新着Pick
SPD1PSQHQQPL0VSH

Amazon.com Inc

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。 ウィキペディア
410 Terry Avenue North Seattle Washington United States
+1 206 266-1000
詳細を見る
代表者
Andrew R. Jassy (Chief Executive Officer,President),Jeffrey P. Bezos (Chairman)
設立年月日
1994
従業員数
1,608,000 人
上場年月日
1997-05-01
上場市場
ナスダック,イタリア取引所,ウィーン証券取引所,サンティアゴ証券取引所,サンパウロ証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所,ミュンヘン証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,モスクワ証券取引所,ロンドンインターナショナル市場
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
17Picks
すみません、Web3ってなんですか? 日本一簡単に説明してみる
TECH+
|
●Web3とは? 「Web3」――最近よく耳にする言葉だが、どういう意味なのかはいまいち理解できていない。Web3を検索エンジンで調べてみようと試みても、「ブロックチェーン」や「NFT」、「メタバース」といった、またしても文字面でしか理解できていない言葉が次々と出てくる。 初心者に優しそうな人気シリーズの解説本に手を伸ばしてみたが、とあるECサイトで「デタラメなことを堂々と書いてある」「疑心...
42Picks
米アマゾン、NY州の倉庫で労組結成の動き
Reuters
|
[ニューヨーク 16日 ロイター] - 米ネット通販大手、アマゾン・ドット・コムのニューヨーク(NY)州オールバニー近郊にある倉庫で働く労働者が、組合結成を求めている。全米労働関係委員会が16日に発表した。
17Picks
メタ、マイクロソフト、グーグル、ツイッターなどEUの偽情報規制に署名
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
子どものメンタルヘルスに害を及ぼしているとして、コンテンツ規制の必要性を訴えるフェイスブックの内部告発が米国で大きな話題になるなど、コンテンツの管理に厳しい目が向けられている米国の大手テック企業。
159Picks
アニメ制作市場「赤字」が過去最高を更新 - 大手と中小の差が拡大
マイナビニュース
|
帝国データバンクは8月12日、「アニメ制作業界」動向調査(2022)の結果を発表した。同調査では、2022年7月時点のアニメ制作企業309社のデータを基に集計している。 2021年(1~12月期決算)におけるアニメ制作業界の市場規模(事業者売上高ベース)は、前年(2,633億円)を5.2%下回る2,495億8,200万円となり、データのある2000年以降で初めて2年連続で減少となった。 アニ...
35Picks
世界中の家の間取りデータをアマゾンが入手することの真の意味 アマゾン、ロボット掃除機「ルンバ」のアイロボット買収を発表
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
8月5日、アマゾン(Amazon)はロボット掃除機「ルンバ」で知られるアイロボット(iRobot)を約17億ドル(約2200億円)で買収すると発表した。今回は買収劇から透けて見えるアイロボットとアマゾンの両企業のビジネス上の思惑に加え、買収に反対する米国内の勢力の存在についても追いかけてみたい。
95Picks
ソフトバンクも青ざめる…?米テック企業「成長鈍化」「大リストラ」時代が到来!
マネー現代
|
昨年勢いのあった米国のテック企業だが、金融引き締めの影響により株価は軒並み下落、直近のGAFAの決算も冴えない結果に終わった。彼らの成長が鈍化したのはなぜか?過激なリストラの実態とは?ソフトバンクグループのビジョンファンドの大赤字にもつながったテック企業の転落を、米国の投資運用会社で働いた経験があり、『マネーの代理人たち』の著書もある小出・フィッシャー・美奈氏がレポートする。
94Picks
2022年はロボット導入元年となるか? 米国経済の変化とロボット市場の急拡大
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
2022年、ロボット業界への投資が空前の活況となっている。2021年には170億ドル(前年の3倍)もの金額がロボティクス関連のスタートアップに投資され、2022年に入っても既に大型の資金調達がいく
42Picks
熱帯から極寒あらゆる「環境」再現 多彩な業界の開発支える「試験器」メーカー 神戸に研究拠点
神戸新聞
|
極寒のシベリア、アマゾンの熱帯雨林、はたまた地上10キロを超える低気圧の成層圏。あらゆる環境で自社の...
200Picks
アマゾンがルンバを買う意図は思いのほか深い
東洋経済オンライン
|
アメリカのIT大手Amazon(アマゾン)が家庭用ロボット掃除機「ルンバ」を発売するiRobot社を17億ドル(約2300億円)で買収すると発表しました。このニュースについて日本のあるメディアは「Amazonが家電販売を強化…
18Picks
『頭に来てもアホとは戦うな!』田村耕太郎さんが語る、日本を強くする処方箋
朝日新聞GLOBE+
|
「若者よ、今こそチャンス。レアキャラになって世界に飛び出せ!」。テレビドラマにもなったベストセラー『頭に来てもアホとは戦うな!』の著者、田村耕太郎さん自身も、証券会社社員、新聞記者、国会議員を経て、いまはシンガポールで大学兼任教授、個...
96Picks
中国発アパレルEC「SHEIN」、22年4~6月の米国でのダウンロード数過去最高 アマゾンを超える
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
米モバイルアプリ調査会社「Sensor Tower」によると、アパレルに特化した中国発の電子商取引(EC)プラットフォーム「SHEIN(シ…
44Picks
「Amazonのドローン配送」が始まる!事なかれ主義で取り残される日本の末路
Diamond Online
|
ついに米アマゾン・ドット・コムによる一般向けドローン配送サービスが、米国の一部地域で年内に始まるという。世界では配送だけでなく、テロ対策や危険エリアの視察などでも活用事例が相次いでいる。片や日本はドローンに対する規制が厳しく、その潮流から取り残されている。事なかれ主義でドローンを拒み続けていては、日本は取り返しのつかない末路を迎えることになるだろう。
60Picks
22年版「フォーチュン・グローバル500」 ランクイン企業数で中国が米国を上回る
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
米経済誌「フォーチュン」が8月3日、世界最大で最も収益性が高い企業のランキング「フォーチュン・グローバル500」を発表した。…
183Picks
仕事が遅い人が「すぐやる人」に変わる、たった1つの習慣
Diamond Online
|
東証プライム上場社長&現役マーケッターの木下社長大絶賛!「この本を読めば、ABテスト100回分を節約できる。3520円はタダみたいなものだ」「4時間かけて読むことで、クリエイティブに悩む時間を400時間削減できる」「WEBクリエイティブをやっている人にとっては“すぐに使えるノウハウ”が満載。正直、同業者の私の立場からすると、読者のスキルが“すぐ”に上がるので競合が増え、あまり売れてほしくない...
102Picks
Amazonがルンバ買収で手に入れるご家庭の情報は大丈夫? FTCとの戦いが始まるか
ITmedia NEWS
|
Amazonがお掃除ロボット「ルンバ」のiRobotを買収すると発表しました。欲しいのはロボットではなくルンバが集める間取り情報かも? Amazonの天敵、リナ・カーンFTC委員長はどう出るでしょう。
20Picks
「Galaxy Z Fold4」、正式発表前にアマゾンで製品ページが公開か
CNET Japan
|
8月10日に開催されるサムスンの「Unpacked」イベントを前に、「Galaxy Z Fold 4」の製品ページがオランダのAmazonサイトに登場した。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