新着Pick
SPD3CKYSCVZN4DEF
カメラ
ALL

カメラ 業界

世界
業界一覧
>
機械・電気製品
>
民生用電子機器製造
>
カメラ
ビデオカメラ、カムコーダ、デジタルカメラ、監視カメラ等、映像を撮影することを主目的とした装置を製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
23Picks
MyMeは会った相手全員を覚えてくれる――OrCamから顔と名刺を認識するウェアラブル・カメラ登場へ
TechCrunch Japan
|
テキスト読み上げテクノロジーを利用して視覚にハンディキャップのある人々向けのデバイスを提供しているスタートアップ、OrcamからMyMeというミニカメラが登場した。Tシャツの襟元にもクリップできる小型デバイスで、 ユーザーが会った相手をすべて記憶する。 MyMeはスマートフォンからカメラ部分を独立させたようなプロダクトで、OrCam独自の顔認識アルゴリズムにより、顔と名前を一致させてくれる。...
101Picks
バンクシーの絵か? 都が撤去 ゆりかもめ・日の出駅前
ホウドウキョク
|
正体不明のあのアーティストの作品か。 FNNのカメラが、回収作業の一部始終をとらえていた。 かばんを持って傘をさしたネズミの絵。 この絵は、ゆりかもめの日の出駅前にある、東京都が所有する防潮扉に描かれていたもので、世界各地で風刺画をゲリラ的に描くことで知られる、バンクシーの作品の可能性があるという。 16日、東京都が撤去作業を行い、現在は都が管理する倉庫で保管されているという。 小池都知事 ...
20Picks
Arm、顧客データと実店舗のIoTデータを統合管理する小売業向けの「Arm Retail」ソリューションを発表
IoTニュース:IoT NEWS
|
Eコマースが成長を続けている一方で、全世界の小売売上高の約90%は、実店舗からもたらされている(※1)。最近発行されたSJCのレポート(※2)によると、買い物客と店舗の商品やブランドとのエンゲージメントに関する情報を取得するため、IoTセンサーやビーコン、カメラを設置した店舗が増えているという。 しかし、IoTデータを有益に活用するためには、小売業者の実店舗環境に応じて容易に拡張できる実装方...
13Picks
軽井沢発・18歳起業家が狙う「アバターカラオケ市場」——難病やコンプレックスを原体験に
Business Insider Japan
|
2018年は、アニ文字やZEPETOなど、スマホカメラの顔認識技術を活用した「3Dアバターアプリ」が多く出現した年だった。VTuberをはじめとするAR・VR市場も、2019年には大きく拡大することが予想されている。 そんな中、2018年12月に3Dアバターを使ったカラオケアプリをリリースした18歳...
135Picks
インフルエンサーは必携、AIが被写体を自動追尾する動画カメラ
Forbes JAPAN
|
スマートフォンで動画を撮影する場合、動きのある被写体を正確に追尾するのは難しい。しかし、新たに発表された中国ブランドのスマートカメラを用いれば、AIが自動で被写体を追尾してくれる。米
17Picks
OPPOが光学10倍ズーム技術か搭載スマホを準備中か
Engadget 日本版
|
中国OPPOがスマホ向けの光学10倍ズームカメラ技術、あるいは搭載スマートフォンを、2019年1月16日に発表する観測が高まっています。光学10倍というのは、スマートフォンでもトップクラスのスペックです。 上はOPPOが中国北京にて開催するイベントの招待状ですが、そこには「十所为见」の文字があります。これは「10の眺め」といった意味で、直接的ではないにしろ10倍ズームを示唆しています。さらに...
11Picks
深度センサ不要、WEBカメラのみでOK!高精度AI骨格検出システム「ビジョンポーズ」
起業・会社設立ならドリームゲート
|
きっかけは「kinect」の販売中止。 AIによる骨格検出システムを独自開発 事業や製品・サービスの紹介 株式会社ネクストシステムは、AI、VR、ARなどのシステム開発を得意としてきた。2018年4月にリリースした「ビジョンポーズ」にも、これまで蓄積されてきた知見が存分に活用されている。 ビジョンポーズは、WEBカメラだけで3D解析を行う骨格検出システムだ。映像や静止画像から人の骨格(各部位...
159Picks
ECモンスター・アリババとインテルがスポーツの未来を変えそう #CES2019
ギズモード・ジャパン
|
人類の運動の最適化が止まらない。 半導体キングのIntel(インテル)と、中国のモンスターECサイトAlibaba(アリババ)が、面白いことをやろうとしています。両社は人工知能とカメラを活用した立体トラッキング技術の共同開発を発表し、この技術を2020年の東京五輪までに提供するとしています。
78Picks
激増の予感!ついに登場したパンチホール・スマホのメリットと可能性
@DIME アットダイム
|
Image Credit: サムスン2018年末、スマートフォンデザインに大きな革新が訪れた。ディスプレイへの「パンチホール」の搭載だ。フロントカメラの新たな搭載場所として導入されたパンチホールには、さまざまな...
33Picks
生産自動化で生まれた人員、キヤノンが1000人をデジタル開発に再配置
ニュースイッチ
|
キヤノンの御手洗冨士夫会長兼最高経営責任者(CEO)は9日、事業構造の転換に合わせて人材の再配置を進める方針を示した。カメラなど既存事業で生産自動化を進めて余剰人員を創出。AI(人工知能)などの開発に不可欠なデジタル分野の開発部隊に約1000人単位を配置する。また「ナノインプリント」と呼ぶ最先端技術を使った半導体製造装置について、年内に本格投入を目指す考えも明らかにした。 キヤノンは2020...
23Picks
リーダーに不可欠なのは「変化への感度」と「身を引く覚悟」 - ファイナンス思考
Diamond Online
|
朝倉祐介さんが著書『ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論』の中で、ファイナンス思考を実践している企業として紹介したのがコニカミノルタ。同社は、主力だったカメラ事業と写真フィルム事業から撤退したうえで、主力事業への注力と新規事業の確立、また、財務の健全化を進めて持続的な成長を目指す企業へと変貌しました。同社取締役会議長の松崎正年さんがビジネスを通じて身につけてきたリーダーシップの...
10Picks
IKEAが自動運転時代の新たな車内体験を提案? 生活のイノベーションラボ「SPACE10」発のアイデア
XD(クロスディー)
|
映画やゲームを3Dで楽しめるVRゴーグルや、マンションにスマホのカメラをかざすと賃貸情報がわかるLIFULL HOME’Sの...
28Picks
ファイナンス思考を実践するには、リーダーは what より why を伝えよう - ファイナンス思考
Diamond Online
|
朝倉祐介さんが著書『ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論』の中で、ファイナンス思考を実践している企業として紹介したのがコニカミノルタ。2社が経営統合して誕生した同社は、主力だったカメラ事業と写真フィルム事業から撤退したうえで、主力事業への注力と新規事業の確立、また、財務の健全化を進めて持続的な成長を遂げられる企業へと変貌しました。リーマンショックの直後という経営環境が最も悪化し...
12Picks
アイアンマンの世界が現実に! ショウエイが共同開発するバイク用スマートヘルメット世界初公開【CES2019】
Business Insider Japan
|
「ジャーヴィス、次の目的地を教えて」 アイアンマンの主人公、トニー・スタークのようにヘルメットの内側にさまざまな情報を表示し、音や声でAIのナビゲーションを受ける風景は、過去何度もSF映画で描かれてきた。 バイクのヘルメットにAR機構やカメラを仕込んで、ARヘルメット化するプロジェクトはクラウドファ...
23Picks
熱狂的ファン層はブランドにどう役立つのか?―『カメラを止めるな!』と熱狂ブランドの共通点
AdverTimes
|
従来のマーケティング手法の行き詰まりに対する反省かどうかはわかりませんが、最近のマーケティングにおける取り組みの主眼は、目新しいクリエイティブやメディアを見つけるから顧客層とどう関係を作り上げるか、という点に移り変わりつつあるようです。
128Picks
カシオ、医療カメラ参入 皮膚科向け、撤退のデジカメ技術活用
産経ニュース
|
カシオ計算機が平成31年春に、医療用カメラ事業に参入する。厚生労働省が昨年12月末に、腕時計などの生産拠点である山形カシオ(山形県東根市)での製造を認可した。同年に撤退したコンパクトデジタルカメラの技術資産を活用し、接写機能が高く、皮膚疾患の臨床診断に特化した「ダーモカメラ」を展開する。
11Picks
メルカリが「ARスマートグラス」を用いた実証実験を開始
Engadget 日本版
|
メルカリは2018年12月20日、ARスマートグラス「Vuzix Blade」を用いた実証実験を開始しました。 この実験は、同社が提供するフリマアプリ「メルカリ」において、スマートグラスに最適化したUIやUXの検証を目的としており、AR/VR/MRやAI技術を活用して研究開発を実施する同社の「mercari R4D」によるものです。 仕組みとしては、スマートグラスのカメラ画像から、商品情報を...
10Picks
2019年のiPhone(予想)はクール。だって「ボトムズ」みたいだもん
ギズモード・ジャパン
|
2019年は良いスタートをきれなかったApple(アップル)ですが、早くも今年のiPhoneについて噂が出ています。海外では背面3カメラを搭載した「iPhone XI(仮称)」とされる予測レンダリング画像が登場しているのです。
43Picks
増える車載カメラ、各レンズの汚れに合わせて最適に自動洗浄するシステム
MONOist
|
クラリオンは2018年12月27日、車両に複数台搭載されるカメラを、個々に自動洗浄する「Multi Camera Washing System(マルチ カメラ ウォッシングシステム)」を開発したと発表した。
カメラ 概要
世界
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
インドネシア