新着Pick
SPD3U87OOIYSWI12
紙・パルプ卸
JPN

紙・パルプ卸 業界

日本
業界一覧
>
中間流通
>
素材専門卸
>
紙・パルプ卸
紙の原料となる木材などの植物から取り出した繊維状物質(パルプ)から印刷・情報用紙、包装用紙、衛生用紙、板紙など、紙に関わる製品の卸売を主要業務とする企業群(総合商社は除く)
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
10Picks
寄り付きの日経平均は続落、円高を嫌気 米国景気への懸念も
Reuters
|
[東京 4日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比25円56銭安の2万1316円18銭となり、続落した。海外時間に発表された米ISM非製造業景気指数が約3年ぶりの低水準となり、米国の追加利下げ期待が高まった。外為市場で進んだドル安/円高に圧迫され、日経平均にも売りが先行した。その後は前日終値を挟んで一進一退となっている。業種別では、石油・石炭、その他製品、パルプ・紙、電気機器などが買われている。半面、保険、銀行、鉱業などが安い。
11Picks
寄り付きの日経平均は小幅続伸、欧州株高が安心材料
Reuters
|
[東京 28日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比4円59銭高の2万1187円17銭となり、小幅続伸した。前日の米国株市場は休場だったが、自動車株主導で欧州株が上昇したことが安心材料になり、買いが先行した。前日に自社株買いを発表した東京エレクトロン<8035.T>が高く始まり、指数を下支えしている。業種別では精密機器、電気機器、パルプ・紙などが上昇。半面、鉱業、空運などが下げている。
11Picks
寄り付きの日経平均は続伸、1―3月期GDPのプラス成長を好感
Reuters
|
[東京 20日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比55円88銭高の2万1305円97銭となり、続伸した。寄り付き前に発表された1─3月期実質国内総生産(GDP)が予想に反してプラス成長となったことが好感された。寄り後に上げ幅は150円を超えている。業種別では不動産、パルプ・紙、銀行、海運などが高い。半面、電気機器、機械などは軟調なスタートとなっている。
114Picks
総合商社マンKさんのこと。そして「商社冬の時代」は巡るのか?
http://globalbiz.hatenablog.com/
|
Sさんのことについて書いたら、メーカーで海外営業をやっていた時のことを懐かしく思い出した。その頃の数少ない同世代で、楽しく一緒に仕事した総合商社のKさんについても書いてみたい。また、「総合商社の中の人」のトイアンナさんによるインタビューを読んで触発された部分も含めて、総合商社の強みとはなんなのか、という考察も少し。 Kさんは「川があったら泳いで渡る」総合商社の人で、僕より2歳年上。紙・パルプ...
14Picks
原料はパルプ、軽くて強い“脱プラ”新素材
ニュースイッチ
|
北越コーポレーションは、紙と同じパルプが原料でありながらポリカーボネートと同等の強度と軽さを実現した素材を開発した。セルロースナノファイバー(CNF)に少量の炭素繊維を配合し、変形を抑えて耐久性も持
10Picks
寄り付きの日経平均は反発、大幅安の反動で買い戻し先行
Reuters
|
[東京 11日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比37円19銭高の2万1062円75銭となり、反発して始まっている。前週に大幅安となった反動で買い戻しが先行した。8日の米国株が下げ渋ったことや、為替が1ドル111円付近を維持していることも支えになっている。パルプ・紙、電気・ガス、不動産などが高い。半面、保険、海運、その他製品などはさえない。
29Picks
素材メーカー(化学・繊維・ガラス・セメント・紙・パルプ)の「知る人ぞ知る」企業まとめ(2018年4月27日更新) - Jobweb
就職活動(就活)とインターンシップのJobweb(ジョブウェブ)
|
素材メーカー(化学・繊維・ガラス・セメント・紙・パルプ)の「知る人ぞ知る」企業をまとめました。「素材メーカーには、どんな企業があるのか?」を知るための企業リストとして活用頂ければと思います。
27Picks
日経平均は反発、円安で主力輸出株に押し目買い
Reuters
|
[東京 13日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は、反発。円相場が弱含み徐々に大型外需株に押し目買いが波及した。先物への断続的な買いも指数の押し上げに寄与した。買い一巡後は週末を控えたポジション売りが出て伸び悩んだ。小売、パルプ・紙、電気・ガスなど内需セクターが業種別上昇率の上位を占めた。TOPIXも反発した。
21Picks
寄り付きの日経平均は反発、欧米株高好感し2万円台回復
Reuters
|
[東京 19日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比161円59銭高の2万0152円41銭と反発して始まった。前日の欧米株高を好感し、主力株を中心に買い戻しの動きが広がり、2万円台を回復した。自動車・電機やメガバンクが上昇。海運やパルプ・紙の上げも目立つ。一方、石油関連株は軟調に推移している。
17Picks
寄り付きの日経平均は続落、国内の政治不安が重し
Reuters
|
