肌でも美白を手に入れたいものの、高い百貨店ブランドで買っても、刺激がつよすぎると赤ニキビ発生してしまう自分の肌…スキンケアショップやネットでいろいろ効果的なアイテムを探して、やっと見つけたのが、安心健康ライフさんの『ビハククリア』です。
14Picks
韓国依存の九州インバウンドは「リーマン級」打撃。それでも楽観論増える3つの理由
Business Insider Japan
|
8月初旬の昼過ぎ、福岡市・天神の商業施設で営業するハンバーグ店「極味や」を訪れると、約30人が並んでいた。同店は数年前から韓国人旅行者に大人気で、常に韓国語が飛び交う行列ができている。日韓関係の悪化で、多少は入りやすくなったのではと淡い期待を抱いて来てみたが、相変わらずだった。韓国人に人気のブランド...
15Picks
「近視抑制」メガネ、子供用に開発 バイオレットライト活用
Engadget 日本版
|
メガネブランドのJINSと慶應義塾大学医学部発ベンチャーの坪田ラボは8月7日、近視の進行を抑えるメガネ型医療機器の共同開発に着手したと発表しました。 このメガネ型医療機器は、近視が進行しやすい6〜12歳の小学生が対象。近視の原因である眼軸長の延伸を抑える遺伝子「EGR1」に働きかけ、近視を抑制する効果が報告されている「バイオレットライト」を目に照射することで、小児の近視進行を抑えるとしていま...
11Picks
インナーシグナルは「シミ」に効果あり?解約できないって苦情は本当なのかも併せて口コミ調査
スマ美|スマートに美しく
|
大塚製薬の化粧品ブランド「インナーシグナル」。その美白ケア商品である「リブジェネイトエキス」がシミに対して効果があるのか。勧誘の電話がしつこいだとか解約できないだとかマイナスな噂も耳にしますが果たして実際はどうなのか、調査してみました。
238Picks
「所有しない」ぜいたく、提供する高級ブランドが増加
Forbes JAPAN
|
所有するものを減らすことが、まさに「より多くを持つことだ」と考える人が増えている。先駆けとなった「レント・ザ・ランウェイ(Rent The Runway)」を含む洋服レンタルサービス市場は現在、小売業界で最も急速な成長を続ける分野の一つだ。・・・
12Picks
世界で今、最もホットなファッションブランド トップ20
Business Insider Japan
|
世界中の1万2000を超えるブランドを取り扱うファッション検索プラットフォームの「リスト(Lyst)」は、2019年第2四半期の人気ファッション・ブランド トップ20を発表した。グッチ(Gucci)は、過去2年で5度目の1位に輝いた。 ランキングを作るにあたって、リストは500万人以上の消費者の購買...
ラグジュアリーブランド 概要
世界
インド