新着Pick
SPD1ZH8U7WYTL8A9
エアバッグ・シートベルト
JPN

エアバッグ・シートベルト 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
自動車部品製造
>
エアバッグ・シートベルト
エアバッグ、シートベルト等の安全装置およびシステムを製造する企業群。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
1Pick
タカタ(7312)2016年3月期Q1(4-6月期)決算。足元業績は好調だがリコール問題の完全決着はまだ先に
Longine
|
決算発表後の第一印象 会社予想が上方修正されたのは好印象だが、一連のリコール関係の完全解決はまだ見えない。株価に対しては「中立」の印象。 コメント 独立系の大手部品メーカーで、主製品はエアバッグ、シートベルト等の安全部品。ホンダを始めとして、国内外の多くの自動車メーカーへ納入しており、世界有数の自動車安全部品メーカーの1つである。2014年夏以降、一連の大規模なリコール(同社製エアバッグの不具合に起因)が、米国市場を中心に大きな社会問題となっている。 Q1実績は、売上高は+20%増、営業利益が+35%増の大幅な増収増益となった。自動車メーカー各社の国内生産減により、国内事業は苦戦したもの...
1Pick
タカタ(7312)の2016年3月期Q3累計(4-12月期)決算。リコール問題の抜本的解決は待ったなし
Longine
|
決算発表後の第一印象 決算の内容は二の次。一連のリコール問題の抜本的解決は待ったなし。株価に対しては「中立」の印象。 コメント 独立系の大手部品メーカーで、主製品はエアバッグ、シートベルト等の安全部品。ホンダを始めとして、国内外の多くの自動車メーカーへ納入しており、世界有数の自動車安全部品メーカーの1つである。2014年夏以降、一連の大規模なリコール(同社製エアバッグの不具合に起因)が、米国市場を中心に大きな社会問題となっている。 Q3累計実績は、営業利益が対前年同期比+38%増、親会社株主に帰属する四半期純利益が25億円の黒字(前年同期は▲325億円の赤字)。終わったQ3(10-12月...
1Pick
タカタ(7312)2016年3月期上期(4-9月期)決算。一連のエアバッグ不具合問題は未だ解決が見えず
Longine
|
決算発表後の第一印象 リコール費用計上は十分とは言い難い印象だ。自動車メーカーの不採用方針が相次いでいるが、直近の株価暴落を勘案して、株価に対しては「ややネガティブ」な印象程度に止める。 コメント 独立系の大手部品メーカーで、主製品はエアバッグ、シートベルト等の安全部品。ホンダを始めとして、国内外の多くの自動車メーカーへ納入しており、世界有数の自動車安全部品メーカーの1つである。2014年夏以降、一連の大規模なリコール(同社製エアバッグの不具合に起因)が、米国市場を中心に大きな社会問題となっている。 上期実績は、売上高は+19%増、営業利益が+33%増、親会社株主に帰属する四半期純利益が...
1Pick
タカタ(7312)の2016年3月期決算。悪材料出尽くしには、まだ程遠い内容
Longine
|
決算発表後の第一印象 2017年3月期の会社予想は参考程度にもならない内容。株価に対して「ネガティブ」な印象。 コメント 独立系の大手部品メーカーで、主製品はエアバッグ、シートベルト等の安全部品。ホンダを始めとして、国内外の多くの自動車メーカーへ納入しており、世界有数の自動車安全部品メーカーの1つである。2014年夏以降、一連の大規模なリコール(同社製エアバッグの不具合に起因)が、米国市場を中心に大きな社会問題となっている。 2016年3月期実績は、営業利益が対前期比+28%増、親会社株主に帰属する当期純利益が▲130億円の赤字(前期は▲296億円の赤字)。発表直前の5月9日に業績修正を...
1Pick
タカタ(7312)2015年3月期決算。今後は訴訟問題解決の“落とし所”に焦点が移ろう
Longine
|
決算発表後の第一印象 新たな悪材料発生の可能性は低くなった分、訴訟問題の“落とし所”が今後の焦点か。株価に対して「中立」な印象。 コメント 独立系の大手部品メーカーで、主製品はエアバッグ、シートベルト等の安全部品。国内外の多くの自動車メーカーへ納入しており、世界有数の自動車安全部品メーカーの1つである。2014年夏以降、一連の大規模なリコール(同社製エアバッグの不具合に起因)が、米国市場を中心に大きな社会問題に。2015年3月期実績は、営業利益が+25%増と好調だったが、多額のリコール対応費用を特別損失に計上したため、▲296億円の最終赤字に陥った。また、配当も無配とすることを発表。 注...
エアバッグ・シートベルト 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
アメリカ合衆国