新着Pick
SPD0E5K8KLAN59Z6
タイヤ
JPN

タイヤ 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
自動車部品製造
>
タイヤ
乗用車、トラック、バス等の各種自動車に利用されるタイヤの製造を主要業務とする企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
シャコタン化したなと思ったらタイヤないじゃん! 人ごとじゃない「盗難地獄」を見た男の悲惨すぎる末路
WEB CARTOP
|
この記事をまとめると ■セキュリティシステムや防犯カメラなどの普及で車両盗難は全体として減少傾向にある ■それでも無くなってはおらず、クルマ好きにとってみればおちおち枕を高くして寝てもいられない ■車両盗難被害にあったとある人物の不幸な物語を紹介する 駐車場にある愛車から感じる違和感  クルマ好きと... The post シャコタン化したなと思ったらタイヤないじゃん! 人ごとじゃない「盗難...
2Picks
北陸道や東海北陸道12月11日から降雪予想 ネクスコ中日本が冬タイヤ装着など呼び掛け
福井新聞
|
中日本高速道路(ネクスコ中日本)は12月11日から14日にかけて、北陸自動車道など管内高速道路の一部...
39Picks
トヨタ、新型EV値下げして国内販売再開 不具合から4カ月ぶり
Reuters
|
[東京 26日 ロイター] - トヨタ自動車は26日、急旋回でタイヤが外れる恐れがあるとして一時停止していた量産電気自動車(EV)「bZ4X」の国内販売を約4か月ぶりに再開した。販売は定額課金方式のみ。日本のEV市場もようやく立ち上がる兆しをみせており、トヨタは販売再開に当たって契約時の申込金を半額にするなど利用者の拡大を狙う。
16Picks
タイヤがただの輪っか! ハブもスポークもない未来のeバイク「beno」
ギズモード・ジャパン
|
Image:facebook2020年9月28日の記事を編集して再掲載しています。スポークはもう過去のものだ。前輪も後輪も車輪の中が空っぽで、ハブもスポークもない未来のeバイク「beno」。これが開発期間4年の歳月を経て、やっと予約が始まりました。この投稿をInstagramで見るReevo™-TheHublessE-bike(@reevobikes)がシェアした投稿スペック「beno」はアメリカ
41Picks
トヨタが新型EVきょう生産再開、国内受注26日から 改善対策決定
Reuters
|
[東京 6日 ロイター] - トヨタ自動車は6日、電気自動車(EV)「bZ4X」の生産を再開した。定額制のみで販売する国内受注は26日から再開する。前田昌彦副社長が6日のオンライン取材で明らかにした。bZ4Xは急旋回などでタイヤが外れる恐れがあるとしてリコール(無償回収・修理)を6月23日実施。発売後約1カ月で生産・販売を中止していた。
32Picks
街ナカでバッテリー交換できる、ヤマハの新電動スクーターがサイバーでかっこいい!
ギズモード・ジャパン
|
2022年1月24日の記事を編集して再掲載しています。カスタムパーツもたくさん用意するんだってさ。いいじゃない。ヤマハの台湾子会社である台灣山葉機車がリリースした電動スクーター「EMF」に目を奪われました。ストロークの長いショックアブゾーバーに太いタイヤと小型のヘッドライトの組み合わせ。SF映画やアニメで採用されそうなエクステリアデザインがかっこよすぎない?EMFの名前はElectroMotive
204Picks
福島県白河市発。水素の力で「脱炭素タイヤ」を実現する
国内タイヤ大手の住友ゴム。住友ゴム工業では脱炭素(カーボンニュートラル)実現に向け「水素」の活用に力を入れている。
37Picks
珍しい「車輪銀河」、ウェッブ望遠鏡が捉えた新たな画像公開
CNN.co.jp
|
米航空宇宙局(NASA)のジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が宇宙のちりを透視して捉えた珍しい「車輪銀河」の画像が公開された。
21Picks
まるでスマホ。EVを運転しながら充電できる技術が実証実験へ
NewsPicks編集部
|
EVを運転中に充電できる「走行中給電」という技術を、東京大学を中心に産学官でつくるチームが来年にも公道での実証実験を始めることがわかりました。従来の給電スタイルではなく、まさにスマホの充電のようにタイヤに接触させることで給電できる仕組みで、EVの使いやすさの向上につながることが期待されています。この技術のポイントを岡ゆづは記者が解説します。 出演:岡ゆづは(NewsPicks編集部・記者) 編集:後藤章友 ▼さらに詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ。 https://newspicks.com/news/7378660
14Picks
1発目「タイヤの破裂音かと」現場警護員ら気付けず 安倍氏銃撃
テレ朝news
|
事件を巡り、当時、現場にいた警察の警護員らの証言から、1発目の銃声について、タイヤの破裂音などと思い、銃撃と気付けなかったことが分かりました。さらに、聴衆の動きに気を取られ、容疑者の行動を把握できていなかった状況も明らかになりました。  安倍元総理の銃撃事件を受け、警察庁では検証チームを作り、警護員に対する聞き取りや原因究明を進めています。  当時、現場には奈良県警の警護員3人と警視庁のSP...
35Picks
トヨタ「bZ4X」とスバル「ソルテラ」、BEV2車種200台リコール タイヤ脱落の恐れ
ITmedia ビジネスオンライン
|
国土交通省はトヨタ自動車のBEV「bZ4X」とスバルの「ソルテラ」のBEV2車種200台がリコール対象になったと発表した。急旋回などを繰り返すことで、ボルトが緩み、タイヤが脱落するおそれがあるという。
48Picks
「さんぽセルの小学生が新たな反撃」さんぽセルの“寄付先”を首相、文科相、市長、校長から募集
FNNプライムオンライン
|
栃木県日光市の小学 3~6 年生の子どもたちが中心となってつくった「さんぽセル」。重いランドセルを背負わず、タイヤをつけたスティックを装着することでキャリーケースのようにランドセルを持ち運びできる。発売当初大人からの批判に反論した子どもたちは、今回新たにクラウドファンディングでつくったさんぽセルの寄付先を首相や文科相らから募集する反撃に出た。子どもたちと開発を担当した株式会社悟空のきもち T...
926Picks
【保存版】ルノーと日産「20年史」のすべて
NewsPicks編集部
|
初めてゴーン氏に会ったのは、1990年代後半のこと。欧州最大のタイヤメーカー、ミシュランの北米CEOだった彼の元に、ルノーから声がかかりました。仏国営企業ルノー公団が、民間企業に切り替わったときです。
828Picks
【CEO直撃】なぜブリヂストンは69年ぶり赤字を「選んだ」のか
NewsPicks編集部
|
69年ぶり赤字の深層を石橋秀一ブリジストンCEOに直撃。最大にして最悪の買収と呼ばれたファイアストンの再建からの教訓も踏まえ、タイヤ業界トップ企業に迫られる変革に迫る。
751Picks
【実例】ブリヂストンが、タイヤの「サブスク」に本気な理由
NewsPicks編集部
|
タイヤ世界トップのブリヂストンが挑む、タイヤのサブスク!?利用者のデータを使い、顧客に利用状況にマッチしたタイヤへとカスタマイゼーションし、さらには車両の運用コストの削減をアドバイスする企業への...
751Picks
ブリヂストン創業者が世界一に導いた「売れている時の大変革」
ビジネス+IT
|
企業にとって商品が爆発的に売れている時、業績が好調な時の変革というのはとても難しいものですが、世界最大のタイヤメーカー、ブリヂストンの創業者・石橋正二郎氏の人生はまさに「売れている時の大改革」の連続でした。地方の「ちっぽけな仕立屋」から足袋専業に踏み切り、地下足袋の大ヒット、ゴム靴の世界的成功を経て「困難」と言われた国産自動車タイヤへの挑戦と、幾度もの変革を成し遂げて、世界的企業をつくり上げ...
14Picks
RFIDが自動車業界を変革する、「つながるタイヤ」開発加速
ニュースイッチ
|
タイヤメーカー各社がIoT(モノのインターネット)技術を活用した「つながるタイヤ」の開発を加速している。仏ミシュランは、2024年までに自社製の全タイヤに無線識別(RFID)タグを搭載する。住友ゴム工業はセンサーを用いたタイヤ空気圧監視システム(TPMS)の提供を始めた。タイヤの状態を容易に把握したり遠隔監視したりすることで、周辺サービスの拡充を目指す。各社は売り切り型ビジネスから脱却し、メ...
タイヤ 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
マレーシア
タイ
インドネシア