Picks
0フォロー
391フォロワー
【必見】新生活に取り入れたい、あたらしい「読書習慣」
大垣 伸悟株式会社ギガスリート 代表取締役
要約された内容というのは、「本の内容を分かった気にさせる」という効果は高い。しかし「実際に理解できているかどうか」については期待しない方がいい。 要約された内容を読んで、その後その本をちゃんと読むかどうかを判断する、という「読むかどうかの判断のための時間の短縮」という目的であれば有効。 旅も読書も似ている。 その過程に価値がある。 目的地に着くことだけを目的にするのであればもはやそれは単なる「移動」であり、旅ではない。 読書も読書体験に価値があるのであって、書かれている内容を効率よく得るために要約されたものを読むのであれば、大した価値はない。 なので、「要約」だけを読んで読書した気になって満足して、「要約」にしか触れようとしないのであれば、読書がもたらす真の価値に辿り着くことはないだろう。 なので要約は、本との出会いのための効率的な場として活用するのが良い。 要は要約は読書体験の代わりにはならない。 「本との出会いの場」と割り切って「読書」とは別物として考えた方が良い。 サービスとしては便利なので、そこを強調した上で、サービスを利用する側の期待をコントロールすることが望ましい。
841Picks
NORMAL