新着Pick
SPD29UCZZ7VBYAK7
通信端末・回線販売
JPN

通信端末・回線販売 業界

日本
業界一覧
>
小売
>
家電・OA小売
>
通信端末・回線販売
携帯電話などの通信端末販売および通信回線契約の取次を行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
54Picks
ドコモ通信障害でも「無傷」だった人 「デュアルSIM」で別回線契約が生きた
J-CAST トレンド
|
NTTドコモで2021年10月14日から15日にかけて、通信障害が発生した。全国のユーザーに影響が及び、同社は15日に会見を開いて、田村穂積副社長が謝罪した。一方で、一部スマートフォン(スマホ)に搭載されている「デュアルSIM」機能のおかげで、ことなきを得たという声がツイッター上に出ている。1台の端末で回線使い分けドコモの発表によれば、14日17時ごろから音声通話やデータ通信が一時的に利用しづらく
19Picks
シャープとOPPO、クロスライセンス契約締結 - 特許紛争に終止符
TECH+
|
シャープとGuangdong OPPO Mobile Telecommunicationsは10月8日、両社の通信技術の特許を含み、それぞれの端末製品の販売をカバーする、グローバルな特許クロスライセンス契約の締結に至ったと発表した。これにより、両社間の世界各地での訴訟も取り下げる。 両社間の特許関連訴訟紛争は、2020年より世界各地で展開されていたが、今回クロスライセンス契約に署名し、各地で...
10Picks
「2030年に新車販売の20%が自動運転車に」 ファーウェイ、2030年の中国市場を予測
自動運転ラボ
|
中国の通信機器大手華為技術(ファーウェイ)は2021年9月、パートナー企業などと開催した「インテリジェントワールド2030フォーラム」において、今後のモビリティ業界のトレンド予測などを紹介した。 具体的には、2030年ま […] The post 「2030年に新車販売の20%が自動運転車に」 ファーウェイ、2030年の中国市場を予測 first appeared on 自動運転ラボ.
12Picks
NTTがXRコンテンツで売上高1000億円へ、その差別化施策とは?
ニュースイッチ
|
NTTは仮想現実(VR)や拡張現実(AR)などの総称であるXRのコンテンツ分野において、2025年に自社グループで1000億円規模の売上高を目指す考えを示した。大容量通信をはじめとする技術開発を進め、高性能な端末が無くても高い没入感が得られる枠組みを追求して競争力を向上する。他社と協業し、オンラインイベントでの宣伝やマーケティングの実証にも取り組む。 NTTはXRコンテンツの市場規模を25年...
18Picks
物流の力で中国奥地の農村を豊かに、貧困県支援に取り組む「菜鳥」
AlibabaNews Japanese - アリババニュース
|
中国では「要想富先修路」(豊かになりたいのであれば、まず道を整備せよ)をスローガンに農村道路網の整備を進められてきました。秘境とも言うべき山村にまで道路がつながりつつある。インターネット回線のカバー率も高まっている。辺境でも整備が進むインフラをいかに活用して、人々の生活水準を高めるのか。アリババグループはネット販売と物流の切り口からこの課題に取り組んでいる。
119Picks
菅政権、携帯料金引き下げ実現 大手も月2000円台プラン
時事ドットコム
|
菅義偉首相が看板政策の一つとして力を注いできたのが携帯電話料金の引き下げだ。安倍政権の官房長官時代から値下げに言及し、通信業界に「圧力」をかけてきた。今年春にはNTTドコモなど大手各社が月額2000円台の低料金プランを相次いで投入。「国際的に見ても安い水準」(総務省)となった。 菅氏は2018年8月、「(携帯料金を)4割下げる余地がある」と発言し、値下げ議論に火を付けた。端末代金と通信料金を...
196Picks
光通信の速度100倍へ 官民で次世代半導体の開発強化
産経ニュース
|
光通信の高速化と省電力化に向け、総務省とNTTなど各社が官民で次世代半導体の研究開発に乗り出すことが分かった。令和7年度末までに現行の100倍となる毎秒1テラ(テラは1兆)ビットの速度と10分の1の省電力化の両立を目指す。光回線の高速化は、新型コロナウイルス禍や社会のデジタル化でインターネットの通信量が急増する中で喫緊の課題となっている。しかし「安全保障上も中国の技術は使えない」(政府幹部)...
