新着Pick
SPD2B8NX93I403JT
二次電池
JPN

二次電池 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
電子部品・デバイス製造
>
二次電池
一次電池、二次電池(蓄電池)を製造する企業群。太陽電池・燃料電池は本業界より除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
273Picks
日本の第一人者たちの目。二次電池はどう進化するのか
二次電池展(関西展)の舞台となったインテックス大阪に、電池の研究開発、製造、販売、サービスなどあらゆる企業が集結した。関西展は、3月に東京で開催される春展、9月に千葉で開催される秋展と合わせた「...
4Picks
欧米の2倍超、日本国籍の二次電池発明件数「世界首位」が示したこと
ニュースイッチ
|
特許庁の脱炭素に関する技術区分に基づく統計調査によると、2010―21年に複数国で出願された日本国籍による二次電池の発明件数が2万6071件で世界首位だったことが明らかになった。日本が二次電池の高度な技術を蓄積していることが示された格好だ。脱炭素化に向けて二次電池の普及は欠かせない。日本の競争力向上が期待される。 特許庁はグリーン・トランスフォーメーション(GX)に関する技術動向を俯瞰するた...
2Picks
東北大など、マグネシウム二次電池の高エネルギー動作を実現する材料を開発
TECH+
|
● 東北大学、慶應義塾大学(慶大)、東京農工大学(農工大)、名古屋工業大学(名工大)の4者は1月30日、マグネシウム二次電池の正極材料として、マグネシウムとアルミニウムからなる酸化物の天然鉱物「スピネル」型のマグネシウムマンガン系酸化物(MgMn2O4)に対してナノ粒子化と多孔質化を行い、粒子サイズ2.5nm以下、比表面積500m2/g以上の超多孔質極小ナノスピネルの合成に成功し、理論容量2...
40Picks
ソフトバンクは「全固体」実証、通信大手が二次電池の開発に注力するワケ
ニュースイッチ
|
通信大手各社が二次電池の開発に力を注ぐ。ソフトバンクは2日、質量エネルギー密度を向上したリチウム金属電池や、全固体電池用正極材料の実証に成功したと発表した。電池を高性能化することで機器や設備の競争力を高め、革新的な通信サービスの普及にもつなげる狙いがある。NTTも“透けて曲がる二次電池”の研究を続けている。各社は安全性を確保した上で、どれだけ早期に実用化できるか試される。 「我々はHAPS(...
89Picks
リチウムイオン二次電池の基礎知識と歴史をちゃんとおさえる【ややムズ】
ニュースイッチ
|
リチウムイオン二次電池(LIB)に関する用途と市場は、最近大きく変貌し飛躍的に拡大しつつあります。特に、車載用としてハイブリット車、電気自動車での拡大、再生可能エネルギーの大規模導入による電力貯蔵や家庭・ビル用電源としての使用、携帯用電子機器の関係では、映像の記録再生機能を持つ携帯電話やワイヤレスのインターネット接続など、コードレスの電子機器があたりまえの時代になりました。また、電動アシスト...
121Picks
燃えない電解液、高性能で長寿命の二次電池に道
ニュースイッチ
|
東京大学大学院工学系研究科の山田淳夫教授らは、発火の可能性がない電池用電解液を開発した。200度Cまで引火点を持たず、200度C以上になると、引火点や発火点を迎える前に、消火剤として機能する蒸気を発
7Picks
【インド】東芝、二次電池の受注で本腰[電機] 使用範囲が限定的な用途に狙い
NNAアジア経済ニュース
|
【インド】東芝、二次電池の受注で本腰[電機] 東芝グループ独自のリチウムイオン電池「SCiB」の受注を巡り、東芝の完全子会社の東芝インドが本腰を入...
2Picks
【連載】SDGsの達成に貢献する「Sumika Sustainable Solutions」と、リチウムイオン二次電池用セパレータ「ペルヴィオⓇ」とは――住友化学株式会社 - fabcross for エンジニア
fabcross for エンジニア - エンジニアのためのキャリア応援マガジン
|
住友化学株式会社 電池部材事業部 部長 三井 慎一氏 GREEN×GLOBE Partners (GGP) は、三井住友フィナンシャルグループが運営する環境・社会課題解決のためのコミュニティです。環境・社会課題解決の「意 […]
65Picks
住友鉱、二次電池用材料の増産と再資源化 EV覇者の希少金属確保は十分か?
財経新聞
|
車載用二次電池の需要拡大の勢いが止まらない。
3Picks
長寿命、急速充放電できる小型リチウムイオン二次電池を展示
EE Times Japan
|
ニチコンは組み込み技術に関する展示会「EdgeTech+ 2022」(会期:2022年11月16~18日、会場:パシフィコ横浜)で、長寿命かつ急速充放電ができる小型リチウムイオン二次電池「SLBシリーズ」を展示した。
61Picks
TDK、次世代型二次電池量産へ 1000億円設備投資
日刊工業新聞電子版
|
TDKは次世代型リチウムイオン二次電池の量産に向け、2018―20年度の3年間に累計1000億円程度の設備投資を実施する。現在はスマートフォン向けの小型の長方形電池が主体だが、電動...
15Picks
「使用済み」大量発生に備えろ、リチウムイオン二次電池・リサイクル技術の今
ニュースイッチ
|
蓄電池として広く普及したリチウムイオン二次電池(LIB)。その原材料であるリチウムの需要は、電気自動車(EV)市場の拡大などに伴い、今後も急激に伸びると予想される。一方、2030年頃には初期のEVなどで使われたLIBが設計寿命を迎え、使用済み電池が大量に発生する。リチウムの全量を輸入に頼る日本にとり、使用済みLIBのリサイクル技術の確立は、需要増加分を賄うためだけでなく、持続的に資源を循環さ...
1Pick
二次電池の「デンドライト」抑制するセパレータ、23年サンプル提供開始
ニュースイッチ
|
電池材料を開発するスリーダムアライアンス(東京都港区)のシンガポール子会社、noco-nocoは22日、独自開発のセパレータ「X-SEPA」のサンプル出荷を2023年1月末から始めると発表した。 X-SEPAは高い空孔率を持つセパレータ。従来のセパレータは穴が不規則に空いているため、負極の表面にできる針状の金属結晶「デンドライト」の原因になっていた。同社のセパレータは孔を規則的に配置すること...
5Picks
TDK、中国のEV向け二次電池大手と合弁会社を設立
EE Times Japan
|
TDKは2022年6月20日、二次電池事業を手掛ける同社子会社と中国の車載用二次電池大手「Contemporary Amperex Technology Co., Limited」(中国福建省、以下、CATL)との間で、家庭用蓄電システムや電動二輪車、その他産業用途に適した中型二次電池の開発、製造、販売に特化した合弁会社2社を設立したと発表した。
14Picks
韓国研究チーム「安全で自由変形可能な全固体二次電池を開発」発表 - コリア・エレクトロニクス
コリア・エレクトロニクス - コリア・エレクトロニクス
|
次世代バッテリーとして注目を集めている「全固体二次電池」の容量と安全性を向上させ、形状を自由に変えられる技術 […]
二次電池 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
シンガポール
マレーシア
インドネシア
ベトナム