新着Pick
SPD1KUJJNXBC67BA
炭素素材
JPN

炭素素材 業界

日本
業界一覧
>
素材・素材加工品
>
窯業・紙
>
炭素素材
カーボンブラック、黒鉛電極、特殊炭素品などの炭素素材・製品を製造する企業群。但し、炭素繊維は除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
826Picks
“夢の物質” 炭素素材の製造技術の開発に成功 名古屋大学
NHKニュース
|
次世代の半導体の材料などとして期待され、合成するのが難しいことから夢の物質とも呼ばれる炭素素材の「グラフェンナノリボン」…
131Picks
原子を色分け、観察可能に 名城大・飯島氏ら新手法開発
共同通信
|
原子を色分け、観察可能に 炭素材料「カーボンナノチューブ」の発見でノーベル賞候補に挙げられる名城大(名古屋市)の飯島澄男終身教...
119Picks
世界初の発見!「カーボンナノブラシ」はなにがすごいの?
NEC
|
NECは、世界で初めてナノ炭素材料の1つであるカーボンナノホーンの繊維状集合体「カーボンナノブラシ」を発見し、その作製に成功した。カーボンナノブラシの特長を詳しく紹介します。
26Picks
吉野さんの窮地救ったサンプル提供 35年前、担当者「熱意感じた」―ノーベル賞
時事ドットコム
|
「あっ、あの時の」。吉野彰・旭化成名誉フェロー(71)のノーベル化学賞決定を伝えるニュースに、目がくぎ付けになった。石油精製会社の営業担当だった西山博章さん(61)は、約35年前に炭素素材を求めてきた吉野さんを覚えていた。西山さんの尽力で提供されたサンプルはリチウムイオン電池の商品化に貢献し、吉野さんは「今も感謝している」という。 1985年初め、リチウムイオン電池の基本形を完成させた吉野さ...
(11件の記事)
14Picks
『ICタグ革命が加速するリテールDX』(小島健輔)
商業界オンライン
|
東レは炭素原料でICチップを直接印刷する「プリンテッドICタグ」を単価2円以下で商品化し、22年にもICタグ事業に参入する。これによりICタグの普及が爆発的に加速するのはもちろん、画像解析AIとICタグが競い合うリテールDX(デジタルトランスフォーメーション)のトレンドも大きく変わるのではないか。
13Picks
新素材「Triporous™(トリポーラス™)」のライセンスを開始
Sony Japan | ソニーグループ ポータルサイト
|
ソニー株式会社は、植物由来多孔質炭素材料「Triporous™(トリポーラス™)」のライセンスを2019年1月より開始します。
11Picks
『ICタグ革命が加速するリテールDX』(小島健輔)(商業界オンライン)
Yahoo!ニュース
|
東レは炭素原料でICチップを直接印刷する「プリンテッドICタグ」を単価2円以下で商品化し、22年にもICタグ事業に参入する。これによりICタグの普及が爆発的に加速するのはもちろん、画像解析AIとIC - Yahoo!ニュース(商業界オンライン)
11Picks
ホウ素が準平面構造を持つ次世代材料「ボロフェン」を大きく結晶化することに成功
GIGAZINE
|
ホウ素が平面に近い立体構造をとる「ボロフェン」は、炭素材料のグラフェンよりも高い強度を持ち、エレクトロニクスでも応用できる極めて有用な材料だと期待されています。そのボロフェンの立体構造をコントロールして大きな結晶を作り出すことにアメリカの研究者が成功しています。
11Picks
産総研、ナノ炭素材料の新しい合成法を開発
EE Times Japan
|
産業技術総合研究所の徐強上級主任研究員らは、棒状やリボン状に形状制御されたナノ炭素材料の新しい合成法を開発した。キャパシターの電極材料への応用などが期待されるナノ炭素材料を、高い収率で量産することが可能となる。
9Picks
NEC、世界初、新規ナノ炭素材料の繊維状カーボンナノホーン集合体「カーボンナノブラシ」を発見~センサや蓄電池など様々なデバイスの基本特性向上に期待~
NEC
|
NECは、ナノ炭素材料の1つとして、カーボンナノホーンの繊維状集合体である「カーボンナノブラシ」を発見し、その作製に世界で初めて成功しました。
7Picks
韓国政府、半導体などの素材・部品・装備向け工業団地育成に2500億円を出資
TECH+
|
韓国産業通商資源部(日本の経済産業省に相当)は10月27日、政府指定の5大産業分野(半導体、二次電池、ディスプレイ、炭素素材、精密機械)の「素材・部品・装備(装置と設備を指す)特化団地推進団」発足式を開き、それぞれの工業団地のエコシステム構築・育成に2兆6000億ウォン(約2500億円)の資金を投入する計画を発表した。 推進団は、5大産業別テクノパーク(国家工業団地)、公共研究機関、地域大学...
7Picks
「雨で発電する太陽電池パネル」を開発。 その仕組みは?
THE HUFFINGTON POST JAPAN
|
中国海洋大学の研究者が、雨天でも発電できる太陽光パネルを開発しました。雨水と炭素素材のグラフェンを利用して一種のキャパシターを構成し、電位差を発生させます。 太陽光発電システムを自宅の屋根に乗せている人ならご存知のように、太陽電池にとって雨は最悪の天気です。日が陰っただけでも発電量がガタ落ちし、雨天となるともうその日の発電量に期待はできません。 ところが中国海洋大学の研究者は、雨でも希望を捨...
6Picks
【ディープテックを追え】次世代電池でシェアを狙う、炭素材料「GMS」とは?
ニュースイッチ
|
カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)に向けて二次電池の重要性が高まっている。電気自動車(EV)では航続距離増加を目指し、開発競争が続く。最終製品に加え、電池向けに各種材料を提供するサプライヤーにも大きなビジネスチャンスが広がっている。この状況は材料スタートアップも同じだ。”巨大市場”のシェア獲得に向けた競争が始まっている。 「社会実装を急ぐ」危機感が背景 黒田CEO(同社提供)...
6Picks
高強度でゴムのような弾性をもつ新規炭素材料を開発 - 米中共同チーム
マイナビニュース
|
米国・カーネギー研究所と中国・燕山大学の共同研究チームは、高強度で軽量、ゴムのような弾性と導電性を兼ね備えた新しい炭素材料「圧縮ガラス状炭素」を開発した。宇宙航空、軍事分野など幅広い用途での利用が期待されている。
6Picks
「グラフェン」で5Gスマホ向け新放熱部材、熱伝導率は銅の3倍
ニュースイッチ
|
インキュベーション・アライアンス(神戸市兵庫区、村松一生社長、078・651・1332)は、シート状の炭素材料「グラフェン」を使った第5世代通信(5G)対応スマートフォン向けの放熱部材を開発した。グラフェンは銅の3倍に相当する1メートルケルビン当たり1200ワットの熱伝導率を持ち、かさ密度が4分の1なのが特徴。高速・大容量のデータ通信を行う5Gでは、端末の発熱量の増大が懸念される。薄型・軽量...
炭素素材 概要
日本