新着Pick
SPD2QK9O6N7SNWX6
医療用電子機器
JPN

医療用電子機器 業界

日本
業界一覧
>
医薬・バイオ
>
医療・福祉関連品製造
>
医療用電子機器
心電計、超音波診断装置、MRI、CT、検体検査用機器等、治療、検査の際に利用する電子機器を製造する企業群。ただし、内視鏡は本業界から除き、光学機器業界、レンズ業界に含む
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
22Picks
気が利くAIが選ばれる!成功するAIソリューションの共通点 TOPICS AI
Future Stride
|
今やAIを搭載した電子機器はいたるところに存在している。きっとあなたのポケットの中にも。成功するAIソリューションを深く観察すると、1つの共通点があることに気付く。
24Picks
モバイル化する医療機器、AIとロボットの活用も進む
MONOist
|
東京ビッグサイトで2018年4月18〜20日に開催された「MEDTEC Japan 2018」。今回は、医療機器のモバイル化やAI、ビッグデータなどの先進技術に関する同イベントでの展示内容を紹介する。
5Picks
【韓国】サムスン電子、2020年までに米欧中での事業電力100%再生可能エネルギーに転換
【韓国】サムスン電子、2020年までに米欧中での事業電力100%再生可能エネルギーに転換 | Sustainable Japan
|
電子機器世界大手韓国サムスン電子は6月14日、2020年までに米国、欧州、中国での事業電力を100%再生可能エネルギーに転換すると発表した。当該地域の全ての工場、オフィスビル、他の事業施設が対象とな...
14Picks
医療・ヘルスケアモニター向けワイヤレス・バイオセンサー・プラットフォーム
MONOist
|
Life Signalsは、医療・ヘルスケアモニター分野のモバイル機器・ウェアラブル機器用に最適化された半導体チップ「Life Signal Product プラットフォーム」を発表した。STMicroelectronics、3Mと協力して開発・製品化した。
21Picks
体内の植え込み型医療機器に無線で給電できる画期的な手法をMITとハーバードが考案
マッシュメディア
|
米マサチューセッツ工科大学とハーバード大学医学部ブリガムアンドウィメンズ病院との研究プロジェクトは、2018年6月、高周波によって、ヒトの体内に埋め込まれたデバイスと無線で通信し、電力や光を供給できる画期的な手法を開発し
280Picks
MIT、体内の医療デバイスへワイヤレス給電する技術--バッテリ搭載が不要に
CNET Japan
|
マサチューセッツ工科大学(MIT)とBrigham and Women's Hospitalの研究チームは、体内に置かれた医療デバイスへワイヤレス給電する技術を開発した。実用化できれば、体内に埋め込んだ電子デバイスに、バッテリを搭載する必要がなくなる。
10Picks
「賢い人は失敗を、ばか者は成功を考える」 医療技術で産業と生きがいの創出を
J-CASTニュース
|
画期的な医療技術で経済成長を図り、活気ある国、生きがいを作ろう・・・日本医師会と米国医療機器・IVD工業会(AMDD) 、先進医療技術工業会 (AdvaMed) が主催するシンポジウムが2018年 6月 1日、東京で開かれた。 近年は画期的な医療機器が次々に登場、早期発見や早期回復で健康寿命を延ばし、生産性や社会の活力を向上させているとし、医療者・研究者や行政、企業の協力の必要性が浮かび上がった。
16Picks
磁性体の形状設計にAIを活用 - 富士通研究所
マイナビニュース
|
富士通研究所と富士通は、電子機器に多く含まれる部品の1つである磁性体において、AIを活用することで、エネルギー損失を最小にする形状を設計する技術を開発したと発表した。
36Picks
不眠症治療用アプリ開発のサスメドが7.2億円を資金調達——医療機器としての承認目指し、治験開始へ
TechCrunch Japan
|
 医療機器として不眠症治療用アプリの研究開発を行うヘルステックスタートアップのサスメドは6月4日、総額7.2億円の第三者割当増資を実施したと発表した。引受先は既存株主のBeyond Next Venturesに加え、SBIインベストメント、第一生命保険、エムスリー、Sony Innovation Fund、東京センチュリーの各社。 Read More
14Picks
医療機器のAI活用で期待される画像診断支援、国のゴーサインはいつ出るのか
MONOist
|
パシフィコ横浜で2018年4月13〜15日に開催された「2018 国際医用画像総合展(ITEM2018)」。今回は、医療分野におけるAI(人工知能)技術に関する同イベントでの展示内容を中心に主要各社の取り組み状況を紹介する。
10Picks
NISSHA、米医療機器メーカー買収
京都新聞
|
NISSHAは22日までに、米国の医療機器メーカーであるハートシンクの事業資産を買収した。同社は心臓に電気刺激を与える除細動器用の電極を製造しており、NISSHAは買収で医療機器事業を強化する。
36Picks
TBS「ブラックペアン」に医療団体が続々と抗議 「あり得ないシーン」多すぎ!
