新着Pick
SPD1VEOD72JD89ZW
防衛
ALL

防衛 業界

世界
業界一覧
>
機械・電気製品
>
重工業機械製造
>
防衛
軍組織に対して兵器などを製造する、または諜報などのサービスを提供する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
1Pick
パラシュート目撃、米海兵隊は訓練否定 防衛局も情報なし
琉球新報
|
沖縄県名護市豊原の住民が5日午後5時ごろ、同集落沖にパラシュートが落下するのを目撃した件で、米海兵隊は6日「キャンプ・シュワブで5日、その種の訓練は実施していない」と関与を否定した。パラシュートが目...
9Picks
企業買収における毒薬って何?
GLOBIS知見録 最新記事
|
「企業買収における毒薬」というと物騒な感じがしますが、買収防衛策の1つであるポイズンピルを日本語に訳したものです。ポイズンピルとは、既存株主にあらかじめ「買収者のみが行使できない」ストックオプションを付与しておき、敵対的買収が起こった場合、買収者以外の株主がストックオプションを行使することにより買収者の持株比率を低下させ、支配権を獲得するために必要な買収コストを増加させることで買収を困難にさせ
4Picks
米軍によるイランのソレイマニ司令官殺害は「非合法」=国連調査官
Reuters
|
[ジュネーブ 6日 ロイター] - 2020年1月、米軍が無人機攻撃でイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官ら10人を殺害したことについて、国連人権調査官は7月6日、国際法違反との見解を示した。
36Picks
イージス2隻増、陸自が補完 MD代替策、政府検討
時事ドットコム
|
陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の計画断念を受けたミサイル防衛(MD)の代替策として、海上自衛隊のイージス艦を2隻程度増やし、業務の一部を陸上自衛隊員に担わせる案を政府が検討していることが4日、分かった。陸自による補完は海自の乗組員不足を踏まえた措置。複数の政府・与党関係者が明らかにした。
19Picks
「防衛省報告書」入手 イージス・アショアのレーダーは使い物にならない
文春オンライン
|
6月15日に突如、河野太郎防衛相が配備計画中止を発表した地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」。河野防衛相は、中止の理由を「ミサイルのブースター(推進装置)の落下問題」と説明している。し…
29Picks
イージス代替策、検討着手 「メガフロート」案も浮上―政府
時事ドットコム
|
陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の計画停止を受け、政府はミサイル防衛の代替策の検討に着手した。海上基地にイージス・システムを置く「メガフロート」案や、護衛艦にシステムを転用する案などが浮上。今夏中のとりまとめに向け、防衛省や国家安全保障局が対応に当たっている。
11Picks
イージス・アショアより世界が羨む日本の技術を磨け ミサイルをミサイルで撃ち落とす時代は既に終わっている
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
6月15日の夕刻、防衛大臣は首相の決断として事実上、イージスアショアの導入を断念することを発表した。手続き上、政治家へは説明がなかったとして、歴代防衛大臣などからは非難の声が上がっている。しかし、イージスアショアの配備はそもそも、日本の3段構えと称するミサイル防衛の実態を議論することなく浮上した計画であった。
42Picks
奄美接続水域に潜水艦、中国軍か 潜ったまま西進、領海侵入なし
共同通信
|
奄美接続水域に潜水艦、中国軍か 防衛省は20日、鹿児島県・奄美大島の北東の接続水域内で、18日午後に外国の潜水艦1隻が潜ったまま西進...
29Picks
「敵基地攻撃能力」保有なら攻勢的専守防衛への転換 首相の検討表明
産経ニュース
|
安倍晋三首相が18日の記者会見で、敵のミサイル発射基地を攻撃し、発射を抑止する「敵基地攻撃能力」の保有を検討する意思を示したのは、北朝鮮など周辺国のミサイル技術が高度化する中、迎撃能力に頼るだけでは対処しきれない恐れが強いからだ。保有すれば抑止力のあり方が根本的に見直され、「専守防衛」の方針は守勢的から攻勢的なものへと大転換する。
50Picks
二階氏「相談なく一方的に発表」 イージス・アショアめぐり防衛省に怒り
産経ニュース
|
自民党は17日、防衛省が秋田県と山口県で進めていた地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画を停止したことを受け、党本部で北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部(本部長・二階俊博幹事長)の会合を開いた。二階氏は「国防の重要な問題を党と政府はともに進めてきたはずだが、今回は何の相談もなく一方的に発表された」と怒りをにじませた。
250Picks
河野防衛相「イージス・アショア」配備計画停止を表明
NHKニュース
|
【NHK】新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の山口県と秋田県への配備計画をめぐり、河野防衛大臣は、15日午後5時半すぎ…
13Picks
北の新ミサイル迎撃困難 地上イージス中止、2つの代替案想定
産経ニュース
|
地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画停止を受け、装備の導入自体も白紙化することになれば弾道ミサイル防衛(BMD)構想も見直すことが急務となる。北朝鮮と中国の脅威をにらみ、発射直後の対処や「(発射前の)敵基地攻撃能力も代替案の選択肢」(政府高官)とされ、能力保有の検討が加速する可能性がある。
11Picks
地上イージス計画停止「承服できない」 自民から怒り噴出
産経ニュース
|
自民党は16日、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画の停止をめぐり、国防部会などの合同会議を開いた。平成29年にイージス・アショア導入を決めた当時の防衛相だった小野寺五典・党安全保障調査会長が「しっかり説明がなければ到底承服できない」と述べるなど、激しい異論や怒りが噴出した。
20Picks
「米中新冷戦の行方を決めるのは『軍事大国・日本』だ」中国メディアが警戒 | 防衛費は戦後最大、標的は北朝鮮から中国へ
クーリエ・ジャポン
|
米中新冷戦に対する危機感が世界中で高まるなか、中国メディアは「両国の明暗を握るのは日本」と指摘。人知れず防衛費を増額し、最新鋭の軍装備を蓄えてきた日本は、中国に勝るとも劣らない「軍事大国」だと分析する。標的は北朝鮮から中国へ2020年4月、安倍晋三首相は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な流行によって「日本経済は戦後最大の危機に直面している」と述べた。だがそう言いながらも、日本政
124Picks
ブルーインパルス、再披露も 防衛相「全国から要望」
共同通信
|
ブルーインパルス、再披露も 河野太郎防衛相は2日の記者会見で、5月29日に東京都心の上空で編隊飛行を披露した航空自衛隊のアクロバ...
11Picks
アップルストアが要塞化。黒人圧死抗議デモで窓が粉々…
ギズモード・ジャパン
|
これはひどい… ミネアポリス市警に膝で首を押さえつけられて窒息死した黒人男性を悼むデモの混乱に乗じ、全米各地のアップルストアにも略奪の暴徒が侵入し、窓ガラスがハンマーやスパナで粉々に叩き割られて中のものが片っ端から盗まれる被害が多発! Appleがベニヤ板やバリケード、遠隔ブリック化の最終対抗手段で防衛に全力を挙げています。
52Picks
河野防衛大臣 ブルーインパルス飛行費用は「約360万円」批判メールに詳細説明
デイリースポーツ online
|
河野太郎防衛大臣が1日、ブログで5月29日に都区内を飛行した航空自衛隊のブルーインパルスについてかかった費用は「約360万円」と説明。その費用を医療関係者へという意見については「別物だと思う」と記し、今回の飛行については自身が指示したことも明記した。 河野防衛相は、今回のブルーインパルスの飛行について、「こんなことにいくら予算をかけたんだというご批判めいたメールもありました」と明かし、その費...
防衛 概要
世界
中華人民共和国
フィリピン
インド
アメリカ合衆国