新着Pick
SPD0M7M8VKJNJFDO
ネット証券
JPN

ネット証券 業界

日本
業界一覧
>
金融
>
証券
>
ネット証券
実店舗における対面販売などの形式ではなく、インターネットを利用した株式等の金融商品取引を主要業務とする企業群。外為証拠金取引(FX)を含む
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
11Picks
セブン銀行、タイのモバイル送金ベンチャーに出資──タイ最大財閥・創業家メンバーが狙うアジアの巨大需要
CoinDesk Japan
|
セブン&アイ・ホールディングス傘下のセブン銀行が、ブロックチェーンを活用した次世代型・モバイル送金ネットワークを開発する、タイのスタートアップ企業への出資を行った。 バンコクに拠点を置くライトネット(Lightnet)は1月10日、3120万ドル(約34億円)の資金を、東南アジア地域で展開するユナイテッド・オーバーシーズ銀行(UOB)のベンチャーキャピタルやセブン銀行、韓国のハンファ投資証券...
14Picks
銀行は大リストラ、証券も激変…2020年の金融業界に走る大激震
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
日本の金融業界がこれまでにない変化に直面している。銀行は前代未聞のリストラを開始しており、証券業界のガリバーだった野村證券も抜本的なビジネスモデルの転換を迫られている。唯一、好調だったネット証券も競争の激化から売買手数料の無料化に踏み切ろうとしている。
122Picks
SBIが手数料ゼロ戦略をしかけた2つの理由──ネット証券の大再編が始まる2020年【北尾社長インタビュー】
CoinDesk Japan
|
ネット証券業界が揺れている。 アメリカでは、ベンチャー企業のロビンフッドが株式の売買委託手数料をゼロにしたサービスで若い世代を中心に人気を集め、顧客数を飛躍的に伸ばし、ネット証券業界再編のトリガーを引いた。 米ネット証券最大手のチャールズ・シュワブは2019年11月、同業のTDアメリトレードを260億ドル(約2.8兆円)で買収することで合意。今後、アメリカの証券業界は、一層厳しい事業環境に直...
203Picks
【マネックス】手数料ゼロでもネット証券が生き残る方法
NewsPicks編集部
|
2019年はネット証券会社にとって激変の年だった。KDDIがカブドットコム証券(現auカブコム証券)に出資、LINE証券がサービスを開始、そしてネット証券最大手のSBI証券を傘下に持つSBIホー...
12Picks
揺らぐ収益力、証券業界に活路はあるか
ニュースイッチ
|
証券各社が磨いてきた収益力が揺らいでいる。株式市場の取引に伴う委託手数料が減少し、大手証券だけでなく、台頭してきたインターネット証券も苦戦している。資産形成が必要な世代の取り込みなどの課題にも直面する状況で、野村ホールディングス(HD)は2020年春に経営体制を刷新する。SBIホールディングスは地方銀行2行との資本業務提携に踏み切るなど、従来の事業モデルを見直す動きが証券業界に広がっている。...
19Picks
なぜデジタル証券を「信託銀行」が主導するのか──MUFGの取り組み(上)
CoinDesk Japan
|
2020年春の改正金商法の施行で、「電子記録移転権利」などに位置付けられるセキュリティ・トークン(デジタル証券)。債権や不動産、ファンド持分などの所有権や配当を受ける権利をトークンの形で表したもので、改正法施行にともないビジネスチャンスが生まれると見られており、証券や銀行など金融機関が相次いで参入を表明している。 野村證券などの大手対面証券も参入しており、SBIホールディングスのようなネット...
114Picks
ネット証券会社で投資信託や株式購入の手数料を無料化
NHKニュース
|
投資信託や株式を購入する際にかかる、手数料を無料にするネット証券会社が相次いでいます。資産形成に関心を持つ顧客の取り合い…
11Picks
tenki.jp共同運営元のALiNKインターネットが東証マザーズ上場、公開価格1700円で初値4020円
TechCrunch Japan
|
ALiNKインターネットは12月10日、東証マザーズ市場に上場した。公募・売り出し価格は1700円で初値は4020円となった。12月11日9時30分時点の最高値は4170円で時価総額は85億2500万円。現在、4000円前後で推移している。主幹事証券会社は野村證券。 同社は、日本気象協会と共同で天気専門メディアの「tenki.jp」を運営している2013年3月設立のスタートアップ。現在の天気...
59Picks
投資信託手数料をゼロに。ネット証券各社
Impress Watch
|
SBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券のネット証券4社は、投資信託の販売手数料を無料化する。各社が販売する投資信託の多くはノーロード(販売手数料無料)となっていたものの、すべての投資信託がノーロード化される。
135Picks
楽天証券、SBIも投信買付無料化 信用、現物は部分的に無料化
ITmedia ビジネスオンライン
|
証券業界の売買手数料無料化の流れが加速している。ネット証券トップ2社も、auカブコム証券やマネックス証券などの動きによって、無料化を早めた。
SBI証券、すべての投資信託の販売手数料など無料化を発表
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
210Picks
中国アリババ、香港上場 今年最大、資金調達分散
共同通信
|
【香港共同】中国のインターネット通販最大手アリババグループは26日、香港証券取引所に株式を上場し、取引を始めた。初値は187香港ドル(約2600円)で、公開価格の176香港ドルを上回った。新株は5億株発行し、調達額は1兆円を超える。
55Picks
米チャールズ・シュワブ、TDアメリ買収で合意 ネット証券再編
Reuters
|
[25日 ロイター] - 米ネット証券最大手のチャールズ・シュワブ<SCHW.N>は25日、同業のTDアメリトレード・ホールディング<AMTD.O>を260億ドルで買収することで合意した。全額株式で取得するという。
12Picks
証券の「手数料ゼロ」は要注意!投資家が理解すべき構造変化とは?
Diamond Online
|
米国のネット証券では、株式売買などの取引において「手数料ゼロ」を打ち出す動きが広がっている。日本でもSBI証券が3年以内に原則ゼロとする方針を打ち出した。個人投資家にとっては良いことのように思える「手数料ゼロ時代」の到来だが、実はその構造変化を正しく理解し、それに応じた投資戦略を採る必要があるのだ。
41Picks
SBIと福島銀の資本・業務提携が「期間限定なら合理的」といえる理由
Diamond Online
|
インターネット証券を傘下に持つSBIホールディングスと福島銀行が資本・業務提携を発表した。地銀と証券会社が関係を強化することは、互いに一定の合理性があるウィン・ウィンの関係といえる。ただし、その合理性は「期間限定」だろう。二つの観点からその理由を解説する。
12Picks
ランサーズが上場 時価総額145億円 ネットで仕事を受発注するクラウドソーシング大手
キュレーションドットコム 
|
インターネットで仕事を受発注するクラウドソーシング大手のランサーズが2019年12月ランサーズの事業内容は「フリーランスと仕事領域をマッチングさせるプラットフォーム」。 有価証券届出書による会社の想定発行価格(900円)で計算すると、時価総額は145億円になる。 主幹事は大和証券。 上場の際に227万株の公募(新規の資金調達、想定発行価格で20億円)を実施する。
14Picks
中国IT大手テンセント、ブロックチェーンベースの仮想銀行設立へ──香港証券先物委が承認
CoinDesk Japan
|
中国インターネット大手のテンセント(Tencent)は香港証券先物委員会(Securities and Futures Commission:SFC)の承認を受け、ブロックチェーンベースの仮想銀行(virtual bank)をオープンする予定だ。 2019年11月8日(現地時間)、テンセントのブロックチェーン・チーフのYige Cai氏は中国・烏鎮(うちん)で開催された世界ブロックチェーンサ...
ネット証券 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン