新着Pick
SPD3Q6U21CQMMQ18
工業団地開発・運営
SGP

工業団地開発・運営 業界

シンガポール
業界一覧
>
不動産
>
不動産開発・流通
>
工業団地開発・運営
工業団地に特化し、その開発・運営・分譲を行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
1Pick
フォワードワークス、『トロとパズル~どこでもいっしょ~』のグローバル版を6月下旬より配信へ 開発・運営はPiG Corporationが担当
Social Game Info
|
フォワードワークスは、本日(6月2日)、『トロとパズル~どこでもいっしょ~』(以下『トロとパズル』)のグローバル版を全世界100以上の国と地域にて配信することを決定した。なお、配信開始は2020年6月下旬を予定しており、配信予定の国や地域にてグローバル版の事前登録を開始している。グローバル版は、英語、中国語(簡体字/繁体字)、韓国語の4言語に対応しており、日本、中国本土を除く世界中のアプリス...
7Picks
DeNA、学童保育や塾向けのプログラミング学習アプリを提供開始
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
ディー・エヌ・エーは、小学校向けプログラミング学習アプリ「プログラミングゼミ」の学童保育や塾向けカリキュラムを開発し、提供開始することを発表した。 同カリキュラムは、明光ネットワークジャパンが運営…
6Picks
インタビュー・最前線:レノバ 木南陽介代表取締役社長CEO
毎日新聞
|
風力発電、地域と共栄  再生可能エネルギー発電所の開発と運営を手掛ける独立系の東証1部上場企業「レノバ」(東京都中央区)は「海洋国家・日本」の強みを生かして洋上風力発電の開発にも力を入れている。今年、創業20年。再エネ業界をリードしてきた木南陽介代表取締役社長CEOに今後の展望についてインタビューし
8Picks
支出管理SaaS「Leaner」運営のリーナーテクノロジーズが3億円を調達
TechCrunch Japan
|
リーナーテクノロジーズは6月1日、プレシリーズAラウンドで3億円を調達した。第三者割当増資による調達で、引受先はインキュベイトファンドとCoral Capital。資金調達に併せて既存サービスのフルリニューアルも実施する。 同社は、支出管理プラットフォーム「Leaner」を開発・運営している2019年2月設立のスタートアップ。Leanerは、企業活動にかかわる各種コストを管理可能なSaaSで...
19Picks
週末に「宇宙開発」し、人工衛星までつくったサラリーマン集団。希望すれば、誰でも参加OKのゆるいつながり
ギズモード・ジャパン
|
Image:Mugendai(無限大)今後の「働き方」の指針になるかも。どんなに憧れていたとしても、「宇宙開発」という言葉には、素人には近づきがたいオーラを感じます。IBMが運営するWebメディアMugendai(無限大)にて、趣味で宇宙開発を続け、ついには人工衛星まで飛ばしてしまったグループが紹介されていました。メンバーの多くがサラリーマン、活動は主に週末の下町工場というチームが、宇宙に飛び出す
32Picks
スーパーをアプリ化する「Stailer」運営の10Xが3億円調達ーーイトーヨーカドーが採用
THE BRIDGE
|
献立から食材を注文できる「タベリー」などを開発・運営する10Xは5月27日、第三者割当増資の実施を公表している。出資したのはDCM Ventures、ANRI、個人投資家で、調達した資金総額は3億円。個人出資者の氏名や出資比率などの詳細は公開していない。2017年の創業からの増資額は6億1000万円。 また、同社はこれにあわせて小売・流通事業者向けのネットスーパー立ち上げサービス「Stail...
11Picks
富士通研とアクセンチュア、 異なるブロックチェーンの連携に向け共同で技術開発「Hyperledger Cactus」
CoinDesk Japan
|
異なるブロックチェーン同士の連携を安全、確実に実現させることを目的に、富士通研究所が米国富士通研究所、アクセンチュアの英国法人と共同でHyperledger Projectに提案していた新プロジェクトが、「Hyperledger Cactus(カクタス)」として正式に承認された。 富士通の子会社である富士通研究所が開発し、2017年11月に発表した、実装方式や運営目的が異なるブロックチェーン...
10Picks
植物由来のセルロースナノファイバー利用促進を目的に原料評価書を公開
MONOist
|
新エネルギー・産業技術総合開発機構が「セルロースナノファイバー利用促進のための原料評価書」を公開した。植物由来の新材料が工業用原料としても広く活用されるよう、性質や製品に利用した場合の適性などをまとめた。
74Picks
日産が「全樹脂電池」で技術供与、ベンチャーが定置用蓄電池向けに量産へ
MONOist
|
日産自動車は2020年4月16日、次世代リチウムイオン電池の1つである「全樹脂電池」を開発するAPBと、バイポーラ電極構造の全樹脂電池の要素技術に関する特許やノウハウの実施許諾契約を締結したと発表した。APBは、日産自動車と全樹脂電池を共同開発してきた三洋化成工業とも同様の契約を結んだ。
11Picks
美容プラットフォーム「LIPS」が11億円調達、MAUは1000万人に
THE BRIDGE
|
美容プラットフォーム「LIPS(リップス)」を運営するAppBrewは4月15日、SIG Japan、三菱UFJキャピタル、マイナビ、みずほキャピタルを引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は11億円で、累計調達額は27億6000万円となる。出資比率や株式評価額などの詳細は非公開。調達した資金は開発体制の強化、マーケティング、新規事業への投資に使われる。また、同社はこれに合...
