新着Pick
SPD04QPI2TH6738L

トヨタ自動車 株式会社

トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
愛知県豊田市トヨタ町1番地
0565-28-2121
詳細を見る
代表者
取締役社長 豊 田 章 男
設立年月日
1937-08-28
従業員数
376,445 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
39 歳
平均年収
8,516,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,OTCピンクシート,ウィーン証券取引所,サンパウロ証券取引所,シンガポール証券取引所(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ニューヨーク証券取引所(ADR),ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所(ADR),ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,メキシコ証券取引所(ADR),ロンドン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
11Picks
自動運転レベル4のトヨタ「e-Palette」、五輪仕様車の詳細は?
自動運転ラボ
|
東京五輪のワールドワイドモビリティパートナーであるトヨタ自動車は2019年10月13日までに、五輪仕様の自動運転EV(電気自動車)「e-Palette」の詳細を公表した。世界から注目を集める東京オリンピックでトヨタはどの […]
13Picks
パナソニックが深層学習カメラでバレーパーキング、トヨタ「LQ」で採用
MONOist
|
パナソニックは2019年10月11日、自動バレーパーキングシステムと大型AR HUD(拡張現実ヘッドアップディスプレイ)を開発したと発表した。開発技術はトヨタ自動車が「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日~11月4日、東京ビッグサイト他)において披露するコンセプトカー「LQ」に搭載される。
3Picks
トヨタ、東京モーターショーの公式ページ開設 自動運転EV「e-Palette」や「LQ」など紹介
自動運転ラボ
|
トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市/代表取締役社長:豊田章男)は2019年10月14日までに、東京モーターショーにおけるTOYOTAブースの公式ページを開設した。 自動運転ラボでも関連情報を記事化しているが、さらに […]
10Picks
トヨタ自動車、新型MIRAIを発表
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
2019年10月24日から行われる東京モーターショーに先立ち、トヨタ自動車は第二世代となる水素燃料電池車MIRAIをメディア向けに公開した。
86Picks
トヨタ系が利回りゼロ社債 国内初、200億円発行
共同通信
|
トヨタ系が利回りゼロ社債 トヨタ自動車グループで販売金融事業を手がける「トヨタファイナンス」(名古屋市)が、実質的に利回りが0...
8Picks
FCV「ミライ」が2020年末に全面改良、後輪駆動化、定員は5人に
MONOist
|
トヨタ自動車は2019年10月11日、「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日~11月4日、東京ビッグサイト他)において、燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の次期モデルのコンセプトカーを初公開すると発表した。日本や北米、欧州などでの2020年末の発売に向けた開発最終段階を披露する。
10Picks
トヨタのコンセプトカーLQは車載AIによって人間と友達になる
TechCrunch Japan
|
トヨタは、人を引きつけるような未来の車を開発するためのカギは、車と運転者の間に真の関係を築くことだという予想に対する自信をますます深めている。この「運転者」の部分は、自動運転モードを使う場合には「乗客」と読み替える必要がある。トヨタの新しいLQコンセプトは、2017年にCESで発表されたConcept-iをさらに進化させた車で、「Yui」という仮想車載アシスタントも搭載している。 LQは、C...
20Picks
MONET軍団、瞬く間に400社!自動運転やMaaS領域、異業種続々 進むトヨタとソフトバンクの仲間作り
自動運転ラボ
|
ソフトバンクとトヨタ自動車が設立したMONET Technologies(モネ・テクノロジーズ)が展開する、モビリティ領域の革新を目指す企業間連携組織「MONETコンソーシアム」への異業種からの参加が相次いでいる。201 […]
145Picks
次期燃料電池車、20年末発売へ トヨタ、航続距離と定員増
共同通信
|
次期燃料電池車、20年末発売へ トヨタ自動車は11日、燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の次期モデルを2020年末に発売す...
13Picks
トヨタ、新型「ミライ」でFCV普及図る 輸入車とも競える車に
Reuters
|
[東京 11日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は11日、2020年末に発売する燃料電池自動車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の開発最終段階のモデル車両を報道陣に初公開した。競合他社が環境対応車(エコカー)として電気自動車(EV)を中心に据える中、トヨタは新型ミライでFCVにも注力する姿勢を改めて示す。
131Picks
ウェザーニューズ×トヨタ、IoTとビッグデータで車両被害軽減を目指す共同研究
CNET Japan
|
ウェザーニューズは10月10日、トヨタ自動車と気象観測・予測精度の向上やドライバーの安全、車両被害軽減を目指す共同研究に関する契約を締結したと発表した。
506Picks
「Aを轢けばBが助かる」そのとき自動運転車は誰を殺すのか?――「トロッコ問題」が提起する倫理的ジレンマ
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
自動運転車の開発が本格化している。トヨタは2020年の東京オリンピックで“お披露目”すると発表、ホンダはグーグル傘下のIT企業ウェイモと提携し、2025年までにはレベル4(システムによる主導運転)…
26Picks
トヨタ、ボーナス満額回答 異例の継続協議が決着
共同通信
|
トヨタ、ボーナス満額回答 トヨタ自動車は9日、労使協議会を開き、今冬の一時金(ボーナス)を回答した。約3.2カ月分だった今夏ボ...
13Picks
五輪選手村を自動運転で走る 「eパレット」トヨタ公開
朝日新聞デジタル
|
トヨタ自動車は9日、2020年の東京五輪・パラリンピックの選手村で巡回運行する自動運転の大型電気自動車「eパレット」を、24日に開幕する東京モーターショーで展示すると発表した。 トヨタは、eパレット…
16Picks
自動運転領域は「インテルよりアーム」なのか…高まる存在感 国際組織設立、トヨタも参画
自動運転ラボ
|
ソフトバンクグループ傘下の半導体設計大手・英アームは2019年10月11日までに、完全自動運転車の実現を推進するための国際コンソーシアム「Autonomous Vehicle Computing Consortium」( […]
13Picks
トヨタ・GM・アームなどが自動運転で連携 システム共通化へ
Reuters
|
[サンノゼ(米カリフォルニア州) 8日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9984.T>傘下の半導体設計大手、英アーム・ホールディングスは8日、自動運転車向けの共通のコンピューターシステム構築に向けて、トヨタ自動車<7203.T>や米ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>などとコンソーシアム(企業連合)を立ち上げると発表した。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