新着Pick
SPD0KBXL5MGDNH0Y
消費者金融
JPN

消費者金融 業界

日本
業界一覧
>
金融
>
銀行・ノンバンク
>
消費者金融
銀行などの金融機関やノンバンクなどの貸金業者が、消費者個人に耐久消費財やサービスなどの購入資金を直接貸し付けたり、提携先企業を通じて信用供与を行ったりする企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
1Pick
ダイレクトワンの審査は甘いのか厳しいのか?どんな人が審査に落ちるのか
マネーの空
|
スルガ銀行グループの消費者金融「ダイレクトワン」は、借りやすさ、安心感などで人気を集めています。しかし銀行系の消費者金融というのは、得てして厳しい審査基準が課せられているもの。ダイレクトワンの審査基準というのは、具体的にどれくらいの設定なの
1Pick
即日融資&無審査で利用可能な消費者金融はあるの?
即日振込キャッシングガイド
|
無審査で融資を行う消費者金融はありませんので、即日融資も不可能です。しかし無審査で融資を行わないのには訳があります。また無審査は難しくても、「ほぼ無審査」で融資を行う正規の業者はあります。今回は以下のポイントごとに無審査で融資を受ける方法な
53Picks
支払い残高が月割り定額で返済時1%キャッシュバックがあるUpgrade Cardとは?
TechCrunch Japan
|
ピアツーピア型の融資会社であるLendingClub(レンディングクラブ)を立ち上げたRenaud Laplanche(ルノー・ラプランシュ)氏は、3年前に2番目の事業を明らかにした。消費者金融のスタートアップのUpgrade(アップグレード)だ。現在、従業員数は350名。およそ20億ドル(約2170億円)を20万人の顧客に貸し出し、外部から1億4200万ドル(約154億円)の投資を受けてい...
1Pick
ホスト・キャバ嬢など水商売でもカードローン審査に通るのか
マネーの空
|
消費者金融や銀行のカードローン審査に通る最低条件は「安定した収入」と「年齢条件を満たしていること」の2つです。しかし、この条件をクリアしているからと言って申し込んだ方全員が審査に通るとは限りません。勤務先情報や住宅情報、家族構成など、あなた
15Picks
PayPal創業者率いるフィンテックAffirmに約1600億円の増資観測
TechCrunch Japan
|
消費者向け金融会社がまた1社、創業以来最大の増資観測で投資家の注目を集めている。 PayPalのMax Levchin(マックス・レブチン)氏が創業したAffirm(アファーム)が、同社の資金調達の動きに詳しい筋によると、デットとエクイティの組み合わせで最大15億ドル(約1600億円)を調達するとのことだ。Josh Kushner(ジョシュア・クシュナー)氏が立ち上げたニューヨークのベンチャ...
291Picks
フェイスブック「リブラ」こそが正義!利用者目線の金融世直しに期待
Diamond Online
|
米フェイスブックが打ち出した独自のデジタル通貨「リブラ」の方向性は、ビジネスとして正義だと考えるべきだ。送金や外国為替のようなサービスは大いに安くていい。消費者のためになるのだから、既存の金融機関と激しく競争すべきだ。
21Picks
リブラ、米下院公聴会でも不信感あらわ フェイスブック批判相次ぐ
Reuters
|
[ワシントン/ニューヨーク 17日 ロイター] - フェイスブック(FB)<FB.O>が計画する暗号資産(仮想通貨)「リブラ」を巡り、17日に米下院金融サービス委員会で公聴会が開かれ、議員から批判的な意見が相次いだ。FBは世界の金融システムや消費者のデータを守れるという信頼性を証明していないという。
20Picks
米シティ、第2四半期利益予想上回る 消費者向け融資好調
Reuters
|
[15日 ロイター] - 米金融大手シティグループ<C.N>が15日公表した第2・四半期決算は、好調な消費者向け融資やコスト抑制策が奏功して利益がアナリスト予想を上回った。
27Picks
南米フィンテック依然好調、ソフトバンクなどがブラジルの担保貸付サービスに250億円出資
TechCrunch Japan
|
投資家がラテンアメリカのスタートアップに積極的に進出を続ける中、どの分野よりも注目を集めているのがフィンテックだ。地域全体の資産が増えるにづれ、適切な財務サービス(特に融資)の利用は、普通の現金よりも新しい金融ツールを使いこなしたいと思っているモバイル志向のミドルクラスにとって不可欠だ。 それが、ブラジルの消費者向けクレジットカードの巨人であるNubank(ニューバンク)を企業価値約40億ド...
55Picks
「デジタルはあくまでツール」 アコムの木下副社長は経営者の存在意義を問い直す
Digital Shift Times(デジタル シフト タイムズ) その変革に勇気と希望を
|
テレビやネットで流れる「はじめての、アコム」という印象的なフレーズを聞いたことのある人は多いだろう。大手消費者金融、アコム株式会社のCMだ。
1008Picks
もしアマゾンが本気で「金融事業」を始めたら
東洋経済オンライン
|
銀行の個人向け無担保カードローンが、社会問題になっている。消費者金融では規制されている「年収の3分の…
799Picks
銀行は、もはや「消費者金融」になっている
東洋経済オンライン
|
日本銀行のマイナス金利政策導入から1年。金融の超緩和策にもかかわらず企業の資金需要は伸び悩むが、そ…
586Picks
キャッシュレス決済、ついに現金を上回る:英国
WIRED.jp 最新情報
|
英国では2014年、消費者、企業、金融機関が行うすべての取引に占める現金の割合が48パーセントとなり、初めて50パーセントを下回った。消費者の取引では52パーセントが現金だが、2016年には50パーセントになると予測されている。
30Picks
JPモルガン、CFO交代を発表 後任はカードサービス責任者
Reuters
|
[ニューヨーク 17日 ロイター] - 米金融大手JPモルガン・チェース<JPM.N>は17日、女性の最高幹部のうち2人を新たな上級職に任命する人事を発表した。マリアンネ・レイク最高財務責任者(CFO)を消費者金融部門の責任者に、カードサービスのトップであるジェン・ピープサック氏をCFOの後任に、それぞれ充てた。
561Picks
ゴールドマン、アップルとの提携クレジットカードを発行へ-関係者
Bloomberg
|
(Bloomberg) --米ゴールドマン・サックス・グループは、アップルとの提携クレジットカードを新たに発行すると、事情に詳しい関係者が明らかにした。ゴールドマンは、消費者金融の分野を強化している。
346Picks
ローンなし、煩わしいことなし。住まいを小さくして自由に生きよう!「未来住まい方会議」YADOKARI×鈴木菜央による、場所・時間・お金に縛られない暮らしかた | greenz.jp グリーンズ
greenz.jp
|
働き方を変えて、もっと自由に好きな場所で暮らしてみたい。そんなふうに考えたことがある人は多いのではないでしょうか。 ミニマルライフ、多拠点居住、スモールハウス、モバイルハウス。 いま気になる暮らしかたのキーワードをすべて詰め込んで、これからの豊かさを考え実践するメディア「未来住まい方会議」を運営するYADOKARIのさわだいっせいさん、ウエスギセイタさんとgreenz.jp代表・Co編集長の鈴木菜央さんが、これからの暮らしかたについて話しました。 「新築」と「賃貸」の間の選択肢があれば、人はもっと自由になれる YADOKARI代表兼アートディレクターのさわだいっせいさん(右)と、YADOKARI代表兼プランナーのウエスギセイタさん(左)。ふたりとも前職はWeb制作会社。本業を持ちながら、2012年にプロジェクトとしてYADOKARIをスタートさせました 「未来住まい方会議」は、YADOKARI共同代表のさわだいっせいさん、ウエスギセイタさんが運営するWebメディア。多拠点居住やスモールハウス、モバイルハウスに特化したコンテンツは、世界の小さな住まい方やDIY、移住など、“小さな暮らしかた”のアイデアがたくさん詰まっています。   「未来住まい方会議」Webサイト さわださん 以前は、山手線の内側に暮らすことがステータスだと思っていたんですけど、手に入れたところで結局、自分の中に何も残らなかったんですね。 それに、周りの人が新築物件をどんどん購入していくのを見て、自分はしんどいなと思ったんです。お金にも土地にも縛られるというイメージ。 住宅購入って、新築物件を35年とかの長期ローンで組むか、賃貸物件を選ぶかどちらかしかない。その間の面白い選択肢がもっとあるんじゃないか、それをメディアでやってみようと考えました。 ウエスギさん 既に2010年には核家族化、未婚問題、独居老人など様々な要因もあり、国内世帯数の6割近くが1〜2人暮らし世帯となっています。都心部になれば1人暮らしの増加はより顕著ですね。 そのような状況からも、家そのものは小さいことがフィットする時代になっていると考えていて。僕自身はモノを持たない暮らしを実践しているのですが、これまではヒッピー扱いされてきた“小さく暮らすこと”は、消費社会の次の選択肢であると思うし、そういう暮らしが最高にクールだと思わせたいんです。 Facebookグループ「YADOKARIサポーターズ」のメンバーは、立ち上げから1年半ほどで880名を超える人気ぶり。 オフィシャル部活動としてYADOKARI小屋部やYADOKARI菜園部が立ち上がり、リアルな場で読者がつながって、週末になると小屋をつくったり野菜を育てたりと、その活動はどんどん広がっています。 小屋づくりは、現代のセラピー!? オーナーがDIYでつくったツリーハウスをカフェにした、「なんじゃもんじゃカフェ」(神奈川県横浜市)にて。横浜を見下ろす高台にひっそりと建っています 千葉県いすみ市で35m2のトレーラーハウスに家族4人で暮らす鈴木菜央さんは、母屋としてのトレーラーハウスの他に、半セルフビルドのスモールハウスを計画中なのだそう。 ここからは、「小さく暮らす」ことを実践する鈴木菜央さんと、YADOKARIのおふたりによる対談をお届けします。   菜央さん YADOKARI小屋部、楽しそうですね! ウエスギさん 「未来住まい方会議」にはいろんなカテゴリーがありますけど、リアルな活動として一番盛り上がっているのはYADOKARI小屋部でしょうか。自分でつくれるんだ!という感動があるんですよね。 手を動かしてみると、今までは専門家に任せすぎていたことに気づくというか。 さわださん 小屋づくりは、1歩目の分かりやすさがあると思うんです。家としての最小単位で、手が届きやすい。でもスモールハウスとなると、まだ2歩、3歩先なんですね。 子どもがダンボールハウスをつくるような感覚で、大人もちょっと手を動かしてやってみると、意外と簡単にできてしまう。そういう機会って、これまでなかったんですよね。 菜央さん 生きていくのに必要なものを自分でつくれる“安心感”ってほっとしますね。今は、暮らしにまつわるあらゆる物事を大きな社会の仕組みに依存していて、みんな潜在的に“不安”を抱えているんじゃないかと。 例えば「せんきょCAMP」では、未来について語ろうというコンセプトでいろんな人が集まるんだけど、参加して「人生が変わりました」って言う人が結構いてびっくりしました。 やっていることは本当に単純で、自分の中にあることを語り、相手が言うことを、聞く。それだけなんですが、それが一種のセラピーになっているんですね。ある意味で、そうなってしまっているのが現代社会。小屋づくりも、そうしたセラピー的な要素があるのかもしれませんね。   さわださん 人間の本能には、生きるために必要な家をつくることも組み込まれているはずなのに、それを知らずに一生を終えてしまう。そうか、自分でつくれるんだって気づくことは、すごくハッピーなことなんですよね。 家が小さくなると、社会の構造も変わる!? 菜央さん この間、H.D.ソローの『森の生活』を読んだのだけど、彼は著書の中で“家を小さくすることで社会の構造が組み変わる”という意味のことを言っていて。一番大きな商品ともいえる住宅が小さくなると、確かに世の中が変わりそうですね。   ウエスギさん 確実に変わっていきますよね。僕は、家を小さくすることで、すべての産業が生まれ変わるんじゃないかと思っているんです。 おそらくエネルギーが半自給化して、下水道をつながないで自分で簡易浄化装置をつくるなど、インフラがどんどんオフグリッドに近くなっていく。当然、持続可能な生き方を考えるきっかけにもなって、環境負荷の掛からない暮らしかたを自然と目指すようになるのかなと。 菜央さん サービスで言うと、買うのではなくて修繕するサービスだったり、サイズの決まった既製品ではなく、自在にサイズを変えられるオーダーメイドだったり、職人さんと一緒に自分も手を動かしてつくってみたり、ということかな。 トレーラーハウスに引っ越しして気づいたことは、家具のサイズが大きすぎたり、微妙に合わなくて、結局自分でつくったほうがいいんだ、ということなんです。 物質的な豊かさから、本質的な豊かさへのシフト 「なんじゃもんじゃカフェ」の入り口。オーナー自身のDIYでつくられたツリーハウス ウエスギさん 僕自身は、テレビを捨てて本・雑誌を手元に置かないようにしたら、考えることが変わったんです。時間も増えて、その分新たな活動や家族との時間が増え、より充実した毎日になってきていると感じています。それだけのことで、時間の使いかたも変わるんですよね。 菜央さん 家が小さくなれば、当然持ちモノは厳選しますよね。物質的な豊かさではなく、本質的な豊かさに気づいていく。 テレビもやめて、好きなスポーツ観戦はみんなでパブリックビューイングをするとか、みんなで小さな映画館をつくってドキュメンタリー映画を観るとか、それで事足りるし、そのほうが楽しいよね。 さわださん インターネットのインフラが整った今、住まいという分野においても、いろんなことが変わってきていますね。今までは専門家に相談するのが当たり前だったけど、ネット上に図面があるし、自分で調べて部材を直販で買うこともできる。 一緒にやってみない?と旗を立てれば、知らない人同士もすぐにつながって、集まることができる。 菜央さん 知恵を持ち寄って、手を動かすって本当に楽しい。みんなで小屋をつくろう、と呼びかけやすいインフラもできた。インターネットの哲学は個人の解放だと思うのね。 必要な個人個人がネットを介して、自由に交換できる世界。本質的な豊かさへシフトするには、こうした“交換”、つまりコミュニティが不可欠ですね。 タイニーハウスムーブメントって、何だろう? 菜央さん このムーブメントって、いったいどういうことなんだろうと考えていて。 日本はここ数十年間、大量に消費する時代を突き進んだわけだけど、あちこちで大きなひずみができていると思う。住宅でいうと、いつの間にか、本当はたいして価値のなかったり、3〜40年で古くなって建て直したくなる家に大金を払って住むことがいいって風潮になってしまった。 でも原点に立ち返って、本当の意味で自由になるにはどうしたらいいんだろうって、みんな考え始めた。そうした背景がタイニーハウスムーブメントにはあるのかなと。 僕たちは、消費者としては成長しているかもしれないけど、自分の暮らしを自分でつくる力は、どんどん衰えていると思う。暮らしのあらゆる局面が、サービス化されて、経済に組み込まれていっている。家で言えば、僕も含めて、手を動かしてつくったり直したりする経験がほとんどない。 ウエスギさん 日本人はそもそも、ミニマリズム的な思想を持っているはずなのに。海外で流行っている“ルーツ”をたどれば、日本に長期滞在した経験のある人が禅の思想に影響を受けて、自国に戻って始めていた、ってことだったりするんですよね。 逆に、いま日本にいること自体がクリエイティブなことだと思いますよ。自分たちの手で、新しいつながりの中で、またつくっていこうよと。   菜央さん タイニーハウスムーブメントが北米を中心に広がっているのは、リーマンショックで多くの人が住宅ローンを返済できなくなって、ホームレスになってしまったり、一家離散した家族が本当にたくさんいた。 そういうことを通して、目が覚めたという背景があると思うんです。激動するグローバル経済の中で大きな不動産ローンを背負うことの危うさとか、重たさに気づいてしまった。自分が生きていく上で大切にしたいことが、この重たさに邪魔されている、と。 さわださん 生活をより軽く、シンプルにしようと考えたら、暮らしをダウンサイズするのが自然なこと。そうやって、いろんな人が今、スモールハウスという選択肢を選んでいるんだと思います。 菜央さん 知らないうちに背負わされている物事から解き放たれたときに、本当の意味で自由になれると思うんです。場所・時間・お金に縛られずに、家や暮らしのサイズを小さくすることで大きな幸せを得られる。身軽になって、そんな自由な暮らしをつくっていきたいですね。 (インタビューここまで)    20世紀をひとことで言うと、経済成長が優先される、大量生産と大量消費の時代でした。その結果、私たちの目の前には自然環境だけでなく、社会の構造や金融危機など、さまざまな問題が折り重なるようにして置かれています。 そんな中、物質的な豊かさから、本質的な豊かさへと価値観がシフトして、「小さく暮らす」生き方を選択する人が増えているのです。 自分の好奇心に従って行動してみる勇気さえあれば、誰でも“あたらしい豊かさ”を手に入れることができるはず。 もし「小さく暮らす」ことに興味が出たら、「未来住まい方会議」Webサイトをチェックしてみては?   また「休日不動産」ページでは、“休日を楽しく過ごせる”ポテンシャルを持った関東近郊の空き家が公開されていて、今までの“別荘”とはひと味違った、充実した休日を過ごすための拠点がずらり。   きっと、最初の一歩を踏み出す勇気をもらうことができますよ。
336Picks
金融庁は金融機関に顧客本位を求めるより消費者教育を
投信1(トウシンワン)
|
金融庁は本年3月、「顧客本位の業務運営に関する原則」を発表し、金融事業者が顧客本位の業務運営に当たるべきだ、としています。ポイントは「顧客の最善の利益の追求」です。一見すると素晴らしい理想を述べているようですが、筆者は「余計なお世話」だと感じています。
323Picks
消費者金融、「フィンテック」で大打撃!10年後には6割減益
ニュースイッチ
|
2017年はITと金融の融合したサービス「フィンテック」を体現できる年になりそうだ。融資やマーケティング、資産運用で人工知能(AI)やビッグデータが実用化される。一方、テクノロジーの普及はコスト革命
312Picks
アメリカ企業が日本企業に勝っている一つの事
blog.btrax.com
|
毎回日本に出張に行くたびに日本企業の凄さを感じる。特に最近仕事をさせて頂いているクライアントのその多くに勢いがあり、国際的な視点で考えてみても、かなりのクオリティーの企業ばかりである。例えばアメリカ企業と比べてみても、日本企業はその組織力、結束力、勤勉さ、忍耐力、仕事の速さ、おもてなしの心など、優れているポイントは数限りなくある様に思える。しかし世界市場規模で考えるとその存在感は未だあまり高いとは言えない。 理由の一つとして、日本の文化や国民性が故に、「ある一つの考え方の違い」でアメリカ企業に押されている部分があるのも事実。もしかしたら、このたったひとつの一つ理由で、海外の企業、特にアメリカ企業に海外市場だけではなく、実は日本国内でのビジネスでも優位に立たれている可能性が高い。それに気づいたのは先週参加したイベントでのSquare創立メンバーの1人によるプレゼンだった。 Square日本市場進出物語 参加したイベントのタイトルは”Launching Square in Japan – lessons learned by Randy Reddig” Squareのファウンダーの1人であるRandy Redding (ランディ) がどのようなチャレンジを乗り越えてSquareの日本進出を達成させたかという内容。 スマホでクレジットカード支払い Squareとは、スマホやタブレット端末に専用のデバイスを取り付けるだけで誰でも簡単にクレジットカードの支払いを受け付ける事が可能になるサービスで、アメリカでは絶大なる人気を誇る。アカウント作成は全てネットを通じて瞬時に行われ、口座開設費用は無料、取引に必要な費用も売り上げの2.75%と革命的な内容。Twitterのファウンダーでもあるジャック・ドーシーがCEOを務める同社は、サンフランシスコでも最も期待されているスタートアップの一つである。 彼らのアメリカでの最初のお客さんは、とあるカフェ。サードウェーブコーヒーの一つであり、ジャック・ドーシー自身が投資をしているサイトグラスカフェのオーナーとやり取りをしながら製品の開発を進めた。そののち現在ではスターバックスをはじめてとした多くのカフェや、タクシーやフードトラック、フリーマーケット等でも重宝している。 関連記事:【サンフランシスコCafe Map】デザイナーおすすめのカフェ25選 創業メンバーによる日本進出へのチャレンジ そして、今回のイベントのゲストスピーカーであるランディは、ジャック・ドーシーと共にSquareの立ち上げに関わった。その後2012年頃より同社の日本市場進出の責任者でもあった。彼らにとって日本市場進出は隣国のカナダに次ぐ2番めの海外進出プロジェクト。日本を選んだのは、世界的にも見ても、アメリカに次ぐ消費者市場規模であるのが理由。ちなみに、弊社btraxはランディにSquareが米国でリリースした直後の2011年に一度インタビューを行っている。また、その後、Squareの日本市場向けのブランディングサービスも提供させて頂いた。 関連記事: 快進撃中-iPhoneがクレジット決済端末に「Square (スクエア) 旧態依然とした日本の金融産業に切り込んだ ランディによる日本市場に関するプレゼンでも分かった事だが、Squareは、弊社が仕事をさせて頂く随分前から、日本進出の為に実に多くのチャレンジを経験し、それらを乗り越えて来ている。彼によると、彼らがアメリカで提供しているサービスを日本国内で提供するには、具体的には主に下記の4つの大きな壁があったという。 クレジットカード決済業社 銀行・金融機関 政府・法律関係 ヤクザ よく考えてみれば当然である。例えインターネット関連のサービスだったとしても、金融業界に革命を起こそうと考えれば、旧態依然とした日本の金融・クレジットカードに関連する仕組み自体に切り込んで行く必要がある。それも彼らがアメリカで提供しているのと同じ、もしくは、それ同等のサービスにする為には、幾つかの大きなハードルを乗り越えなければならない。 Squareがアメリカで提供しているサービス詳細 初期費用無料 月々費用無料 翌日振込 利用費用は売り上げの2.75%のみ 5分でアカウント作成 (オンライン) 上記に比べると、いままでの日本のクレジットカード決済業界の常識は著しく異なる。通常、口座開設にはなにかしらの費用がかかり、利用費用も月々の費用プラス売り上げの5%以上、売り上げの振込は月末締め翌月末日払い。そして、金融関連の口座開設には審査を含め、最短でも2週間程かかるのが一般的。オンラインのみで5分で開設するのは、制度的にもシステム的にも法規的にもほぼ不可能である。 実際彼らも金融機関や政府機関から何度も「それは無理です」と言われ続けた。どう考えてみてもSquareのモデルをそのまま日本で提供するのは無理である。そしてプロジェクト開始から2年近く経った現在彼らが日本国内で提供している内容は: Squareが日本で提供しているサービス詳細 初期費用無料 月々費用無料 翌日振込 利用費用は売り上げの3.25%のみ 5分でアカウント作成 (オンライン) なんと、アメリカで提供しているのとほぼ変わらない内容のサービスを日本でも提供している。彼らは日本における金融・クレジットカード決済の業界の常識のその幾つかをことごとく覆した。カードプロセッサーの大元と直接繋ぐ事で、チャージ費用を3.25%まで引き下げる事に成功。大手銀行全てとの数えきれない程の会議と飲みを行い、翌日振込を達成。そして最も困難とされていた5分でのオンライン口座開設も実現した。 原宿の裏側にある住宅街の片隅にある小さなカフェを最初のお客さんとして獲得した彼らは、アメリカでの彼らのビジョンをそのまま日本にも届けたいという思いを実現した。シンプルに見えるその裏には、既得権益との闘いがあった。そして彼らはビジョンを突き通す為に決して諦めなかった。 このストーリーは、実にアメリカ企業っぽいな、と感じた。もしこれが日本の企業だったらどうだろうか。大手の金融機関や政府の役人の方々に、「それは無理ですね」と言われたらどのように思うだろうか。恐らくほとんどの場合は、「では、しょうがないですね」となるだろう。既存の法規や仕組みで決められた事に対しては無理に逆らおうとせず、「しょうがない」という表現で納得をする。実に日本っぽい。 では、アメリカの場合はどうだろう? 実は英語には「しょうがない」という単語は無い。近い表現はあるが、端的に一言ですべてを諦めてしまうような、そんな便利な単語は存在していない。アメリカでは「しょうがない」と言うコンセプト事態が存在していない。実際、うちの社内での会議中も、全ては英語なのに「しょうがない」だけを日本語で言ったりもしているぐらいだ。 これからの日本社会に必要な事 日本の人々は妙に聞き分けがよく、出来ない理由をみつけるのがうまい。明らかに理不尽な世の中のシステムや、規制に対してもあまり疑う事はしない。「すみません。こういう決まりなんで。」と言われてしまうとそれ以上食い下がるケースは稀である。消費者も世の中の不便や不満に文句を言わない。それ故に革新的なサービスが生まれにくい部分もあるだろう。 でもアメリカの場合は、多くの事柄に例外があったり、国の歴史が浅い分、決まりや仕組みが未熟である事もあり、起業家を始めとした人々は自分たちが新しい世界を作り上げる存在だと言う考え方が根付いている。特にスタートアップに関わる人々は、これまでの考え方、仕組み、システム、規制などに疑問を投げかけ、それらをひっくり返す事から始める。彼らには「しょうがない」のコンセプトは通用しない。既存の常識にとらわれずに、非常識な事をどんどん進める。それが起業家及びスタートアップの存在意義でもあるからだ。 もちろん現在の日本の社会や育った環境を考えてみると、なかなか難しい部分もあるだろう。既存の仕組みを自分の力で変えた経験がある人はごく少数だろうし、多くの人々は無意識のうちにやる前から諦めてしまっている可能性もある。しかし、コンプライアンスだの、前例がないだの、そういう決まりだの等の、じつに下らない理由でイノベーションを諦めてしまう必要は無い。特に日本企業は、実に多くの面で世界最高レベルの組織であるのに、「しょうがない」のコンセプトで思考を停止し、挑戦をしないのは実にもったいない。この辺は単純に「カルチャーの違い」だけで片付けたくはない。 ゾウは大きくなったが… 以前にこんな話しを聞いた事がある。小さな子供のゾウをオリに入れてみる。最初はそこから出ようとして体当たりをするが、体が小さすぎてオリから出る事が出来ない。その後、そのゾウは少し力を加えればオリが開く程成長したが、子供の頃の「やっても無理」という体験があるので、オリを開けようともしない。既存の仕組みを目の前にし、やる前から諦めてしまっている。   なぜSquareは日本国内の類似サービスを買収しなかったのか? 最後に上記のイベントにて、オーディエンスからの質問に対してのランディからの答えが卓越だったので、是非紹介したい。 Q. 日本進出の際にそんなに大変な思いをするなら、すでに存在していた日本国内の類似サービスを買収する事は考えなかったのですか? 人の真似ばっかりをしてイノベーションを起こせないような会社を誰が買おうと思うかい? Why would you buy a company who tries to copy, not to innovate?   筆者: Brandon K. Hill / CEO, btrax, Inc.
297Picks
FinTechで「銀行離れ」加速 銀行顧客の3割が「乗り替え検討」
ZUU Online|経済金融メディア
|
米金融業界紙アメリカン・バンカーの「注目のFinTech企業トップ10」にも選ばれたデジタル・バンキング・ソリューション会社、Personeticsが、英国1000人の消費者動向から「銀行離れ傾向」を検証するレポートを発表した。 回答者によるアンケート結果から、従来の銀行よりもFinTech(フィンテック)に代表されるオルタナティブ金融機関(AltFI)のサービスに満足している消費者の方が多...
消費者金融 概要
世界
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア