新着Pick
SPD0FPEMEF80DAQS
電源
JPN

電源 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
電子部品・デバイス製造
>
電源
各種電機製品等への電力供給の源となる電源装置を製造する企業群。オンボード、ユニット等形式は問わない
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
4Picks
東京メトロに個室オフィスが出現。移動中にちょこっと仕事を進めたいときに便利そう
ライフハッカー[日本版]
|
カフェよりも仕事が捗る個室ワークスペースが東京メトロ構内に出現しました。USB電源、エアコン、Wi-Fi完備の自分だけのオフィスで仕事を片付けられます。
5Picks
日本IBM「データセンターで電源障害」
共同通信
|
日本IBM「データセンターで電源障害」 日本IBMは23日、住信SBIネット銀行や地方銀行で発生したシステムトラブルについて「データセンター...
10Picks
電源不要のQi充電テーブル「EBÖRD」、自然光・室内光で蓄電
Engadget 日本版
|
太陽光は勿論、自宅の室内光で蓄電し テーブルの上に置いたスマートフォンなどのモバイルデバイスを 非接触充電することができるテーブル『EBÖRD』が日本初上陸! EBÖRDは豊かな自然と共生することを第一に考えられたスマートIoTテーブルです。 日本でも、8年ほど前から、太陽光を利用して発電する太陽光発電が一般家庭でも使われるようになりました。 再生可能エネルギーを利用することで、自然に優しい...
9Picks
エコノミストリポート:脱炭素と原発 官邸がゆがめるエネルギー政策 問題を先送り=橘川武郎 | 週刊エコノミスト Online
週刊エコノミスト Online
|
原子力にとっての最大のリスクは、「政治リスク」、厳密に言えば「首相官邸リスク」である。  2018年に閣議決定された第5次エネルギー基本計画は、30年の電源構成を原子力20~22%、再生可能エネルギー22~24%、火力56%とするとともに、50年時点でも原子力に「実用段階にある脱炭素化の選択肢」と
15Picks
「相転移」の利用で三次電池が高電圧化、IoT社会の電源へ 筑波大の研究
財経新聞
|
「三次電池」は、どこにもあるような室温の熱によって充電される電池で、交換や管理が不要な電源として大きな期待を集めている。
IoT時代の主力電源に
日本経済新聞
|
57Picks
伊方原発3号機で停電トラブル 四国電「ほぼ全電源、一時喪失」
共同通信
|
伊方原発3号機で停電トラブル 25日午後3時45分ごろ、四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)で3号機の定期検査中、発電所内が一時停電す...
11Picks
伊方原発、ほぼ全ての電源が数秒間喪失
共同通信
|
伊方原発、ほぼ全ての電源が数秒間喪失
477Picks
口コミからバズ記事生むAIライター。取材も人件費も不要で約300倍成長
Business Insider Japan
|
東京・渋谷で次の用事まで1時間程度ある。この間にパソコンを開きたいから、電源のあるカフェを探そう。 あなたのすることは、スマホを取り出してグーグル検索に「カフェ」「渋谷」「電源」を打ち込み画面をタップ。表示されるカフェ情報をチェックする——。 グーグル独自の検索アルゴリズムで、高評価を受けたウェブサ...
13Picks
今、全世界で再エネが拡大している理由
ecoist
|
温暖化による気候変動が引き起こす様々な事象は、私たちの経済、社会、健康や安全、そして、生存そのものへの脅威となっており、二酸化炭素の排出を減らすために、全世界で再生可能エネルギーが拡大しています。その中でも日本で太陽光発電を増やしていくには、蓄電池と分散型電源社会が重要で再エネによる分散型電源社会、電力の自産自消を推進することなどでも目標には近づけます。
35Picks
安定的に発電し自然環境と共生する地熱は再生可能エネルギーの優等生 <特別レポート> 石原良純が見た! 新稼働の山葵沢地熱発電所
PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)
|
2019年5月、山葵沢地熱発電所(秋田県湯沢市)が運転を開始した。Jパワー(電源開発)が50%出資する湯沢地熱株式会社が運営(三菱マテリアル、三菱ガス化学との共同事業)。発電所の立地は標高870mで、冬季は気温マイナス10℃以下、積雪4m超になることもある。この地上の寒さとは対照的な、280~300℃にも達する地熱の力が有効活用されているのだ。晩秋の山葵沢地熱発電所を、石原良純さんが訪ねた。
13Picks
【主張】エネルギー 安定供給を改革の原点に 多様な電源構成で基盤強めよ
産経ニュース
|
今年は日本の電力にとって節目の年となる。小売りの全面自由化など電力システム改革の総仕上げとなる「発送電分離」が4月に実施され、大手電力会社から送配電部門が切り離…
86Picks
エネルギー大手、国際社会の「石炭火力」批判にどう応えていくか
ニュースイッチ
|
エネルギーは地球環境問題にとって大きなウエートを占める。持続可能な社会のために、太陽光発電、風力発電などの再生可能エネルギーの普及拡大が不可欠だ。コストや送電線網への系統接続など普及への課題はあるが、主力電源として電源構成の中での比率が高まることへの期待は大きい。エネルギー大手はこぞって再生エネの開発に乗り出している。(取材・戸村智幸) ■原発再稼働、合意難航/石炭火力、逆風強まる 国内のエ...
28Picks
環境省「太陽光+蓄電池」で防災 非常用電源、温暖化対策と両立
共同通信
|
環境省「太陽光+蓄電池」で防災 地震や水害に伴う長期停電に備え、環境省は災害時の対応拠点となる自治体庁舎や避難所にもなる学校で、太陽...
37Picks
蓄電池をつないだ大きな電力網、何に使う?
ニュースイッチ
|
電気通信大学の市川晴久特任教授やNTT東日本、岩崎通信機の研究グループは、大きさや規格が異なる複数の蓄電池をつなぎ大きな電力網として利用できる技術を開発した。蓄電池などの小さな電源や、パソコンなどの電子機器をUSBケーブルでつなぎ電力の流れを制御できるハブ装置を試作。ハブを介し電源の充放電や機器への電力供給をパソコンから制御できる。コンセントがない場所や非常時での電源確保に役立つ。 ユーザー...
12Picks
[深層を訊く]エネルギーは安全保障の根幹/国際政治学者・三浦瑠麗氏
電気新聞ウェブサイト
|
三浦 瑠麗氏◆電源多様化、未来へ投資を/小型分散化で災害にも強く  ◇聞き手=論説委員・藤原雅弘  東日本大震災以降、原子力の再稼働が進まない日本。「即時ゼロ」か「維持」の二項対立に振れ過ぎる状況に対し、国際政治学者の三浦瑠麗氏は「原子力を否定しても、資源小国の立場が変わるわけではない」と話す。「エネルギーは安全保障の根幹」であり、化石燃料を含む電源の多様性は必要との立場を取る。将来的に安定...
81Picks
「炎上を怖がっちゃいけない。電源を抜いたら消えてしまう世界です」――筒井康隆85歳が語る「表現の自由」
Yahoo!ニュース
|
「もうあらゆるものを書き尽くした」。作家・筒井康隆さん(85)は、60年近くにわたり、ジャンルを超えて小説を書き続けている。 今もTwitterを更新して、時に炎上する。現在の情報化社会をどう見るのか、表現の自由とは何か。筒井さんに聞いた。
22Picks
東京ガスが再エネを10倍に拡大する新中期計画、2030年までに500万kW規模に
スマートジャパン
|
東京ガスが2030年までの新たな経営ビジョンを発表。2030年までに国内外で取り扱う再生可能エネルギー電源の規模を、現状の約10倍となる500万kWにまで拡大する野心的な目標を掲げた。
15Picks
結局、ノートパソコンは電源につなぎっぱなしにして良いの?ダメなの?
ライフハッカー[日本版]
|
「ノートパソコンを電源アダプターでコンセントにつなぎっぱなしにしておくと良くないの?」これは、ノートパソコンを使っている人なら、誰でもどこかの時点で抱く疑問です。
電源 概要
日本
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン