新着Pick
SPD2EUEOZ2KQNI10

三菱自動車工業 株式会社

三菱自動車工業株式会社(みつびしじどうしゃこうぎょう、略称:三菱自動車(みつびしじどうしゃ)・三菱自工(みつびしじこう)、英語: Mitsubishi Motors Corporation、略称:MMC)は、日本の自動車メーカーである。1970年に三菱重工業から独立した。 ウィキペディア
東京都港区芝浦三丁目1番21号
03-3456-1111
詳細を見る
概要
三菱自動車工業は、日本の自動車メーカーのひとつであり、1970年に三菱重工業から独立した会社である。

2016年の販売台数は92万6000台で、内訳は北米13万8000台、欧州17万9000台、日本8万0000台、アジア31万5000台、その他21万4000台。日本国内での登録台数シェア(≒販売台数シェア)は、2017年で0.9%、2018年で1.1%という企業である。


歴史

(日本では、1904年に山羽虎夫によって日本車第1号と言われている「山羽式蒸気自動車」が製作され、1911年には東京府東京市麻布区(現在の東京都港区麻布)に「快進社自働車工場」(日産自動車の源流)が設立され、日本初のエンジンまでも含めた純国産車を開発し、また1916年にはアロー号が製作されたという歴史があるわけだが →日本車#歴史)
三菱のほうは、1917年から『A型』を世に送り出し1921年までに22台生産し、これは日本で初めての「量産乗用車」となった。

現在の三菱自動車工業は、三菱重工業とクライスラー社との合弁事業としてスタートし、1993年までクライスラーと資本提携していた。その後、2000年からドイツに本拠を置くダイムラー・クライスラー(現ダイムラー)と資本提携関係となったが、2005年に解消。クライスラーとの技術提携関係は2009年まで継続されていた。2003年にはトラックやバスなど大型車事業を分社化、2年後にはダイムラー傘下へ譲渡された。

2008年、プジョー・シトロエンとの間で、ロシアでプジョーブランド、シトロエンブランド、三菱ブランドの車両を生産するための合弁事業に関する基本契約を締結した。

2016年10月20日、日産自動車が三菱自動車の株式を34%保有する筆頭株主となった。同年12月14日、臨時株主総会で日産自動車会長兼社長カルロス・ゴーンの会長就任が正式に承認された(CEOは益子修社長が継続)。

2018年11月26日に開かれた臨時取締役会で、金融商品取引法違反容疑で同月19日に逮捕されたゴーンの代表取締役会長職の解任を決議した。


他の特徴

(本業では)三菱自動車は、2009年7月に世界初の量産型EV(量産型電気自動車)となる『i-MiEV』を発売したメーカーである。

(なお厳密には本業以外で、販売推進的な活動としては)、古くからモータースポーツ事業にも力を注ぎ、世界ラリー選手権 (WRC) やダカール・ラリーに参戦。前者は「ランサー」、後者では「パジェロ」により総合優勝をはじめとした好成績を多く残して、2009年ダカールシリーズまで「レーシングランサー」で活動を続けていた。またサッカーJリーグ・浦和レッドダイヤモンズの親会社でもあった。日産自動車との資本提携に伴い、新たに三菱重工業が共同で浦和レッズに出資することとなり、三菱自動車の出資比率は大きく引き下げられた(沿革の項を参照)。

三菱金曜会。
代表者
取締役 代表執行役CEO 加藤 隆雄
設立年月日
1970-04-22
従業員数
31,314 人
上場年月日
1988-12-05
平均年齢
41 歳
平均年収
7,421,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ハンブルグ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
日産・三菱「デイズ/eKワゴン」、プロが選ぶ人気1位の車に…軽トップクラスの性能
ビジネスジャーナル
|
私の所属するNPO法人自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)は、12月16日に2020年次「RJCカーオブザイヤー」授賞式を行い、「RJCカーオブザイヤー」は日産自動車・三菱自動車工業「デイズ/eKワゴン」、「RJCカーオブザイヤー・インポート」はBMW「3シリーズ」、「RJC...
214Picks
三菱自、ドイツで排ガス不正の疑い 検察当局が捜査
Reuters
|
[フランクフルト 21日 ロイター] - ドイツの検察当局は、ディーゼルエンジンに排ガス規制に違反する装置を搭載した疑いで三菱自動車<7211.T>に対する捜査を開始した。フランクフルトの検察局が21日、明らかにした。
45Picks
日産連合、先端技術開発で新会社 ルノーら合意、融和演出狙う
共同通信
|
日産連合、先端技術開発で新会社 日産自動車、三菱自動車、フランス大手ルノーの3社連合が、次世代車の投入に向けて鍵を握る先端技術開発で...
45Picks
3頭体制でゴーン色一掃 日産新経営陣、1日発足
時事ドットコム
|
日産自動車の新経営陣が1日に発足する。社長兼最高経営責任者(CEO)に内田誠専務執行役員が昇格し、最高執行責任者(COO)には三菱自動車のアシュワニ・グプタCOO、副COOには関潤専務執行役員がそれぞれ就任。昨年11月に前会長カルロス・ゴーン被告が不正発覚で失脚して以降続く経営の混乱を収束させるとともに、「3頭体制」でゴーン色を一掃し立て直しを急ぐ。
17Picks
日産系のケイレツ解体は、競争力向上をもたらしたか
ニュースイッチ
|
日産自動車系列サプライヤーは、20年前にカルロス・ゴーン前会長(当時、最高執行責任者)が始動した“ケイレツ解体”に翻弄(ほんろう)されてきた。その後日産と資本関係にあるサプライヤーはほとんどなくなって小康状態が続いていたが、最近は「CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)」の台頭や仏ルノー・日産連合に三菱自動車が合流したことで新たな動きが出始めている。 サプライヤー大型再編を...
113Picks
三菱自、間接部門の人員削減へ 今期業績予想が下振れ
Reuters
|
[東京 6日 ロイター] - 三菱自動車工業<7211.T>の加藤隆雄代表執行役CEO(最高経営責任者)は6日の2019年4―9月期決算会見で、間接部門を中心とした人員削減、組織のスリム化を進めると明らかにした。具体的な人員削減の規模は検討中とした。
23Picks
日産、川口副社長ら退任 新体制12月に前倒しで改革急ぐ
Reuters
|
[東京 1日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>は1日、新たな執行体制と役員人事を発表した。社長兼最高経営責任者(CEO)への昇格が内定している内田誠専務執行役員(53)ら新経営陣の就任を12月1日付とした。就任を当初の期限より1カ月早め、経営改革と業績回復を急ぐ。軽部博最高財務責任者(CFO、63)や川口均副社長(66)らも退任する。60代中心だった経営陣の若返りをさらに進める。
34Picks
混乱続く日産 “西川前社長が抜擢したCIO”が「会社資金を自身の選挙対策に利用」か? 5人の側近“イエスマン”も「偽装出向」で破格の待遇 - 井上 久男 - 文春オンライン
BLOGOS - 最新記事
|
日産自動車は10月8日、内部規定に違反する報酬の不正かさ上げをしていた責任を取って辞任した西川廣人社長兼CEOの後任に、内田誠専務を昇格させる人事を決めた。同時に最高執行責任者(COO)にルノー出身で現三菱自動車COOのアシュワニ・グプタ氏を、副COOに日産で経営再建のための中期経営改革推進を担当する関潤専務をそれぞれ昇格させることも決定。人事は遅くとも来年1月1日までに実施される。 これら...
19Picks
「トヨタの後追いばかり」 “独身主義”ホンダの四輪事業が不振な理由
文春オンライン
|
トヨタ自動車とスズキは8月28日、資本提携すると発表した。両社の提携で、日本の自動車産業は、トヨタ連合、日産自動車・三菱自動車連合、ホンダの3陣営に集約される。今年7月、独フォルクスワーゲンと米フォー…
1657Picks
日本の企業を蝕んでいる病の正体が分かった
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
東芝、シャープ、三菱自動車や神戸製鋼、そして、森友学園の国有地取得をめぐる公文書改竄事件――相次ぐ大企業の不祥事・経営危機や、国家を揺るがす事態の裏側には、ある病巣があった。
1051Picks
不正をやる危ない会社は「組織図」でわかる
東洋経済オンライン
|
この本では、近年相次いで発覚した不正事例として神戸製鋼所の品質偽装をはじめ、東芝の不正会計、三菱自動車の燃費不正、東洋ゴム工業の免震ゴムデータ改ざん、オリンパスの粉飾決算、椿本興業の循環取引、富久娘…
999Picks
三菱自動車 日産が巨額出資 事実上傘下に
NHKニュース
|
三菱自動車 日産が巨額出資 事実上傘下に 三菱自動車工業に対し、日産自動車が巨額出資を行うという記事。 「燃費の不正などの問題で新車販売が落ち込んでいる三菱自動車工業に対し、軽自動車などの分野で協力関係にある日産自動車が2000億円を超える規模の巨額の出資を行って事実上、傘下に収める方向で最終的な調整に入ったことが分かりました。 関係者によりますと、日産は三菱自動車が行う第三者割当増資を引き...
479Picks
今度こそ潰れるかも…客足途絶えた三菱自販売店
読売新聞
|
三菱自動車による軽乗用車の燃費偽装問題は、問題が発覚した4車種を売っていた全国の販売店にも深刻な影響を及ぼしている。
472Picks
ルノー・日産・三菱自動車、Googleと技術提携。次世代インフォテイメントシステムを2021年から搭載
Car Watch
|
仏ルノー、日産自動車、三菱自動車工業のアライアンス3社とGoogleは9月18日、技術提携を結んだことを発表した。この提携により同アライアンスの車両にAndroid OSを搭載し、高度なインフォテインメントやドライバー向けアプリを複数のブランドと車種で展開するとしており、この次世代インフォテイメントシステムを2021年から搭載していく予定であることが明かされた。
449Picks
三菱自救済は商事主導で軽自動車撤退へ
Diamond Online
|
燃費データの改ざんなどの不正が発覚し、3度目の経営危機に陥った三菱自動車。国内受注が半減するなど世間の風当たりが厳しさを増している。そんな中、鉄の結束を誇る三菱3社が水面下で救済に向けて動き始めた。
434Picks
三菱自、燃費試験データに「意図的な」不正 軽4車種62.5万台
Reuters
|
[東京 20日 ロイター] - 三菱自動車<7211.T>は20日、2013年6月から生産している軽自動車の「eKワゴン」と「eKスペース」、日産自動車<7201.T>向けの「デイズ」と「デイズルークス」の計4車種で、実際よりも燃費を良く見せる不正を意図的に行っていたと発表した。対象は計62万5000台。実際の燃費よりも5―10%よく見せる不正行為があったという。4車種は同日午後、生産と販売を停止した。
170Picks
ルノー、フィアットの統合提案を来週にも暫定承認へ-関係者
Bloomberg
|
フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の統合提案に対し、ルノーは来週にも暫定的な承認を下す見通しだ。アライアンスを組む日産自動車と三菱自動車に統合提案について説明した後になると、事情に詳しい関係者が明らかにした。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