新規事業開発スキルは、「一生モノ」のポータブルスキル

2019/10/17
NewsPicksアカデミアでは、新規事業開発のプロ・麻生要一氏による「新規事業の超・実践論」を開催します。
世界的なイノベーションとグローバル化によって、現代は先行きの予測が難しいといわれる時代となり、VUCA(ブーカ)という言葉が社会を表すキーワードとしてよく使われるようになった。
また、商品や製品自体も、その寿命が加速度的に短くなっていると言われている。
そんな中、リクルートでシリアル・イントラプレナーとして、社内事業開発プログラム「Recruit Ventures」や、スタートアップ企業支援プログラム「TECH LAB PAAK」など、続々と新事業を立ち上げてきた、新規事業立ち上げのプロである麻生要一氏は
「新規事業開発という業務は、自分の頭で考えたことに、自分で顧客を見つけて、自分で商売にするという業務。新規事業開発という業務で身につくスキルだけは、時代がどんなに変化しようと、AIが人に取って代わろうと、必ず生き続けるポータブルスキルです。」
と語る。
このゼミでは、麻生氏がこれまで培ってきた新規事業の経験やポイントを、実践的なワークショップも交えながら余すことなく伝授。
新規事業を立ち上げることは決して簡単な道のりではないが、ゼミのプログラムを通して実践的な新規事業の立ち上げ方をつかめるはずだ。
新規事業の超・実践論」はこんな人に向いています。

・企業内で新規事業を立ち上げている人、これから立ち上げようとしている方

・ラフでもいいのでビジネスプランがある人、もしくはビジネスプランはなくても取り組みたい領域が決まっている方

・「誰の」「なんの課題を」「どうしてあなたが解決したいのか」という問いに回答ができる方

・ゼミを通して、新規事業開発のスキルを本気で身に付けたい方

・自分だけではなく、ゼミ生に対して貢献し、一緒にゼミ生コミュニティを盛り上げてくれるという意気込みのある方

ゼミ初回は11月2日(土)に開講。カリキュラムなど詳細はこちらをご覧ください。
麻生要一からのメッセージ
新規事業の実践論」(NewsPicksパブリッシング)という本の出版を記念して、新規事業の立ち上げスキルが学べる実践的なゼミを開講します。
本の中では記載しきれなかったより具体的なスキルや事例を、今回参加してくれたゼミ生に限定して紹介しつつ、企業内で新規事業を立ち上げる意欲あるゼミ生コミュニティを作りたいと思っています。
苦しいことも多い新規事業の立ち上げをお互いに支え合う素敵な仲間づくりの場にもしつつ、それぞれのゼミ生が立ち上げる新規事業プランを少しでも前進させられるような機会を作っていきたいと思っています。
新規事業を本気で立ち上げたいという意欲ある方の参加をお待ちしてます!
新規事業の超・実践論」の初回は11月2日(土)に開講。カリキュラムなど詳細はこちらをご覧ください。

カリキュラムなど詳細はこちらをご覧ください。
現在、こちらのゼミも募集中です

・安田雅彦「戦略人事プロフェッショナル養成講座

・佐々木紀彦「人生を変える編集思考

・鳩山玲人「最先端のコンテンツ&ブランド戦略

・佐々木康裕「D2Cが変えるビジネスの未来

・本間充「戦略的データサイエンス入門

・宇田川元一「組織を動かすストーリーテリング