[東京 19日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比138円61銭安の2万1537円90銭となり、続落して始まった。週末に報道各社がまとめた世論調査で安倍政権の支持率が軒並み急低下したことに加え、きょう参院予算委員会で行われる「森友問題」を巡る集中審議を控え、国内の政治不安が意識されている。業種別ではパルプ・紙、非鉄金属、サービスなどが安い。半面、鉱業、電気・ガス、石油・石炭製品はしっかり。
16Picks
寄り付きの日経平均は反発、メガバンクは軟調
Reuters
|
[東京 25日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比34円22銭高の1万8823円91銭と、反発して始まった。直近の円高基調が主力輸出株の重しとなるなか、情報通信の一角や医薬品などが上昇。業種別では水産・農林、パルプ・紙、保険業などが高い。半面、電気・ガスはさえない。メガバンクも下落している。TOPIXは小幅高で始まった後、一時マイナスに転じる場面もあった。
11Picks
寄り付きの日経平均は反落、利益確定売りが先行
Reuters
|
[東京 28日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で日経平均は前営業日比119円74銭安の1万9957円88銭となり、反落して始まった。前日大幅高の後で利益確定売りが先行。節目の2万円大台を割り込んだ。足元で荒い値動きが続き、投資家には不安心理もくすぶっている。安寄り後はやや下げ渋り、2万円の攻防となっている。石油・石炭製品、サービス、銀行が安い。半面、パルプ・紙、非鉄金属などはしっかり。
15Picks
寄り付きの日経平均反落、ドル弱含みで主力輸出株は売り先行
Reuters
|
[東京 14日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で日経平均は反落して始まった。外為市場でのドル安/円高進行を背景に、主力輸出株は総じて売りが先行。ファーストリテイリング<9983.T>など値がさ株の下落も足かせとなっている。セクター別では保険、パルプ・紙などが堅調。半面、銀行、電気・ガス、医薬品などは売られている。
12Picks
紙やプラスチックの代替、エコノミーかつエコロジーな革命的新素材『LIMEX』
HITSPAPER
|
石灰石を主原料とし、原料に水や木材パルプを使用せず紙の代替や、石油由来原料の使用量を抑えてプラスチックの代替…
11Picks
寄り付きの日経平均は続伸、円安を好感
Reuters
|
[東京 1日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比53円33銭高の2万4173円37銭となり、続伸して始まった。1ドル113円後半まで進行した円安を好感した。朝方発表された9月日銀短観で大企業製造業DIは予想を下回ったが、影響は限定的となっている。パルプ・紙、その他製品、食料品などが高い。半面、非鉄金属、輸送用機器はさえない。
11Picks
寄り付きの日経平均は反発、米株高と好決算が支え
Reuters
|
[東京 29日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比75円26銭高の2万3707円14銭となり、反発して始まった。前週末の米国株高に加え、ファナック<6954.T>、信越化学<4063.T>の好決算も指数の押し上げ要因になっている。一方、円高基調が引き続き懸念材料となり、上値を圧迫している。業種別では、情報・通信、化学が高く、精密、サービスもしっかり。半面、パルプ・紙、繊維などが下げている。 
10Picks
寄り付きの日経平均は大幅続伸、米株高を好感
Reuters
|
[東京 26日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比241円86銭高の2万2134円64銭となり、大幅続伸して始まった。米長期金利の低下を背景に前週末の米国株市場でダウ、ナスダックが大幅に上昇した。為替が1ドル107円台と円安方向に傾いていることもあり、買い戻しやリスク選好の資金が流入している。寄り後に上げ幅は300円を超えた。東証33業種はすべて上昇。鉱業、パルプ・紙、その他製品などが上昇率上位に並んでいる。医薬品、化学もしっかり。
9Picks
寄り付きの日経平均は反落、米株安を嫌気し2万2000円割れ
Reuters
|
[東京 5日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比241円19銭安の2万2002円47銭となり、反落して始まった。寄り後に下げ幅は300円を超え、節目の2万2000円を下回っている。米中通商問題に対する楽観的な見方の後退や米金利上昇を背景に前週末の米国株が下落したことを嫌気した。日本株は大幅高の反動もあり利益確定売りが優勢となっている。パルプ・紙、輸送用機器などが安い。
9Picks
寄り付きの日経平均は反発、買い戻しが先行 上げ幅200円超す
Reuters
|
[東京 29日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比139円01銭高の2万1323円61銭となり、反発して始まった。直近大幅安の反動で買い戻しが先行した。寄り後に上げ幅は200円を超えている。前週末の米国株はハイテク株主導で下落したものの、東京市場では織り込み済みとなっていた。石油・石炭、パルプ・紙、その他金融などが高い。半面、情報・通信はさえない。
紙・パルプ卸 概要
日本
中華人民共和国