新着Pick
SPD2U44LYKG64T36
各種受託システム開発
JPN

各種受託システム開発 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
システム開発
>
各種受託システム開発
特定の顧客業種を問わず、顧客の要望に応じ、システムをオーダーメイドで開発する受託型の開発を主としている企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
8Picks
三菱電機、火星衛星探査機システムの本格的な開発に着手
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
三菱電機が、JAXAより火星衛星探査計画(以下、MMX)に用いる探査機システムの開発担当メーカーに選定された。これに伴い、同システムの本格的な開発に着手したと発表した。 MMXは、原始太陽系におけ…
3Picks
GUIでオーディオシステムを開発するAudio WeaverのDSP Conceptsが16億円相当を調達
TechCrunch Japan
|
DSP ConceptsのソフトウェアであるAudio Weaverは今やTesla、Porsche、GoPro、Braun Audioなど、さまざまな企業が利用している。同社はこのほど、シリーズBで1450万ドル(約16億円)を調達したことを発表した。 CEOのChin Beckmann(チン・ベックマン)氏とCTOのPaul Beckmann(ポール・ベックマン)氏夫妻によると、同社の目...
11Picks
飛行機搭乗時の面倒を軽減。自動手荷物預け機をJALが羽田空港に導入、AIが荷物や人を判断
Engadget 日本版
|
日本航空(JAL)は2月20日、自動手荷物預け機6台と新型自動チェックイン機(12台)を羽田空港国内線に導入したと発表しました。2月5日から試験運用を開始しており、これを正式に導入するもの。3月中旬ごろから本格的な運用を開始します。 自動手荷物預け機「Self Baggage Drop」は、物流システムや機器などを手がけるダイフクとJALが共同開発したもの。利用方法や操作手順などを表示する大...
25Picks
「エンジニアリングだけでは、ユーザーが必要なものに行き着かない」 デザインと出会った僕が気づいたこと
Business Insider Japan
|
大学院で3Dプリンタを使った義手の開発に取り組む気鋭のクリエイター、小笠原佑樹さん。 高専時代、各種コンテストで数々の実績を上げてきた彼は「デザイン」の世界と出会い、思考が大きく転換した。 「エンジニアリングだけしか知らない僕は、人に使ってもらうことを前提に考えてこなかった」 独学で得た視点を重ね、...
306Picks
ついに動き出した電子マンガ「中古売買」の成算
東洋経済オンライン
|
市場成長が続く電子書籍で、ブロックチェーンを活用した新しい流通システムの開発が進められている。新システムで技術的に可能になるのが、電子書店がサービスを停止した場合の購入済みコンテンツの保護と、電子書…
11Picks
インサイドセールスのベルフェイス、シニフィアンがリードしたシリーズCで52億円を資金調達——データサイエンティストなど含め420名体制へ
THE BRIDGE
|
インサイドセールスに特化した Web のコミュニケーション・システム「bellFace」を開発するベルフェイスは17日、シリーズ C ラウンドで52億円を資金調達したことを明らかにした。このラウンドのリードインベスターはグロースキャピタル「THE FUND」を運営するシニフィアンで、みずほキャピタルのほか、既存投資家である SMBC ベンチャーキャピタル、YJ キャピタル、みずほキャピタル、...
16Picks
過疎地の病院を救う…医師同士が共通画面で対話する遠隔医療システム
ニュースイッチ
|
【大病院と結ぶ】 エア・ウォーターは今春、社内分社の医療カンパニーで、医療業界の課題解決を狙った新システムを発売する。重症患者に対応する集中治療室(ICU)専門医の体制が整った大規模な病院と、同医が不足する離島など医療過疎地の病院をインターネットでつなぎ、医師同士が共通画面を見ながら対話し、遠隔診療につなげるものだ。 開発に取り組んだのは子会社のエア・ウォーター・バイオデザイン(神戸市中央区...
