新着Pick
SPD29PYM80XHQV6W
自動車・産業用ゴム製品
JPN

自動車・産業用ゴム製品 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
自動車部品製造
>
自動車・産業用ゴム製品
ゴムライニング、ゴムホース、伝導用ベルト、ワイパー等、ゴムを原料としたあらゆる自動車、産業用製品を製造する企業群。但し、自動車用のタイヤは本企業から除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
113Picks
「クモの糸」を超える「ミノムシの糸」がバイオエコノミーを加速する
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
2018年12月、繊維、素材、医薬品などのヘルスケア商品などを製造・販売する興和株式会社と、国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は、共同研究により「ミノムシの糸」を産業用に…
11Picks
排泄介助がネック…日本の介護職、外国人労働者からも「選ばれない」という絶望
ビジネスジャーナル
|
今年4月1日施行の改正出入国管理法で制度化された在留資格「特定技能」に14業種が指定された。14業種とは、介護、ビルクリーニング、素形材産業、産業機械製造業、電気・電子情報関連産業、建設、造船・舶用工業、自動車整備、航空、宿泊、農業、漁業、飲食料品製造業、外食業。法務省関係者によ...
5Picks
中国政府と連携も…絶えない「軸受」の偽装品
ニュースイッチ
|
産業機械や自動車の要素部品として欠かせない軸受。補修用などのアフターパーツでは偽造品が絶えず、世界100カ国・地域以上で見つかっている。偽造品は機械の故障だけでなく労働災害に発展する可能性もあり、軸受業界は政府機関と連携した摘発にも乗り出している。ただ中国を中心とした構造的な問題が対策を難しくしている面があり、違法企業との“モグラたたき”が続く状況に、軸受けメーカーは苦悶(くもん)の表情を浮...
18Picks
LEDメーカー、事業再編を活発化
LIMO
|
LEDメーカーが本格的な事業再編に取り組んでいる。これまで市場拡大の牽引役だった液晶用バックライト(BLU)と一般照明が、BLUは有機ELの普及、一般照明は急速な価格下落によって伸びなくなり、新たな成長領域へ打って出ざるを得なくなっているためだ。ただし、かつて「BLU」「一般照明」「自動車」と数えられたような明確な有望市場は現時点でなかなか見当たらず、メーカー各社は得意領域をベースにして、そ...
198Picks
衛星通信用の地上アンテナをシェア、宇宙ベンチャーの狙い
ニュースイッチ
|
宇宙ビジネスをより身近に―。Infostellar(インフォステラ、東京都品川区、倉原直美最高経営責任者〈CEO〉)は、衛星通信用の地上アンテナのシェアリングサービスを手がける。農業や船舶、インフラ管理など、小型人工衛星の活躍が期待される産業は広いものの、地上アンテナの整備がネックの一つになってきた。そこでインフォステラがアンテナの空き時間をまとめて融通する。人工衛星と地上を結ぶ通信プラット...
66Picks
GAFAのデータセンターを支える「高機能フィルム」の凄すぎる実力
マネー現代
|
高機能フィルムを製造・販売する帝人フィルムソリューションを取材した。原料を変えたり、性質が異なるフィルムを重ねたりすることでフィルムの特性は大きく変わるため、同社製品は各種工業製品の製造工程で使う材料、電気の絶縁、高記録密度磁気テープの原料などあらゆる産業分野で利用されているという。生え抜きで“フィルム業界の生き字引”とも言われる能美慶弘社長(58歳)に聞いた。
199Picks
とにかく手軽に始められる産業用IoTサービスとは!?
<PR>JBpress
|
[提供:アムニモ株式会社] コストやリスクなどを理由にIoTの活用に踏み切れていない…そんな悩みを抱える企業でも、とにかく手軽に始められる産業用IoTサービスが登場!?中小企業こそ取り組むべき「...
27Picks
トヨタが走行中に充電できるソーラールーフ電気自動車をテストへ
TechCrunch Japan
|
トヨタは日本限定のプリウスPHVに用意されていた太陽電池の改良版を、シャープやNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)と共同でテストしている。このデモカーの太陽電池のプロトタイプは、従来の22.5%から大幅に改善された34%という効率で、太陽光を電力に変換できる。さらに既存モデルとは異なり、走行中に駆動用バッテリーが充電でき、走行距離を大幅に伸ばすことができる。 この新しいシステムは、...
101Picks
中国の産業用ロボット市場、2025年に1兆円の大台迫る
ニュースイッチ
|
富士経済(東京都中央区)は、中国の産業用ロボット市場が2025年に18年比2・7倍の9838億円に拡大するとの予測をまとめた。人手不足、人件費高騰、スマートフォンや自動車といった主要産業の需要好調などにより、中長期での堅調な市場拡大を予想。中でも組み立てや搬送系ロボットの大幅な伸びがけん引するとの見通しを示した。 19年は同11・3%増の4125億円を見込む。用途別では組み立てや搬送系のロボ...
25Picks
日本が米国の自動車追加関税を恐れる7つの理由ーチャートで読み解く
Bloomberg.com
|
茂木敏充経済財政・再生相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が精力的に進めている日米貿易協定交渉では、自動車と農産品が最大の焦点だ。特に自動車分野はトランプ米大統領が自国産業保護のため25%の追加関税を検討しており、発動されれば日本経済は相当の打撃を受けかねない。その理由を7つのチャートで解説する。
34Picks
物流倉庫のロボット自動化を支援--アクセンチュアとMUJINが協業
ZDNet Japan
|
アクセンチュアは6月28日、産業ロボット向けの制御用ソフトを提供するMUJINと協業を開始したと発表した。物流領域のデジタル変革を進めるため、人工知能(AI)やロボットを活用したサービスを共同で開発、提供していく。
58Picks
テスラが自前でバッテリー開発を検討中との報道
TechCrunch Japan
|
自動車メーカーのTesla(テスラ)が、サプライチェーンの主要パートの1つを自前で抱えたらどうなるか、カリフォルニア州フリーモントの工場近くの秘密のラボで行われている研究を通じて検討中だ、とCNBCが報じた。テスラは現在、車載用のバッテリーパックと電池の製造をパナソニックに頼っている。これは全体の部品表の中で最も重要な構成要素といわなくても、重要なものの1つだ。 Teslaにとって、自動車メ...
11Picks
産業用IoTも「サブスク」で利用する時代に IoTベンチャー、アムニモが業界に与えたインパクト
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
初期費用が無料で1カ月単位で利用できるという手軽なIoTサービスが登場した。産業用IoTベンチャーのアムニモが開発した「amnimo sense(アムニモ センス)」がそれだ。導入に関わる部分をパッケージ化し、データ取得、運用の基本サービスを月額課金のサブスクリプションモデルで提供する。IoTを導入したくても投資余力が乏しく、専門人材もいない中小企業にとって有力な選択肢の1つになりそうだ。
11Picks
サンデン、急拡大する中国のEV市場に向けてヒートポンプを本格展開
財経新聞
|
サンデン・オートモーティブクライメイトシステムは、中国の自動車市場で最大のシェアを持つ上海汽車に対し、電気自動車用ヒートポンプの提供を本格的に開始した。
26Picks
マグネシウム合金を鋳造したクルマ用の車輪ホイール量産へ
ニュースイッチ
|
戸畑製作所(北九州市小倉南区、松本敏治社長)は、マグネシウム合金を鋳造した自動車用の車輪ホイールの量産に乗り出す。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)などとの産学連携で車両メーカーの軽量化
16Picks
「波は来てからでは遅い」(永守会長)-日本電産のEV待ち伏せ戦略
ニュースイッチ
|
日本電産が電気自動車(EV)をターゲットに車載事業の規模を大きく拡大する。100年に1度と言われる自動車業界の激変期。車の3要素「走る・曲がる・止まる」に関わるモーターなどの製品群をそろえる日本電産は、2025年をめどにEV用プラットフォーム(車台)事業へ参入し、同事業で30年度に約1兆円の売上高を目指す方針だ。強気に攻める背景には、車産業で聞こえ始めた“地殻変動の音”がある。 「マーケット...
14Picks
InfineonのCypress買収は“弱点の克服”を狙う一手
EE Times Japan
|
Infineon Technologies(インフィニオン テクノロジー)とCypress Semiconductor(サイプレス セミコンダクタ)は2019年6月3日(ドイツ時間)、InfineonがCypressを約90億ユーロ(約1兆1000億円)で買収することで合意したと発表した。InfineonとCypressは、製品の重複が極めて少なく、自動車領域やIoT(モノのインターネット)...
25Picks
レアアース不使用で3割軽量化、ドローン用モーターの進化は止まらない
ニュースイッチ
|
愛知製鋼は沢藤電機と共同で、従来製品よりも3割軽量化した飛行ロボット(ドローン)用モーターを開発した。さまざまな形状に成形できる磁石を活用し、筐(きょう)体と一体成形する技術を確立したことで設計の自
10Picks
優良と思われた太陽光発電システム会社が倒産、「身の丈」を超えたリスク経営
ニュースイッチ
|
太陽光発電システム事業を展開するパシフイック・コースト・インダストリー(PCI社)は、日本中が祝賀ムードに包まれた令和元年5月1日、同業者に事業を譲渡した上でGW明けの8日に破産を申し立てた。 PCI社の設立は1990年12月。内装工事からスタートし住宅用ソーラーパネル、産業用メガソーラー発電施設のパネル設置工事へと業容を拡大させた。ピーク時の2016年6月期には年売上高約32億7100万円...
自動車・産業用ゴム製品 概要
日本
マレーシア
タイ
フィリピン
アメリカ合衆国