新着Pick
SPD3PAFCEG91SDTI
人材派遣(事務・営業販売等)
JPN

人材派遣(事務・営業販売等) 業界

日本
業界一覧
>
法人サービス
>
人材関連サービス
>
人材派遣(事務・営業販売等)
自社が雇用する労働者を外部企業に派遣し、派遣先の指揮命令系統のもとで労働サービスを提供する人材派遣企業のうち、特に事務系作業、営業販売等に従事する労働者の派遣を主たる事業とする企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
11Picks
セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い
日刊ゲンダイDIGITAL
|
今や社会インフラとなったコンビニだが、大きな転機を迎えている。元日、24時間営業、食品の値引き販売の是非などをめ...
6Picks
「Bose直営店閉鎖」から考えるリアル店舗の未来
商業界オンライン
|
音響機器メーカー「Bose」が、北米、ヨーロッパ、オーストラリア、そして日本の全直営店を数カ月以内に閉鎖するニュースが<The Verge>などで報じられました。上記地域では今後ネット販売を主軸とし、解雇される店舗スタッフには転職支援や退職金を用意、中国やインドなどの店舗は引き続き営業していきます。Boseと言えば、音楽に全く詳しくない私でも知っているほど有名な音響機器メーカーです。イヤホン...
47Picks
日本生命、営業職員増加の方針 顧客対応向上で、ネット販売検討
共同通信
|
日本生命、営業職員増加の方針 日本生命保険の清水博社長(58)が10日までに共同通信のインタビューに応じた。顧客対応の質向上には「...
19Picks
かんぽ不正の経営責任は 社内調査、18日にも最終報告を公表
西日本新聞
|
日本郵政グループは18日にも、かんぽ生命保険の大規模な不正販売を巡る社内調査の最終報告を公表する。これを区切りに来年1月から自粛中の保険営業を再開させたい考えだが、現場からは「十分な調査ができていない」との声が漏れる。不正に関与した営...
490Picks
「残業が多い・少ない職種」ランキング、1位はちょっと意外な結果に
ITmedia ビジネスオンライン
|
dodaが「職種別の残業時間ランキング」を発表。残業が多い・少ない双方でちょっと意外な職種がランクインした。全体的に営業は残業長め、逆に事務系は短い傾向も。
12Picks
研究開発費が利益を圧迫、自動車メーカーはどう生き残る?
ニュースイッチ
|
乗用車メーカー7社の2020年3月期は、SUBARU(スバル)を除く6社が前期と比べ営業減益を見込む。市場低迷で販売減に見舞われたところに、円高など為替影響のマイナスが追い打ちをかけた。また「CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)」と呼ぶ先進技術への対応で研究開発費が増える。現地化などの為替対策、原価低減といった地道な取り組みのほか、開発負担軽減のための提携戦略が重要度を増...
24Picks
かんぽ生命の新規契約 営業自粛で34%減 不適切な販売問題で
NHKニュース
|
日本郵政グループはことし9月までの中間決算を発表し、かんぽ生命の保険の新規の契約件数は、不適切な販売の問題を受けて営業活…
131Picks
宝くじ売り上げ3年ぶり増=8000億円回復、数字選択式が人気-総務省
時事ドットコム
|
都道府県や政令市が2018年度に販売した宝くじの売上額が前年度比2.3%増の8046億円だったことが28日、総務省のまとめで分かった。増加は3年ぶり。前年度は、ジャンボくじの不振などで20年ぶりに8000億円を割り込んだが、「ロト7」や「ナンバーズ」といった数字選択式くじが好調で売り上げ増に寄与した。 数字選択式くじの売上額は4.3%増の3963億円。ロト7の1等最高賞金額を4億円から6億円...
55Picks
かんぽ販売額偏重転換 見直し案判明、預かり資産重視 来年度から
西日本新聞
|
かんぽ生命保険の不正販売問題を受け、日本郵便が検討している金融営業の見直し案が関係者への取材で判明した。顧客に不利益となる乗り換え契約が相次いだ反省を踏まえ、営業目標の設定を販売額から預かり資産額に改める。また顧客本位の営業を徹底する...
120Picks
かんぽの影で「ゆうちょ」も大問題、反省なき日本郵政の奇妙な言い訳
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
かんぽ問題と同様に、ゆうちょ銀行でも経営層が過大な営業目標やノルマを現場に押しつけた結果、不適切販売が行われていた疑いが浮かびつつある。朝日新聞経済部の藤田知也記者がリポートする。
70Picks
ホンダ人事抗争71年史、「研究所vs営業」に潜む文民統治の弊害
Diamond Online
|
技術の本田宗一郎と経営の藤澤武夫。絶妙な経営統治で急成長したホンダも71歳。組織の官僚化が進んだと言われて久しい。伝統的に強い研究所、米販売法人が弱体化し、近年では中国閥が勢力を増している。それでも、社内の対立構造はそう単純ではなく、研究所vs営業を影で牛耳る“派閥”があった。
58Picks
退職局員に手当返納請求 日本郵便 保険途中解約の場合 経緯考慮せず
西日本新聞
|
「毎月のように手当金の返納を求められる。なぜ辞めた後も支払わないといけないのか」。かんぽ生命保険の不正販売問題が発覚して以降、西日本新聞には、保険営業を担当していた元郵便局員からの苦情が多数寄せられている。保険が途中解約された場合、担...
15Picks
増税に伴うシステムトラブルをまとめてみた
piyolog
|
2019年10月1日の消費税率変更を受け、一部の小売や外食、交通系のシステムでトラブルが発生しました。ここでは関連する情報をまとめます。 トラブルまとめ 発生組織 トラブルの内容 ミニストップ [PDF] 消費税増税に伴うシステム障害に関するお詫びとお知らせ・軽減税率対象の商品の内税表示等が誤っていた・税率10%の商品を8%で販売していた。さらにレシートは内税10%の表示となっていた。・値引...
158Picks
手当ほしさ?かんぽ販売「自粛破り」か 一部の郵便局員
朝日新聞デジタル
|
保険販売を9月末まで自粛中の日本郵便が、営業手当ほしさに「自粛破り」をしている郵便局員がいるとみて、実態調査を始めた。無理な営業に走る局員の意識が変わらなければ、顧客の信頼を取り戻せない。調査の結果…
48Picks
かんぽ商品販売再開「郵便窓口」から 10月再開へ調整
産経ニュース
|
日本郵便が7月中旬から自粛しているかんぽ生命保険の保険商品販売について、郵便窓口での販売から再開する方向で調整していることが21日、分かった。一方、不適切販売の中心となっていた渉外(外回り)営業の局員による販売については、さらに時間をかけて再発防止策を講じる。だが、10月1日からとする販売再開には見切り発車との批判も強く、計画通りに再開できるかには不透明感もある。
23Picks
保険料二重払い防止 再発対策、70歳以上に営業自粛 かんぽ不正
西日本新聞
|
保険の不正販売問題を受けて営業自粛中のかんぽ生命保険と日本郵便が、10月からの営業再開に向けてまとめた再発防止策の内容が判明した。高齢者への不正販売を防ぐため、70歳以上の顧客への営業を自粛するほか、月額保険料が10万円以上の契約者へ...
人材派遣(事務・営業販売等) 概要
世界
日本
中華人民共和国
アメリカ合衆国