新着Pick
SPD3KAWX0U5Q30KT
ソフトウェア(業務支援)
JPN

ソフトウェア(業務支援) 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
ソフトウェア開発
>
ソフトウェア(業務支援)
流通や調達、生産・在庫管理、文書管理など、企業の様々な業務を支援、管理するためのソフトウェアまたはサービスを開発、提供を行う企業群(会計やERPを除く)
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
1Pick
キヤノンMJと弁護士ドットコム、契約業務プロセスのデジタル化支援サービスを提供
CNET Japan
|
キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ) と弁護士ドットコムは12月3日、電子契約サービス領域での業務提携を発表。キヤノンMJは、契約内容の検討から承認ワークフロー、契約締結手続き、契約書の保管、閲覧・検索まで、契約業務プロセスをデジタル化する「契約業務支援サービス」の提供を、12月10日から開始する。
104Picks
グッドパッチとレシート買い取りアプリのWED資本業務提携「デザインの力証明したい」
Business Insider Japan
|
デザインカンパニーのグッドパッチは11月30日、レシート買い取りアプリ「ONE」を提供するWEDと資本業務提携を締結したと発表した。 スタートアップへの出資からデザイン支援までを行う「Goodpatch Design Fund 」を通じて出資すると共に、WEDの既存サービスや新たなプロダクトの制作に...
59Picks
急成長ECやD2Cの“影の立役者”ロジレスが5億円調達、商品の「自動出荷」実現で約300社に導入
DIAMOND SIGNAL
|
日本のEC市場が着々と拡大している。経済産業省が7月に公開した「電子商取引に関する市場調査の結果」によると、BtoCのEC市場規模は前年比7.65%増の19.4兆円に成長。格となる物販系分野は初めて10兆円を超えた。今後さらにECが浸透すると予想される中で無視できないのが物流課題だ。EC物流効率化システムを展開するロジレスは、急成長中のEC・D2C事業者の物流業務を支援することで、事業を拡大...
11Picks
工場やプラントのIoT運用、クラウドで高度化へ 新ソリューションが登場
ITmedia エンタープライズ
|
東芝デジタルソリューションズは、O&M(運転管理&保守点検)を支援するIoTサービス「設備・機器メーカー向け Meister RemoteX」「工場・プラント向け Meister OperateX」の提供を開始。IoTデータとO&M業務データを統合することで、アセット管理を高度化する。
10Picks
AI配車で物流業界の課題に挑戦!ゼンリンが新サービスを発表
自動運転ラボ
|
株式会社ゼンリン(本社:福岡県北九州市/代表取締役社長:髙山善司)と株式会社ゼンリンデータコム(本社:東京都港区/代表取締役社長:清水辰彦)は2020年10月30日までに、運送・配送業務の効率化を支援する「ZENRINロ […]
13Picks
トヨタの自動運転を支援するソフトウェア企業「Applied Intuition」の躍進
Forbes JAPAN
|
テスラやウェイモなどの企業らが自動運転分野で先を争う中で、一般的にはほぼ無名のベイエリアの新興企業が、ユニコーンの地位を獲得した。2017年創業の「Applied Intuition」は自動運転の開発に取り組むエンジニア向けのソフトウエアを・・・
22Picks
ゲノム医療情報サービス提供の東大発スタートアップ「Genomedia」が資金調達
TechCrunch Japan
|
ゲノム医療情報サービスの提供を行うGenomedia(ゲノメディア)は、第三者割当増資として資金調達を実施したと発表した。引受先は、住友商事、シップヘルスケアホールディングス、米Aflac Ventures LLC(アフラック・イノベーション・パートナーズが支援)。 Genomediaでは、今回の第三者割当増資に加え、住友商事およびシップヘルスケアとの業務提携により、ゲノム医療を推進する医療...
14Picks
農業×AIにより独自の農産物栽培方法を確立し農家支援を行うHappy Qualityが資金調達
TechCrunch Japan
|
農業×AIにより高品質・高機能な農産物を1年中安定的に栽培する方法を確立し、農業支援・青果卸売業務を展開するHappy Quality(ハッピークオリティー)は10月20日、資金調達を実施したと発表した。引受先はSony Innovation Fund、ベンチャー投資育成研究会。 調達した資金により、中部地方をはじめさらなるFC農家の展開に向けたマーケティング強化のほか、より高品質な栽培をし...
13Picks
ゼンリン、物流向け支援サービスを発表 位置情報×AIで自動配車など
LIGARE
|
株式会社ゼンリン(以下、ゼンリン)と、株式会社ゼンリンデータコム(以下、ゼンリンデータコム)は、10月15日から運送・配送業務の効率化を支援する「ZENRIN ロジスティクスサービス」の提供を開...
40Picks
佐山展生氏が語る、正しい「企業価値評価」と「M&Aのあり方」──教科書には載らない、実践者による本質
Biz/Zine
|
不確実性の高い時代と言われる中、リスクを回避し新たな挑戦を踏み出すためには、法務機能の強化と活用は企業経営において喫緊の課題とされている。経営と法務の関係を踏まえ、何をどのように整備し、法務機能強化を行っていけばいいのか。その課題感のもと、2020年9月8日(火)、AI契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」を提供し、全ての契約リスクを制御可能にすることをミッションとするLeg...
568Picks
【保存版】オンライン商談を成功に導く「基本の5箇条」
NewsPicks Brand Design
|
西山 これまでオンラインセールスは、企業が業務効率化や働き方改革の一環として導入するケースが主。 ユーザーは、ソフトウェア活用に馴染みのあるIT業界、またHRテックが盛り上がりを見せる人材業界な...
10Picks
チームコラボツールtoaster team開発のnocoが総額7500万円調達、リリース2カ月で1300社が導入
TechCrunch Japan
|
チームコラボレーションツールtoaster team(トースターチーム)を開発・運営するnocoは10月8日、総額7500万円の資金調達を発表した。第三社割り当て増資による調達で、引受先はアプリコット・ベンチャーズ、STRIVE、VOYAGEVENTURES、個人投資家。 toaster teamは、組織内の情報共有やコミュニケーションなどの共同作業を支援するクラウドサービス。業務マニュアル...
75Picks
大量のチャット、どう対応する?「テレワーク」超効率コミュニケーション法
マネー現代
|
テレワークに移行した企業が増えたことで、チャットツールなどによる“文字のコミュニケーション”が増えたこの数カ月。「どんどんメッセージが来て処理に困っている」「さまざまなツールで連絡が来て収集がつかない」といった方も多いのではないだろうか。効率よく、トラブルなくオンラインのコミュニケーションを行うにはどうしたらいいか。中小企業の業務効率化や創業におけるITツール活用支援に特化し、経営のアドバイ...
57Picks
M&A、IPO、ファイナンスを一貫支援、法律事務所ZeLoの新ファーム「ZeLo FAS」
DIAMOND SIGNAL
|
法律事務所ZeLo・外国法共同事業は9月28日、連携するグループ・ファームとして新たに「ZeLo FAS」を設立した。ZeLo FASでは主に、M&AサポートやIPO(株式公開)支援、バリュエーション関連業務のサービスを提供していく。
12Picks
介護施設向けレクリエーション業務支援のエブリ・プラスが約5000万円を調達
TechCrunch Japan
|
介護施設向けレクリエーション業務支援プラットフォーム「えぶりプラス」運営のエブリ・プラスは9月25日、第三者割当増資として約5000万円の資金調達を発表した。引受先はマネックスベンチャーズ、静岡キャピタル、エンジェル投資家の豊吉隆一郎氏。 調達した資金は、介護施設へのサービス導入の推進とともに、オンラインサービスを含む提供レクリエーション数の拡充に向け、レクリエーション提供登録者や事業パート...
29Picks
伊藤忠商事、医療・ヘルスケア業界向けDX支援事業へ参入
デジタルシフトタイムズ
|
伊藤忠商事株式会社は、医療マーケティング事業を展開する株式会社フェーズワンと資本業務提携し、医療・ヘルスケア業界向けDX支援事業へ参入したと発表した。 国内において高齢化に伴う医療費の増加は、大...
18Picks
建設・土木の生産支援サービスのフォトラクションが「建設テック カオスマップ 2020年9月版」を公開
TechCrunch Japan
|
建設・土木の生産支援サービス「Photoruction」(iOS版・Android版)を開発・運営するフォトラクションは、国内で展開されている建設業向けITサービスをまとめた建設テックのカオスマップ 2020年9月版を発表した。 建設業の方が、ITソリューションを導入する最初のステップとして、どんなサービスがあるのか参考にできるように、国内開発および業務で役立ちそうなサービスを中心にまとめて...
49Picks
コロナ後へ銀行規制の緩和検討、市場の競争力向上も注力=金融庁
Reuters
|
[東京 31日 ロイター] - 金融庁は31日、新しい行政方針を発表し、金融機関に対し、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた企業への資金繰り支援を改めて要請した。コロナ後を見据え、地方創生などの目的のために必要であれば銀行の業務範囲規制を緩和することも盛り込んだ。国際金融の拠点として日本市場の地位が向上することを目指し、税制などの環境整備に取り組むとした。
21Picks
前田長官と創業者が対談 中小企業庁がビズリーチを優遇か
文春オンライン
|
今年6月、持続化給付金事業において電通との“癒着”が批判を浴びた経産省・中小企業庁。「中小企業・事業引継ぎ支援事業」の業務に関して、中小企業庁が公募情報を公開する2カ月以上前に、特定企業と連携するよう…
3Picks
キヤノンMJ 電子契約サービスに参入 契約の前段階から保管までをフルカバー
週刊BCN+
|
キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は、契約内容の「検討」から契約後の「保管」に至るまでを完全電子化する「契約業務支援サービス」を12月10日から始める。電子契約で幅広く使われている弁護士ドットコムの「クラウドサイン」、契約内容の検討段階ではSalesforce、社内の申請・承認のワークフローではテラスカイのmitoco(ミトコ)、契約書の保存はキヤノンMJグループが開発したRep...
ソフトウェア(業務支援) 概要
世界
日本
マレーシア
タイ
インドネシア