新着Pick
SPD0X2VKXACF2CBI
自動車
JPN

自動車 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
輸送用機械製造
>
自動車
乗用車(軽自動車を含む四輪自動車やピックアップトラックなどの軽商業車)を製造する企業群。但し、トラック、特殊車両、運搬車両等は除く。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
死語になった自動車用語「オーバーヒート」
財経新聞
|
この寒中に、少し暑苦しいネタも面白いかも~と、「オーバーヒート」を採り上げてみた。
5Picks
自動車向け半導体不足、生産能力再配分して対応=TSMC
Reuters
|
[台北 28日 ロイター] - 半導体受託生産大手の台湾積体電路製造(TSMC)は28日、世界的に自動車向け半導体が不足する中、生産能力を再配分し、迅速に対応していると説明した。
4Picks
自動車セキュリティに「ここまでやればOK」はない、“相場観”の醸成が必要だ
MONOist
|
MONOist編集部は2020年11月10日、オンラインで「自動運転時代の車載セキュリティセミナー」を開催した。自動運転やコネクテッドの技術が導入されていく中で、車載製品のセキュリティに対する考え方や開発の助けとなる技術について紹介した。
6Picks
いまだEVどころかHVも少ないメーカーもある! 電動化時代に「泣くか笑うか」国産自動車8メーカーの行方
WEB CARTOP
|
量産ハイブリッドを持たない会社は将来が不安だが  地球温暖化対策としてのCO2削減という方針を定めたパリ協定。アメリカでバイデン大統領が誕生すると、さっそくパリ協定への復帰を宣言するなど、CO2削減の方向は大いに強化されたという印象だ。  地球温暖化に懐疑的な考えの人もいるだろうし、CO2削減と... The post いまだEVどころかHVも少ないメーカーもある! 電動化時代に「泣くか笑う...
3Picks
【自動運転ラボ白書】CASE分野での海外展開事例及び有望企業〜新型コロナウイルスで世界的に見直される自動車の価値〜
自動運転ラボ
|
新型コロナウイルスが世を席巻した2020年。例外なく自動車業界も大打撃を受けたが、ウィズコロナ時代における自動車や自動運転技術の必要性が見直されたことなどを背景に、中国や北米といった海外マーケットを中心に思いのほか早い立 […]
439Picks
日産、主要市場の新型車をすべて電動化 2030年代早期から
Reuters
|
[東京 27日 ロイター] - 日産自動車は27日、主要市場と位置付ける日本、中国、米国、欧州に投入する新型車について、2030年代の早い段階からすべて電動車両にすると発表した。
33Picks
バイデン大統領が公用車約65万台を全て電気自動車にすると発表〜100万人の雇用創出も
EVsmartブログ
|
米国時間1月25日、バイデン新大統領はクリーンエネルギー移行に向けて、自国の約65万台の公用車を電気自動車に置き換えると発表。政府はメイドインUSAの車を購入し、雇用創出にも言及した。
83Picks
自動車業界「新たな枠組み」は進むか、アップルのEV参入、ホンダとGMの協業
Diamond Online
|
コロナ禍による世界の市場減退を余儀なくされた自動車産業だが、CASE・MaaSへの対応による産業構造変化は、待ったなしだ。むしろ、コロナ禍の収束が見えず、ウィズコロナやポストコロナによる「新たな社会」への対応で自動車業界変革のスピードは加速されることになる。
82Picks
テスラ10ー12月、利益は市場予想に届かず-時間外で株価下落
Bloomberg
|
米電気自動車(EV)メーカー、テスラが27日発表した昨年10ー12月(第4四半期)決算では6四半期連続の黒字となったが、利益が市場予想を下回り、利益率も低下した。株価は時間外取引で下落した。
6Picks
自動車部品大手マグナ、韓国LG電子と「1000億円合弁会社」設立の理由。CEOが語る欧米市場での「勝算」
Business Insider Japan
|
・カナダの自動車部品大手マグナインターナショナルと韓国のLG電子が電気自動車(EV)向けパワートレインの開発を目的とする合弁会社を設立した。 ・自動車産業のEVシフトが鮮明になり、マグナの存在感は増している。一方、LG電子も米ゼネラル・モーターズ(GM)と共同で、EV向け電池工場の設立を準備している...
4Picks
中国の百度、米加州で完全自動運転車公道試験の許可取得
Reuters
|
[オークランド(カリフォルニア州) 27日 ロイター] - 中国検索サイトの百度(バイドゥ)は、運転手がいない完全自動運転車の公道試験走行の許可を米カリフォルニア州から獲得した。同州車両管理局が27日に発表した。
8Picks
マツダ、初のEV発売 SUV「MX―30」
共同通信
|
マツダ、初のEV発売 マツダは28日、同社初の電気自動車(EV)となるスポーツタイプ多目的車(SUV)「MX―30」のEV...
14Picks
「全固体電池」の容量倍増に成功!EV搭載で航続距離の大幅アップに期待かかる
ニュースイッチ
|
東京工業大学や東北大学などの研究グループは、高いエネルギー密度や高速充放電などの特性を持つ次世代電池「全固体電池」の電池容量を倍増できることを明らかにした。高出力型全固体電池の電極材料として期待されている「リチウムニッケルマンガン複合酸化物」を使用。電極と固体電解質の境界面を不純物が含まないよう作ると、全固体電池の容量を倍増できることが分かった。電気自動車(EV)の航続距離の増加などが期待さ...
14Picks
航続距離はなんと1000km!! 全固体電池も搭載予定の新型EV「ニーオ」 その正体とは!? - 自動車情報誌「ベストカー」
自動車情報誌「ベストカー」
|
2021年1月9日、中国の新興EVメーカーNIOより、驚きのEV『ET7』が発表された。電池容量や充電方法、新型電池の投入といい、そのすべてにこれまでの常識が通用しそうにない野心的なクルマについて紹介する!
17Picks
部品メーカーの躍進が見られるか、製造業における「モジュール化」の現状と将来
ビジネス+IT
|
「コンベンショナル(在来型)な自動車を作っていた以外の人たちが席巻してしまうかもしれない」。これは「Bloomberg」記事内での、日本電産:関社長の発言である。同社は、モータ、インバータ、減速機を一体化したEV(電気自動車)向けの車載モジュールで、2030年には世界シェア40~45%を目指すという。アップルがEV市場に参入するとの報道に対するコメントだが、未来の自動車産業において存在感を発...
56Picks
元テスラ社員のバッテリー素材企業「シラ・ナノ」が600億円調達
Forbes JAPAN
|
元テスラのエンジニアらが共同創業したシリコンバレーのバッテリー素材のスタートアップ「シラ・ナノテクノロジーズ(Sila Nanotechnologies)」が1月26日、5億9000万ドル(約610億円)の追加資金を調達し、EV(電気自動車・・・
自動車 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
マレーシア
タイ
インドネシア