60Picks
地味に受注急増中!パナソニック「実装機」の正体
東洋経済オンライン
|
世界的に普及が本格化している高速通信規格の5G。新しい通信規格を活用した機器やICT端末の需要が拡大する中、それらの生産を支える機械「実装機」の売り上げが足元で急成長している。パナソニックでは、実装機な…
38Picks
5Gで実現する「スマートシティー」。プライバシー問題にどう対応するか
ニュースイッチ
|
マスキング技術、効果発揮 第5世代通信(5G)は、スマートシティー(次世代環境都市)の実現に向け都市のビデオ監視とデータ分析の高品質・高精度化に貢献する。だが、個人の権利を侵害する前に、どの程度までスマート化するべきかが課題となる。 すべての人々のセキュリティーとプライバシーを同時に満足させることは難しいが、エッジ(端末)側でのビデオアナリティクス(動画分析)のようなソリューションを用いると...
120Picks
SIMロック原則禁止、10月1日から 総務省が携帯キャリアに義務付け
Engadget 日本版
|
総務省は改定したガイドラインで、携帯キャリアが販売するスマートフォンにSIMロックを設定する行為を原則として禁止しました。 同ガイドラインは10月1日以降に発売する端末に適用します。また、10月1日より前に発売した端末であっても、来年(2022年)10月1日以降は、原則としてSIMロックを設定しない状態で販売することを義務付けます。 同省はSIMロックについて、携帯キャリアを乗り換える際の手...
16Picks
eスポーツ大会運営を外販 NTT東が福利厚生向け
産経ニュース
|
NTT東日本が、コンピューターゲームの腕前を競う「eスポーツ」イベントの運営支援サービスを企業向けに販売することが13日、分かった。新型コロナウイルス禍で社員向けのレクリエーションとして旅行や運動会ができなくなった企業から、eスポーツイベントを代わりに開催したいと相談を受ける機会が増加。イベントの司会派遣や通信環境整備などを一括して提供する。
12Picks
一段落した「GIGAスクール構想」、学校のIT化は進んだ? 教育現場に残る課題
ITmedia NEWS
|
GIGAスクール構想では2020年度中に児童生徒への学習用PCの配布や学校の通信環境整備などを進めてきた。21年度に入って、学校のIT化は進んだものの、現場には「端末の持ち帰り」「学習アプリがない」「教師に変化が必要」など課題も残る。
28Picks
トヨタの世界販売台数が過去最多の546万台。2年連続首位
NewsPicks編集部
|
NewsPicksで毎朝配信されるニュースと連動して、5分間で1つだけ「今日知っておきたい」ニュースを解説する「NewsPicksニュースレター」。今日のテーマは「トヨタの世界販売台数が過去最多」です。 ▼さらに深く知りたい方はこちら トヨタ世界販売、過去最多 546万台、2年連続首位(共同通信) https://newspicks.com/news/6055510/
75Picks
文科省、教職課程でICT教育科目の履修を義務付けへ
読売新聞
|
文部科学省は、大学や短大の教職課程で学生が小中高校の教員免許を取得する際、ICT(情報通信技術)を活用した教育に関する科目の履修を義務付けることを決めた。小中学校では「GIGAスクール構想」で児童生徒に1人1台の端末配
189Picks
販売契約のアサヒビール「コメントできない」。五輪会場で『酒類販売を容認』と報道
ハフポスト日本版
|
東京オリンピック・パラリンピック組織委員会が会場で観客への酒類の販売を認める方向で調整していると報じられ、波紋が広がっている。 6月21日に共同通信が関係者の話として報じた。時間帯を制限するとみられるという。 新型コロナ感染予防対策で飲食店などでの酒類提供の制限が続いており、「国民や飲食店に我慢を強いていながら、五輪なら許されるのか」などと組織委に対する批判の声が上がっている。 報道を受けて...
15Picks
「Starlink衛星通信端末は製造コストの半値以下で提供」とマスクCEO、黒字化までもうしばらく時間がかかりそう
TechCrunch Japan
|
衛星ネットワークを利用して世界中に高速ブロードバンドを提供するというSpaceX(スペースX)のプロジェクトは、顧客にベータ版キットを約500ドル(約5万5300円)で販売しているが、実際にはそれ以上の製造コストがかかっていると、イーロン・マスクCEOは米国時間6月29日のインタビューで語った。
27Picks
ファーウェイ5G販売への米補助金利用禁止、FCC妥当-米連邦高裁
Bloomberg
|
中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)を安全保障上の脅威とした米連邦通信委員会(FCC)の判断は妥当で、米国がブロードバンド開発に割り当てた連邦資金を同社の第5世代(5G)移動通信関連の販売に補助金として利用することはできない。ニューオーリンズの連邦高裁が18日、こうした判断を下した。
通信端末・回線販売 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン