牛乳とイルカから鳥インフルエンザウイルス検出

2024年4月30日
全体に公開

このところ、米国で市販されている牛乳から鳥インフルエンザウイルスの残骸が検出されたことが報道されています。

この報道については、正式な論文発表もなく、政府系機関からの発表や専門家の見解が主なものになっています。

📌そんななかで、この「鳥インフルエンザ:米国の牛で蔓延する中で、科学者たちが答えようとしている4つの大きな疑問」というNPRの記事はリンクも充実しており、その理解に役立つものとなっています。

https://www.npr.org/sections/health-shots/2024/04/26/1247479100/bird-avian-flu-cows-cattle-milk-virus-unanswered-questions

この記事の内容を生成AIでまとめてみました。

1. ウイルスは乳牛にどの程度蔓延していますか?

公式な集計では、9つの州と30を超える群れで検出されたことが示されていますが、実際の数はさらに多い可能性があります。ただし、広範な検査は行われていません。ウイルス物質が小売牛乳から検出されていることから、ウイルスは「かなり広範囲に拡散している」可能性があります。現状では、検査された牛全体の数の詳細も、その検出の意味を知るのは困難です。

2. 小売店の棚にある検査で陽性反応が出た牛乳には感染性ウイルスが含まれていますか?

現時点では、牛乳に感染性ウイルスが含まれているとは考えられていません。食料品店の棚にある牛乳からウイルスの断片の証拠が見つかったPCR検査では、実際にはそれが「生きた」ウイルスかどうか、つまり複製できるかどうかは分かりません。

牛乳を低温殺菌すると細菌やウイルスを死滅させることができますが、それらの細菌の痕跡をすべて消去するわけではありません。過去の研究では、H5N1のような熱に弱いウイルスを効果的に不活化する可能性が非常に高いことが示されています。しかし、牛乳の低温殺菌が鳥インフルエンザウイルスにどのような影響を与えるかについては、直接的な研究は行われていません。

現時点では、牛乳中に生存可能なウイルスが存在しないことが示唆されています。たとえ牛乳に少量の感染性ウイルスが含まれていたとしても、「それがインフルエンザの感染経路であるという証拠はない」です。

3. ウイルスは具体的にどのように広がっているのでしょうか?

主な感染経路は牛乳を介するという説が主流となっています。ウイルスは「搾乳装置」上で、「施設から施設へ移動する個体」によって、そして牛乳と接触して動き回るげっ歯類を介して広がる可能性があります。ウイルスが授乳中のウシとともにある群れから別の群れに移動したと考えられています。ゲノムデータを分析した科学者は、遺伝子配列決定により、鳥からウシへの一回の導入があった可能性が高く、それがその後、ウシの間でさらに拡散したことが示されていると述べています。ウイルスが乳牛を介してどのくらいの期間蔓延しているかを正確に言うのは難しいですが、一部の科学者はウイルスが何か月もの間、さらには2月よりも前から蔓延していた可能性があると示唆しています。

4. ウイルスが蔓延し続ける中、ヒトにとってのリスクは何でしょうか?

一般大衆に対する全体的なリスクは低いままです。ウイルスの遺伝子構造の変化は観察されていないためです。

一方で、ウイルスがウシや中間動物の体内で変異し、その後ヒトに侵入する可能性があるという長年の懸念があります。鳥インフルエンザが他の哺乳類に広がった際に、いくつかの突然変異が起きたことが記録されていますが、パンデミックの脅威となるためには多くの変化が必要であることが示されています。農場での生乳への曝露がヒトに対する主なリスクであるかどうかはまだ分かっていません。CDCは、牛乳のエアロゾル化があるかどうか、ヒトの症例が検出を逃れているかどうかを確認するために、酪農労働者を対象とした抗体検査を実施すべきです。

鳥インフルエンザウイルスが米国の乳牛に蔓延していますが、現時点ではヒトへのリスクは低いと考えられています。科学者たちは、ウイルスの蔓延と拡散を理解するために調査を続けており、ヒトへの潜在的なリスクを監視しています。

📌こちらのNature誌の記事では、今後の予定などに言及しています。

米国で数ヶ月間、高病原性鳥インフルエンザウイルスがウシの間で静かに広がっていたことがゲノム分析で明らかになった。ウイルスは12月から1月に野鳥からウシに感染した可能性が高い。

2024年3月25日、米国農務省(USDA)は乳牛から高病原性鳥インフルエンザ株が検出されたと発表した。その後、USDAは9つの州の34の酪農場でH5N1と名付けられたこの株の感染を確認した。4月21日、USDAはNCBIが管理するリポジトリであるSequence Read Archive (SRA)にさらに多くの配列データを掲載した。ゲノム分析によると、ウイルスの遺伝的多様性が大きく、数ヶ月前からウシの間で進化していたことが示唆された。ウイルスの起源や牛への感染経路は不明だが、ウシから鳥やネコに感染する可能性があることも示唆された。ウイルスがウシからヒトに感染する可能性もある。USDAは、関連する疫学情報を含む精選されたファイルをGISAIDで公開する予定。

📌イルカでもH5N1が検出

米国フロリダ産バンドウイルカ (Tursiops truncatus) におけるクレード 2.3.4.4b の HPAI、A(H5N1) 感染が、4月18日発行のCommunications Biology誌に報告されています。

Murawski, A. et al. (2024) Highly pathogenic avian influenza A(H5N1) virus in a common bottlenose dolphin (Tursiops truncatus) in Florida. Commun Biol 7, 476.

合成生物学は新たな産業革命の鍵となるか?」担当:山形方人

【合成生物学ポータル】 https://synbio.hatenablog.jp

【Twitter】  https://twitter.com/yamagatm3

応援ありがとうございます!
いいねして著者を応援してみませんか



このトピックスについて
津覇 ゆういさん、他1329人がフォローしています