新着Pick
SPD1V1RMC7RW1IDE
電子商取引システム
JPN

電子商取引システム 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
ソフトウェア開発
>
電子商取引システム
eコマースサイトの構築ソフト、企業間の受発注システム等、電子商取引に関わるシステム構築、パッケージソフトの開発を主とする企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
4Picks
ECにおける不正注文と代表的な不正検知システム3選
コマースピック
|
年々増加傾向の不正注文 EC市場の拡大に伴い、不正注文は年々増加傾向にあります。日本クレジット協会の調査によると、2020年度のクレジットカード不正利用の被害額は251億円と前年比8.3%減少していま
27Picks
後払い決済「アファーム(affrim)」とは?ミレニアル・Z世代に支持されるワケ
FinTech Journal
|
アファーム(Affirm)は、ECや実店舗で高額の購入をする際に、利息や手数料の透明性が高い「分割後払い」を提供する米国のフィンテック企業だ。十分な支払い能力があるにもかかわらず、クレカ使用実績などが足らず、従前の信用スコア評価システムではローンを組めなかった若い消費者に対して、独自のアルゴリズムで評価を行い、後払いの選択肢を与えることで急成長中だ。マーチャント側にとっても販売機会の増大につ...
10Picks
「自動運転×物流」のJDロジスティクス、香港で上場へ スマート物流システムを開発
自動運転ラボ
|
中国EC大手JDドットコム(京東集団)の系列企業としてスマート物流システム開発を手掛けるJDロジスティクスが、2021年5月中にも上場するようだ。同社は自動運転技術を活用した配送車両・ロボットの開発でも知られる。中国メデ […]
100Picks
【石坂 茂】結婚したい人に必要なのは、このサポート
NewsPicks編集部
|
興銀を辞めてから半年くらいの間は、ITベンチャーで経営者のサポートをしながら、システム開発やマーケティング、eコマースなどを実地で学んでいきました。そこでインターネットを活用して事業化するノウハ...
615Picks
LINEの決済サービス「LINE Pay」冬に開始へLINEからタクシー呼べる「LINE TAXI」と連携も
ITmedia ニュース
|
LINEは10月9日、決済システム「LINE Pay」を今冬にスタートすると発表した。ECサイトの決済に利用できるほか、LINEユーザー同士での送金も可能だ。LINEからタクシーを呼べる「LINE TAXI」もスタートする。
534Picks
コンビニのキャッシュレス決済普及率は約3割/10代にスマホ決済が最も浸透
MarkeZine
|
ジャストシステムは、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した「Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年6月度)」の結果を発表した。 コンビニのキャッシュレス決済普及率は約3...
425Picks
まさかの“ZOZODOWN” 空白の26時間が残したほろ苦い教訓
WWD JAPAN
|
スタートトゥデイが運営するファッションECサイト「ゾゾタウン」は、6月14日の午前6時頃からシステムトラブルに見舞われ、翌15日の午前8時半過ぎまで、26時間に渡ってサービスが停止した。日本最大のファッションECモールにして、月間24億PV、秒間120注文を処理する「ゾゾタウン」のトラブルは、出店テナントであるブランド
311Picks
農機具レンタルが、農業に「自由」を生む可能性
note(ノート)
|
平成も残り1ヶ月、いよいよ新しい時代が迫ってきましたということで、今回は僕が取り組む「農業機械のレンタル事業」についてお話したいと思います。 農機具の宅配レンタルサービスを開始したのが2017年10月、非常にニッチですが、ECのカートシステムを利用した農機具レンタルはおそらく弊社がはじめてだったのではないでしょうか。 農機具の宅配レンタルならアグリズ!草刈機やチェンソー等、小型農機の取扱い業...
286Picks
旅行予約で「比較疲れ」ユーザーの離脱を防止へ、旅行サイト向けにAI接客ツール、迷っている顧客をサポート
トラベルボイス
|
Emotion Intelligence(エモーションインテリジェンス)社はこのほど、旅行・宿泊予約サイト向けの接客ツールパッケージを発表した。人工知能(AI)を活用した自動学習機能などを通じて、予約を迷っている顧客をサポートするもの。 同社ではこれまで、AI搭載のECサイト向け販促・クーポン配信ツール「ZenClerk(ゼンクラーク)を」提供。このシステムでは、独自のAI技術「Emotio...
207Picks
EC利用率が大きく増加したのは40代/最も伸びたアプリは「UNIQLO」【ジャストシステム調査】
MarkeZine
|
ジャストシステムは、同社が運営するWebサイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」において、「Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2020年8月...
231Picks
ユニクロがほれ込んだ「ダイフク」というマテハンスペシャリスト
商業界オンライン
|
「世界の物流倉庫を2、3年で自動化する」 10月9日、ユニクロを展開する(株)ファーストリテイリング(FR)が物流システム会社(株)ダイフクとの戦略提携を発表した記者会見の場で柳井正氏が語った言葉。  同日、FRより発表されたリリースには“中長期的”“包括的”“戦略的”“パートナーシップ”の言葉が並ぶ。既にダイフクはFRの国内EC対応の有明倉庫の自動化におけるシステム開発・提供を行っているが...
216Picks
市場規模20兆円へ。中国の「越境EC」は「爆買い」を超えるか
NewsPicks編集部
|
「爆買い」の次の主役いま中国で、ネットを通して日本商品を購入する「越境EC」が熱を帯びてきている。越境ECとは、ネット通販を通じた国際的な商品購入のシステムで、日本からAmazonなどを通して海...
183Picks
コード決済の利用者、約4割は「還元キャンペーンの時だけ」 ジャストシステム調査
ITmedia NEWS
|
ジャストシステムのEコマースに関する調査で、コード決済を利用する人の4割以上は大型の還元キャンペーン時以外にコード決済を使わないという結果が出た。
135Picks
楽天出資・自律ドローンのACSLが上場、株価は公開価格を大幅に下回る
Business Insider Japan
|
楽天が出資する完全自律型ドローンベンチャーの自律制御システム研究所(ACSL)が2018年12月21日、東証マザーズ市場に上場した。eコマースを代表するアマゾン(Amazon.com)と楽天が、ドローンによる配送を本格化させようとピッチを上げてその技術開発を進める中、ACSLの上場はドローンを中心と...
60Picks
急成長ECやD2Cの“影の立役者”ロジレスが5億円調達、商品の「自動出荷」実現で約300社に導入
DIAMOND SIGNAL
|
日本のEC市場が着々と拡大している。経済産業省が7月に公開した「電子商取引に関する市場調査の結果」によると、BtoCのEC市場規模は前年比7.65%増の19.4兆円に成長。格となる物販系分野は初めて10兆円を超えた。今後さらにECが浸透すると予想される中で無視できないのが物流課題だ。EC物流効率化システムを展開するロジレスは、急成長中のEC・D2C事業者の物流業務を支援することで、事業を拡大...
124Picks
中国越境ECのインアゴーラ、伊藤忠やKDDIから76億円を調達--新たな流通システムも
CNET Japan
|
日本商品に特化した中国越境ECプラットフォーム「ワンドウプラットフォーム」を運営するInagoraは11月22日、伊藤忠商事、KDDI、SBIホールディングスから約76億5000万円の資金を調達したことを発表した。
101Picks
実店舗の様子をVRで再現 遠隔地でもリアルな購買体験
ITmedia ビジネスオンライン
|
エスキュービズム、共同印刷、タッグが、ECシステム「EC−Orange VR」を開発。実店舗の様子をVRで再現し、現地で買い物をしているような購買体験を提供できるという。【更新】
90Picks
楽天市場、出展者向けオンライン説明会が活況
ニュースイッチ
|
楽天は、ウェブ会議システム「Zoom」を活用し、電子商取引(EC)サイト「楽天市場」の出店者向け説明会「楽天大学まなびウィーク」を開いている。従来は出店者を会場に集めて対面形式で行っていたが、新型コロナウイルス感染拡大で4月以降、完全にオンライン化。これまでに17回開催し、「ライブ感があって良い」「チャット機能で気軽に質問できる」など好意的な声が多いという。 同社は2010年から対面型説明会...
95Picks
ECのカゴ落ち、理由は「送料・手数料の高さ」/10代のQR決済利用率は約3割【ジャストシステム調査】
MarkeZine
|
ジャストシステムが運営するマーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp」は、全国の17~69歳の男女1,100名を対象とした「Eコマース&アプリコマース月次...
84Picks
10代はAmazonで20代はZOZOTOWN、全体では楽天――EC利用者の傾向をジャストシステムが調査
ITmedia マーケティング
|
ジャストシステムの調査から、今どきのEC利用者の傾向を紹介します。
電子商取引システム 概要
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン
ベトナム