新着Pick
SPD1LU75MIZI0XNO
建材・建築資材(樹脂系)
JPN

建材・建築資材(樹脂系) 業界

日本
業界一覧
>
素材・素材加工品
>
住設・建設資材
>
建材・建築資材(樹脂系)
プラスチック床材、壁紙等、樹脂を主原料とする建材・建築資材を製造・販売する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
15Picks
あの身近な素材から「エコな冷却建材」が誕生!
TABI LABO
|
ノースイースタン大学の工学系准教授であるYi Zheng氏が、ある画期的な建築素材を開発したと論文を通して発表。「cooling paper」との仮称で呼ばれている素材、屋根の建材として使用することで、太陽光を反射、さらには建物内部の熱も逃してくれるという。
15Picks
東大発食べられる建材!? 廃棄食材利用の完全植物性新素材を実食レポ
ASCII.jp
|
東京大学生産技術研究所は、植物などの廃棄食材を利用した完全植物性新素材を2021年5月25日に発表した。建材としてだけでなく、原料となった野菜や果物の匂いや味を残すこともでき、新しい食品としての可能性も秘めている。それを実食すべく、東京大学生産技術研究所人間・社会系部門持続性建設材料工学准教授 酒井雄也氏を取材した。
99Picks
ナイロンが足りない!自動車業界で浮上した新たな生産リスク
ニュースイッチ
|
寒波で大規模停電―影響長期化、懸念 自動車業界に、半導体や地震に続く新たな生産リスクが浮上した。汎用エンジニアリングプラスチックの一つである、ナイロンの不足だ。2月に北米で起きた寒波により、米南部に集積する石油化学プラントが一時停止。原料や製品の供給が滞っており、トヨタ自動車が北米4工場で生産調整に乗り出すなど、樹脂系部品を生産、使用する自動車系メーカー全般に影響が及んでいる。範囲の広さから...
27Picks
片手で印刷できるインクジェットプリンター―山田マシンツール
ニュースイッチ
|
片手でいろいろな素材に印字できるプリンター―。山田マシンツール(東京都台東区、山田雅英社長、03・3834・5041)は、片手で操作しやすいコードレス・ハンディ型のインクジェットプリンター「ハンドジェットEBS―250」を5月に発売する。約1キログラムと軽量。金属やガラス、段ボール、木材、樹脂などさまざまな素材に印字できる。消費税抜き価格は59万8000円。自動車、鉄鋼、建材業界向けを中心に...
17Picks
セメント系建材を出力できる3Dプリンタを開発、幅1.7×長さ2×高さ1.5mの構造物を製作
スマートジャパン
|
大成建設は、最大で高さ1.5mのセメント系建材を出力できる3Dプリンタを開発した。実証実験では、高さ1.3mの大型柱を120分で製作したという。
15Picks
エポキシ系並みの高強度を持つ高弾性ウレタン系接着剤、横浜ゴムが基礎技術を確立
fabcross for エンジニア
|
横浜ゴムは2018年11月20日、最大引張り強度20~40Mpaに加えて、最大伸び率200~500%という弾性も兼ねそろえた2液型ウレタン系接着剤の基礎技術を確立したと発表した。一般的に達成困難な技術領域を定めた技術的上限曲線(バナナ曲線)を越える数値を実現したことになる。 車体の軽量化に取り組む自動車業界では、アルミや炭素繊維強化樹脂(CFRP)などの軽量材料を組み合わせるマルチマテリアル...
9Picks
ホンダの分身、「ホンダ以外」で実力試す樹脂部品
ニュースイッチ
|
八千代工業は自動車用樹脂部品の商品群を増やすなどで提案力を強化する。2026年3月期をめどに独自の樹脂製品を開発するほか、4輪車用バンパーなどの既存技術を生かした樹脂部品の営業活動を積極化する。親会社のホンダが30年に世界販売の3分の2を電動車にする計画を掲げるなど、業界全体で電動化などによる軽量化ニーズが高まっていることから、樹脂部品の対応を強化する。 八千代工業はホンダ系サプライヤーで、...
7Picks
日本製紙がセルロースナノファイバー強化樹脂を量産する狙い
ニュースイッチ
|
日本製紙は脱炭素やプラスチック削減ニーズに対応し、木材パルプ由来のCNF(セルロースナノファイバー)強化樹脂を量産する。富士工場(静岡県富士市)の実証設備に量産可能な中型二軸混練機(押し出し機)を新設し、マスターバッチ(中間加工体)の生産能力を従来比5倍の年50トン以上とした。製紙各社がCNF開発でサンプル供給を進める中、日本製紙は自動車や家電、建材メーカーとCNF強化樹脂の用途開発を加速。...
6Picks
自動運転レーダーを高精度化!東洋インキが筐体用ミリ波吸収材を量産化へ
ニュースイッチ
|
東洋インキSCホールディングス(HD)はグループ企業を通じ、車載レーダーの筐体(きょうたい)向けに射出成形可能なミリ波電波吸収コンパウンドを開発した。カーボン系材料を樹脂に分散させた材料で合成ゴムや金属を使う既存材料に比べて加工コストの低減や軽量化に寄与し、レーダーの精度も高まる見込み。複数のレーダー関連部品メーカーにサンプル提供しており、2023年の量産化を目指す。 自動運転車などに搭載さ...
6Picks
大林組が3Dプリンター開発/型枠不要 部材を積層造形/曲面、中空形状にも対応
建設通信新聞Digital
|
大林組は、特殊なセメント系材料により型枠を使わずにさまざまな形状の部材を自動製造できる3Dプリンターを開発した。ロボットアームが、先端のノズルからセメント系材料を吐出し、積層造形することで建築物や土木構造物の部材を自動で正確に製造する。今後、バイオミメティクス(生物模倣)による構造物や、荷重条件による最適な形態を解析する手法による構造物へ応用を進める。 近年、建設業界では石こうや樹脂などを使...
6Picks
建材をネット通販--アウンワークスがプロの現場に持ち込んだBtoCの手法
CNET Japan
|
野原ホールディングスの社内カンパニーであるWEBカンパニーは、建築資材・建材通販サイト「アウンワークス」を2015年にスタート。FAX、電話が主流だった、建材の流通にネット通販を取り入れた。
5Picks
環境にもやさしく衛生的な「防災カトラリーセット」
TABI LABO
|
天然バイオマス系生分解性樹脂で作られた使い捨てのスプーンやフォーク、皿などのカトラリーセット「土に還る、防災カトラリーセット」が発売。
5Picks
CFRP製バネで軽量化した鉄道車両用台車 - 日経テクノロジーオンライン
日経テクノロジーオンライン
|
川崎重工業は、炭素繊維強化樹脂(CFRP)製のバネを採用した鉄道車両用台車「efWING」4台を四国旅客鉄道(以下、JR四国)に納入した。JR四国は、既存の121系近郊形直流電車2両に同台車を2台ずつ装備してリニューアルし、7200系近郊形直流電車として2016年6月以降に予讃線(高松~伊予西条間)と土讃線(多度津~琴平間)で営業運転を開始する。
5Picks
国内鋼材需要は想定より鈍い、ペース3カ月遅れ=JFEHD社長
Reuters
|
[東京 9日 ロイター] - JFEホールディングス<5411.T>の林田英治社長は9日、ロイターのインタビューで、国内の鋼材需要について「7─9月の立ち上がりは想定していたよりは鈍い」との認識を示した。その理由として、建材系の動きの悪さを挙げた。
5Picks
化合物系太陽光パネル、ソーラーフロンティアが低コストで再利用
ニュースイッチ
|
ソーラーフロンティア(東京都港区、平野敦彦社長)は、同社製の化合物系太陽光パネルのリサイクル技術を確立した。密着したガラスと樹脂を分離し、素材別に回収する。処理コストは1ワット当たり4・1円。従来は熱分解処理していたが物理的に分離することで、処理費を3割低くした。まず製造工程で不具合のあったパネル材料の再利用に使うことを検討している。将来は使用済みパネルの処理も検討する。 同社の太陽光パネル...
5Picks
【スゴ技ニッポン】ケイ素系原料の新製法で電力消費削減 産官研究チームが開発 出荷1兆円目指す
産経ニュース
|
半導体や太陽電池、シリコン樹脂(シリコーン)製日用品などに用いられる元素が、砂や岩に含まれるケイ素だ。ケイ素はその精製過程で大量の電気を消費するため環境負荷が高く、ケイ素系素材のコスト高の一因にもなっている。こうした中、産官学の研究開発プロジェクトが砂などに含まれる二酸化ケイ素(シリカ)から直接、有機ケイ素を合成する方法を開発した。
建材・建築資材(樹脂系) 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール
インドネシア
ベトナム