新着Pick
SPD00YBQWGGGEVQK
半導体(メモリ)
ALL

半導体(メモリ) 業界

世界
業界一覧
>
機械・電気製品
>
電子部品・デバイス製造
>
半導体(メモリ)
DRAM、フラッシュメモリ等、各種情報の記録を目的とした半導体を製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
13Picks
東芝がメモリー以外でも半導体で攻める
ニュースイッチ
|
東芝は自動車向けを中心とした需要増をにらみ、パワー半導体事業で増産体制を整える。2017年度中にシリコン(Si)パワー半導体の生産能力を現在比20%引き上げる。次世代の炭化ケイ素(SiC)パワー半導体では大口径化を進め、生産能力を同5倍に高める。同事業で売上高ベースで年率5%の成長を目指す。半導体メモリー事業売却後の半導体部門の中核となるパワー半導体事業の拡大は、同社の成長戦略に必須となる。...
2Picks
東芝、過去最高の営業利益 それでも「サザエさん」は...
J-CASTニュース
|
東芝の2017年4~9月期連結営業利益(米国会計基準)は、前年同期の2.5倍に当たる2318億円となり、28年ぶりに過去最高を更新した。だがその大半を稼いだのは、売却が決まっている半導体メモリー事業。「売却後」を考えると、とても喜んではいられない。
9Picks
東芝を待ち受ける超難関の「中国独禁法審査」
月刊誌「Wedge」のウェブ版
|
東芝の半導体メモリー事業売却先がやっとのことで決まったが、後の手続きが上手くいくとは到底思えない。東芝を待ち受けるのは、超難関の「中国独禁法審査」だ。
11Picks
米WD、東芝との共同投資交渉で法的権利放棄しない=CEO
Reuters
|
[26日 ロイター] - 米ウエスタンデジタル(WD)<WDC.O>は26日、東芝<6502.t>との共同投資を巡る協議で、東芝による半導体メモリー事業の日米韓連合への売却阻止を可能にするとWDが考える法的権利を放棄するつもりはない、との方針を示した。
52Picks
東芝に眠るもう一つの火薬庫 誤算で1兆円損失の恐れ
産経ニュース
|
東芝は9月28日に半導体子会社「東芝メモリ」を米投資ファンドのベインキャピタル、韓国半導体大手SKハイニックスなどを中心とした「日米韓連合」に売却することを決定…
14Picks
東芝が臨時株主総会 半導体売却の遅れ、綱川社長「心からお詫びする」と陳謝
産経ニュース
|
経営再建中の東芝は24日、臨時株主総会を千葉市の幕張メッセで開いた。綱川智社長ら経営陣の大半の再任を諮る。上場維持に不可欠な半導体子会社「東芝メモリ」の売却と、…
35Picks
迷走・東芝メモリの顛末。「アップルは錦の御旗だった」
ニュースイッチ
|
「あれは錦の御旗だった」―。米ベインキャピタルが主導する「日米韓連合」に最終局面で参画したのが米アップル。東芝関係者は半導体子会社「東芝メモリ」の売却交渉でアップルが「流れを決定付けた」と振り返る。 ベインは8月末、東芝と提携する米ウエスタンデジタル(WD)が起こした売却差し止め訴訟を回避して東芝メモリを買収できる新提案を出した。生煮えだったこの案の確実性を高めたのがアップルを筆頭とする米I...
61Picks
米ベインキャピタル:東芝本体に出資も 上場廃止を危惧
毎日新聞
|
東芝の半導体メモリー子会社「東芝メモリ」の買収を決めている米ファンドのベインキャピタルは18日、来年3月末までに買収手続きが完了しない場合は、東芝本体への一時的な出資を検討することを明らかにした。東芝が来年3月末までに債務超過を解消できずに上場廃止となる事態を回避するためで、東芝にとっては経営リスクの後退につながる。
733Picks
【完全解説】教養としての、日本の半導体「栄枯盛衰」の歴史
NewsPicks編集部
|
連日、報道が続く「東芝メモリ」の売却報道。このニュースをより深く理解するためには、東芝の不正会計だけではなく、かつて世界を席巻した「日の丸半導体」の歴史を知ることが重要だ。IoT時代で、半導体が...
3Picks
東芝、米WDと月内和解目指す=半導体売却へ譲歩迫る
時事通信社
|
 東芝が、半導体子会社「東芝メモリ」の売却で対立する米ウエスタンデジタル(WD)と11月中の和解を目指していることが16日、分かった。WDが和解に応じなければ、共同運営するメモリー生産拠点の四日...
11Picks
東芝連合にSKを入れた理由は、打倒サムスンの一点のみ
ニュースイッチ
|
NAND型フラッシュメモリー市場で打倒・韓国サムスン電子を目指す構図が鮮明になってきた。東芝の半導体メモリー子会社「東芝メモリ」(TMC)の売却先は、韓国SKハイニックスが参加する日米韓連合に決定。
169Picks
東芝メモリ、日米韓連合へ売却契約 日本勢で過半の議決権
Reuters
|
[東京 28日 ロイター] - 東芝<6502.T>は28日、半導体子会社「東芝メモリ(TMC)」の全株式について、米系投資ファンドのべイン・キャピタルが主導する「日米韓連合」に譲渡する契約を締結したと発表した。売却額は約2兆円。東芝自身の再投資と、半導体製造用部材を手掛けるHOYA<7741.T>が過半の議決権を持つ。
16Picks
ベイン日本代表の期待はどこから?WDはいずれは歩み寄ってくる
ニュースイッチ
|
東芝の半導体メモリー子会社「東芝メモリ」を買収する「日米韓連合」を主導する米ファンド・ベインキャピタルは5日、都内で記者会見を開いた。同社日本代表の杉本勇次氏は、東芝メモリの経営戦略について「(業界
251Picks
東芝、メモリ子会社を日米韓連合に売却決議 WD譲歩拒む 
Reuters
|
[東京 20日 ロイター] - 東芝<6502.T>は20日開いた取締役会で、半導体子会社「東芝メモリ(TMC)」を、米系ファンドのべイン・キャピタルと韓国半導体大手SKハイニックス<000660.KS>を中核とする「日米韓連合」への売却を決議した。午後に正式発表する。米ウエスタンデジタル(WD)<WDC.O>は、土壇場の交渉で東芝と決裂した。複数の関係筋が明らかにした。
21Picks
東芝メモリ決着、買い手が二転三転した本当の理由
ダイヤモンド・オンライン
|
本命の買い手候補が二転三転した東芝の半導体子会社、東芝メモリの売却交渉が9月20日、ようやく決着した。売却先の選定が混迷した本当の理由を探ると、日本経済に共通する大きな課題が見えてきた。
170Picks
東芝半導体子会社売却、ベインなど企業連合との契約決議発表
Reuters
|
[東京 20日 ロイター] - 東芝<6502.T>は20日、同日午前開催の取締役会で、半導体子会社「東芝メモリ(TMC)」の全株式を、米系投資ファンドのベイン・キャピタルが主導する企業連合により組成される買収目的会社に売却し、同買収会社との株式譲渡契約を締結することを決議したと正式に発表した。
24Picks
アングル:革新機構「指図権」に戸惑い、東芝メモリ出資検討で
Reuters
|
[東京 28日 ロイター] - 東芝<6502.T>の半導体子会社「東芝メモリ」の売却先が日米韓連合に決まったが、将来の出資検討を表明している産業革新機構に戸惑いの声が上がっている。東芝は出資までのつなぎとして、議決権行使を指図できる「指図権」を革新機構に付与する予定だが、革新機構内には、出資の約束につながりかねないと警戒感も出ている。
半導体(メモリ) 概要
世界
中華人民共和国
大韓民国
シンガポール