13Picks
世界に先駆け検討が進むワイヤレス給電の制度化検討、3パターンの周波数による運用が実現する可能性
新電力ネット
|
今後IoT化が進み、各種センサの利用の増加が予想されるところ、空間伝送型ワイヤレス電力伝送システムがより重要になってくると考えられます。空間伝送型WPTシステムについては、各国とも制度化には至っていない状況であり、本記事では無線給電の実現可能性について見ていきます。
83Picks
皮膚のように柔らかく、高感度なシート状磁気センサーシステムを開発
MONOist
|
大阪大学は、皮膚のように薄膜で軽量の磁気センサーマトリクスシートシステムを開発した。人の肌にも貼付できる柔軟性を持ち、従来の磁気センサーより感度が約10倍向上した。
16Picks
“カッコイイ”北大へ、最先端技術を多用する「スマート農業」新施設
ニュースイッチ
|
北海道大学はロボットや大量データ(ビッグデータ)、IoT(モノのインターネット)を多用するスマート農業で、研究・教育の新施設を2022年度に開設する。無人のロボット農機で、作物の病気や害虫の4K画像を撮影し、第5世代通信(5G)で遅延なく送信して人工知能(AI)で分析、ロボット農機で農薬や肥料をまくといったシステム開発を行う。都市部のキャンパス内で農場を管制室から見渡し、日本の最先端技術を海...
13Picks
転勤族、単身赴任が10年超 家族から孤立「何のため働いてきたか」
withnews.jp
|
メールの送り主は、西日本に住む50代男性です。情報システム開発や運用に携わる会社に勤めています。特徴的なのは、金融機関など依頼先の事業所が職場になるということです。担当が変わる度に転勤を余儀なくされ、30年以上の会社員生活で引っ越しは15…
40Picks
トヨタの「ミライ」技術、世界一周航海の旅に出る
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車は船舶向けの燃料電池(FC)システムを開発した。自社の燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の搭載部品を用いて、船舶用のコンパクトなシステムに仕立てた。再生可能エネルギーで世界一周航海を目指すフランスの「エナジー・オブザーバー号」に提供する。トヨタがFC技術を船舶向けに応用するのは初めて。 トヨタの欧州事業を統括するトヨタモーターヨーロッパが船舶用のFCシステムの再設計から...
34Picks
システム開発からビジネスモデルの変革へ。成長するために必要だった思考の変化
PR Table
|
前職では大手SI企業に勤め、企業のシステム開発のプロジェクトマネジメントを任されてきた小原 裕美子。環境や待遇に不満はありませんでしたが、あるきっかけでVeevaへの転職を決意します。経験を積み...
33Picks
GPSなしでも大丈夫、作業員300人の位置を即時把握できるシステムの仕組み
ニュースイッチ
|
シキノハイテック(富山県魚津市、浜田満広社長、0765・22・3477)は、工場や倉庫、地下施設、トンネルなどの全地球測位システム(GPS)信号が届かない場所でも作業員の位置や移動状況を計測、データ化できるシステム「PDRプラス システムオンプレワン=写真」をサイトセンシング(東京都千代田区)と共同開発した。4月に発売する。2023年度に5億円の売り上げを見込む。作業の効率改善や作業員の安全...
12Picks
ドコモとメルカリの「決済事業の提携」は生き残りへの道か?4つの疑問を整理した
Business Insider Japan
|
NTTドコモとメルカリは2月4日、業務提携を正式に発表。決済を含めた計5項目における分野で両社は互いの開発や加盟店開拓などの人的リソース、各種購買データなどを共有して活用する。 ・アカウント連携:「メルカリID」と「dアカウント」が連携可能に ・メルカリがdポイント加盟店に:2020年5月以降、ア...
14Picks
京セラと横浜市、再配達解消システムの実証実験開始
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
京セラと横浜市が、京セラが開発した「IoT宅配システム」による宅配の再配達解消を目的とした実証実験を、横浜市若葉台団地で開始することを発表した。 IoT宅配システムは、宅配ボックスの利用状況を、携…
13Picks
電子カルテ情報を統合 がん治療や創薬に貢献 京大とNTTが新会社設立
産経ニュース
|
京都大学とNTTは3日、医療機関が持つ電子カルテ情報を共有・解析する新会社を設立したと発表した。これまで各医療機関でシステムが異なり、情報が共有できなかった電子カルテ情報を取りまとめ、がん治療効果の分析や新薬開発への活用を目指す。
12Picks
京セラと横浜市、IoTで再配達を解消する宅配システムの実証実験を開始
IoTナビ
|
京セラと横浜市は、京セラが開発した「IoT宅配システム」による宅配の再配達解消を目的とした実証実験を、2月1日から横浜市若葉台団地(横浜市旭区)で開始する。 昨今、電子取引の拡大に伴い、宅配便の取り扱い個数は増加しており、宅配便の約15%が再配達されているという。取り扱い個数はさらに増加すると予測される一方で、物流業界の労働力不足やドライバーの労働時間の増加、さらにCO2排出量の増加などが社...
各種受託システム開発 概要
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン
ベトナム