新着Pick
SPD3LSB934US2LOX
オフィス・商業施設開発・賃貸
JPN

オフィス・商業施設開発・賃貸 業界

日本
業界一覧
>
不動産
>
不動産開発・流通
>
オフィス・商業施設開発・賃貸
自社又は共同事業でビルなどの建築物を開発・建設し、建築物の全部または一部を事務所、店舗などとして、他者に賃貸する事業を主要業務とする企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
4Picks
ジャパンディスプレイがテレワーク7割超で、本社オフィス面積を3分の1削減
ニュースイッチ
|
ジャパンディスプレイ(JDI)は2020年度内に東京・新橋の本社オフィス面積を3分の1削減する。新型コロナウイルス感染拡大を受けて移行した在宅勤務中心の働き方に合わせる。賃貸契約の一部を解除し、賃料も抑制。市場環境が厳しい中、途上にある経営再建の一助になる。 JDIは賃借している本社オフィス面積を現状の3フロアから2フロアに縮小する。21年度から2フロアでの業務を本格的に始める。同社は12年...
20Picks
【東北大発】CO2も核廃棄物も出さない「量子水素エネルギー」で世界のエネルギー産業を刷新する クリーンプラネット
TOHOKU360
|
二酸化炭素を一切排出せず、原子力発電で懸念される暴走事故の危険性もない、クリーンで安全な新たなエネルギー「Quantum Hydrogen Energy(量子水素エネルギー)」の開発と普及に取り組む。環境に最も優しいスマートシティやオフィス
34Picks
マスクを外さず顔認証 コロナ禍で待望の新技術、NECが開発
ITmedia ビジネスオンライン
|
マスクを外さず顔認証ができる技術を、NECが開発した。10月下旬以降、空港での手続き、オフィスの入退室などの用途向けに提供する。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、顧客から要望が多かったという。
203Picks
ピンタレストが大規模オフィス賃貸計画を破棄。在宅勤務シフトが進むシリコンバレーのオフィス事情
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
ピンタレストがシリコンバレーの大規模オフィス賃貸計画を破棄 コロナウイルスの影響を受け、ツイッターをはじめ、大手テック企業の一部ではリモートワークへの永続的、ないしは長期的な移行が話題となっている
114Picks
ソフトバンクが入居する、5G対応のスマートビルが東京に開業
ニュースイッチ
|
東急不動産と鹿島が共同開発した大型複合施設「東京ポートシティ竹芝」(東京都港区)が14日に開業する。メーンのオフィスタワーにはソフトバンクが入居し、全館第5世代通信(5G)対応で顔認証による入館やエレベーターの混雑回避など先進技術を取り入れた“スマートビル”となる。将来的にはビルで得た知見を生かし、周辺エリアまで広げた街全体の“スマートシティー化”を目指す。(大城麻木乃) 「ソフトバンクは当...
63Picks
ソフトバンクら、景観を損なわない「“見えない”看板アンテナ」を開発--5G基地局用
CNET Japan
|
ソフトバンク、三協立山、日本アンテナの3社は9月10日、コンビニエンスストアなどの商業施設や駅、駐車場などに、容易に設置できる第5世代移動通信システム(5G)の基地局用「“見えない”看板アンテナ」を共同で開発したと発表した。
53Picks
アップルが自社製マスク配布、開発はiPhoneの設計チームと報道
Forbes JAPAN
|
アップルは外部企業が製造したマスクを従業員に配布するのではなく、社内のデザインチームに2種類の自社製マスクを開発させ、本社のオフィスで働くメンバーや小売店に勤務する従業員らに着用させようとしている。9月9日のブルームバーグが報じた。ブルーム・・・
79Picks
竹芝にスマートビル「東京ポートシティ竹芝」誕生--リアルタイムデータ活用で変わる働き方、住まい方
CNET Japan
|
東京都港区竹芝に誕生する「東京ポートシティ竹芝」は、最先端のオフィス、商業施設、住居が隣接するスマートシティだ。全館に5Gを導入したオフィスビルは、エレベーターや共有スペースの混雑状況がリアルタイムで把握でき、レジデンスでは入居者向けの専用アプリを使って、エアコンや照明、給湯器といった家電の一括操作を実現する。
10Picks
フェイスブックがNYで大規模オフィス契約、不動産業界に朗報
Forbes JAPAN
|
フェイスブックは8月3日、ニューヨークの約6万800平方メートルのオフィススペースの賃貸契約を、不動産企業ボルネードと結んだとアナウンスした。フェイスブックは、マンハッタンの歴史的建造物として知られる、ジェームス・ファーレービルの一角をオフ・・・
13Picks
AIで購買客分析、商品をPR サッポロ不動産開発が実証実験
北海道新聞 どうしんウェブ
|
サッポロ不動産開発(東京)は22日、運営する商業施設「サッポロファクトリー」(札幌市中央区)で、共有スペースでの商品展示が施設内の店舗への誘導、購買につながるかを調査する実証実験を始めた。 ...
