新着Pick
SPD36SU4Q5KEN6GW
天然ゴム
MYS

天然ゴム 業界

マレーシア
業界一覧
>
素材・素材加工品
>
化学
>
天然ゴム
天然ゴムに関わる上流(ゴムノキからの採取)から下流(天然ゴムの精製・販売)までの全部または一部を担う企業群。合成ゴム、衛生ゴム及びその他ゴム関連最終製品の製造は除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
190Picks
6月から身近な商品で値上げ、はがき・バター・ビールも
TBS NEWS
|
6月1日から私たちの生活に身近な商品で値上げが相次ぎます。  「こちらの店舗では、あしたからおよそ200種類のタイヤを5~8%値上げします」(記者)  カー用品店のイエローハットは6年ぶりにタイヤを値上げ。天然ゴムなど原料の輸入価格が上昇していることが要因です。例えば、1万円のタイヤは500円から800円の値上がり。単価が安くないため値上げの影響も大きくなります。  「いろいろ値上げの話を聞...
76Picks
環境配慮の天然ゴム調達で連携へ 世界のタイヤメーカーが新組織
共同通信
|
環境配慮の天然ゴム調達で連携へ 【シンガポール共同】日本を含む世界の大手タイヤメーカーが環境保護団体と協力し、環境保全や人権保護に配慮した天然ゴムを調達するための新組織創設を決め、25日にシンガポールで設立会合を開いた。天然ゴムを大...
37Picks
ブリヂストンの悲願、安定調達できるタイヤ用素材がついに…
ニュースイッチ
|
ブリヂストンは、一般的なゴムと樹脂を用いたタイヤ向け合成素材を開発した。これらの成分を分子レベルで結合させる独自の触媒技術を活用した。タイヤの原材料である天然ゴムは天候などで生産量が左右されやすい。
31Picks
古タイヤを再生するキノコ 鳥取で発見、天然ゴムを資源化へ
SankeiBiz(サンケイビズ)
|
自動車のタイヤを分解し、天然ゴムを効率よく取り出すのに利用できる可能性があるキノコを公立鳥取環境大の研究チームが見つけた。リサイクルが進んでいない古タイヤの再資…
25Picks
住友ゴム、天然ゴムの試験管内での生成に成功。詳細構造も明らかに
Car Watch
|
住友ゴム工業は12月2日、同社が開発・製造する自動車用タイヤに将来活かされる可能性のある新たな研究成果を報告した。天然ゴムの試験管内での生成に成功したことに加え、天然ゴムの構造を分子レベルで解析した結果についても明らかにした。
11Picks
ブリヂストンが天然ゴムを超える構造を持つ合成ゴムを生み出すことに成功!
clicccar.com(クリッカー)
|
自動車用のタイヤといえば、ゴムやカーボン、ワイヤーなどを材料に作られていますが、その中で、もっとも比率が多いのは天然ゴムです。 その理由は、天然ゴムの持つ強さとしなやかさに、石油から作る合成ゴムではかなわないからですが、そうした常識が破られることになりそうです。 ブリヂストンが『分子構造を高度に制御したポリイ
9Picks
ブリヂストンが挑むスマート工場化
ニュースイッチ
|
ブリヂストンは情報通信技術(ICT)を活用したタイヤ生産の改革に乗り出す。スマート工場化により、品質や生産性を高める狙い。一部システムを先行導入した彦根工場(滋賀県彦根市)での成果を受け、2019年以降に各工場に広げる。 タイヤの主原料の天然ゴムは品質にばらつきが出やすく、タイヤ成形時に湿度や温度のちょっとした変化でゴムの貼り付き方が変わる。生産ラインの状況をリアルタイムで分析し、柔軟に対応...
9Picks
世界初、天然ゴム3Dプリンター開発 兵庫県など
www.kobe-np.co.jp
|
兵庫県立工業技術センター(神戸市須磨区)は24日、天然ゴムで立体を作る世界初の「加硫ゴム3Dプリンター」を県内外の企業3社と共同開発したと発表した。
9Picks
ブリヂストンと住友ゴムが注目する天然ゴム資源「ロシアタンポポ」
MONOist
|
タイヤの主原料である天然ゴムは「パラゴムノキ」から産出されている。パラゴムノキが熱帯で生育することもあって天然ゴムの生産地は東南アジアに集中しているが、このことはタイヤ産業にとっては大きなリスクになっている。そこで、パラゴムノキに替わる天然ゴム資源として注目されているのが「ロシアタンポポ」である。
7Picks
【やじうまPC Watch】 自己修復性をもち、透明性と高強度を両立したゴム素材
PC Watch
|
米ハーバード大学は14日(現地時間)、天然ゴムの強靭さと自己修復性をもち、高透明性を両立した新しいゴム素材の合成方法を確立したと発表した。負荷などによる割れが生じてもふたたびもとの形態に戻る製品の開発などにつながる可能性がある。
7Picks
連載「住友ゴムのタイ戦略」(上)重要なグローバル供給拠点
日刊自動車新聞
|
グローバル市場でタイヤ販売を拡大する住友ゴム工業。中でもタイは、世界最大のタイヤ工場を稼働するほか、天然ゴム農園やゴム加工所を展開するなど、同社にとって生産、開発両面で重要な役割を担っている。さ...
7Picks
理研、“ゴムの木”ゲノム解読。品種改良に応用
ニュースイッチ
|
理化学研究所環境資源科学研究センター合成ゲノミクス研究グループの松井南グループディレクターらは、タイヤなどに使う天然ゴムの資源となる樹木「パラゴムノキ」の全遺伝情報(ゲノム)の概要(ドラフトゲノム)を解読した。ドラフトゲノム配列は全長15億5000万塩基対で、配列上に遺伝子が約8万4000個あると予測。遺伝子情報全体の93・7%以上を網羅できたとみている。 ゲノム解読で同樹木の品種改良の効率...
6Picks
住友ゴムも値上げ 夏用タイヤ平均6%
産経ニュース
|
住友ゴム工業は5日、乗用車向けの夏用タイヤの出荷価格を6月1日に平均6%引き上げると発表した。原材料となる天然ゴムや合成ゴムなどの価格が高騰しているため。夏・冬向けのオートバイ用は6%、トラック・バス用が8%、建設車両用は10%それぞれ値上げする。冬用の値上げは9月1日分から実施する。
6Picks
天然ゴムより高性能の合成ゴム、ブリヂストンがバイオマスから生産
MONOist
|
ブリヂストンは、天然ゴムとほぼ同等の分子ミクロ構造を達成したポリイソプレンゴムの合成に成功した。天然ゴムと近い性質を実現したため、合成ゴムに置換することが可能になる。生産コストも「市況によるが、天然ゴムより少し高い程度」(ブリヂストン)に抑えたという。
6Picks
バイオ工学による天然ゴムの試験管内合成に成功 −天然ゴムの安定供給や新たな分子構造の天然ゴムの開発に貢献−
東北大学 -TOHOKU UNIVERSITY-
|
東北大学大学院工学研究科の高橋征司准教授、山下哲助教(注1)、中山亨教授(バイオ工学専攻応用生命化学講座)らは、住友ゴム工業株式会社、埼玉大学との共同研究により、天然ゴムの生合成に必要なタンパク質を発...
5Picks
ゴムのしなやかさと樹脂の強靭さを兼備――ブリヂストン、ゴムと樹脂を分子レベルで結び付けた世界初のポリマー「High Strength Rubber」を開発
fabcross for エンジニア
|
ブリヂストンは2018年5月17日、ゴムと樹脂を分子レベルで結び付けた世界初のポリマー「High Strength Rubber(以下、HSR)」の開発に成功したと発表した。一般的な合成ゴムよりも耐破壊特性が高い天然ゴムと比較して、耐亀裂性が5倍以上、耐摩耗性が2.5倍以上、引張強度が1.5倍以上という性能を有するという。 今回、同社は過去に独自開発した重合触媒「Gd触媒」をさらに進歩させた...
4Picks
素材急騰!タイヤ3社が6年ぶり値上げ、最大10%
ニュースイッチ
|
原材料価格高騰を受け、国内タイヤ3社が2011年以来、6年ぶりに市販用タイヤを値上げする。横浜ゴムが4月1日から、東洋ゴム工業は5月、ブリヂストンは6月から。タイヤの種類で値上げ率は異なるが、それぞれメーカー出荷価格の5―10%程度の値上げを決めた。住友ゴム工業も値上げを検討する。主原料の天然ゴム価格が昨秋から急騰。各社は生産向上などでコスト抑制に取り組んでいたが、上昇分を吸収できなくなった...
天然ゴム 概要
マレーシア
タイ
フィリピン
インド