新着Pick
SPD3KAWX0U5Q30KT
ソフトウェア(業務支援)
JPN

ソフトウェア(業務支援) 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
ソフトウェア開発
>
ソフトウェア(業務支援)
流通や調達、生産・在庫管理、文書管理など、企業の様々な業務を支援、管理するためのソフトウェアまたはサービスを開発、提供を行う企業群(会計やERPを除く)
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
6Picks
メディアのビジネス支援を手掛けるキメラ、凸版印刷と資本業務提携
THE BRIDGE
|
パブリッシャー向けにビジネス支援・プロダクト提供を行う「キメラ」は2019年11月に、凸版印刷と資本業務提携を締結したことを公表している。 本提携により、凸版印刷が持つ出版・新聞・教育業界などにおけるデジタルコンテンツの開発・提供実績やマーケティングのノウハウと、キメラの持つメディアビジネスにおける知見を集約し、パブリッシャーのデジタル化とサブスクリプションモデル構築を共同で推進する。 凸版...
6Picks
“サードパーティの技術者集団”としてイノベーション創出に取り組むQueueが7000万円を調達
TechCrunch Japan
|
ソフトウェアや自社技術の開発を行うテクノロジー企業のQueue(キュー)は12月11日、インソース、マネジメントソリューションズ、プルータス・マネジメントアドバイザリー、東大創業者の会応援ファンド、その他個人投資家より総額で7000万円の資金調達を実施したことを明らかにした。 Queueは東京大学工学部出身の柴田直人氏らが2016年11月に創業したスタートアップだ。現在代表取締役を務める柴田...
21Picks
共同開発案件は入札なし、神戸市がスタートアップ強力支援の狙い
ニュースイッチ
|
神戸市は、スタートアップと共同開発した商品やサービスを入札なしで導入できる新制度を創設する。スタートアップと市職員が共同開発した案件について、外部有識者による審査会を経て随意契約できる。国内初の制度として、開発に成功した有望案件を業務改善や施策に反映するとともに、優秀なスタートアップの支援強化につなげる。  神戸市は、行政課題をスタートアップと市職員が協働し解決する事業「アーバンイノベーショ...
15Picks
物流業界の“アナログ作業”や“属人化”をSaaSで解消、配車業務を支援する「配車プラス」
TechCrunch Japan
|
日本GLPのグループ企業で、物流系のソリューションを開発し展開するモノフルは11月20日、配車支援サービス「配車プラス」の提供を開始した。 配車業務とは、荷物の出荷量に対し必要な車両を手配する業務。モノフルの代表取締役社長、藤岡洋介氏によると、配車業務には大きく3つの課題があった。配車計画の作成や配車指示書のファックス送信などのアナログ作業、属人化による情報共有のしにくさ、そして繁忙期など車...
162Picks
オーナー支援、公表数値に問題も セブン―イレブン・ジャパン
共同通信
|
オーナー支援、公表数値に問題も セブン―イレブン・ジャパンが、休暇を取得する店舗オーナーの業務を本部社員に代行させる「オーナー・ヘル...
25Picks
Sansanが約49億円でウイングアーク1st社と資本業務提携、名刺データを分析強化へ
Business Insider Japan
|
名刺アプリのSansanは11月1日、ソフトウェア開発のウイングアーク1st(東京・港区)と資本業務提携を結んだ。同日の適時開示で公表した。 Sansanのもつ、法人向け名刺管理サービス「Sansan」などのデータや技術と、ウィングアーク1stのデータ可視化・分析サービス「MotionBoard」を...
590Picks
【完全リモート】オフィスゼロでも1000人企業が成長する理由
NewsPicks編集部
|
世界60カ国に約1000人の社員を抱えるGitLab(ギットラボ)は、2011年設立のユニコーン企業だ。GitLabが提供するソフトウェア開発支援サービスは、顧客にゴールドマン・サックス、NAS...
13Picks
オンライン貸付投資「Funds」と「M&Aクラウド」が提携、ポストIPO企業のM&A資金調達を支援
TechCrunch Japan
|
貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds(ファンズ)」を運営するクラウドポートと、M&Aマッチングプラットフォーム「M&Aクラウド」を運営するM&Aクラウドは10月10日、業務提携契約を締結し、企業のM&A資金の調達ニーズを連携して支援していくと発表した。 2019年1月にローンチしたFundsは、個人が1円から貸付ファンドの取引ができるマーケットプレイスだ。「資産形成したい個人」と「...
14Picks
介護・福祉関連市場の調査報告、介護業務効率化支援システムが2025年に2.2倍へ
MONOist
|
富士経済は、介護・福祉関連製品・サービスの国内市場を調査し、2025年市場予測(2018年比)を含む結果を「Welfare関連市場の現状と将来展望 2019」で発表した。同調査によると、介護業務効率化支援システムが2.2倍の22億円になるという。
12Picks
【実数公開】2万通以上のスカウトを送信した結果
note(ノート)
|
Attack(株)代表取締役の村上篤志です。弊社は【TARGET】というサービスを通じて、主にスタートアップ/ベンチャー企業に対してWantedlyやビズリーチ、Green、キャリトレなどダイレクトリクルーティングメディアでの採用業務を支援しております。Wantedly Partners 認定企業にも選ばれており、Wantedlyでの企業情報や求人情報の作成、ダイレクトスカウト、フィード投稿...
18Picks
内視鏡AIでがんの兆候をチェックするAIメディカルサービスが約46億円調達
TechCrunch Japan
|
胃がんの発見を支援するAIベースのソフトウェアを開発する東京拠点のAIメディカルサービスは10月4日、シリーズBラウンドで4290万ドル(約46億円)を調達したことを発表した。主な投資家には、グロービス・キャピタル・パートナーズ、WiL(World Innovation Lab)、ソニーイノベーションファンド(Innovation Growth Ventures)がいる。調達した資金により、...
54Picks
「デジタル」の成長エンジンを目指せ、ITのインフラ担当が生き残るための4つの心構え
ビジネス+IT
|
ビジネスのデジタル化が加速する中、企業のI&O(インフラストラクチャとオペレーション)部門の担うべき役割が、IT基盤の“お守り”から、ITによるビジネスの“支援”に大きく変わりつつある。ただし、両者で必要とするスキルの違いが、従来業務からの脱却の“壁”として立ちはだかっている。どうすればこの状況を乗り越えることができるのか。ガートナーでプラクティス バイス プレジデントを務めるデイヴィッドコ...
18Picks
「クラウド化」で工作機械のビジネスモデルが変わるか
ニュースイッチ
|
ファナック、富士通、NTTコミュニケーションズの3社は、工作機械メーカー各社が共同で利用できるクラウドサービスの開発に乗り出す。デジタル技術を安く安心して利用できる仕組みを構築。工作機械メーカーの業務効率化やサービスの向上を支援し、機械ユーザーの生産性向上に貢献する。 「ガスや電気のようにデジタルの世界でもインフラが必要になってくるだろう」。ファナックの斉藤裕副社長は、IoT(モノのインター...
16Picks
クックパッドのデジタルマーケティング支援―本当に価値のある広告効果とは
Exchangewire Japan
|
料理レシピの投稿・検索サービス「クックパッド」では、約314万種類のレシピが掲載され、月間5,500万ユーザーが利用している。法人向けには、同サービスサイトの検索・アクセスログデータが確認できるビッグデータツール「たべみる」も提供し、食品メーカー等と共にマーケティング課題の解決へタッグを組んで取り組んでいる。クックパッドのマーケティング支援業務や今後の展望などついて、クックパッド マーケティ...
13Picks
AIによる経費精算自動チェックシステム開発のAppZenが約54億円を調達
TechCrunch Japan
|
いまやAIは社内業務のあらゆる場面に関わっている。会社のコアビジネスから、顧客とのやり取り、何か新しいことの創出、あふれかえる書類仕事やバックオフィス業務の支援まで。 米国時間9月9日、バックオフィス業務支援の分野で急成長しているスタートアップが資金調達ラウンドを発表した。会社の財務部門の業務をAIで自動化するツールを開発するAppZen(アップゼン)が、5000万ドル(約54億円)を調達し...
25Picks
新研究分野の開拓へ、文科省が始める新事業の中身
ニュースイッチ
|
文部科学省は2020年度に、新分野開拓の研究力強化を大学の改革で後押しする新事業を始める。挑戦的な研究を1教員につき年間数千万円で100人程度を支援すると同時に、教員の学内業務免除や研究機器の融通を図る大学に整備費を出す。期間は10年間。20年度予算概算要求で30億円を計上する。 日本が苦手な新興・融合分野の開拓は研究力強化に必須だ。これまで単独の研究事業しかなかった。今回の「創発的研究支援...
280Picks
効率化だけじゃない、医療・調剤・介護を根本から変える画期的製品たち
ニュースイッチ
|
国民の健康や生活を支える医療や調剤、介護の現場で人手不足が目立っている。生産年齢人口が減少する中で、働き手の確保は各産業が抱える重要課題だ。これを解決できなければ、サービスの停滞は避けられない。一方で進むのが新技術を活用した業務支援で、ヘルスケア産業でも大きな広がりを見せる。既存の業務を高度化、効率化することで従事者の負荷を軽減することが主な目的だが、業務を根本から変える画期的な製品も登場し...
10Picks
5000社以上が使うアプリ分析ツール開発のフラー、ソニーグループ会社とタッグで米国展開加速へ
TechCrunch Japan
|
左からフラー代表取締役 渋谷修太氏、Takeoff Point 執行役社長 石川洋人氏 スマホアプリ分析支援事業などを展開するフラーは8月26日、米国展開の加速に向けてソニーのグループ会社であるTakeoff Pointと業務提携を締結したことを明らかにした。 フラーは2011年に茨城県つくば市にて設立されたスタートアップ(現在の本拠地は千葉県柏市)。主力サービスの「App Ape」は...
127Picks
第一生命が営業端末を刷新、業務量を年33万時間減らす
ニュースイッチ
|
第一生命保険は7年ぶりに営業職員向けタブレット端末を刷新する。動作環境の向上や軽量化で携帯性を高め職員の業務を支援する。顧客情報を自動でログ管理する機能も追加。過去3年度分の顧客との接点を時系列で一
38Picks
低賃金から脱却 AI・RPAは日本の生産性向上の救世主か?
ニュースイッチ
|
人工知能(AI)やRPA(ソフトウエアロボットによる業務自動化)の高度化に伴い、あらゆる仕事の自動化が進んでいる。これらは深刻な人手不足や生産性の低さといった日本固有の課題を解決する手段になり得る。政府は低成長・低賃金から脱却するには、非効率な仕事から人材を解放する必要があると判断。自動化による生産性の向上と、人材の高スキル化を支援する政策を推進している。 人手不足は喫緊の課題だ。生産年齢人...
ソフトウェア(業務支援) 概要
世界
日本
マレーシア
タイ
インドネシア