新着Pick
SPD2QQIH65P7J1RK
石油化学
ALL

石油化学 業界

世界
業界一覧
>
素材・素材加工品
>
化学
>
石油化学
エチレン、プロピレン、ブタジエンなど石油化学品を主に製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
122Picks
強まるプラスチックへの逆風 石油メジャーにはさらなる打撃に
Forbes JAPAN
|
電気自動車がガソリンを燃料とした車に取って代わる中、石油・ガス製造業者はガソリンとディーゼルエンジン用重油のの需要低下に備えている。しかしこうした企業は、石油化学製品市場ではいまだに多くの石油が原料として必要であると考え、安心してきた。しか・・・
460Picks
韓国大慌て、「製造業の凋落が止まらない!」
東洋経済オンライン
|
韓国では今、造船や鉄鋼、石油化学、建設など、いわゆる重厚長大産業の構造調整が進んでいる。好景気に酔…
319Picks
石油化学の再編事情。今後を決める3つのシナリオ
ユーザベース
|
石油元売りと石油化学は、密接な関係にある。石油化学の代表的な基礎化学品原料となるナフサの約50%を石油製油所で製造しているからである。石油化学企業は、そのエチレンを使い、さまざまな製品を製造する...
236Picks
総合化学メーカーが向き合う、“技術革新”という苦難の道
ニュースイッチ
|
総合化学各社にとって2019年のキーワードはイノベーション(技術革新)だ。新たな中期経営計画を始動させる会社も多く、積年の課題である新規事業の創出は待ったなしだ。ここ2―3年の石油化学市況高で得た稼ぎを研究開発へ振り向けて、人工知能(AI)などデジタル技術導入を含めて技術革新を加速する基盤づくりを急がなければならない。持続的な成長 住友化学や旭化成、東ソー、宇部興産は現在、19―21年度の次...
274Picks
コスト削減に大活躍、ARの最先端はエネルギー業界にあり
Bloomberg Businessweek
|
マレーシア最南部ジョホールバルにある石油化学工場では、米ベーカー・ヒューズ製の旧式のタービンを使用している。その部品を交換するのは、ご想像どおりの「楽しい」作業だ。部品交換を行う際には、最低でも...
202Picks
業界紙でしか見れない決算まとめ。押さえておきたい6業種
ニュースイッチ
|
*総合化学の4−9月期、石化事業で明暗総合化学6社の2016年4―9月期決算は石油化学部門が明暗を分けた。住友化学以外の5社は営業利益が従来予想を上回った。為替の円高進行という逆風がありながら、堅調な
112Picks
ロス米商務長官に新ロシア疑惑 調査報道連合が資料入手
共同通信 47NEWS
|
ロス米商務長官に新ロシア疑惑 ロス米商務長官と関係の深い海運会社と、プーチン・ロシア大統領の娘婿や側近2人が実質オーナーの石油化学大手が取引をしていることが5日、分かった。側近1人は米政府の経済制裁対象。取引額は2014年からの3...
72Picks
石油化学大手、ドローンで工場の設備点検
ニュースイッチ
|
石油化学大手は化学工場の設備点検にドローン(飛行ロボット)を活用する。旭化成は2019年の定期修理に合わせて導入する。出光興産はベンチャー企業と組んで実証試験を実施した。熟練作業者が減少傾向にあるほか、高所の点検は危険な作業があり、ドローンの活用余地は大きい。経済産業省も17年度からIoT(モノのインターネット)やビッグデータ(大量データ)の活用に積極的な事業所の認定制度を始めるなど、化学工...
57Picks
旭化成、「心肺蘇生事業」が急成長した舞台裏
東洋経済オンライン
|
石油化学や繊維、住宅、電子部品など多様な事業を展開する旭化成にあって、ある意外な事業が急成長し、存…
55Picks
BNPパリバが誤発注、台塑石化の時価総額3200億円消失
Bloomberg.com
|
台湾の石油化学会社、台塑石化(フォルモサ・ペトロケミカル)の株価が21日に急落したことに関連し、原因となる誤発注をBNPパリバ・セキュリティーズが行ったと台湾証券取引所の幹部が明らかにした。台湾の銘柄で時価総額が3番目に大きい台塑石化の株価は8.2%安で終了し、約30億ドル(約3200億円)の時価総額が失われた。
47Picks
素材業界にイエローカード!「産業競争力強化法」相次ぎ適用
ニュースイッチ
|
経済産業省が石油精製や石油化学、普通鋼電炉、板ガラスといった素材産業に事業統合や設備集約などを促す「産業競争力強化法第50条」を相次ぎ適用している。これらの業界では供給過剰構造で企業収益が低迷し、海外大手との格差は開くばかり。そんな状況に経産省は危機感を募らせるが、霞が関主導の業界再編に抵抗感を持つ企業は少なくない。さらに設備の統廃合が進むと、一部の化学品で供給が不足する懸念もある。欧米...
45Picks
住友化学のサウジ石油化学事業の天敵は「うっかりミス」
ダイヤモンド・オンライン
|
「2017年度以降には手応えを感じている」。自他共に認める住友化学の懸案事項、ラービグ計画。1月末に発表された住友化学の16年4~12月期決算でも利益貢献がかなわなかったが、そんな惨状を見越した上でも十倉雅和・住友化学社長は昨年から自信をチラつかせていた。
30Picks
三重 四日市の石油化学工場で火災 
NHKニュース
|
11日昼ごろ、三重県四日市市の石油化学工場で火災が発生し、消防が消火にあたっています。警察や消防によりますと、けが人は確認されていないという…
24Picks
ベテランの大量退職で現場力低下も、化学業界の救いの手はVR
ニュースイッチ
|
住友化学は千葉工場(千葉県市原市)のデジタル変革を加速する。2019年にも従業員の安全体感教育に仮想現実(VR)を活用するほか、画像データなどを使った設備の予兆保全を本格展開する。石油化学のマザー工場であり、現在主力のシンガポールとサウジアラビアに対して支援する役割も大きい。人手不足が深刻化する中で、ITを最大限利用して国内での製造基盤を固める。 住友化学は愛媛工場(愛媛県新居浜市)で従業員...
25Picks
好調石化業界に米中の脅威、“黒船問題”強い警戒感
ニュースイッチ
|
好調が続く石油化学業界に新たなリスクが浮上しつつある。為替変動や原油価格の上昇といった従来型の懸念材料に加えて、米国のシェールと中国の石炭化学という“黒船問題”が少しずつ大きくなっている。「海外
25Picks
総合化学メーカー、“石油化学に頼らず稼ぐ”
ニュースイッチ
|
総合化学各社の2018年3月期連結決算業績予想は、石油化学に頼らない稼ぐ力が試される。6社のうち4社が営業増益を予想した。畜産農業関連や電池材料、ディスプレー部材などの拡販が寄与しそう。前期の好業績を支えた石化市況の足元はナフサ(粗製ガソリン)の値上がりや一部製品価格の下落など変調の兆しが見える。長年取り組んできた石化依存からの脱却を目指したポートフォリオ改革の成否が、今こそ問われている。 ...
20Picks
化学業界が警戒する“サウジリスク”、君子豹変で合弁解消も
ニュースイッチ
|
日本の化学業界が、サウジアラビアでの合弁事業に警戒感を強めている。同国石油化学大手のサウジ基礎産業公社(SABIC)との合弁事業の延長交渉が難航する三菱ガス化学を中心とした日本連合は、契約更新の条件として13億5000万ドル(約1530億円)の支払いを求められている。SABICの強硬姿勢の裏には、サウジで事実上の最高権力者であるムハンマド皇太子と、原油安による国家財政悪化への焦りが見え隠れす...
21Picks
【やじうまPC Watch】世界最高レベルの発光効率と色純度を持つ有機ELディスプレイ用青色発光材料が開発 〜有機ELディスプレイの低消費電力化と高色域化を実現 - PC Watch
PC Watch
|
科学技術振興機構(JST)、関西学院大学、JNC石油化学株式会社は、世界最高レベルの発光効率と色純度を持つ有機ELディスプレイ用青色発光材料「DABNA」を開発したと発表した。
石油化学 概要
世界
中華人民共和国
大韓民国
シンガポール
マレーシア
タイ
インド
アメリカ合衆国