14Picks
北海道で"世界初・設置型無人AIレジ”による地方創生の取り組みが開始へ 「持続可能な小さな経済圏」の形成を目指す
デジタルシフトタイムズ
|
一般社団法人ナンモダは、世界初となる人工知能搭載型レジを開発したサインポスト株式会社と協働し、持続可能な野菜直売所の運営を構築するために世界初となる設置型AI搭載レジ「ワンダーレジ」を新冠町の野...
238Picks
日本企業が選んだSDGs重点目標トップ3は「生産・消費」「安全・強靱都市」「連携」だ!
ニュースイッチ
|
身近な課題解決で社会貢献 持続可能な開発目標(SDGs)の17ゴールのうち、企業が重点を置いて取り組むゴールは何番が多いのか。その傾向を探るため、外務省が運営するウェブサイト「ジャパンSDGsアクションプラットフォーム」にゴール別に掲載した企業・団体を調査したところ、12(生産・消費)、11(安全・強靱〈きょうじん〉な都市)、17(連携)が上位を占めた。身近な課題に近いゴールほど企業も達成に...
10Picks
自治体から住民への通知を自動化する「BetterMe」開発のケイスリーが1.9億円を資金調達
TechCrunch Japan
|
写真後列中央:ケイスリー代表取締役CEO 幸地正樹氏 地方自治体のSDGs推進支援や行政機関向けプロダクトの開発に取り組むケイスリーは3月26日、モバイル・インターネットキャピタルが運営するMICイノベーション5号投資事業有限責任組合を引受先とする第三者割当増資により、総額1億9000万円の資金調達を実施したことを明らかにした。同社の外部からの資金調達はこれが初となる。 コンサルティングとプ...
16Picks
Web面接ツール「HARUTAKA」運営が8億円調達、面接体験を改善する“面接官育成AI”開発へ
TechCrunch Japan
|
Web面接サービス「HARUTAKA」を開発するZENKIGENは3月18日、WiLなど複数の投資家を引受先とした第三者割当増資により総額で8億円を調達したことを明らかにした。 ZENKIGENでは2018年6月にシードラウンドにてグロービス・キャピタル・パートナーズ、WiL、みずほキャピタルから2億円を調達済みで、今回のシリーズAラウンドを含めると累計調達額は10億円となる。本ラウンドで同...
13Picks
三洋化成と日本触媒、素材企業の力を活かし電池開発
ニュースイッチ
|
10月に経営統合する三洋化成工業と日本触媒が新型電池の開発を加速する。主力の高吸水性樹脂(SAP)に次ぐ主力事業に育てる意向だ。三洋化成の子会社のAPB(東京都千代田区)は2021年秋に新型リチウムイオン二次電池「全樹脂電池」の量産を計画。日本触媒は一般の鉛蓄電池比で100倍の長寿命を実現した「カーボン―亜鉛ハイブリッド蓄電池」を開発、早期実用化を目指す。素材企業ならではの強みを生かし、電池...
757Picks
なぜSiriは使われないのか?
THE BRIDGE
|
最近、音声プロダクト開発に向けていろんな人に会わせていただきながら、ざっくりと音声アシスタント(Siri・Google Assisntant・Alexa)の利用状況を聞く機会が増えました。(※本記事は.HUMANS社が運営するメディア「 THE .HUMANS MAGAZINE」からの要約転載) 膨大なボリュームを調べていないため反論もあると思いますが、結論から言うとSiri(もしくはGoo...
77Picks
総理大臣賞に村田製作所の高密度全固体電池!日本産業技術大賞の顔ぶれとは
ニュースイッチ
|
日刊工業新聞社が主催する「第49回日本産業技術大賞」の受賞4件が決まり、村田製作所の「高密度小型酸化物全固体電池」が最高位の内閣総理大臣賞に選ばれた。 同賞は日本の産業社会の発展に貢献した技術成果を毎年選定し、開発・実用化した企業やグループを表彰している。今回も主要産業団体、学会などを通じて推薦された技術成果の中から、学識経験者ら10人で構成する審査委員会(松本洋一郎委員長=東京理科大学学長...
一次産業で未来を切り拓くOIプロジェクト8選
事業を活性化するメディア eiiconlab(エイコンラボ)
|
(12件の記事)
50Picks
「AIまだまだ使えない」エンジニアが語るAIブームへの違和感と答え
ニュースイッチ
|
人工知能(AI)の実用性は、現状どれほどのものなのか? 開発に携わる専門家と一般の人とでは、認識が大きく違うようだ。 今回、ウェブサイトやモバイルアプリのデータ分析サービス「KARTE(カルテ)」を提供するプレイド(東京都中央区)の牧野祐己さんと春日瑛さんに、AIの技術的課題やビジネスで展開していく上での運営的な課題、さらにはカルテではどのように課題解決を試みているのかを聞いた。 牧野さんは...
14Picks
宿泊事業からの撤退をサポート「民泊撤退コンシェルジュ」開始
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
テックアットは、民泊、ホテル、マンスリーマンション等の宿泊事業から撤退を検討しているオーナー・運営会社向けのコンシェルジュサービスを開始したことを発表した。 民泊撤退コンシェルジュは、『物件開発を…
工業団地開発・運営 概要
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン
ベトナム
インド
アメリカ合衆国