J-CASTテレビウォッチ
|
「嵐」の二宮和也が主演するTBS日曜劇場「ブラックペアン」について、医療現場の描き方が「あり得ないシーンが多すぎる」という抗議が医療団体から相次いでいる。21日(2018年5月)には日本医療機器産業連合会もホームページ上で「医療機器治験の実際について」という声明を発表、「現実と大きくかけ離れる描写があり、大変な病と闘っている患者の不信感をあおる心配がある」と指摘した。
277Picks
「治らなければ無料」が新基準に?ヘルスケア企業は「医師」から「患者」ファーストへ
ビジネス+IT
|
さまざまなビジネスに変革をもたらしているデジタル化の波は、とりわけ、ヘルスケア産業に大きな影響を与えそうだ。既存の医薬品メーカーや医療機器メーカーも、「患者のアウトカムの追求」へとビジネスモデルの転換を迫られているが、そのためにはITの利活用がカギとなる。激動の中にあるヘルスケア業界の現況を、アクセンチュア 製造・流通本部 アジア・パシフィック 医薬品・医療機器産業グループ統括マネジング・デ...
77Picks
サイバーダインのロボットスーツ、医療機器として欧米で拡大中
ニュースイッチ
|
サイバーダインは欧米と日本で、2018年度にロボット事業の拡大を目指す。米国ではリハビリ病院グループのブルックスリハビリテーションと合弁で、医療用HALを歩行機能改善などに活用する取り組みを始めた。
10Picks
ドラマ『ブラックペアン」に抗議 職業の描き方はどうあるべきなのか?現役治験コーディネーターに聞く - AbemaTIMES
BLOGOS - 最新記事
|
TBSで放送中の医療ドラマ「ブラックペアン」に出てくる「治験コーディネーター」について、「本物とは違う」と怒りの声が寄せられている。 治験とは、新薬や医療機器を開発する際、厚生労働省の認可を得るため、人体への効果・安全性を確認するテストのこと。そして、治験を行いたい製薬会社や医療機関、被験者をつなぐ調整役が治験コーディネーター、通称CRC(Clinical Research Coordina...
127Picks
電子部品大手6社が公表した今期の業績見通し、本当に“脱スマホ”は可能なの?
ニュースイッチ
|
電子部品6社の2019年3月期連結業績見通しが8日までに出そろい、5社が営業増益となりそうだ。スマートフォン向け事業の伸びが鈍化する一方、各社は自動車や産業機器向け事業を育成することで中長期的な成長を目指す。それに伴い今期は、生産面や開発面の投資を先駆的に実施する企業が目立つ。顕在化しているスマホ向け事業の減速を補うため試行錯誤が続く。 ミネベアミツミが8日発表した18年3月期連結決算はゲー...
172Picks
栄養ドリンク、海外参入で市場も元気 疲れたらこの1本
朝日新聞デジタル
|
仕事や勉強、スポーツでもうひとがんばりしたい時に手にする栄養ドリンク。ロングセラー品が装いを新たにするなど、市場が活気づいてきました。  栄養ドリンクは大きく二つある。医薬品医療機器法(旧薬事法)の…
10Picks
レコードを超音波で丸洗いする「Degritter」--ホコリや汚れと無縁な美しい音楽を
CNET Japan
|
「Degritter」は、周波数120kHzの超音波を使うレコード用の洗浄デバイス。医療器具の洗浄や半導体の製造でも使われる洗浄装置と同じ原理で、水に沈めたレコードに超音波を照射して汚れを落とす。
37Picks
医師が処方する「治療用アプリ」田辺三菱製薬が開発へ スマホで患者支援、保険も適用
産経ニュース
|
田辺三菱製薬が、国内製薬大手で初めて「治療用アプリ」の開発に乗り出すことが5日、分かった。治療用アプリは、スマートフォンなどのアプリが患者(利用者)の症状や体重、体調、生活パターンなどを分析し、医学的データに基づき生活習慣などを指導して、病気の治療を支援する仕組み。医薬品でも医療機器でもない“第3の治療法”になる可能性があり、世界各国で開発競争が始まろうとしている。
27Picks
オンライン診療は本当に良いことずくめなのか?
ニュースイッチ
|
情報通信機器を通して医師が患者の診察や診断を即時に行うオンライン診療が注目を集めている。政府は4月の診療報酬改定でオンライン診療を評価する枠組みを設け、実施にあたっての指針も策定した。医療ITベンチャーはこうした動きを歓迎する一方、短期的なオンライン診療の市場性には慎重な見解を示している。各事業者は医療の効率化に資するような実績を積み上げ、中長期の普及につなげられるか試される。 「(医師の)...
医療用電子機器 概要
世界
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア