新着Pick
SPD2U44LYKG64T36
各種受託システム開発
JPN

各種受託システム開発 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
システム開発
>
各種受託システム開発
特定の顧客業種を問わず、顧客の要望に応じ、システムをオーダーメイドで開発する受託型の開発を主としている企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
67Picks
ディスプレーシステムの次世代機完成へ、VRを発展させた「AVR」が面白い!
ニュースイッチ
|
ACW―DEEP(川崎市川崎区、山口聡社長)は、仮想現実(VR)の映像に実写映像を重ねる独自技術を用いた頭部装着型ディスプレーシステムで、装着感に優れた次世代機の試作モデルを年内にも完成させる。重量を4割以下に減らすなどして使い勝手を高め、作業訓練用や安全教育用でシステムの導入拡大につなげる。開発を本格化するためクラウドファンディング(CF)で、5000万円程度の資金を調達する計画だ。 VR...
16Picks
三井化学が挑む化学業界の新たなAI活用法の中身
ニュースイッチ
|
三井化学は2021年度から素材の新規用途探索に人工知能(AI)を活用する。どんな物性の素材がどんな用途で使われているかをAIに学習させ、人には思い付かない用途をAIが提案する。化学業界にとって新たなAI活用方法となる。研究開発や生産技術に加え、素材の営業もAIで効率化することで全社のデジタル変革(DX)を加速する。 AIを用いた素材の新規用途探索システムには、IBMのAI「ワトソン」の機能の...
142Picks
大成建設とソフトバンクが「細胞培養」システム開発…5G活用、東京-大阪で遠隔操作も
読売新聞
|
ゼネコン大手の大成建設と携帯電話大手のソフトバンクが、遠隔操作で細胞培養を進めることができる新システムを開発した。大成建設のロボットアーム技術と、ソフトバンクが提供する高速・大容量通信規格「5G」を活用した。人手不足に
4Picks
ドローン・EVから無線で充電…関電が開発、大阪万博で展示へ : ニュース : 関西発 : 地域
読売新聞
|
関西電力は、ケーブルを使わずにスマートフォンやパソコンなどを充電できる無線給電システムの開発に乗り出す。電子レンジなどで使われる電波の一種で、電気を変換して数メートル先まで飛ばせるマイクロ波を活用する。実用化した施設を
124Picks
電力会社に依存しない、「ソーラーカーポートEV充電ステーション」商用化へ
ニュースイッチ
|
ニプロン(兵庫県尼崎市、酒井節雄社長)は、太陽光発電で電気自動車(EV)や蓄電システムを充電するシステム「ソーラーカーポートEV充電ステーション」の開発を進める。同社の太陽光発電自家消費システム「PV Oasis(オアシス)」がベースで、2020年11月から本社・夢工場内で技術実証を繰り返しており、その結果を基に21年内の商品化を目指す。 PV Oasisは太陽光発電、蓄電池、充電器を直流接...
13Picks
独フォルクスワーゲン、自動運転用のチップを自社開発に切り替える計画
Engadget 日本版
|
Andrew Tarantola/Engadget 独フォルクスワーゲングループのCEOヘルベルト・ディース氏が、自動運転システム用のソフトウェアだけでなく必要なチップやハードウェアを含めてすべて独自開発する計画を発表しました。 ディース氏はドイツ紙Handelsblattに、将来の自動車の高い要求に応えるパフォーマンスを発揮するためには、ソフトウェアとハードウェアを共に開発する必要があると...
11Picks
ホンダが初「オンデマンド交通」実証、予約の時間や場所にタクシーを配車
ニュースイッチ
|
ホンダは、予約・配車システムを用いた乗り合い型のオンデマンド交通の実証実験を、宇都宮市と共同で5月13日に始める。利用者が予約した時間や場所に、タクシーなどを配車する。子会社のホンダモビリティソリューションズ(東京都港区)が開発した同システムの有効性を検証する。期間は9月17日まで。 ホンダが自治体と連携し、同システムを用いたオンデマンド交通の実証実験を実施するのは初。利用者は専用のアプリケ...
102Picks
ファーウェイの自動運転システムを体験してみた!人間の介入なしで複雑な状況に対応
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
4月中旬、ファーウェイが開発した自動運転システム「ADS」を上海の公道で体験することができた。以下はそのレポートである。高…
205Picks
日本のソフトウェア開発はなぜ世界から落伍したのか。中国人エンジニアの見方
中華IT最新事情
|
日本のソフトウェア開発はなぜ落伍したのか。中国のエンジニアの間でも話題になることが増えている。未来樹Aは、その理由をエンジニアの視点で解説をしている。委託開発が多い。システム開発の目的がイノベーションではなく、生産性の効率向上に留まっている。政府、地方自治体の案件が上位企業に集中するため、ベンチャーが育たないという理由を挙げている。 中国でも話題になっているCOCOAの件 日本でも話題になっ...
11Picks
自然と技術を融合させた「ロボ植物」が現実に? シンガポール
AFP
|
【4月25日 AFP】シンガポールの研究チームが植物と交信するハイテクシステムを開発した。
52Picks
パナソニック 進化した「おかず配膳システム」で食の安心安全と省人化を両立へ 端末からオーダーして配膳トレイ配置を全自動化
ロボスタ
|
パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社は同社の関連会社が開発した「おかず配膳システム」(冒頭の写真)を「海底撈」(かいていろう)の店舗に納入したことを発表した。
48Picks
曖昧な話し言葉にも対応できるAI、飲食店の注文取りで活用へ
ニュースイッチ
|
ギリア(東京都台東区、清水亮社長)は、シナリオとディープラーニング(深層学習)を組み合わせた対話用人工知能(AI)「ギリアM」を開発した。AIが話す内容は人がシナリオを書き、利用者の問いかけの認識や受け答えなどは深層学習で受ける。技術は完成したため事業モデルを検討する。飲食店の注文取りなど、無人接客システム向けに提案する。 新型AIは料理の説明や注文取りといった型がある程度決まった接客の無人...
11Picks
非接触の新ホテル 沖縄で2022年11月開館へ 生体認証チェックイン お土産は無人店キャッシュレス ドローン配送も実験
沖縄タイムス+プラス
|
ホテル運営の統合管理システムを開発するタップ(東京都、林武司社長)は、うるま市のIT津梁パーク内に、...
64Picks
今求められる「テクニカルディレクターの役割」とDX成功への鍵
“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信
|
DXが急速に進む中、IoTサービスやサブスクリプションモデルといった新しい顧客接点を開発していくためには、システム・データ構築と顧客体験開発の連携が重要となります。プロモーション領域においても「...
404Picks
「いきなりステーキ」が、会員1500万人を敵に回してまで「肉マイレージ」を改悪したウラ事情
マネー現代
|
日本最速記録で100店を突破、「肉マイレージ」システムの会員は1500万人ーー。高原価・高回転のビジネスモデルにより大躍進を実現した「いきなりステーキ」だが、近年は急失速。ペッパーランチ事業を売却、大量閉店を続け正念場を迎えている。極めつけは各種特典の終了という、肉マイレージの事実上の“改悪”だ。1500万人の会員を敵に回してまで、システムを見直した理由とは。飲食店コンサルタントの白岩大樹氏...
22Picks
日立が知能ロボットシステム開発会社を買収。物流やFAでSI事業強化
ニュースイッチ
|
日立製作所は、知能ロボットシステムを開発するベンチャーのKyoto Robotics(キョウトロボティクス、滋賀県草津市)を買収したと発表した。1日付で発行済み株式の約96%を取得し、子会社化した。買収額は明らかにしていない。日立は同買収により、物流や工場自動化(FA)の分野で、ロボットシステムインテグレーション(SI)事業を強化する。現場から経営までをデジタル技術でつなぎ、顧客事業の高度化...
11Picks
日立、立命館大発ベンチャー買収 知能ロボットシステム開発:時事ドットコム
時事ドットコム
|
日立製作所は8日、立命館大学発の知能ロボットシステム開発ベンチャー「Kyoto Robotics」(キョウトロボティクス、滋賀県草津市)の株式96%を産業革新投資機構(INCJ)から取得し、子会社化したと発表した。買収額は非公表。
11Picks
ワクチン接種券、3秒で読み取り。「接種記録システム」の全貌4月12日に一般向け接種開始
Business Insider Japan
|
4月6日、政府が開発していたワクチンの接種状況を管理する記録システム(VRS)が完成したとして、報道陣向けに公開された。 ワクチンの一般向け(高齢者向け)接種は、早い自治体では4月12日から始まる。 政府は自治体向けに記録システムのみが導入されている専用タブレット約3万台を配布。集団接種を実施する会...
51Picks
フォークを刺した音で食材が分かる 高精度な食事記録システムを立命館大が開発
ITmedia NEWS
|
食事を記録する「フードログ」は画像認識が主流だが、これは音で認識する。
52Picks
インテルはもうTSMCに勝てない?半導体・MEMS市場の行方を東北大 田中教授が解説
ビジネス+IT
|
半導体技術を生かしたMEMS(微小電子機械システム)の権威である、東北大学 大学院工学研究科 田中 秀治教授。同氏は登壇したイベントで、「インテルとTSMCの製造技術の差は開くばかり」だと述べた。半導体業界の“王者”インテルと、最大手の半導体受託工場であるTSMC。両者の現在地とは?また、同氏が指摘する「ファブレスモデルの落とし穴」とは何か。半導体・MEMSの最新動向から国内製造業復活への提...
各種受託システム開発 概要
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン
ベトナム