95Picks
静岡銀行が国内地銀で初めて融資審査をAIで高度化、不動産テックのリーウェイズと共同開発
TechCrunch Japan
|
不動産テック開発・運営のリーウェイズは7月13日、融資を求める顧客に対する情報提供や融資審査の高度化を目指し、賃貸不動産の将来の賃料・価格・空室率などを予測する、投資用不動産AIシミュレーション「Shizugin Investment Planner」(SIP)を静岡銀行と共同開発したと発表した。また静岡銀行は、資産形成サポートの現場でSIPの本運用を開始した。 リーウェイズは、不動産価値分...
10Picks
コロナ感染対策向けオフィスIoTツールが提供開始 オフィス内での3密を回避し、接触者を把握できるように
デジタルシフトタイムズ
|
株式会社ビーキャップは、三井デザインテック株式会社の開発協力のもと、オフィスにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対策ツールとして各種センサーとスマートフォンを活用したオフィスI...
12Picks
「オフィス探し、ネットで簡単に」不透明な法人賃貸市場のDXに挑むestie - From DIAMOND SIGNAL
Diamond Online
|
オフィス賃貸市場は、個人向けの賃貸住宅市場と比べてまだまだオンラインに情報が少なく、不透明だ。そのオフィス賃貸市場をテクノロジーとデータの活用によって変革しようとしているスタートアップがある。2018年創業のestie(エスティ)だ。
26Picks
AIカフェロボベンチャーを率いる21歳起業家は300年後を夢見る
ニュースイッチ
|
ニューイノベーションズ(東京都文京区、中尾渓人最高経営責任者〈CEO〉)は、1億7000万円の資金を新たに調達した。同社は人工知能(AI)で需要予測をする無人コーヒー機を開発するスタートアップ。調達した資金はサブスクリプション(定額制)モデルの実装などに投じる。今夏には東京都内の複数のオフィスビル内などで、無人コーヒー機の導入を計画する。 ソフトバンクグループの100%子会社で、AI支援に特...
10Picks
角川ドワンゴN高が課題解決型学習を実施、JR東日本都市開発に高架下活用プランをプレゼン
TechCrunch Japan
|
角川ドワンゴ学園 N高等学校(N高)とジェイアール東日本都市開発は7月3日、N高通学コース課題解決型プロジェクト学習(PBL)「プロジェクトN」の授業において、高架下エリアを活用する商業施設プランを提案する「SMART×STREET開発プロジェクト」の実施を発表した。 授業内容は以下のとおりで、期間は9月30日までとなっている。 エリア開発について学習 開発計画提案に向けたグループワーク(エ...
109Picks
え、会議に突然アルパカ? 思わず顔がほころぶ「オンライン出張サービス」
クーリエ・ジャポン
|
国と地域差こそあれど、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第一波も終息に向かい、徐々に日常を取り戻しつつある。それでも、ワクチンや治療薬が開発されるまでは再び感染が世界中で拡大する恐れはある。たった数ヵ月間でこの疾病の怖さが身に染みた我々は、これから「新たな日常」の形を模索しなければならない。リモート環境でのやり取りは、そのの一つだ。これまではオフィスで行うのが常だった会議も、コロナ禍に
391Picks
〔コロナ後の日本〕オフィス需要は来年後半回復、テレワークで変化も=CBRE大久保氏
Reuters
|
[東京 3日 ロイター] - 新型コロナウイルスの影響で経済活動が低迷し、落ち込みが避けられそうにない日本のオフィス需要。事業用不動産を世界的に手掛けるシービーアールイー(CBRE)の大久保寛・日本リサーチヘッドは、来年後半には持ち直すと予想する。大久保氏はロイターとのインタビューで、テレワークが定着してもオフィスの賃貸需要は減退しないものの、選ぶ際の基準は変わるだろうと語った。
157Picks
ソニー・ANAの子会社が次世代の遠隔操作ロボットの開発協力を発表
Engadget 日本版
|
Engadget Japan ソニーグループのソニーAIと、ANAグループのavatarin(アバターイン)は5月11日、次世代の遠隔操作ロボットに関する開発協力を発表しました。 両社が開発予定の次世代の遠隔操作ロボットは、オフィスや家庭などでの利用を想定しています。ソニーAIのAI技術とロボティクス技術やソニーグループのセンシング技術、avatarinの遠隔操作ロボットに関する技術を組みわ...
26Picks
「VR版Zoom」として期待されるSpatialの3D仮想オフィス
マッシュメディア
|
あたかもオフィスにいるかのようにVR空間内で同僚とコミュニケーションできるアプリがSpatial社によって開発された。自撮り画像から自動的に3D アバターが作成されるのが特徴だ。新型コロナ対応として、小規模チーム向けに制
オフィス・商業施設開発・賃貸 概要
日本
中華人民共和国
台湾
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア